104153

翼のある三角

三角形は、古来から創造性を意味する図形
そこに翼がある 自由に飛翔する
ファンタジーとは、つまり、そういうものでは

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | ヘルプ | 環境設定
はじめまして / 漢奈
今までは見るだけで書き込みはしていなかったのですが、思い切って投稿してみました。
はじめましてなのにいきなり厚かましいのですが、探している本があるんです。こちらにいらしている皆様なら色々な本を読んでいらっしゃるかと思いまして…。
作者も書名もわからないのですが「1ページに1つの事柄が書いてあって、悩んでいるときにその本を開くと、開いたページにそのとき自分がすべき事が書いてある」といった本なのですが…。以前に王様のブランチで見たことがあり、書店で探してみたのですが見つからなくて…。わかりにくい説明で申し訳ありませんが、ご存じの方がいらっしゃいましたらぜひ教えて下さい。よろしくお願いします!

No.742 - 2006/10/11(Wed) 19:32:07

Re: はじめまして / 漢奈
火月さま、ありがとうございます!私が探していた本です。さっそく書店で探してみたいと思います。本当にありがとうございました!
No.748 - 2006/10/13(Fri) 22:43:37

Re: はじめまして / 火月
はじめまして。火月です。
あの、漢奈さんの探している本は占い師の「鏡リュウジ」さんの○○に効く魔法の杖ではないでしょうか?友達が持っているものと内容が見ているので・・・・・。鏡リュウジさんの公式サイトへいって、著書のところをみるとのっているのでみてください。
鏡リュウジ公式サイト
http://www.ryuji.tv/

健闘を祈ります(笑)それでは。もし、間違えてたらすみません(><)

No.743 - 2006/10/11(Wed) 20:15:21
二度目の受験シーズンです・・・ / 更夜
こんばんわ。お久しぶりです。
昨年の大学受験に落ちて、また進学について悩んでいます。
私は美術系の大学を目指しているのですが、以前から舞台芸術に興味があり、美大に行きながら舞台の勉強をしようと考えていました。しかし最近は、今年こそ受かるのか、いつなら受かることが出来るのかと不安ばかりがつのってきました。なので舞台芸術の学科のある大学も今年は受けてみようかと考え中です。
舞台美術の仕事がやりたいと考えるのなら、美大に行って絵の勉強をしっかりやる方が良いのか。それとも舞台美術を実践で学べる方が良いのか、皆さんならどのように考えますか?ぜひご意見を御聞かせください。

ここに書き込むようなことかどうか迷ったのですが、少しでも多くの意見が聞きたくて書き込ませていただきました。

No.710 - 2006/10/06(Fri) 02:58:02

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / かめこ
あー、いいですね!オペラ座は特に美術が素敵な感じですよ(^^)ネタバレになるので多くは語りませんが…(笑)びっくりしますよ〜ふふ…( ̄ー+ ̄)
No.729 - 2006/10/08(Sun) 00:39:33

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / 更夜
「オペラ座の怪人」です。今まで四季を観たことがないのでドキドキです。早く観たい〜!!(冬期講習の最中なのですが、気にせず行こうと思っています!)
No.727 - 2006/10/07(Sat) 23:12:11

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / かめこ
劇団四季見に行くんですか(^_^)私も大好きですよ!
四季は何作か見ました。「オペラ座の怪人」「キャッツ」「クレイジー・フォー・ユー」「コーラス・ライン」など…ブロードウェイのリメイクとはいえ、大変素晴らしかったです!
「ライオン・キング」も見たかったけど、地元ではやらなかった…(ーー;)

更夜さんは何を見るんですか?

No.726 - 2006/10/07(Sat) 22:54:00

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / 更夜
ありがとうございます!
大阪芸大は受けてみようと思うのでがんばります!
私のまわりには舞台に詳しいひとがいないので、生の声(?)を聞くことが出来てとても嬉しいです!夢に向かって突っ走ります!!

予備校に通っているためなかなか時間がとれず、東京にいながら芝居を観にいく機会がなかったのですが、劇団四季のチケットがとれたのでこれだけはなんとしてでも行くつもりです。ですが・・・高いですね。浪人生にはチケット一枚がとても堪えます・・・。沢山観てみたい芝居はあるのに・・・(;_;)

No.719 - 2006/10/06(Fri) 23:07:26

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / かめこ
あー、なるほど。映画・音楽系でしたか…。じゃあ芝居の美術とはかなり違いますね。
更夜さんの中で、舞台美術がやりたいという明確な意思があるなら、やはり大阪芸大がいいのではないでしょうか。カリキュラムがしっかりしてて、学びたいことをきちんと教えてくれる所が一番いいですよ。
あとはいろんな芝居を見に行って、どんな装置が使われているか見ておくことも一つの勉強です(^_^)
月並みですけど夢に向かって頑張って下さいね!応援してますo(^-^)o

No.718 - 2006/10/06(Fri) 22:36:50

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / 更夜
それらしい名前の学科はあるのですが、ホームページなどを見ると、映画などの映像や音楽の舞台のほうを主に扱っているように書かれていて、実際のところはわかりません。気になる大学は片っ端から資料請求しているのですが・・・。
大阪芸大では、細かくコースが分かれていたのでやりたいことを集中して出来るかな?と思えたので・・・。

No.717 - 2006/10/06(Fri) 22:10:47

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / かめこ
私の周りでは大学で学んだ人はあまりいないですね。舞台関係者のつてで美術の制作会社に入った人の方が多いです。でも大阪芸大ならいいかもしれないですよ(^^)俳優科があるから、舞台公演の時にセット組むだろうし。美大を勧められたのは、絵心があった方がいいからということだと思います。確かに背景が必要な場合はリアルを求められますから、絵はうまいほうがいいです。でもそればっかりではないのが舞台美術なので、実践的な方が卒業後のスタートは早いかも。在学中に劇団の装置を作る手伝いもできるし。美大で舞台美術がある所はないのですか?
No.715 - 2006/10/06(Fri) 21:22:11

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / 更夜
かめこ様ありがとうございます!
私は大道具が好きだから舞台美術を選んでいるので絵を描けたり、華やかである必要はありません。ただ、ある大学の入試説明会に行ったときに「美大に行ってからこっちに来たほうがいいかもしれない」と言われたので、さらに混乱してしまったのです・・・。ですが、舞台美術には舞台美術の基礎があるのですよね。やはり舞台系の大学も候補の中に入れてもっと探してみます!
かめこ様は舞台をやっていらっしゃるのですか!?でわもし舞台装置の方が近くにいらっしゃるのであれば、どんな大学を出ていられるか知っていますか?私が今考えているのは大阪芸大なのですが・・・。もしよろしければ教えて下さい!

質問ばかりして申し訳ありません。

No.714 - 2006/10/06(Fri) 20:18:57

Re: 二度目の受験シーズンです・・・ / かめこ
こんにちは。舞台をやっている人間から一言。舞台装置は絵を描くだけでは出来ません。パネルの立て方や、装置の作り方など様々な要素があります。それに大変な力仕事も要求され、ハードな現場です。絵一本でいきたいなら美大をお勧めしますが、根性は人一倍あるぜ!というなら舞台美術をやってみてもいいと思います。舞台美術といっても、平たく言えば大道具ですから華やかな仕事ではないです。評価されたらネームバリューは上がりますがそれもほんの一握りですし…。演出家の要求を汲んで作るので好きな絵は描けないです。夢のない話でごめんなさい。
No.712 - 2006/10/06(Fri) 18:47:07
『語り継ぐこと』 / 那由多
『BLOOD+』最終話『ナンクルナイサ』を観て、胸がいっぱいになりました。エンディングに元ちとせさんの「語り継ぐこと」が流れてきたときには、今までの物語が走馬灯のように流れて・・・涙があふれました。

翼△のぶらぷらふぁんのプリムローズさん、まつりさん、なみきさん、もくれんさん、ボクの相手をしてくれて、ありがとうございました。
皆さんの投稿がなかったら、ボクも投稿してません。

ネイサン(もう違う名前で、違う人生を歩んでると思う)の新聞記者姿に勇気をもらったし、うまれくる命(デヴィッドトジュリアさんの子供?)に希望を感じました。
カイは人間的にいい奴で、小夜をひっぱくれた。でも、小夜の心は・・・?
小夜の心はきっと、今までずっと見守っていてくれていた、あの人に向かってる、エンディングを観てそう思いました。
2人は永く歩んできたんだ、ね。・・・・・・I.Gさん、感謝しています。

No.641 - 2006/09/23(Sat) 21:31:16

Re:吐き出されなかった、オモイ / 那由多
「サロメ」も「デビルマン」も知らなかったボクですが、「デビルマン」を読みました。(「デビルマン」が想像以上にすごい内容だったので、「サロメ」は離して読みます)

プリムローズさんのオリジナル・シナリオ最終回を読んで、想像していました・・・キャラクター達の抱えているものをさらした最終決戦を想像して、遊んだら、スッキリしてしまいました。
ボクのなかの『BLOOD+』は完了できた感じさえします。

ソロモンのアンシェルに対する想い(尊敬、愛、怒り、憎しみ等)
小夜に対する想い(自己愛の延長から無条件の愛へ、独占欲、未来の象徴等)を吐き出させる決戦を想像し、ぶつけ合ったら・・・彼らが100パーセント表現できてなかったんだって、気づきました。
そうはいっても、『BLOOD+』はボクの中ではなくてはならないものですが。愛する作品ですし、出会えたことに感謝してる位です。

>アニメの原作
「シュバリエ」(プロダクションI.G制作)の原作小説の広告を見つけました。著作が、沖方丁氏でした。(沖はさんずいではなく、にすい)
以前カキコした、ガンダムの原作を小説家された方です。

皆さん、長い間、ありがとうございました。
皆さんのカキコがなかったら、デビルマンも読まなかったし、サロメも読もうと思わなかったよ。

No.721 - 2006/10/07(Sat) 12:05:36

Re:サロメとソロモン / プリムローズ
ジェイムズがサロメを比喩に出していましたが・・・頭に浮んだのは、『デビルマン』(漫画の方)のエンディングで、飛鳥が半身を切られているデビルマンの姿のあきらに話しかけているシーン・・・(サロメファンの皆さまごめんなさい)それは、まるで天使と悪魔の決闘とでもいうべき戦いの終焉の姿。美しいと感じられる2人(?)の姿でした。

ソロモンが小夜側のシュバリエとして参戦すれば、別な最終回もアリなわけで、想像していました。それならディーヴァ側・小夜側とも力は互角に近くなるわけですし。
アンシェル兄さんvsソロモン、ハジvsジェームスのシュバリエ対決。ディーヴァのまわりには、子供たちを見守るネイサンに翼手達。コープスコーズ・翼手vsシフ・赤い盾。そして小夜・ディーヴァの女王対決。
結果はジェイムズの印(ソーン)がでてきて、結晶化。ハジ勝利。アンシェルとソロモンは互角で・・・ソロモン瀕死、アンシェルは最後の最後まで粘る。ディーヴァは血の効力が失われていたため、結晶化する。ディーヴァの死で永い戦いも終焉となる。

鎖で繋がれているソロモンをみて想像していました。もちろん、『語り継ぐこと』が流れるエンディングも大好きです。なんとなく浮んだイメージです。狂おしく、哀しい最後を想像していました。OP3段目の、あの激しさやら狂気を思わせる映像が私の中での『BLOOD+』のイメージです。ファンの皆さま失礼しました。ソロモンファンの戯言と受け取ってください。

No.699 - 2006/10/02(Mon) 22:22:08

Re:ソロモンLOVE2 / もくれん
那由多さんも、ソロモンファンなんですね♪うふふぅ。
なんだか、ここはソロモンファンが多そうで、いいですねっ☆
ソロモンの声担当といえば、辻谷耕史さん。『犬夜叉』の弥勒の声担当でしたよね。それと・・・『ビューティコロシアム』のナレーションにその名前を見つけた時には・・・ややショック!でした。ブラプラのHPによると、ナレーションの声が地声に近い、そうです。(声優さんって、すごいと思った瞬間!声、全然違いますもんね〜)
また、ソロモンの甘〜い声を聞きたいです!そういうCDがあったら、買いますョ(><)
マニアック過ぎるレス、失礼します。

No.696 - 2006/10/02(Mon) 19:10:56

Re:ネイサン・マーラー / 那由多
>ネイサンの死
ユートさま、面白いです!!ユニークな考えですね。出来ない可能性はないと思います。
日暮さま、はじめまして!!ボクも、ネイサンの死については日暮さまの説に賛成かな。日暮さまが別スレで紹介してくれたとこに、ボクも行って見るよ。しかし、ネイサンについて、いろんな説があるんだね。(ボクも一通り考えたけどネ)ネイサン、彼には、もっといろいろ説明して欲しかったよ〜。日暮さま、どうもありがとう♪

No.685 - 2006/09/29(Fri) 18:00:01

Re:零さまは、誰が好き? / 那由多
エアさま、はじめまして。
ボクも、あの最終回に感激したうちの一人です。元ちとせさんの唄が流れて、画面の星の動きが逆行して、ロシア編の小夜とハジの姿のうしろには二人の足跡が刻まれている。わけもわからず、哀しくて、切なくて・・・感激していました。ソロモンが最終回に一瞬でも出てくるように!!と呪いに近い、祈りをしていたボクですが・・・あの最終回で、小夜とハジに、いままでごくろうさまでした、と思っていました。

作品『BLOOD+』については、その設定が大好きでした。そしてキャラクターが魅力的でした。ディーヴァのシュバリエ達は華やかで、物語を盛り上げたと思います。
50話、1年間というテレビシリーズ、制作側としてもたいへんだったと思います。後半戦は物語が?と思うこともありましたが・・・結果として、見れて、よかったです。特に、ソロモン・ゴールドスミスに出会えたことは、ハッピーでした。声優さんの辻谷耕史さんのファンにもなりました♪

原作のないものをアニメにするのは、大変そうですね。
あるガンダムシリーズ(最近のもの)では、原作を富野監督が伝えて小説化さんに書いてもらって(脚本として)スタートしたそうです。

ところで、零さまは『BLOOD+』なら、どのキャラが好きなんでしょうね?

No.684 - 2006/09/29(Fri) 17:48:51

Re: 『BLOOD+』ファン!! / 那由多
ちょっと久しぶりに来てみたら、『BLOOD+』の話題に花が咲いていて・・・♪(零さまも見てたことがわかったし!!)
零さまとぶらぷらファンで、ラッキーです。\(●^△^●)/

>もくれんさん、プリムローズさん☆
あの最終回はほんとうに感激的でしたね!明るいネタがいっぱいでした(涙)今までいっぱい哀しいことがあったから・・・かみしめられる、幸せ?なのかな。なにげない日常の風景なのにね♪
もくれんさん・・・ボクは、沖縄に帰った小夜の後ろからのアングルや、小夜がふり返る瞬間にハジを思いましたよ。ハジなら、そお〜と見守っていそうですもの。
プリムローズさん・・・ネイサンって、いいキャラですよね〜☆ボクも好きです。一番すきなのは、ソロモン・ゴールドスミスなんだけどさ♪言っちゃった〜。照れるよ(#^。^#)ソロモンさま、大好きです♪

>なみきさん☆
なみきさんにそう言っていただいて、このスレを立ち上げて、よかったです。以外に『BLOOD+』を見てた人も多いみたいで、驚きです。そういうボクも、なみきさんと同じで、プリムローズさんのレスがきっかけで、全作品見ることが出来ました。それも無料で♪(ラッキー♪)
カイはジョージみたいな、いい父ちゃんになりそうです。カイが育てたらディーヴァの子供たちもすくすく育つんでしょうね。最後はカイ的には、ちょっと辛いのかな。小夜の心がわかってしまって。

No.683 - 2006/09/29(Fri) 17:06:53

(No Subject) / 日暮(元ひのえ)
こんばんは。久方ぶりにROMを脱して、少しだけ横槍失礼いたします。
>ユートさん
ネイサンは恐らく、48話のせりふから、小夜とディーヴァの母、SAYAのシュヴァリエだと思われます。(また一部では小夜とディーヴァの父親説があるみたいです)故に、小夜の血で切られたものの死ぬことはなかったと。ディーヴァ側シュヴァリエの中でこの人が最強かなと期待していたので、最後まで彼の戦闘シーンがなかったのが残念でした。ネイサンらしいといえば、らしいですよね。
あ、いきなりですみませんでした。

No.671 - 2006/09/27(Wed) 18:51:48

Re: 『語り継ぐこと』 / ユート
 はじめまして!
 本当はこの掲示板には書き込みする気がなかったのですが(女性の割合が多そうだから)、ひとつ疑問があったので失礼します。
 最後に記者として出てきたネイサンはハジではないか、と思うのですが…。理由はネイサンは小夜が斬ったはずだとういうことと。それからシュバリエは外見上、他人に成りすますことができること。最後にハジの姿が現れず、カイの言葉で初めてハジが生きていることがわかること、です。
 ハジが人間社会で生きていくためにネイサンの姿を借りた、とはかんがえられないのでしょうか?

No.670 - 2006/09/27(Wed) 17:27:02

Re: 『語り継ぐこと』 / エア
久しぶりなのですが、BLOODの話が出ていたので思わずカキコを…

私はとにかく、猛烈にソロモン=ゴールドスミスが好きだったので、彼が最終回に出なかったことが哀しくて寂しくて…にも関わらず、この50話にどうにも胸がいっぱいになったのは、一年越しで応援し続けてきた物を失う空虚さゆえだったのかもしれません。

空虚なのに胸一杯…恐ろしく矛盾してるなぁと思いますが、最後サヤに「おやすみ…」と言ったカイの心境を思うと、それが適当かな、と思ったり…分かりにくいけれど。

正直展開に矛盾を感じたり、零様が仰ってるように、分業の限界さを感じた作品でもありました。
長編作品って、ジグソーパズルみたいに1ピースずつ作っていって、最終回でやっと『ああ、こんな絵だったんだ…』と分かるものじゃないかと…それだけに、1ピースでも形が崩れると目指した完成形に辿り着けない、そんな絶妙なバランスの上で作るものなのだと実感しました。
アニメ作品に限らず、本でも漫画でも何でも。一つ崩れるとそれだけで全体が破綻してしまう危険性を帯びながらも、全てのピースが完璧にはまり切った時の達成感といったら…その感動といったら。

そんな心にストンと納まるような、気持ちのよい作品が見たいと心から思います。

長くなってしまったです…

No.660 - 2006/09/25(Mon) 22:25:21

Re: 『語り継ぐこと』 / なみき
「BLOOD+」、実はつい最近までぜんぜん見ていなく、見始めたきっかけはやはりプリムローズさんが無料放送のことを教えてくれたからです。ありがとうございます!

最終回、やっぱり小夜とハジか〜、カイは…と、ちょっと切なかったのですが、新しい世代の希望とルルゥの延命、それにハジが生きていたことで、明るく、次へ続きそうないい気持ちで見終えました。

>那由多さん
こちらこそ、この話題楽しかったです。みなさま、ありがとうございました!

No.651 - 2006/09/24(Sun) 20:30:45

Re: 『BLOOD+』エンディング / プリムローズ
『BLOOD+』最終回のエンディング・・・
元ちとせさんの「語り継ぐこと」が流れて、小夜とハジの寄り添う後姿。その後には、二人の足跡が・・・
もう、感電したみたいに、ジーンときちゃってます。
那由多さんなら、この気持ちわかってくれますよね〜!
それに、零さまも『blood+』を見ていたなんて、ちょっとうれしいですね!

>那由多さん☆
ほんとうに、あのエンディングは(私も泣きました!)小夜とハジが、今まで同様永い道のりを2人で歩いていきます!そんな風に受け取りましたよ!私も。
そして、始まりの場所(沖縄での)に添えられたピンクの薔薇、ハジのリボン添え。
この後の、続きが見た〜い、です。

>もくれんさん☆
私は、ソロモンファンですが・・・小夜×ハジがうまくいきそうで、やっぱり嬉しいです。
本当に明るい話題のてんこ盛りの最終回でしたね。
育ちゆくディーヴァの子供たち、ジュリアとデヴィッドの子供、ルルゥの延命、デルタ計画の沈静化、なんと言ってもネイサン・マーラーの新聞記者姿は最高でした!!

”ネイサン・マーラーはここで終わるのよ〜!!”
ネイサン・マーラーとディーヴァのシュバリエは辞めたってことだったのネ。さすが、ただ者じゃないわ〜。
ヴァンの側近の眼鏡君は、政府の人間(アーチャー補佐官)だったし、ヴァンは全責任をかぶせられるだろうし・・・(笑)
ネタがいっぱい。

翼△のばらぷらファンの皆様、本当にありがとうございました♪

No.649 - 2006/09/24(Sun) 18:20:17

Re:ハジ・・・よかったね。 / もくれん
那由多さん、相手なんて、そんなぁ〜照れますよ〜(●^m^●)
みんな「BLOOD+」ファンだもの!!私も、ブラプラ大好きです♪

最終回「ナンクルナイサ」を観て、いろんなネタがあったけど・・・
ハジが小夜に告白して、今までの2人の永い道程が、明るい未来へと続きそうで、それが嬉しいです♪
愛しています・・・(ほんとうにハジ、よかったね!!)

育ちゆくディーヴァの子供たち、ジュリアの妊娠、ルルゥの延命・・・明るい話題・明るい未来へと繋がって!

No.642 - 2006/09/23(Sat) 22:27:27
ハレ晴れユカイ / 小夜
今晩は。タイトルはなんとなく気分で。(中味とは関係ナシです)今日は雨と風が強くて濡れ鼠になって帰ってきました(:_;)こういう日こそブーツを掃くべきなのだとちょっと学習。来週は晴れの日が続くみたいなので、傘を持たずに出掛けられそうで嬉しいです。

今日、教育心理学の授業で魔女の宅急便を見ました。青年期におけるアイデンティティの模索についての授業だったのですが、キキが飛べなくなってから最後までを見ました。アイデンティティ云々よりも、キキがモップで飛ぼうとする姿を80人近くの学生が「頑張れ、キキ」というような雰囲気でじっと見ている状況が可笑しくて笑いを堪えるのが大変でした。魔女宅はいつ見ても素敵です。私は原作が好きなので読み返したくなってしまいました。また、ジブリ作品を授業で扱ってほしいです♪

>金平糖さま
私の書き込みで「ロイヤルバレエスクール・ダイアリー」への関心を深めていただけて嬉しいです。私も初めは子供っぽいしどうしようか悩みましたが、中のトゥ・シューズやお菓子のイラストにやられてレジへ向かってしまいました。今は、巻末のシールを何に使おうか迷い中です(>ω<)v

私も昔「くるみ割り人形」を見てからバレエへの憧れをずっと抱いていました。この先習い事をやるならバレエか着物の気付けをしたいと思っています。バレエをやっていた方は背筋がピンと伸びていて姿勢が綺麗ですよね。私は猫背なので姿勢矯正の為にも習いたいです。大学でバレエの基本や仕組みを教えてくれる授業があるみたいので、来年もし可能なら取ってみたいと思っています。その前に、身体は硬いし運動不足なので毎日軽くストレッチぐらいするようにしないといけませんね(汗)

No.720 - 2006/10/07(Sat) 02:07:29
(No Subject) / 火月
はじめまして。火月といいます。
みなさん、バレエの話しお好きなんですね。私の、友達の中にもバレエをやっている子がいて、一回発表会に行きました。すごいですね。感動しました。あそこまで体で表現できるなんて。と。
話は変わりますが、皆さんクラシックは好きですか?のだめを、読んでいる方もいるらしいですけど、「金色のコルダ」という漫画も面白いのでぜひ皆さん読んでみてください。
私的には、火原先輩がすきですね。(同じトランペットをしているということもあり)
それでは、だれか金色のコルダで語り合える人が現れることを祈りつつ習い事のピアノへいってきます(笑)

PS.なんか独り言みたいに名ってスミマセン!!

No.706 - 2006/10/04(Wed) 17:37:54

Re: (No Subject) / 火月
レス、ありがとうございます。私もでトランペットをやっています!!仲間ですね(^^)三年生が引退したので、二年の私が1stを吹いています。そして、今やってる曲の中にハイベー(チューニングの音より1オクターヴ高い音)が出てきて、悪戦苦闘中です(^^;
ゆう様も、トランペットがんばってください!
あと、しつこいですが金色のコルダに出てくるトランペットをやっている先輩がかっこいいのでぜひ見てくださいvv

テスト、大変ですね。私達の、学校は五教科+体育は期末だけであとの教科は二学期なので中間はないのです♪

それでは、ゆう様も色々とがんばってください。
それでわ。

No.713 - 2006/10/06(Fri) 18:52:44

Re: (No Subject) / ゆう
火月様はじめまして、ゆうといいます!!
私のお父さんはクラシックが好きみたいなのですが、わたしはそんなに聞くわけでもありません。でも、吹奏楽部でトランペットをやっています。もしかして火月様もやっていらっしゃるのですか? だとしたら仲間が増えたみたいで嬉しいです♪

なんだか久しぶりの書き込みです。来週にはテストもあるしで、なんか時間が無いです。本読めない〜(泣

No.708 - 2006/10/05(Thu) 18:37:53
本棚 / 美月
バレエの話で盛り上がっているみたいですね。
私も、というか家にもいくつかバレエ漫画はありますが。
実際やってみたいと思ったことはなかったりします。
とにかく漫画を読むのが好きなので。

その漫画好きのために家には大量の漫画があります。
私と母で買い集めたものなのですが、既に何があるのか良く分かりません。
なにしろ、気に入った作家さんは集めてしまうので、恐ろしい事になります(苦笑)。
最近、母の部屋にあった引き出す本棚が壊れました。
本棚に目いっぱい本を入れたら重くて動かず、それでも頑張っていたら、本棚が根を上げてしまいました^^;
こんなやわいのを作ったメーカーに殴りこみに行きたいような、気分でしたが、キットを買ってきて自分で作る本棚にそれほどまでの強さを望んだ私たちが間違いだった、ということで、結局普通の本棚を買ってきて取り付けました。

そうすると収納されていた漫画が多少あふれてしまうもので、母は私の部屋の本棚を大きいものに変えようとしています。
もとは何も置いていなかったところに最初は奥行き24センチの本棚を据え付けて、その高さを倍にして、それをずらして奥行き60センチの本棚もおいた私の部屋。
今度とうとう奥行き80センチになるらしいです。
理由は、60センチの本棚は解体してしまっておけるから、だそう・・・。
母にとってはしまえて本もたくさん置けて一石二鳥、と。
私の部屋にも漫画は本棚からあふれているので、ちゃんと収納を、ということみたいです。。。
漫画の平済みは、私も良くないとは思って入るのですが、なかなか・・・−−;
ちょっとばっかり大きくなったからといって何処まで収納できるか、不安いっぱいです(苦笑)。

No.705 - 2006/10/03(Tue) 23:48:54

Re: 本棚 / かなの
>美月さま
お気持ちよく分かります。
私も本があふれていて、大変なことになっています。
一応excelで蔵書リストは作っていますが、どこにしまうかまで細かく入力していないし、すぐに部屋の隅に山積みができているので、まったく意味がないというかすごい状況です。
最近友達を家に呼べませんもの・・・
少しは整理して手放そうとも思うのですが、そうやって出すそばから読み直してしまってまた手放せなくなっちゃうんですよね。
いい漫画(本)は出版され続けるし、この追いかけっこは一生終わらないんだろうなぁ。

No.711 - 2006/10/06(Fri) 09:09:54
中間テストの時期ですねぇ・・・ / リカ
こんばんわ!もう、そろそろ恐ろしいテストの季節ですね・・・
私のところはあと一週間後にテストがあります!
本も読めません(=Д=)ハァ
勉強はバスケの次に出来ないんでやばすぎます・・・・・・

>エッセイ
零様のエッセイもうそろそろ発売ですよね^^
いくらなのかなぁ・・・・
私の住んでる町では11月2日〜4日までお祭りがあるから、
それまでにお金貯めなきゃエッセイが買えなくなっちゃいそう!
でもどちらも楽しみです!

No.709 - 2006/10/05(Thu) 19:38:11
(No Subject) / 茉莉
初めてのレスです・・・・・。皆さんは零さまの本の中で何が好きですか?その本の名のどの場面、どの台詞が好きですか?
ぜひ教えてください!
ちなみにわたしは『薄紅天女』の最後、阿が苑をさらってく(?
場面です。
後、私はよく勾玉3部のつづきを想像したり後なんと2年くらい前『薄紅天女』の続きとなるものを夢で見ました!

No.694 - 2006/10/02(Mon) 15:38:50

Re: (No Subject) / 志麻
こんにちは^^
私は「これは王国のかぎ」がすきです〜w
気分が沈んでたころだったので、「あたしはあたしをやめたい」っていう言葉がぐっときましたねぇ。そうだよねそうだよね!私をわかってくれてありがとう!ってかんじでした(笑)そこだけではなくて全体的に好きで、本当は「どこが一番」とか「特に」とかはないんですが・・・。茉莉さんは何歳ですか??

No.707 - 2006/10/05(Thu) 18:03:32
なにせ真理は時の娘 / 金平糖
☆走る
佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ1 イチニツイテ」を読みたいなぁと思いつつも、よそ見ばかりしていたら「2 ヨウイ」が出ましたね!

さらには、三浦しをんさんもスポーツ青春もの「風が強く吹いている」を出している!しかもこちらもまた、箱根駅伝という「走る」物語。

あさのあつこさんも文芸誌で「ランナー」をお書きになっているし、気がついたら今や気になるのは女性作家さんによる、熱い走る物語ばかり。これはなんとも偶然なような必然なような。
なにか女性の筆を動かすようなトキメキ☆インパクトのある「走る」イベントがここ数年の間だか最近だかにあったのかなかったのか、なんなのか、スポーツに関心がなさすぎて分かりません……!

ちなみに私の中で走るというとメロス…ではまったくなく、坂本真綾さんの「走る」という一曲です(笑)。

☆バレエもの
小夜さん、「ロイヤルバレエスクール・ダイアリー」、書店で見かけ、興味をもっていました。
というのは、ここしばらく「プリンセスチュチュ」というバレエがモチーフのアニメにハマっておりまして、「バレエ」とみると気になっちゃうからです。

表紙、パラッと開いたときにみた文体のイメージで「こどもっぽいのかな?」って思っちゃっていたのですが、小夜さんの書き込みを拝見してがぜん、読みたくなりました。

そんなわけなのでどなたかもし、バレエものやバレエで扱われる物語関係でなにか面白い本なりアニメなり漫画なり映画なりがありましたら、ぜひ教えて下さい!

ちなみに私が読んだことがあるバレエものは水沢めぐみさんの「トゥ・シューズ」だけです。映画は「リトル・ダンサー」(バレエもの!?)のみ。

あと私「金平糖」となのっていますが、「くるみ割り人形」の「金平糖のおどり」にはまったく関係がない初心者でございます、よろしくどうぞ!

☆生と死
どんなことでも「わかったふり」をしないことは自分の枠を広げるために重要なことだと思うけれど、このことこそまさに、「わかったふり」をしちゃならねえと思うですよ。ほんとにわかって、もうこれ以上の真理はないぞって境地に達したならともかく。

「こわい!」「こわくない!」「なぜ!」、わからないからぐるぐる考える、枠がはずれてく、違う見方がうまれる、かも…そして生まれたあなたの新しい考えは、苦しむだれかの救いになり得るかもしれない。

私もわかるまでぐるぐるしてこうと思ってます。

No.661 - 2006/09/25(Mon) 22:45:49

開いてしまえば軽い扉!? / 星くず
☆金平糖さま
扉は意外と簡単に開きますよ〜!
バレエって、発表会とかコンクールとかがからんでくると
お金が飛んでいってしまいますが、当分の間は大丈夫です。
初めに準備するのは、レオタードとシューズとタイツと月謝1ヶ月分で合計1万5千円程度、あとは度胸あるのみです!

最近は出張ばかりで、まだチュチュにありつけていません(涙)。
はやく見たいです。

☆白樺風子さま
ニジンスキー、彼がダイアリーを書いているとは!そんなことは全く知らず、伝説上の人って思ってました。踊りを見れない分、せめて言葉の流れを味わってみたいです。言葉の壁がちょびっとありますが、訳でも伝わりますように。

No.704 - 2006/10/03(Tue) 23:07:59

いのちのパ・ド・ドゥ / 金平糖
☆感謝です
漫画「アラベスク」と児童書「バレエ・ダンサー」は図書館を利用して触れることができそうです。
「花とアリス」は星くずさんと白樺風子さんのコメントを読んでますます気になったので、レンタルなどで触れるつもりです。
そのほか漫画や映画、随時少しずつ触れていくつもりです。
フタを開けていないプレゼントがたくさんある気分。みなさま、ありがとうございます。箱のなかにどんな物語が入っているか、時間をかけて味わっていくつもりです!

☆星くずさま
バレエ、じつはやってみたいんです!
「プリンセスチュチュ」の影響で、家でくるくると舞ってみたり、両手を優雅に伸ばしてみたり(実際はただの謎の行動…)、それで翌日筋肉痛になったり、気分はもうプリンセスチュチュなんです(笑)
しかしながら、本当にやってみるとなると大変なんだろうな、と。でも月三千円て!そんなものなんですか☆

チュチュのエンディングテーマに、「扉の向こうに何があるの、こわいけど、でも開けみるのよ」というような歌詞がありまして、それが胸に残っているので、私も新たな扉をひらく勇気を持っていたいと思ってます!

バレエとはだいぶ違いますが、スポーツクラブに入っていちおう体は動かしています!体を動かすのに慣れたら始めたいです!そのときにはまた、いろいろと教えて下さい♪

それと、チュチュの「心臓をなくした王子」ですが、たしかに、ハウルと共通ですね!
しかも両者とも、心臓がないのはそういう魔法を使ってしまったせいですし。
ただ、チュチュでは完全に心臓がない=心がないってことになっていて、なんていうか、王子がものすごく儚げです。

とっても素敵で、不気味さもある、まったく新しいバレエメルヘンですので、もしチャンスがありましたら、ぜひどうぞ!

No.701 - 2006/10/03(Tue) 20:12:27

Re: なにせ真理は時の娘 / 白樺風子
星くずさま
私も最近映画『花とアリス』見ましたよ!蒼井優ちゃんの踊りの姿は圧巻でした!!バレエ教室でポーズとってみんなで写真撮っているところとかも。

バレエものは、映画でよく見ます。『リトル・ダンサー』『エトワール』『センターステージ』とか。最近、ニューヨークのバレエカンパニーのドキュメンタリーもあったような気がします。

あと、現在研究している詩に、ニジンスキーが出てきたので、彼について調べているところです。彼のバレエ姿の写真ってすごく神々しいんです。彼は神経衰弱にかかって、興味深いダイアリーを残していて、それを読んだのですが、まるで彼がステージの上で踊っているような書き方なのです。リズムといい、構成といい。

No.700 - 2006/10/03(Tue) 02:32:48

バレエのお誘い / 星くず
☆金平糖さま
私を覚えてくださっていて、とっても嬉しいです!
金平糖さんの周りにも、もしかしたらバレエダンサーが
いたかもしれませんよ。だって、バレエをやっていることは
なかなか人には言えなくて、けっこう秘密にしてしまったり
するものなんです。
馬鹿にされたり、からかわれたりと、バレエに対する勘違い
と好奇心にさらされてしまう恐れがあるので。

でも、最近はバレエに対する情報がだいぶ流れているので大丈夫かもしれないです。私は今年から、またバレエを復活しました。
2週間に1回程度の大人のバレエですけれども。それでも、とっても楽しいです!金平糖さんも、ぜひ、バレエを習ってみられたらどうでしょう!身近なカルチャーセンターみたいなところで、月3千円レベルから手軽に始められると思います。って、勧誘しちゃったりして(笑)。

☆「プリンセスチュチュ」
気になって調べてみましたが、制作人がとっても真剣に作っている作品だということが伝わってきました。金平糖さんが紹介されているあらすじだけ読んでも、かなりおもしろそうです!心臓を失うなんて、ハウルみたいと思ってみたり・・・。あとはDVDを借りれるかどうかです。

☆「花とアリス」
バレエは雰囲気として活用されている感じですが、主人公2人がすごくよいです。蒼井優ちゃんのバレエがとっても清々しく素敵でした。これを見て彼女のファンになってしまいました。「フラガール」の彼女の踊りも楽しみです!

No.692 - 2006/10/01(Sun) 23:30:38

バレエ入門への道 / 金平糖
☆星くずさま
ほんとにお久しぶりです!返信をいただいて、とてもうれしかったです!!しかも私のイメージが「金平糖の精」だなんて言っていただいて……名前負けしないようにがんばらなくちゃ。

金平糖の精の曲、じつは以前はあまり好きではなかったのですが、「プリンセスチュチュ」に使われていたのを聴いてから大好きになりました。

星くずさんは、バレエを習っていた方なんですね!そんなずばらしき方に初めて会いました!私の周りにはバレエに少しでも関わっていた人はいなかったですよ。
ポワントとか、できちゃうんですか…?ドキドキ。

そんな星くずさんこそ、お名前どおりの素敵な方だなぁといつも思うですよ!文章も素直で丁寧で、感性がきらりとしていて、相手の話しに関心をもって書いてくださって。

☆そういえば…@
私がこのようにバレエものに関心を持ったのは「プリンセスチュチュ」というアニメがきっかけでしたが、ご存じの方はおられますか?

以前こちらで、話題にさせていただいたのですが、そのときはバレエのことには触れなかったので、もしかしたら気付かれなかったやもしれません!
なので、そのときの記事を引っ張ってきたので、よろしかったら、チェックしてみてください。ちょっとやり過ぎなんですが、私が提供できるのはこのくらいです〜

☆そういえば…A
「花とアリス」という、鈴木杏ちゃんと蒼井優ちゃんダブル主演だった映像作品も、たしかバレエが関わっていた気がします!
ずいぶん前から見たいと思いつつ、まだ果たせていません……

☆かなのさま
私が読んだ「昴」の紹介文は、ある1個人の感想文なんです。なので、その方の主観が入ってると思います!
もう一度検索して、サイト名だけでもお知らせしようかと試みたのですが、どこだったかわからなくなっちゃいました。
あいまいな情報によって気落ちさせてしまい、申し訳ありません!

それで、実写映画化なんですか!ほんとにバレエができる子じゃないと成り立たないですが、どんな方が主人公になるんでしょうね!

☆sakaiさま
萩尾望都さんの作品は代表的な「トーマの心臓」と「ポーの一族」しか読んだことがなく、バレエものがあるとは知りませんでした!

どうしよう、みなさま情報が豊富すぎて、実際問題、紹介いただいた作品すべてに触れられるかどうか分かりません(笑)
これぞうれしい悲鳴ってやつですね。みなさま、ありがとうございます!

No.689 - 2006/09/29(Fri) 22:26:46

Re: なにせ真理は時の娘 / 星くず
とってもお久しぶりです。
何か面白い漫画がないかなと探していたところだったので、
嬉しい情報の数々に、つい顔を出してしまいました。

かなのさんがお勧めされている「昴」、すぐにでも読んでみたいと
思いました。あと、「エトワール」と「バレエ・ダンサー」もすごく気になります。どれから手をつけようかな。

私は小学・中学とバレエを習っていたのですが、一番忙しかった中学生の時にはまったのが『アラベスク』です。夏休みに、昼間はバレエで、夜は『アラベスク』にひたすらひたった時期があったのですが、あの漫画には、何か熱狂的に入り込ませるものがあったように思います。『アラベスク』には、主人公が踊っている感覚をハッと感じさせる瞬間があって、読んでいると、自分も踊りたくてたまらなくなったのでした。

ちなみに、「SWAN」も実は今年の冬に2ヶ月間ほどはまりました。こちらはバレエの内容よりも、主人公の情熱にやられた気がします。仕事が忙しいときにこの漫画を読むと、一晩中踊り続けている主人公を見て、私も頑張らなくちゃという気持ちになってきました。

ちなみに、私、金平糖さんの名前を初めて発見したとき、瞬間的にくるみ割り人形の金平糖の精だと思ってしまいました。なので、どうしても、金平糖さんは黄金色の美しいイメージです。でも、実際の金平糖さんも、文章から伝わってくるイメージは、やっぱり金平糖の精そのものだなと思ったりしています。(あっ、でも、金平糖の精よりはもっとかわいらしいかもしれませんが。)

No.682 - 2006/09/28(Thu) 22:55:37

言葉以上に伝わるもの / かなの
>昴
金平糖さま、あの漫画ってそういう風に評価されていたんですね。知りませんでした。曽田さんはドラマになった「め組の大吾」とかアニメになった「capeta」を書いている人ですので、なんせ主人公が熱い!この昴ちゃんは曽田さんには珍しい女の子主人公なんですが、やはりとても熱くって踊っているとほかのことすべて忘れちゃったり高熱で舞台にのぞんだりとそれはもうスポ根のようなおもしろさです。確かに後半人間離れしてますが、面白さが破綻したとはあまり思っていませんでした。そうだったのかぁ・・・
ちなみに「昴」も映画化(実写)が決まっています。
ただ、この漫画読むと実際のバレエがちょっともの足りなくなるかもしれません。

あ、今日書店でバレエ漫画をもう一つ見つけました。さいとうちほさんの「ビューティフル」(フラワーコミックス)です。書店には1巻がなかったので読んでいませんが、少女バレエ漫画って感じみたいです。

>走る
「リトル・ダンサー」が好きならお勧めの映画がありますよ。
「リトル・ランナー」というマラソンものです。ダンサーと違って走ることが好きで好きでたまらないというのとは違いますが、やはり少年の心理を上手に撮っていますし、実際にあった試合かと問い合わせがあったというのも納得のマラソン映像でした。

>てぃがさま
「学校へ行こう」のあのバレエのコーナーってシリーズになっていたんですか?最近みていなかったけど、てっきり夢をかなえるという1回だけの企画だと思っていました。これからチェックしてみます。情報ありがとうございます。

No.681 - 2006/09/28(Thu) 22:27:42

Re: なにせ真理は時の娘 / sakai
バレエものならやはり、萩尾望都先生のバレエシリーズをおすすめしますよ。新装版の単行本タイトルだと「ローマへの道」「感謝知らずの男」「フラワー・フェスティバル」ですね。
No.679 - 2006/09/28(Thu) 21:40:58

体を動かす / 金平糖
返信をくださった方々、どうもありがとうございます!
詰まった情報の数々、ありがたく拝見いたしました。

☆「舞姫 テレプシコーラ」
かなのさま、まつりさま、そういえば、これがありましたね!なぜか忘れていました(笑)

「ダ・ヴィンチ」はたまにしか購入しないため飛び飛びで読んでいるせいか、今一つ面白いか分かっていなかったのですが、まとめてコミックスで読んでみたいです。

大学生のとき、「ダ・ヴィンチ」の編集長さんがOBということで講演に来てくださったのですが、そのときに、「この漫画がはじまるということで(だったかな?)参考に自分でバレエを始めてみたら、すっかりハマってしまった」、というようなお話をしていました(笑)

☆「昴」
みなさんにお尋ねする前に自分で「バレエ 漫画」で検索して調べたおり、いろいろヒットした中で一番気になったのが、かなのさまがあげてくださったこちらでした。

なにか、「ローザンヌ国際バレエコンクールで主人公が優勝するまでの運びには伝説的な面白さがあるが、それ以降は作者が主人公のコントロールをすることができないで物語が破綻してしまった…」とか書いてあったんですよ。
伝説的な面白さから破綻!それがまさに伝説的じゃない、と思ってがぜん興味がわいてしまいました。
今は連載休止ですか!すごいですね。それだけ作者をも食う力をもった物語ってことですよね!?もう、ぜったい読みます(笑)

☆てぃがさま
お久しぶりです♪
「学校へ行こう!」にそんなコーナーがあるとは知りませんでした。実際のバレエダンサーさんたちの生活だったり性格だったりには興味あります。気がついたときにちょうど放送するとよいのですが…

このまえ「たけしの誰でもピカソ」がバレエ特集だったのですが、そのときに出演した男性のバレエダンサーさんがとっても素敵だったので、他の方はどんな方かしらというミーハー心もアリアリです(笑)

☆まつりさま
じつは、小学校では六年間リレーの選手でした。ものすごい過去の栄光なんですけど。速い人はほんとに速いですね。たまたま大会に出たこともあるのですが、私はもちろんのこと、学年で一番速い子でもそこでは全然歯が立たなかったことが、けっこうショックでした。
なんか、走ることって、練習しても速くなれない、天性な感じがします。速い人は、自分でもどうして速く走れるかわからないんじゃないかなぁ?

とにかく、読むのが楽しみです!

No.673 - 2006/09/28(Thu) 07:57:54

Re: なにせ真理は時の娘 / てぃが
 バレエ物といえば、かなのさんまつりさんと同じく、思いつくのは山岸涼子さん、あと槇村さとるさんの『Do Da Dancin'!』が、今月から雑誌を変えて連載再開しました。 えっと…印刷物ではありませんが、TBS系『学校へ行こう!MAX』(またV6かよっ!!)では、バレエダンサーを目指す学生さんを紹介するコーナーがあります。毎週の放送ではないですが、世界で活躍されているトップダンサーの方がゲストに出たりして、興味深い内容です。あれを見ていたら、ダンサーの方の、身体、生活その他全ての事が舞台みたいな感じがします。
No.669 - 2006/09/27(Wed) 00:37:39

Re: なにせ真理は時の娘 / まつり
走るひと
『一瞬の風になれ』おもしろいです!
『風が強く吹いている』はまさにこれから読むところ。
「走る」こと、そしてバトンなりたすきなりを繋ぐのは同じなのに
400mリレーと箱根駅伝ではまったく違うんだろうなあ。
『一瞬の・・』は運動会のリレーの選手とはまったく縁のなかった私に100m11秒台の気分を味わせてくれました。
足が速いことって、すごく「神様に与えられた」感じがします。
選ばれた人、というか。
これは全然想像なのですが、リレーの常連選手だった人は「走る」ことに固執しないんじゃないだろうか、と思っています。

バレエ
『リトル・ダンサー』はいい映画ですね。
主人公の少年の、女の子みたいな友達に対する優しさが好き。
私もマンガならばかなのさんと同じく『舞姫 テレプシコーラ』がお勧めです!
痛いくらいの情熱が読んでて辛くもなりますが。
あとは山岸涼子さんといえば『アラベスク』はもちろん言うまでもなく。
有吉京子さんの『SWAN』はいろんな定番がきっちり織り込まれていて、でもそれだけで終わっていない傑作だと思います。
絵も綺麗ですし。

No.668 - 2006/09/26(Tue) 23:23:29

Re: バレエもの / かなの
「リトル・ダンサー」はおもしろい映画でしたね。他に映画だと「エトワール」とか「センターステージ」とかありますが、実際のバレエからの興味ではないなら、手初めとしてお勧めするのはやはり漫画かなぁ。雑誌ダ・ヴィンチで連載している山岸涼子さんの「舞姫 テレプシコーラ」あたりはかなりおもしろいし、バレエのことがいろいろわかるかと思います。
結構好きなバレエ漫画は曽田正人さんの「昴」なんですが、こちらは連載中断状態なので人にお勧めはできないのです。
あ、小説なら零さまが以前Web連載で紹介してくれたルーマ・ゴッテンの「バレエ・ダンサー」(偕成社)は一気に読み切るおもしろさでした。
最近の児童文学のスポーツものが好きな人には絶対お勧めです。

No.665 - 2006/09/26(Tue) 22:27:06
秋の味覚はおいしいです / かなの
気が付けば10月突入です。
いろいろ山積みだったりしますが、やっと先月購入したCDも聞けます。かなりお気に入りになったのが谷山浩子さんの「テルーと猫とベートーヴェン」です。あの「テルーの唄」の他ゲド戦記の歌4曲が非常によかったです。詩は徳間書店から出ているゲド戦記詩画集でも読むことができたんでしょうけど、まったく興味がなかったんですよね。今度チェックしなくては。

なんかさっき来年の新番組アニメをひとつ知って非常にびっくりしています。世界名作劇場・・・BSだけの放送なんてもったいないと思いつつ、ちゃんと名作劇場になるのかなぁと余計な心配が・・・

>金平糖さま
さいとうちほさんの「ビューティフル」(フラワーコミックス)の1巻は金平糖さんにお薦めかもしれません。
金平糖の踊りを扱っていましたよ。私は展開も結構気に入っています。

No.691 - 2006/10/01(Sun) 23:17:55

秋はブラウン♪ / 金平糖
さいとうちほさんの「ビューティフル」ですね、了解です、要チェックです、頭にメモです。
あぁ〜頭のメモがたいへんな量に(笑)。でも、幸せです。まだ知らない素敵な物語があるかと思うと、スキップして、生きてるってすばらしいと思っちゃいます。

それと、別の話題になりますが、世界名作アニメ劇場がBSで新たに始まるのですか?すごく気になります!

秋の味覚はよいですね。しかしながら、そんな季節感に便乗した、秋限定のコンビニおやつを食べると、「なんかいつもの普通のがいいや」とか思いますけども!

No.703 - 2006/10/03(Tue) 20:43:10
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 30 >> | 過去ログ ]