104153

翼のある三角

三角形は、古来から創造性を意味する図形
そこに翼がある 自由に飛翔する
ファンタジーとは、つまり、そういうものでは

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | ヘルプ | 環境設定
白の王子と黒の王子 / 金平糖
 冬。星の光が寒い夜空に冴えざえと瞬く季節がやってまいりました…オリオン座の季節。
とはいうものの、生活の主役はお鍋と雪見だいふくとチョコレートっていう具合な私でした。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

☆星くずさま
お久しぶりです!
こんなかたちで返信をいただくとは思っておらず、こちらに来て「あれっ!?この記事が前に来てる!」って驚いて見てみたら……(笑)
ものすごくうれしかったです。どうもありがとうございます♪
しかしながら、あまりに古いので新しく記事を書かせていただきました!

バレエの話題で盛り上がってから、「プリンセスチュチュ」を観てくださっていたのですね〜わーいわい♪結構長いですし濃いですし、たぶん興味がないと観るのはつらい作品だと思うですが、お気に召したようで、ホッとしました。私としては最大級におすすめだったので…。

ふぁきあは回を増すごとにかっこよく見えてきてドキドキでした!作中でも「ふぁきあ様派?」「みゅうと様派?」とか言って、あひるの友達が盛り上がっていましたよね(笑)

それと、あひるの2段階の秘密といえば、ふぁきあとるぅちゃんもそうですね!
みゅうとも、カラスの魔力で豹変した時期を含むと変化が激しいキャラでした。それにしても、あれほど純粋無垢に描かれた王子がまさかあんな風になっちゃったりするなんて第一話を見ていた時には想像もつきませんでしたよ……最後に現れた「本当のみゅうと」はそれまでのどのみゅうととも違っていて、なんだか知らない人みたいで、寂しかったなぁ。

ふぁきあの秘密、ドロッセルマイヤーとの関係にはびっくりでしたね。ドロッセルマイヤーの熱心な信奉者の男の子(名前を忘れてしまった…)がどんなにドロッセルマイヤーに詳しかろうが、あっけなく彼を超えてしまう。物語を書く力を持つものとして樫の木に選ばれたところとかは、ちょっと信奉者の彼に同情しちゃいました。
なんか、あれを見てしまったらば、物語を書く力というのは、天性のもの、神様とかそういう世界に属するもの、もしくはそういう世界から物語を引き出す力を授かった人だけのもの、そんな気がして。まさに草十朗とおなじ。

と、書いているうちにまた見たくなってきちゃいましたよ〜

No.872 - 2006/11/09(Thu) 20:12:53

富士さん / 星くず
☆金平糖さま
富士さん!ちょっとだけ語らせてください☆
旅行1日目はあいにく大雨で、富士山には全く出会えず、
山梨県の河口湖周辺のホテルに泊まったのでした。
ところが、次の朝は雲ひとつない晴天。
朝起きて展望台にかけ上ると、目の前は180度富士山でした!
朝日を逆光として浴びている富士山は前日の雪できらきらと輝きわたり・・・。
ああ、富士山とはなんと尊い存在なのでしょうと、
初めての出会いが最高であったことに喜びを覚えました。

今まで富士山って、興味はありましたけれども、やっぱり俗な山なのだろうと思っていました。きっと、現物を見たとしても写真で見たものを頭の中で回想する感動でしかないのではないかと・・・。
でも、実物は、とても写真なんて二次元のもので表現できるものではありませんでした。
富士山は日本一の山なんかじゃない!世界一だ!
って、冗談抜きで思ってしまいました。
あの輝きには、神秘の風がふいていました。
なぜ、『風神秘抄』に富士嶽が神域として登場するのかが分かるような気がしました。

ああ、チュチュと話がずれてしまいました。ごめんなさ〜い。
あ、あと、私、なぜ自分が前向きなのかは分からないです。前向きかどうかもいざ考えてみると、あやしいです。でも、いっつも勝手に成功する姿を心のどこかでイメージしているかもしれないです。
バレエで舞台に立つと、なぜか本番だけ成功するということがよくあって、なんだか、思い込みってのも実現につながる時がある気がしています☆

No.897 - 2006/11/14(Tue) 21:53:17

まさに星くずのよう / 金平糖
☆星くずさま
ホッキ貝ですかーっ。見たことないです!
そして富士山ですかっ!いかがでしたか?ゴミだらけって本当なんでしょうか?私も行ったことがないので分かりません。新幹線の車窓から見たのがたぶん最短距離です。

私の日常は最近ずっと、資格試験に向けてがんばらねばならない毎日です〜。ひとつ終わっても次々に…。

「プリンセスチュチュ」は動物の姿をしたキャラがなぜかたくさんいましたよね!
アリクイ美さんとかワニ子さんとか。ワニ子さんは、見掛けによらず、可愛らしい、ハキハキした声でギャップが面白かったです(笑)

それから私、星くずさんの明るくて前向きなところ大好きですよ♪あこがれですし、「こうありたい」っていう理想の生活をしている方だなぁと。
私の理想っていうのが、前向きで、毎日感謝しながら生活していて、毎日がウキウキわくわくしている人なんです。
私は日によってブレがすごくあるので、前向きさを維持する方法をぜひ教わりたいくらいです!
って…チュチュの話じゃなくなってしまいましたね……

No.893 - 2006/11/14(Tue) 19:41:22

天性の才能 / 星くず
もう冬ですね。私は最近、荒波の中、ジェットコースターのような揺れの中で40分以上耐えて、ホッキ貝を300キロ採る(見てただけですが)という体験をしました!秋の終わりのさわやかな風が気持ちよかったです。
そして、私もチョコレートを食べることを日々の楽しみにしていますよ。仕事机の中にはチョコレートがいっぱい☆

☆金平糖さま
2段階の秘密、ほんとだ、ふぁきあにもるぅちゃんにも確かにかかってますね。変化って、ちょっと置いてかれるとこもあるけれど、やっぱり魅力的ですよね。みゅうとはちょっぴり激しかったですけれども。私がわりと平気でいられたのはふぁきあ様派だからかもしれませんね。

私、あの物語で実は猫先生がすごく大好きでした!先生が猫っぽくなってしまうところとか、結婚という罰則とか、結果を分かっていても毎回笑えました。猫先生のところでバレエの猫の踊りの曲が流れるところが、なんともブラックユーモアな感じで・・・あの世界の住人たちには不思議なところがたくさんあって、その世界の枠組みが分かりそうで分からないらへんが、とっても面白かったです。

物語は、天性のもの、のような気がします。そして、天性があるかどうかは誰にも分からないわけで、自分にもあるかもしれないと思ってみたりして(笑)。私って、ものすごく楽観主義者といいますか、とってもプラス思考なわけです。よくも悪くも。きっと、金平糖さんにも金平糖さんの天性の才能がありますよ!

それでは、明日は富士山を見に行ってきます!人生初の富士山。東北人にとってははるかかなたの山。どんな迫力と感動があるのでしょう。太宰のいうように、俗な美なのか、月見草がよく似合うのかどうか(月見草はもう咲いていないかな)・・・はやく旅行の準備をしなくちゃと、わくわく遠足気分です☆

No.879 - 2006/11/11(Sat) 00:02:02
買ってきました〜 / 美月
ふと本屋に入ったら、いつも買っている漫画の最新刊が発売されていたので、ちょうどいいので一緒に買ってきました、ファンタジーのDNA。
明日の通勤で読みたいと思います。
探し回ってもなくて焦ったのですが、よくよく考えたらエッセイ集である前に新刊なんですよね〜。
新刊棚にちゃんと置いてありました−−;
危うく店員さんに泣きつくところでしたよ。
明日からの通勤が楽しみです。
満員電車でぶつかられて折れたりしませんよ〜に・・・(以前そういうことがあったので・・・)

No.895 - 2006/11/14(Tue) 21:06:09
ファンタジーのDNAの発売日♪ / 那由多
「ファンタジーのDNA」発売おめでとうございます♪
(理論社のHPでの発売日は11月9日,つまりは今日です)
今日は水星が太陽面を通過した日だそうです。

>プリズンホテル
読みましたぁ(><)なんか変な勢いがつきましたよ!?
浅田作品いろいろ読んでいきたいです♪

>甲殻機動隊セカンドシリーズ
父と弟が観ていたので、覗き見したら・・・音楽に感動しました!
やっぱり、菅野ようこさんだ〜〜。
DVDは父が出張先に持って行っちゃったので、観れなくて残念〜〜(><)

>プリンセスチュチュ
近所のレンタルショップにはおいてないようです。(T。T)

No.873 - 2006/11/09(Thu) 23:36:09

バレエメルヘン / 金平糖
こんばんは☆
「プリンセスチュチュ」、なかったのは残念でしたね。
私はTSUTAYAさんを利用していて、自分が利用しない店舗も見たことがあるのですが、どちらにもあったんですよ。
なので、TSUTAYAさんがおすすめですが、それでもないとなると、あとはお手上げですね…
こんなに話題にしておきながら、マイナーなせいで見れない方がいらっしゃるのが、とても残念で、申し訳ないです。

No.894 - 2006/11/14(Tue) 19:46:10

Re: ファンタジーのDNAの発売日♪ / 那由多
かめこさんとしのぐさんの会話がなかったら、
浅田次郎さんの本を読まなかったと思います。
ほんとに、ありがとうございます!!

浅田さんはのイメージは、一流大学をでている真面目な方なのかな?とおもっていたんですが・・・全然違いますね^^
とてもユニークで人間的にも素敵な方という感じがします。
図書館にエッセイもあったので、追々読んで見たいとおもいます^^

No.885 - 2006/11/12(Sun) 20:03:39

Re: ファンタジーのDNAの発売日♪ / かめこ
やっぱりプリズンホテル面白かったでしょう!?私もあれで浅田さんにはまったんですよ!
私は次は「シェラザード」を読むつもりです(^^)

No.874 - 2006/11/10(Fri) 01:34:30
在庫本整理 / 美月
だいぶ前からずっとやっていた、本棚にある本の在庫本整理を実行。
と云うか、前々からダンボールに詰めておいたものを並べなおして今日は古本屋に売りに行ったんです。
父が「これも持っていって」と出してきた本はかなり古くて(苦笑)、正直、東京の神田の専門店で売れば高値がつくけど、私が持ち込むところじゃ一銭にもならないのでありました・・・。

両親と私で500冊くらいの本を売りに出したわけだけど、それで本棚がすっきりしたか、と云うと答えはNOだったりします。
本棚にあふれた本で埋め尽くされたので、処分した、と云うのが正しい表現になるもので−−;
父には自粛しろ、と言われたのですが、売った所でまた買い込んできたのでした・・・。
いたちごっこです・・・。
母と「本だけを収納する部屋を作りたいね、コンクリートの床に引き出しがたの本棚で!」などと話してました。
でもそんな空間作ったらそこにソファとか持ち込んで1日中出て来なさそうです・・・(笑)。

No.886 - 2006/11/12(Sun) 21:52:22
不滅 / 白樺風子
こんにちは。
来週はゼミ発表があったり、課題があったり書き込みしている場合ではないのですが、書き込みたいことがあります。

昨日、私が尊敬する方の死を知りました。
その方は、S大学のX先生で、文学を精神医学でもって読み解く人で、ここ最近英文学界ではかなりご活躍されていた方です。
いつかX先生の授業に出て合って見たいと思っていたのですが。

日本英文学雑誌『英語青年』で先生の追悼文を見たとき、「まさか」と思いましたが。そのまさかで、頭が真っ白になりました。突然の若すぎる死でした。

先生は著作で、人の見えない欲望について書いていました。その欲望とは、クローゼットに秘密のものを隠す行為にたとえられています。

今日授業で「不滅の自分」を歌う詩を読みました。元祖ヒッキーと言われている、アメリカの詩人、エミリ・ディキンソンの詩です。たとえ自分が死んでも、自分の作った詩、思想は永遠に生き続けるというものでした。芸術とは不滅のものだと思います。そして、その芸術を作った人も、誰かの心の中に不滅に生き続ける。ディキンソンは生前作品を発表することなく、クローゼットに自作の詩の神束をしまいこんでいたそうです。

そんな詩を読んだとき、X先生のことを思い出しました。X先生はお亡くなりになったけど、先生の論文や業績は生き続けると考えると何だか嬉しくてたまりませんでした。たとえ直接あえなくても、先生と本を通して永遠に対話できるんだ思うと、先生の成し遂げたことを受け継いでこれからも文学に取り組んでいきたいと思いました。

何か、自分冒険しちゃってますね。。ごめんなさい。
芸術は不滅なんだと感じた今日この頃でした。

No.881 - 2006/11/11(Sat) 22:27:43

芸術は長く人生は短し / 日暮
私の部屋には週めくりカレンダーがあり、週ごとに格言がつくのですが、それが先週は「芸術は長く人生は短し」でした。
人の命には限りがあり短いが、優れた芸術作品は作者の死後長く残り、人々に影響を及ぼすという意です。けれどどんなに優れていようと、それを受け継ぐ誰かがいなければ、後世に伝わることはないのではないかと。白樺さんのような方がいらっしゃってこそ、芸術は長く生きるのかなと思います。不滅に。
人の死は悲しくて、早々立ち直れるものではありませんが、文学に取り組むこと、これからも励んで下さい。あぁ……偉そうにごめんなさい…

No.882 - 2006/11/12(Sun) 12:14:37
かわいい表紙で、楽しみです / かなの
理論社のHPに零さまのエッセイの表紙画像が掲載されていましたね。11月の発売は確定したようなので待ち遠しいです。

最近私は「ニューヨークの魔法使い」(スウェンドソン著)を読みました。エルフの営業マンとかいるのですが、「レゴラスに車を売らせちゃいけない」という文があって、レゴラスのような美形が販売トークは似合わないという意味か、こんな美形が営業では勝ってしまうという意味か、ちょっと考えてしまいましたよ(笑)
ちょっと続きが気になるシリーズでした。

No.777 - 2006/10/19(Thu) 21:38:22

今日から店頭に並んでいました / かなの
こんばんは。最近ご無沙汰していたので書き込みたいこといっぱいあります。

>那由多さま、彼方さま、sailさま
レスありがとうございます。返信遅くてすいません。
私は今日、「ファンタジーのDNA」を購入することができました。ウェブエッセイの時は紹介された本の表紙画像とちょっとした一言があったので、本をイメージしやすかったのがなくなったのはちょっと残念ですが、やはりページをめくって文章を読むという形で言葉に触れるうれしさは格別です。表紙・中表紙が本当にかわいいイラストです。

あと最近小学館児童出版文化賞での紹介文で気がついたのですが、日本国際児童図書協議会の「オナーリスト」にも選ばれていたんですね。また翻訳などで発売されたりしたらうれしいなぁ。

>sailさま
「ニューヨークの魔法使い」読まれたんですね〜。
私は「ブリジット・ジョーンズの日記」という言葉で尻込みしていたのですが読んでよかったと思いました。本当に続きがきになる作品ですよね。
「カエルにキス」っていうのは本当にアメリカでは使っているのか結構気になっています。確かに行動しないと何も起こらないとは言われますが、そこまで・・・?!と(だから駄目なんだろうけど・・・)

No.876 - 2006/11/10(Fri) 22:54:29

Re: かわいい表紙で、楽しみです / sail
>『ニュ−ヨークの魔法使い』
面白かったです(^−^)。
たしか帯の惹句が「ファンタジー版ブリジット・ジョーンズの日記」で。なるほど〜と。
「レゴラスに車を売らせちゃいけない」は、高貴で優雅な雰囲気のエルフには似合わない仕事だという意味かな?と思いました。

それから、出会ったカエルに片っ端からキスしていけば…という主人公の言葉に感心してしまいましたよ(笑)。
そうか、王子さまを見つけたければそのくらいの心意気でのぞまなければいけないのね!

続きが気になります。

No.843 - 2006/11/01(Wed) 17:50:44

Re: かわいい表紙で、楽しみです / 彼方
はじめましたかなのさん。彼方と申します。
私もエッセイの表紙画像見てきましたよ〜!
一つの物語がはじまりそうな素敵な表紙でしたね。
零さまのエッセイは物語みたいに心に残るお言葉が多いですからぴったりだと思いました〜。
私も那由多さんの言うとおり、「もうひとつの空の飛び方」というタイトルもとても好きだったので、残念な気もしています。
そのタイトルならなおさら物語、って感じがしませんか?
なんにせよ発売が待ち遠しいですね☆

レゴラスに営業・・・(笑)
気になるお話ですね。ほんと気になる・・・!
チェックしてみま〜す!

No.841 - 2006/11/01(Wed) 01:59:03

Re: かわいい表紙で、楽しみです / 那由多
『もうひとつの空の飛び方』という題名も素敵だったけど・・・
『ファンタジーのDNA』という題名もいいですよね。
だって、零様はファンタジー作家の日本の代名詞みたいな方ですから。零様らしいっていえば、そうですもの。

『もうひとつの空の飛び方』というネーミング、すごく気に入っていたりします。だって、物語のなか・想像の世界で空を飛ぶなんて、かなり素敵な発想だと思いませんか?
物語に引き込まれて、知らずに集中していて、いつの間にか集中してんだかリラックスしてんだかわからないとき・・・後で振り返ると、空を飛んでるのかなと、思うときがあります。
それで、すごく、リフレッシュしていたりするんですよね^^

No.823 - 2006/10/28(Sat) 11:40:29

Re: かわいい表紙で、楽しみです / 那由多
理論社のHPで見たけど、かわいい表紙ですね!
11月の発売日を楽しみにしてます♪
ずっと、ROMだけはしてたから読んでいて 
内容はわかってるけど、チェックします!
それで、親を巻き込んで、買います!(親もファンなんです)
アンダンテ日記とは、また違う濃い内容の文章だなあって、ずっと思っていました。何度も,読み返してちょうどいい位の。
私には、割と硬質の文章だなぁって。するめをさいて少しづつ味わうような、そんな文章です。

No.797 - 2006/10/24(Tue) 12:56:18
はじめまして☆ / 美紗
はじめまして。。。ここにはじめてくるんですが、すごい私と趣味があってとてもうれしいです!いろんなこと皆さんと話したいのでお願いします(●^x^●)/
ちなみに私が好きな本は、零様と森絵戸さんと星新一さんです。
マンガは、『のだめカンタービレ』、『砂時計』、『ブリーチ』です!・・・おなじ方いらっしゃいますか???
ぜひメールもください!まってまーす!!

No.871 - 2006/11/09(Thu) 19:18:51
あひるとカラスと王子様と騎士 / 金平糖
 零さま、ご退院できたとのことでよかったです。
「もっと怖い処置」をしないですんでよかったですね。それでもそんなに痛いなんて。うっう…おかわいそうで涙。

でも、病院でも(病院だからこそ?)読書にいそしむところが何とも零さまの零さまたるところですね。

今回「巌窟王」を改めてお読みになったのは、アニメをどこかでごらんになったからなのでしょうか。
私もアニメを見ていました。二年くらい前の作品ですよね。ものすごく手の込んだ画面だったなぁ。

☆「プリンセス チュチュ」
このアニメをご存じの方はいらっしゃいますでしょうか?
今、はまり込んで見ています。とにかくお話が面白い…メルヘンのもつかわいらしさとおそろしさ、両方をあわせもったような物語で、はやく最後までみたくてたまりません。

興味を持っていただけたら嬉しいのでストーリーを紹介…

大ガラスを倒すため、自分の心臓を取り出して禁断の魔法を使った王子様。大ガラスを封じ込めたかわりに、王子様は心臓をなくしてしまいました。
誰よりもうつくしいのに寂しげな瞳をした王子様に、一話のあひるが恋をしました。そして、王子様の心臓をとりもどすために、プリンセスチュチュに変身できる人間の女の子にしてもらいます。
だけれど、プリンセスチュチュは王子様に想いを告げたら、光の粒になって消えてしまう運命。しかもほんとはただのあひる……
プリンセスチュチュを邪魔する大ガラスの娘、プリンセスクレールが出てきたり、王子様を守るふつうの人間の騎士が出てきたり、お話は思いも寄らぬ方向へ展開して行きます。
プリンセスチュチュが、言葉で想いを告げるかわりに、バレエで想いをつたえようと踊る場面はもう涙涙、です。あれは絵と音楽で魅せるアニメならではの名シーンだと思います。

すごくマイナーだからあまり知ってる人がいないのですが、おすすめ、です。

No.522 - 2006/09/03(Sun) 10:26:20

チュチュの魅力 / 星くず
私も、過去から、ひっぱってきちゃいました☆

皆さんから一歩遅れましたが、とうとう、「チュチュ」を見終わりました!もう、最後のお話なんて、不安で心配で頭両手でかかえて泣きながら見ましたよ(笑)。

「チュチュ」は、お約束の面白さと、そのお約束を時には超えてしまう感じなんかもあって、ものすごく引き込まれました。

 主人公が抱える秘密がばれるという魅力が二段階もかかっていること、自分の秘密を一部の人だけが知っていること、怖いと思っていた人が見せる意外な涙、純真だと思っていた人が見せるニヒルな一面、明かされる暗い過去、環境に恵まれずとも決して消えない強い意思、存在することの特別な意味、日常に見え隠れする不可思議な真実、そして、物語るとは何かということ、心とは何かということ・・・もう、いろんな思いとカッコよさと物語の仕掛けが何層にもなってせまってきて、気が付いたら真剣にどっぷりとはまっていたのでした。

私個人としては、過去がちらつきはじめてから「ふぁきあ」にはまってしまったので、もう、それはそれは彼の魅力が後半満載だったために、幸せを満喫いたしました(笑)。「書くべきものが見つからない!」みたいな言葉に、くぅ〜かっこいい〜って思っちゃいました。物語ることって、何だかかっこいいですね。草十郎が横笛を吹く重さみたいなのって、なんだか憧れてしまいます。
私もいつか、そんな気持ちで絵か物語を生み出せたらいいのですけれども。

こんな素敵な物語を紹介してくださった金平糖さんに、心から感謝しています☆

No.870 - 2006/11/07(Tue) 23:34:22

バレエものの話題の参考に / 金平糖
過去から引っ張って来てみました。
バレエものの情報をくださったみなさまに、私がお礼として提供できる、知っている人が少なさそうな作品はこれしかないので、良かったら、どうぞ!

No.688 - 2006/09/29(Fri) 22:21:59

感謝です! / 金平糖
レンタルDVDの返却日がきたので返してきました…あぁ、チュチュ〜(>_<)
BOOK・OFFに1、2巻だけあったのですが、たぶん通常版で、しかも五千円以上したのですごすごと帰ってきちゃいました……が、いつかは!

☆かめこさま
返信ありがとうございます!まだ見ていない方では、月花さまからしかなかったので、とてもうれしかったです♪
見たら感想をお聞かせくださいね〜!

☆七依さま
そうですか、これ↑であっていたんですね。まさか「亡」っていう字は使わないだろうとは思ってましたが、念のため確認して良かったです。
私もケータイから参加しているんですよ〜ハタから見るとたぶん、すごい長文メール打ってる人みたいになってます(笑)


みなさま、返信をありがとうございました。長くなってきて、親記事の内容も古くなっちゃったので、これをもってこの記事への返信は終わりにしようかなと思います。
長らくこの話題におつきあいいただき、本当にありがとうございました!チュチュファンのお二人と、新規ファンになりそうなお二人とお話できてとてもうれしかったです♪(*^_^*)
ではまた、別の話題でお会いしましょう。もちろん、チュチュの話題でも!

No.581 - 2006/09/10(Sun) 19:37:16

Re: あひるとカラスと王子様と騎士 / 七依
金平糖さま
申し訳ありません(><)。正しくは七依です。最初の投稿以外は携帯電話からしていたので、違いに気付きませんでした。

No.565 - 2006/09/08(Fri) 17:22:05

Re: あひるとカラスと王子様と騎士 / かめこ
金平糖さん、お久しぶりですね(^_^)何だか話題のアニメが面白そうだったので横レスさせてもらいました。
内容を見てると、「白鳥の湖」と「人魚姫」がミックスしたような感じ…?に見えたんですが、面白そうですね♪タイトルの見た目に反して、ストーリーは結構シリアスな感じでしょうか。私もビデオ屋さんをチェックしてみます☆

No.564 - 2006/09/07(Thu) 22:55:15

つけたし☆ / 金平糖
書き損ねたことがあったので、追記します。
☆紀美さま
主題歌のCDは、持っていますよ〜。
というか、じつは私が「チュチュ」を見たいと思ったのは、主題歌がきっかけだったんです。
岡崎律子さんが大好きだったから、新曲が出て、買って、ジャケットイラストがすごく素敵だったし、主題歌も間奏でチャイコフスキーが流れてきたりと新鮮だったので、「どんなアニメなんだろう?」ってずーーーっと気になっていたんです。やっと見れて、ほんと良かったです。ずっと片思いだったのが、ようやく両思いになれたような気分(笑)
ほんと想像以上、期待以上の作品でした。

☆七依さま
お名前なのですが、最初にいただいた返信が「七依」さんという字でしたが、それ以降「亡依」さんになっていますが、どちらが正しい表記でしょうか?
間違ってお呼びしないよう、お手数ですが教えて下さい。

No.562 - 2006/09/07(Thu) 22:11:31

お話のおしまい / 金平糖
たくさんの返信を、どうもありがとうございます。
紀美さんと七依さんの「チュチュが好き!」って気持ちには敬服です。
だって、最近見たばかりの私と、ふつうに会話できてますもんね〜好きだからこそ、記憶鮮明なんでしょうけど、もう3、4年はたっているのに!こんなに好きになれるアニメって、最近だときっとまれですよね。(いや、そんなことはない、こんな素敵なアニメがあるよって作品があったら、ぜひ教えて下さい!お二人のチョイスには興味あり、です)

それと、いちばん最初の私の書き込み、「早く最後まで見たくてたまりません」と書いたとおり、この時はまだ見途中でした。しかし、そのご最後まで見たのですよ〜。
なんていうか、「見ましたっ♪」って報告したくなるような幸せ感を持てない終わり方で…少なくとも私にとっては。「本当のみゅうと、本当のあひる」は、見て来た立場としてはちょっとさみしかった。
そんなわけで報告が遅れましたがフィナーレを見ました。

☆紀美さま
私も、もう一度一話から見たいです!そのために、できたらDVDが全巻欲しいっ。
定価は私には贅沢だからBOOK・OFFで探してみようかな、と。
それと、名前といえば、みゅうとの本当の名前にはびっくりでした。あんなかっこいい名前だったとは。王子様ですもんね。でも私にとってみゅうとは、ふぁきあが言っていたように「純粋であぶなっかしいみゅうと」のままなので、なんかさみしい……

☆七依さま
アマゾンで検索すると、まだ初回限定版DVDは売ってるみたいでしたよ。
ほしい…

リアルタイムで見ていれば、どんなに続きが気になっても一週間待つしかないから、その間にいろいろ考えたりできますが、私は短期間にバーッと見てしまったので、まだ咀嚼できていないかんじです。だから、DVDを全巻そろえたい……

そういえば、レンタルしたDVDの最終巻に、「プロモーション映像」が特典で入っていたのですが、すごかったですよ…
なんていうか、あれはあれで、また別の物語になりそうな、エロスな映像でした。

No.561 - 2006/09/07(Thu) 21:08:26

Re: あひるとカラスと王子様と騎士 / 亡依
特典のクラシックCDはDVD第1巻〜3巻にまでついていて、1巻は「くるみ割り人形」2巻は「眠れる森の美女」3巻は「白鳥の湖」の音楽が主に収録されているそうです。私も欲しいのですがなかなか見つかりません(泣)。
No.556 - 2006/09/06(Wed) 19:01:58

Re: あひるとカラスと王子様と騎士 / 紀美
金平糖さま&七依さま
こちらこそ共感できて嬉しいです!私もふぁきあの赤面シーン大好きですょ!(笑)
特典付きDVD欲しいですょね。サウンド無かったでしたっけ?
確か主題歌はでてますね。(エンディングのあひるが居眠りしてて可愛い)
「チュチュ」の物語ってキャラの名前も皆可愛くて遊び心いっぱいですね。
チュチュ→バレエ衣装の名前
みゅうと→弱音器(ミュート)
ドロッセルマイアー→くるみ割り人形をくれる伯父さんの名前
本当は他の意味があるかもしれないですが私が思うにこんな感じです(汗
メルヘンなのにちょっと不思議で不気味な所が面白いですね。

私実を言うと話の途中から観て、しかも間も観られなかった部分があるので一回最初から観てみたいです。
金平糖さま、あらすじの説明ありがとうございます

No.546 - 2006/09/05(Tue) 14:27:22

愛と心臓 / 金平糖
☆紀美さま、七依さま
またまたご存じの方がいらっしゃってうれしいです♪さすが翼△!紀美さま、大丈夫です、細かすぎませんよ〜!むしろうれしいです!ドーンと来てください(?)
私も、ふぁきあが鳥アヒルのあひるにだけ素顔を見せる場面が大好きです!
あとで、あの鳥があひるだったと知ってしゃがみこんで赤面したところとかも…(笑)

みゅうとだと、部屋からシャツ一枚で飛び降りる場面がいちばん印象深いです。二回あって、二回とも印象は違うのですが、どちらもきれいで。
そういえば、ふぁきあが学校に復帰した時、みゅうとからふぁきあに抱き付く場面がありましたが、あそこで一人、気を失った女の子がいて。妙に印象深いです(笑)
ブラックみゅうとが、「ぼくだけを愛せよ!」とか「これが偽りの愛だと言うのなら、すべての愛が偽りだ!」とか「本物の愛だと?どいつもこいつも、愛されたいだけのくせに」とかいう、ものすごいセリフを憎しみを込めて言うのはすごい迫力でした。

それから、そう!音楽!音楽ですよね。
初回限定版DVDについてるバレエ音楽集が欲しくてたまりません〜私は音楽に疎いので、「聴いたことあるなぁ」と分かってもタイトルがわからなくて、だからサウンドトラックが、出ていないのショック(T_T)

☆月花さま
大丈夫、見たいと思っていればいつかきっと見れます。
私も見たいと思ってから三年?四年?くらいはたってますが、今こうして見れているし……
でも、「いつか」なんてできたらイヤ、近くのどこかにあるといいですよね…私も見れない切なさは分かるので…。
お願い、月花さまの回りのどこかにあって下さいますように!

No.543 - 2006/09/04(Mon) 23:38:27

金平糖さまぁっ(T-T) / 月花
チュチュありませんでしたぁっ(;_;)

皆さまの感想を読んでいると、本当に興味をひかれます。

なので、
いろんなレンタルショップ回ってみます(><ゞ

No.541 - 2006/09/04(Mon) 22:26:40

Re: あひるとカラスと王子様と騎士 / 亡依
「チュチュ」は悲しい事にマイナーなのか、今まで話せる人がいなかったので私も嬉しいです。紀美さんのおっしゃる通り、クラシック音楽も雰囲気を盛り上げていますよね。たしかDVDの初回特典にはクラシックのCDも付いていました。私は組曲「展覧会の絵」の中の「キエフの大門」が好きなのですが、好きになったきっかけはやはり「チュチュ」でした。ネタバレになるといけないので、どの場面かは今は言いませんが、その場面ではこの曲が見事に融合していて、鳥肌が立ちました。音楽の力ですね。
No.536 - 2006/09/04(Mon) 18:35:42

Re: あひるとカラスと王子様と騎士 / 紀美
「チュチュ」知ってますょー!!!私の住んでる地域では深夜帯だったので眠い目こすりながら観てました笑。

あひる(主人公)の人間も可愛いんですが、鳥のアヒルに変身した時がこれまた可愛い。
(ふぁきあが、あひるだと気付かずにエサをあげてるのが面白すぎるし)
←細かすぎてスイマセン!でも、そのくらい好きだったんですょ〜
私はクラシックが好きなのでBGMにも注目してました。「くるみ割り人形」や「眠りの森の美女」などのバレエ王道ナンバーは勿論ですが、あの「シェエラザード」(「これかぎ」のモティーフ曲)が流れた時はスタッフさんありがとう(?)!みたいな......
みゅうとの儚い感じとか黒鳥の女の子.....(名前がっ....汗)のダークな美しさとか、とにかく面白いんでオススメですょね。
分かる人がいて嬉しくて騒いじゃいました、この辺で失礼します。

No.532 - 2006/09/04(Mon) 01:16:34

返信ありがとうです。 / 金平糖
☆七依さま
はじめまして!私は金平糖(コンペイトウ)と言います。
「プリンセスチュチュ」をお好きな方がいらっしゃって、すごく嬉しいです。物語が好きな方がたくさんいらっしゃる翼△にならば、きっといらっしゃると思っていました!

リアルタイルでご覧になっていたのですね、うらやましいです。

「バレエもの」と聞いたり絵柄を見ていたりして想像していたストーリーと、じっさいに見た「プリンセスチュチュ」は全然違いました。七依さんのおっしゃったような、もっと甘い、砂糖だけをふんだんに使ったアニメかと思ってました。
そうしたら、違いました。
でも、想像と違ったからこそ、こんなにひかれるのかも。
七依さん、長くなっても構わないです、よかったらもっとお話をきかせてください♪

☆月花さま
七依さんはビデオでレンタルしたとおっしゃっていますね!
三年くらい前ですからわかりませんが、もしかしたら、ビデオとDVDが両方そろったレンタル屋さんもあるかもしれませんね(^-^)

No.530 - 2006/09/03(Sun) 23:54:45

Re: あひるとカラスと王子様と騎士 / 七依
初めてカキコします。七依(なない)と申します。
金平糖さま>                        私も「プリンセスチュチュ」好きです。3年くらい前に、リアルタイムで見てました。が、見逃した回もあり、TUTAYAでその回のビデオを借りたりしたのも、いい思い出です。甘い砂糖菓子だと思って触ると、実はひんやりと美しい氷細工だった。私にとってこのアニメはそんな印象があります。でも、絶妙に笑いも入って、そこがまた良いのです。特に猫先生が強烈で「結婚行進曲」を聴くたびに思い出してしまいます(笑)。本当は書きたい事は多々あるのですが、長くなってしまうのでまた今度にします。失礼しました。
 

No.528 - 2006/09/03(Sun) 17:48:04

そうだったんですか(>_<) / 月花
教えてくださり、ありがとうございます☆

うーん、DVDしかなかったら私、見れません…↓↓
パソコンの調子が悪く、DVDが見れなくなってしまったのですっ。
は、早く修理に出さなきゃ。

そのDVD自体は、近所のTSUTAYAによく入り浸る月花ですから、すぐにでも探してみます。

ただ…、アニメコーナー入るのって結構恥ずかしいんですよね…。
前に、『お伽草子』というアニメをを借りようとしてアニメコーナーに行ったものの、長居したくなく探しきれなかった経験が……(--;)
ドラ〇もんとかが並んでいる辺りは平気なのに(笑)

No.527 - 2006/09/03(Sun) 17:45:20

Re: 月花さま / 金平糖
お久し振りです!
なじみの方から返信をいただけて嬉しいです〜。
しかし、すみません、「プリンセスチュチュ」は現在放送中のアニメではないんですよ!もう最終回している、三年くらい前の作品なんです。

放送当時から見たかったのですが、放送局の関係で見ることができず、DVDレコーダーを買った最近になってやっとレンタルして見ているところなんです。
なので、もし興味をもっていただいたなら、TSUTAYAさんなどでレンタルしていただくしかないのです。
すみません!なかなか見るのが難しいでしょうか?ですが、もし見れそうならば、ほんとおすすめです。

No.526 - 2006/09/03(Sun) 16:49:42

Re: あひるとカラスと王子様と騎士 / 月花
零さまお帰りなさいっ。
やっぱり零さまがいないと寂しかったです(T-T)


☆金平糖さま
お久しぶりです。
そのアニメ、あらすじを読んで気になりました。
見てみたいので、詳しい情報が欲しいです(^^)
時間帯など教えていただけますか?

No.524 - 2006/09/03(Sun) 12:31:31
イチニツイテ、ヨウイ、ドン / 金平糖
佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」、読み終えました。
なんというか、主人公の一人称語りの小説なんですが、心情を饒舌に語ることをしない、ほんとにシンプルな、自分の気持ちをぐだくだ言わない、ほんとにスポーツマンのような小説でした。

いえ、読者としては、「連はどんな気持ちなの?高梨は?健ちゃんは?鍵山は?」とか、ものすごくものすごーーーく、気持ちが知りたい人だらけなんですが(笑)

そこを語らないのが良いですね。にくいですねっ!
終わりも、とんでもないところで終わるしね…この小説の「語らないことで語るもの」をそこにも見た気がします。

私は特に、主人公新二と兄健ちゃんの関係が胸に残りました。
なんかすごく、愛しいというか、あの兄弟が好きです。最後の最後にも健ちゃんの言葉に泣かされてしまった。

走るっていう、ただ速く走った人が勝ちという、スポーツぜんぱんからきし苦手な私でも分かるこの競技。
シンプルな競技だからこそ、残酷で容赦がなくて、でも熱い。ほんとに。

夢中で読みました。

私も、ひとつひとつを、自分が自分として生きてかなきゃならないことを、もっとがんばろうと思いました。なんて、べたな感想なんですけど、こんなふうに、「がんばろう」とか思えちゃうのって、すごく幸せだなぁ。

とても充実して、幸せな3冊でした。

No.829 - 2006/10/30(Mon) 23:48:02

Re: イチニツイテ、ヨウイ、ドン / まつり
こんばんは。

金平糖さま
「一瞬の風になれドン」読み終えました。
うわ、ここで終わり?ほんととんでもないですね・・笑。
私も連が一体何を考えてるか、知りたいなあ。
新二に対して仙波に対して、みっちゃんや守屋に対して。
どういう思いを持っていたのか、気になります。
でも、ほんとにとってもいいものを読みました。

私もひとつのことにずっと続けたことはなくて、金平糖さんと同じような気持ちになることあります。
でも、こういった本当に素晴らしい物語を読むと、本を読み続けてきて良かったなあ、ってすごく思います。
私は「趣味は読書」なんて言ってられないほど、読書という行為が生活になっているので、それもまた走り続ける(歩く、方が適切でしょうか?)べきひとつの道かな、と。

あさのあつこさんは、今日の朝日新聞では「風が強く吹いている」紹介されていましたね!同時期に2つの陸上競技小説でこんなに熱くなれたのもまた、本を読み続けてきたおかげなのですね。

No.869 - 2006/11/05(Sun) 21:07:29

たぶん足りないのは集中力 / 金平糖
☆まつりさま
先週の「王様のブランチ」での特集、私も見ましたよ〜。最近土曜は、なんとなく流れで、「彩雲国物語」のアニメを見たあと「王様のブランチ」のブックランキングを見るので、ほとんどたまたま、見ることができました。

ただ、私的には、ああいった番組で特集されたのを見るより、本屋でフラッと見つけたりした方が嬉しいです(もう持っているのに笑)

三浦しをんさんの「風が強く吹いている」は未読なので近いうちに読みたいですー。
うちは朝日新聞をとっているのですが、今日の朝刊で、駅伝の特集記事にしをんさんのインタビューが載っていて、そこに、「チームで出場しても、自分で走る区間は一人で、自分の責任で走らなければならない」というようなコメントがあり、それを読んだらピューッと本屋さんに買いに走りたくなりました!
ちょっと今しなきゃならない勉強があるんで、じっさいは走りませんでしたが、気持ちは!

新聞といえば、やや前になりますが、あさのあつこさんがスポーツ小説を紹介する記事があって、「一瞬の風になれ」を大絶賛してました。

私は影響されやすい質で移り気で、あまりひとつのことをコツコツやったことがないので、こうした物語を読むとほんとにうらやましくて、たまらなくて、中途半端な自分の性格がイヤでどうしようもなくなります。
なにかひどく雑音だらけの世界にいるような、しかもその雑音にいちいち反応してるような、性能の低い受信機のような気がして。あうー私も一本の道をひたすら走りたい。

No.865 - 2006/11/04(Sat) 16:25:53

Re: イチニツイテ、ヨウイ、ドン / まつり
こんばんは。

「一瞬の風になれ」3巻は発売されてすぐに購入したものの、まだ読み始めていません。
あぁー、早く読まなきゃ!
まだヨウイまでしか読んでいませんが、金平糖さんがおっしゃること、とても良くわかります。
すごくシンプルで力強いまっすぐな小説です。
先週「王様のブランチ」で佐藤多佳子さんがインタビューを受けていらっしゃいましたね。コメンテーター松田さんの2006年のナンバーワンだということで。
どうでもいいことですが、私の中でみっちゃん先生はどうしても大泉洋さんに変換されてしまいます・・。

三浦しをんさんの「風が強く吹いている」もそれこそ力強い青春小説でした。こちらは駅伝という長距離を走る小説なので、同じく「走る」競技でも「一瞬の風になれ」とはまったく趣きが違います。こちらもまた傑作ではないかと思います。

No.836 - 2006/10/31(Tue) 22:16:43
NANA2 / 那由多
最近『NANA』がマイブームです。
深夜のアニメから入ったくちですが、漫画も面白いなと思っていたら・・・
映画もあるではないですか!
そしたら、なぜか『NANA2』では、奈々(ハチ)役が市川由衣ちゃんなんです。奈々役は宮崎あおいさんだったから、大抜擢といえばそれまでだけど・・・。
市川由衣ちゃんといったら、ここの方はご存知だとおもいますが、空色勾玉・ミュージカルでの狭也役。糸世ちゃんの声でもあるし、ね。
エールを送るよ♪由衣ちゃん、ファイット!!

No.801 - 2006/10/24(Tue) 21:04:26

Re:空ノ色2 / 那由多
はちみつさん、ボクもおんなじ気持ちです。
(^3^)〜♪
アンダンテ日記で、零さまの『空ノ色』についてのコメントを読んだ時(ずいぶん前)聞いてみたい〜〜!!そう思いました。
(><)想像では、素敵な曲・・・です。

No.868 - 2006/11/05(Sun) 16:21:42

Re: 空ノ色 / はちみつ
私もCD欲しいです。
ZABADAKのホームページもずいぶん前にみました。
でも…いまだにお財布と相談中です…

No.864 - 2006/11/04(Sat) 13:19:44

Re: NANA2 / あおい
>那由多さん
ありがとうございます!
やっぱり見るのは難しいですか。。。;;
でもCDはチェックしてみますね☆CD発売されてたんですねぇ笑
やってること知らなくて、ラジオドラマも聞いたことない私です泣
後になってそんなのやってたのか!ばかりで。。。笑

ありがとうございました♪

No.825 - 2006/10/28(Sat) 20:17:56

Re: 「空の色」 / 那由多
ごめんなさい、行けなかったので、またはりました。

「空ノ色」
http://www.zabadak.net/disco/40sora.html

No.821 - 2006/10/28(Sat) 00:36:29

Re:『NANA』と『空ノ色』 / 那由多
>あおいさん☆
空色勾玉のミュージカルは終了しているので、見ることは難しいと思います。そのかわり、空色勾玉・ミュージカルで使用された曲がCDとして出ています。その名は『空ノ色』です。楽曲の説明がされてるページをはりました。クリックすると、そこに飛べるよ。

zabadak.net/disco/40sora.html

>もくれんさん☆志摩さん☆
NANAファンがこの掲示板にもいるなんて、うれしいです♪
もくれんさん、NANAと同世代なんですね。ボクは高校生だから、NANA達にあこがれみたいなものを感じてます♪
志摩さん、映画見られたんですね!(ちょっと、うらやましいです☆)
アニメも漫画も大事に見てるので、原作を先に読まないよう気をつけてます。でも、その後のハチが気になる・・・☆

No.820 - 2006/10/28(Sat) 00:33:27

Re: NANA2 / あおい
そぉなんですか!
私ミュージカル見たことなぃんです;;
もぉ見ることは難しいでしょうか…?

No.817 - 2006/10/27(Fri) 22:14:51

Re: NANA2 / 志麻
おもしろいですよねNANA!私も好きですv映画も見ました!私は一昨年から読んでます〜。
No.814 - 2006/10/27(Fri) 18:21:16

Re: NANA / もくれん
『NANA』をチェックしてる一人です。
二人のNANAと同年代なので、共感しながらみています(一人暮らし・バイト・友達との関係・恋人とのこと)

私も最近になってからのファンですよ、那由多さん♪
読んでみたらずっと親近感を感じてます。

ナナは奈々の引き立て役じゃなくて、主人公。
主人公の奈々(ハチ)が妊娠!こういうところが、今までの少女漫画の域を越えてると言われるところ、なんでしょうね。
さて、そろそろ、いってきます〜♪出勤のお時間♪

No.812 - 2006/10/27(Fri) 07:54:59

Re: NANA2 / 美月
最初に市川さんのお名前を聞いたときに私もあれ?と思ったので調べたんですよ。
ネットでどのように検索したのかは分かりませんが、名前が似ている分、勘違いしている人もいるのかもしれません。

No.805 - 2006/10/25(Wed) 20:53:17

Re: NANA2 / 那由多
市川由衣ちゃんは、二人いるのかな?と疑問におもっていたんですが
・・・・
(ネットで検索して,でてきた情報はなんだったんだろ!?)

別人だったんですね!!疑惑は解けた。
美月さん、教えてくれてありがとうございます。

No.803 - 2006/10/25(Wed) 12:33:02

Re: NANA2 / 美月
訂正しておきますが、NANA2に出演されるのは
『市川由衣』さん。
グラビアアイドルです。

空色勾玉ミュージカル&風神秘抄の糸世役は
『石川由依』さん。
現在は劇団ひまわりのプロダクション部門の砂岡事務所に所属しておられます。

別人物ですので、お間違えなきよう・・・

No.802 - 2006/10/24(Tue) 22:07:53
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 30 >> | 過去ログ ]