133533
BBS
何でもお気軽に書いていってくださいね。
Enkhbat-Germany.MTS / South Mongolia

No.1489 2011/11/28(Mon) 21:49:54
Хятад: Цагдаа, цэргүүд хоорондоо “мөргөлджээ” / ereender
БНХАУ-ын өмнөд хэсэг Гуанси-Чжуан мужид олон зуун цагдаа болон Хятадын Ардын Чөлөөлөх Армийн цэргүүдийн хооронд зодоон болсон тухай ИТАР-ТАСС мэдээлж байна. Олон хүн бэртэж, хэд хэдэн цэргийн албан хаагчийн бие хүнд байгаа талаар мэдээ ирж байгаа юм.
Олон хүн хамарсан зодоон 10 дугаар сарын 15-ны орой ахуйн шинжтэй маргаанаас болж эхэлсэн гэнэ. Цагдаагийн албан хаагчид халамцуу цэргүүдийг зодсоноос бүх юм эхэлжээ. Цэргүүддээ туслахаар армийнхан олон зуугаараа ачааны машинтай хүрэлцэн ирсэн байна. Армийн эсрэг цагдаагийнхан ч хүчээ нэмсэн байна. Ингээд зодооны хөлд цагдаагийн хэсэг юу ч үгүй болтлоо нуржээ.
Токиогийн хэвлэлд арми болон цагдаагийнхны мөргөлдөөн түүхэнд болж байгаагүй үйл явдал гэж тэмдэглэжээ.


No.1451 2011/10/17(Mon) 17:05:35

Re: Хятад: Цагдаа, цэргүүд хоорондоо “мөргөлджээ” / melo
buudalzaasai
No.1488 2011/11/25(Fri) 06:26:16
"蒙汉民族与民主问题"研讨会在コ召开 / ardin nam
Photobucket



"蒙汉民族与民主问题"研讨会在コ召开


"蒙汉民族与民主问题研讨会"在コ国科隆近郊的勒沃库森举行,来自世界各地的40余名蒙古族、维吾尔族、藏族、汉族等与会,达赖喇嘛为会议发来致辞,认为解决民族问题的核心,是尊重、平等和公平。

一直以来,中国境内的藏族及维吾尔族两个民族的处境和人权问题被国际社会关注。今年5月份以来,蒙古族牧民莫日根因为维护草场被当地矿产公司的汽车碾压致死,引发内蒙古牧民对当局的持续抗议行动。内蒙古民族问题也开始被国际社会广泛关注。

在此背景下,11月21日至22日,"蒙汉民族与民主问题研讨会"在コ国科隆近郊的勒沃库森举行,来自コ国、美国、加拿大、瑞士、法国、台湾、香港等世界各地的40余位民主人士与会,这也是近年来首次就不同民族问题的共性原因、如何协同行动进行交流的会议。在会议进行中,国内的民主人士通过网络与会议进行了交流和互动。

内蒙古人民党主席席海明、独立中文笔会长廖天h、达赖喇嘛驻欧洲代表处华人事务联络官洛桑尼玛、世维会秘书长多里坤.艾沙、コ国民主阵线主席费良勇、旅居加拿大的民主人士盛雪、南蒙古人权信息中心的恩赫巴图南等发表演讲。虽然在会议中,不同的民族在自治或独立的选择立场上还有争议,但达成的基本共识为,民族问题的本质相同,在专制政权下,各民族的政治权益不可能获得平等,各民族之间应该达成共识和彼此之间的理解和尊重,只有民主制度才是解决民族问题的钥匙。

达赖喇嘛:"武力之下,建立不了真正的民族和谐"
21日,西藏流亡政府驻欧洲代表处华人事务联络官洛桑尼玛在开幕式上宣读了达赖喇嘛的致辞。他在信中表示:"今年五月,内蒙发生了牧民保护草场,中国政府调出大批军警进行'维稳'的事件。这表明了继'2008西藏3.14事件'和'2009新疆7.5事件'后,中国政府不仅没有寻找、面对导致这些问题的真正原因,而是依然坚持不切实际的极左的民族政策。解决民族问题的核心,是尊重、平等和公平;达成民族之间和睦相处的基础,是相互了解和理解。武力之下,建立不了真正的民族和谐。"

达赖喇嘛也期待各民族代表能够通过对话的正常渠道,达成更多的共识和建构一条民族理解的桥梁,来推动中国民主进步。

"我们受着共同的压制"
关于各不同民族的共性问题,世维会新闻发言人迪里夏提认为在现行的中国体制下,三大民族藏族、维吾尔族、蒙古族受着共同的压制:"我们在文化和信仰上遭受了前所未有的摧残,经济上导致了殖民经济,移民彻底垄断了当地的资源,使原住民失去了利用资源而发展民族自身的权利,更重要的是,我们同样都是失去了政治上的支配和决策的权利。在政治命运的未来归宿中,虽然各个民族有不同的观点,但有一点是共同的,我们都是希望摆脱目前的处境。"

"少数民族是要独立还是自治?"
在会议上,关于各民族未来的政治命运,与会代表产生分歧和争论。维吾尔族代表艾江由以国民党时期历史资料说明,在1944年11月12日成立了东土耳其斯坦共和国,在他的桌前,摆放着一面东土耳其斯坦共和国的国旗。他表示希望恢复原有的国家名称和收回原有的国家,因为在自己的国家,每个维吾尔人生活得有尊严。

藏族代表坚持达赖喇嘛的"中间道路",洛桑尼玛表示:"虽然这次会议出现激烈的争论,我们藏族人在佛教的洗礼下,喜欢用柔和温和的手段去解决问题。有些人说藏族人和中共谈了那么长时间不会有结果,我认为已经有结果了,许多善良的中国站在藏族人这边,我们知道中共的强大只是表面的强大,他们的灭亡只是时间的问题,中共独裁政体越来越不明智,越来越多的采访残酷镇压的方式,这个时代不是靠暴力和强权能够解决民族问题的。我们也需要理性的方式去解决民族问题。"

廖天h认为,不论未来的选择是什么,但不能屏蔽真正的历史,也要尊重每个民族对自己历史的坚守;

席海明呼吁与会代表搁置"统独"争论,当前最为紧迫的是汉族与各少数民族一起来推动中国的制度改革和宪政民主。他也表示希望在内蒙建立"文化特区"。保护草原应该成为特区的核心。

"民族的关系就是人和人之间的关系"
在会议中,有代表在谈及汉族移民对少数民族区域文化、环境的破坏时,将矛头指向汉族,旅居法国的民主人士张健表示汉族与其他民族一样被殖民、被压制。他也期待在谈及民族问题时,不要强调与汉族的隔离。

《欧华导报》主编引用歌コ思想,提出要各民族要相互了解继而理解和宽容,旅居加拿大的民主人士盛雪认为民族的关系就是人和人之间的关系,要建立起彼此的熟悉和信任。盛雪在接受コ国之声采访时说:"今天的欧洲给了我们很好的启示,在演变的过程中越来越降低了所谓的国家、主权、边界的概念,而代以人的群体之间的在政治、文化、经济等领域的共和利益所形成的一种新的结构,比如欧洲共同体,今天的欧盟等,这是人利用开放的空间,彼此可以更好的了解、更充分的交换意见达成的一种共识基础上所形成的架构。"

盛雪也认为民族问题也是中国走向民主必须要面对的问题,"中国的民主运动和未来的民主架构,必须要面对民族问题,民主制度本身并不一定圆满的解决所有的民族问题,但民族问题一定要放到民主的框架中去解决。中国是世界上最大的一个专制政权,也是民族关系特别复杂的区域,以多数人口为主的汉民族之外的其他民族受到非常严重压迫的国家,在这种环境下,作为汉民族,在这个时候应该为那些受到迫害的族群着想。"

席海明在闭幕时表示,这仅仅是一个多民族合作的开始,今后面对每个民族发生的问题和公共事件时,应该协同行动:"就象捆绑在一起的五支箭,我们就不容易被折断。"

信息来源:コ国之声 作者:吴雨 责编:叶宣

No.1487 2011/11/25(Fri) 06:09:05
(No Subject) / Mongol



No.1485 2011/11/23(Wed) 13:55:37
Хятадын тэрс үзэлтэн Хувьсгалт: Миний хувьд Хятад улс бол дайсан гэхээсээ илүү нүсэр том шорон / Chimee sambar aas
Photobucket
Photobucket
Photobucket
Photobucket
Photobucket
Photobucket
Photobucket
Photobucket


http://zindaa.mn/ac0

No.1476 2011/11/09(Wed) 16:09:06
(No Subject) / モンゴル
http://www.mext.go.jp/unesco/009/005/005.pdf
No.1471 2011/11/07(Mon) 20:00:43
Olon ulusiin hevcheend eserguucheliin jigsagaal hiih uriyaallag / mrgn



No.1464 2011/11/03(Thu) 17:17:09

Re: Olon ulusiin hevcheend eserguucheliin jigsagaal hiih uriyaallag / 南モンゴル人
>
2011年11月3日掲載
南モンゴル通信
南モンゴルの牧民であるゾリゲト(Zorigt)氏が殺害された問題に対し、海外在住のモンゴル人は中国政府に対して強烈な抵抗運動を行う。

2011年10月20日、南モンゴルのイェケジョー・アイマッグ(現在のオルドス市)ウーシン・ホショーの牧民であるゾリゲト氏は自らの牧場を守るため、漢人の運送トラックへの抗議活動を行ったところ、残酷にも轢き殺された。

今年の5月に、南モンゴルのシリンゴル盟でも同様の事件が発生したのは記憶に新しいところである。牧民メルゲン氏が草原の生態保護、牧場の保護のために活動していたところ、漢人の鉱物運送トラックにより故意に轢き殺されたのだ。この事件によってモンゴル人社会全体に政府に対する不満の声が高まり、各地域で抵抗運動が起こり、それは海外在住のモンゴル人社会にも広がった。

漢人の中国政府は陰謀的な同化政策の下、南モンゴルの言語や文化をはじめ、モンゴル人の生存環境まで破壊してきた。また南モンゴルにおけるあらゆる資源を公然と奪い取り、モンゴル人の命をも故意に奪うようになっている。今年の5月、中国政府は漢人に惨殺されたメルゲン氏の事件に公正な対処を行い、モンゴル人の生存環境を良くしていくことを承諾したはずだ。だが、10月20日に再び同様の事件が起きたことで、その承諾は嘘ばかりであることが完全に明らかになった。

中国政府に支配された六十年間で、南モンゴルではモンゴル人の生存環境が著しく破壊され、モンゴル文化も漢人文化と同化されてしまった。政府はモンゴル人に対し、政治的に弾圧し、経済的に掠奪し、モンゴル人の人権を奪い、抵抗活動は徹底的に鎮圧してきた。2001年から開始した「環境保護」という名目の政策によって、残されていた僅かな草原も奪い取り、古くからその土地に住んでいたモンゴル人を強制的に追い出した。中国政府は南モンゴルにおけるあらゆる資源を奪い、それによって沿海部の地域を発展させてきた。モンゴル人はいわゆる「社会主義新牧区・新農村」の奴隷となったのだ。今日、中国政府の「禁牧」という政策によって、牧民たちは放牧している家畜を夜の間閉じ込めておくことになっている。これは草原の生態に反し、自然の法則にも反している手法だ。これら政府の非人道的な政策に抵抗したモンゴル人に対し、政府は逮捕や拘留、投獄など残酷な処置を行っている。

モンゴル人の思想的リーダーであったハダ氏は、中国政府によって非合法に15年間も刑務所に入れられた。さらに政府は、氏の家族をも強制的に巻き添えにした。そして「15年間の刑期」が終わった後、ハダ氏は「失踪」状態となった。政府によってなお拘束されていると推測されている。ハダ氏のようなケースは典型的であり、他にもかなりの例が存在している。たとえば、南モンゴルの人権代表であり、作家でもあるフーチンフ氏は、法律に犯したことが何ひとつなかったのに一年あまりの「失踪」状態である。彼女はどこか秘密の場所に閉じ込められ、拷問や酷い刑を受けている。またモンゴル国で、国連難民申請中であったバト・ジャンガー氏も中国の法律に違反していなかったにも拘わらず、オルドス市に連行され、三年間の酷刑を受けている。これ以外にも、モンゴル・アイデンティティーが強い青年、青年作家、真実を語る者、政府と異なる政治的意見を持つ者など、モンゴル人士に対して、中国政府は不法な拘留をしたり、脅迫したり、圧力を掛けている。作家たちの自由な出版権を奪い、最近はモンゴル人社会を対象とするインターネットのWebサイトをも閉鎖し、民衆における言論の自由を奪っている。

中国政府のこのような無茶で非人道的な、仁義にもとるやり方に対して、われわれモンゴル人は絶対に沈黙してはいけない。いま我らの同胞は、殺されたり、土地を奪われたり、草原を荒らされたり、生存権をも奪われる切迫した事態に追い込まれている。中国政府に対して厳しく抵抗し、恐怖統治に歯止めを掛け、自分たちの故郷を保護しようと、我々は海外にいるモンゴル人諸氏に呼び掛けている。

こうした事態を受け、2011年11月6日12時に、海外に在住するモンゴル人全体が在住国にある中国大使館や領事館の前に集合して、抵抗運動を行うことが決定した。皆さん、貴方がどこの国に住んでいるのであれ、どこの市に住んでいるのであれ、我らにとっては団結することが必要だ。力を合わせることも必要だ。皆一緒に我らの故郷を守り、土地を守り、子や兄弟を守っていこう。これは、我らモンゴル人としての責任であり、義務であり、歴史的な責任でもある。また同時に、それぞれが在住している国々の国会議員や地方議員へ、中国政府のこのような非人道的統治を訴える手紙を送るよう願う。


--------------------------------------------------------------------------------
注意事項

場所:在住国家における中国大使館、あるいは領事館
時間:在住国においての2011年11月6日12時
スローガン:

南モンゴル人の殺害をやめろ
遊牧民の殺害をやめろ
牧民の人権を保護しろ
南モンゴルの自由を返せ
われわれの尊厳を返せ、我らの自由を返せ
南モンゴルの尊厳を返せ
草原を返せ
南モンゴルの人権を保護しろ
ハダ氏を釈放しろ
ハダ氏の家族を釈放しろ
フーチンフ氏を釈放しろ
ゾリゲト氏事件に公正を
メルゲン氏事件に公正を
中国人は南モンゴルから出ていけ
中国人たちは万里の長城の内側へ出ていけ
旗:各自の属する組織の旗を用意する

「2011年11月6日世界モンゴル人多国間集中抵抗実行委員会」


--------------------------------------------------------------------------------

日本での抗議行動の時間及び集合場所
集合時間:2011年11月6日 12:00集合、12:30から中国大使館前の抗議行動
集合場所:東京・麻生税務署前



>
> http://www.lupm.org/japanese/pages/111103j.htm

No.1465 2011/11/04(Fri) 21:58:26
(No Subject) / 内モンゴル
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111103/chn11110309540000-n1.htm
No.1463 2011/11/03(Thu) 10:59:05
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
298/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 38 >> | 過去ログ | 画像リスト ]