180724

DIY日曜大工で家をつくる なんでも掲示板

セルフビルド,日曜大工,DIYのこと、その他何でもいいですよ(^^)
気軽に書いていってくださいね!

ただし、単に掲示板を利用しての、特定の会社の宣伝・自サイトへの誘導・その他広告類は禁止です。投稿しても削除されます。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定

再開します / 杉
キリギリスさん、お久しぶりです。

趣味が高じて始めた建築士取得のために大学(通信)も2年の月日と共に終わりを迎えようとしています。
先日、半年に及ぶ卒業研究の発表会があって、自信は多少あったのですが、残念ながら優秀作品には選ばれず、
今は、気が抜けた状態といった感じでしょうか。
あと、選択科目の試験が3月に一つ残っているのですが、卒業要件には関係なく卒業はできそうです。

次は、目的の2級建築士の試験を今年受ける予定なので、それに向けた勉強を始める準備中です。
また、途中になっていたセルフビルドも再開します。

卒業研究が忙しくてここ最近は掲示板を拝見する事もなかったのですが、また、拝見させて頂きます。

次の家は、セルフビルドを始めたそもそもの目的の本宅で、それなりに、規模の大きなものです。
数年前に、一通り設計を終え、基礎の施工までは完了しているのですが、
中途半端に大学にいって知識がついてしまったため、設計は白紙状態に戻ってしまいました。
ただ、完了している基礎は変えられないので、それを踏まえつつ、設計をやり直したいと思います。
また長い道のりですが、お世話になる事もあると思いますので、よろしくお願い致します。

No.3317 - 2014/02/07(Fri) 15:39:01

板壁 / なかちゃん
 わざわざ写真を掲載頂きありがとうございます、当然耐久性は塗料を塗ったほうが上だと思います。

 最近、このことが気になっていろいろなところを通るたびに杉板の外壁を見つけては観察しています。
 家の作りなどから数十年以上は経っているものもありますが、年輪部分(秋材部、色の濃い部分)が浮き出るようになって、全体が古びているものはありますが外壁としての機能は失われていないようです。
 我が家も取り壊した古家は百年以上前に建てられたものでしたが、天井板が同じようになってました。
 今のところ、いろいろな板壁を観察した結果、直接雨がかからなければ20年や30年では外壁としての機能は全く失われないと思います。あとは、やっぱり好みの問題でしょうか。
  どうやら、最近では無塗装派は少数のようなので、頑張ってみようと思います。

 この過去の掲示板の書き込み、本当に感心して読ませていただきました。危うい場面もハラハラして本当に生きた読み物として楽しませていただきました。先達の皆様に本当に感謝、感謝です。

 実は私はキリギリスさんと同じ林業関係の県職員でおまけに学校が岩手大学なのでどこかでニアミスしていたかもしれません。
 本当に、このサイトに出会えてありがたかったです。
 これからもよろしくお願いいたします。

 


 

No.3316 - 2014/01/31(Fri) 21:40:58

板壁 / キリギリス@管理人
> なかちゃんさん

自分で施工すると愛着もひとしおですよね。塗装するか、無塗装でいくかですが、参考までに、杉板塗装壁と無塗装のままで経過した実物の、比較画像です。
自宅隣に建てたハーフビルドハウスは杉板壁の外壁を木材保護塗料で塗装していますが、実験を兼ねて北面の一部を無塗装で経過観察しています。
4年経過してこんな感じです。塗装した部分との差が一目瞭然なんですが、 これを汚いと感じるか、味があると感じるかは個人の好みなので、参考までに掲載しました。
私は塗装派ですが・・ 美観だけでなく、耐久性にも影響すると思われるので。

ところで、この掲示板を最初から全部読破されたんですか
(;゜д゜)
3300件もの書き込みを1週間かけて・・すげ〜
管理人としては非常に嬉しいことです(^^)

No.3315 - 2014/01/31(Fri) 17:53:35

ハンドルネーム失礼しました。 / なかちゃん
 キリギリスさん、ありがとうございます。
 お礼ついでに、もう一つDIYのメリットについて、感じたことを・・・。

 自宅は大手ハウスメーカーの注文住宅だったのですが、施工は地元の工務店でした。
 元々建築には興味があったので、20年前の新築当時も、数年前の増築時も設計図面から施工の状況まで逐一見学(じろじろ見て時には写真を撮って)いたのですが、そのときの記憶と記録を引っ張り出してみると、当時の現場作業がとても良心的で丁寧なものだと言うことが今になってわかりました。
 また、天井裏に上がったり床下に潜って時々構造や給排水の点検をするのですが、どのような箇所をどのような視点で見ればよいかなど、皆さんの過去の書き込みや、キリギリスさんのHPで勉強したおかげでだいぶ自信がついてきました。
 このような経験を積むと、DIYで出来ることと専門業者に頼むことがはっきりとわかって安心できるようにもなりました。

 それにしても、この掲示板の量と質、圧倒的ですね。
 全部目を通すのにほぼ延べ1週間かかってしましました。
 関係の皆さんに改めて敬意を表します。

 ところで、我が家の倉庫の外壁、杉板の12mmですが、変色してゆくのもながめているとだんだんに見慣れて愛着がわいてきたので、このまま無塗装でいこうかと思いますが、キリギリスさんはじめ先達の皆さんのご意見をいただければありがたいです。

No.3314 - 2014/01/29(Wed) 15:15:08

Re お礼 / キリギリス@管理人
> なかちゃんさん
倉庫、立派にできましたね。おめでとうございます。倉庫というより、セカンドハウスになりそうな勢いではないでしょうか。どんどん欲が出てきて、内装も住宅並みになったりして・・

セルフビルド(ハーフビルド)は単にお金の節約以上の「何か」がありますよね。
すごく手間がかかるけど・・・登山にも似ているような気がします。

このHPなどがお役にたっているというお話を聞くのが、私にとっては何より嬉しいことです。ありがとうございます。

※ 掲示板ではキリギリスというハンドルネームで通していますので、今後はこれでお願いします。

No.3313 - 2014/01/23(Thu) 22:08:23

お礼:HP参考にさせていただきました。 / なかちゃん
氏家様
 岡山県在住の中島と申します。
 昨年、書籍、DVDを購入させていただくとともに、HPを参考にさせていただきながら倉庫のハーフビルドに挑戦しております。
 やる気だけは十分あったのですが、基礎と骨組み、屋根が出来てみるとその大きさに圧倒されて、気力を失いかけましたが、貴HPを何度も見、本を繰り返し読んで挑戦を続けております。
 おかげさまで、完成が見えるところまでやっとたどり着くことが出来ました。
 完成までにはまだまだ時間がかかりそうですが(未完のままかもしれません)、改めて振り替えると先達の氏家様がいなければ手を付けることもなかったと思います。
 このようなチャレンジは、最初は予算不足から思いついたのですが、得られたものは言葉では表せないもので、とても満足は大きく深いものでした。
 あらためて、敬意を表すとともにお礼申し上げます。

          岡山県津山市在住 中島嘉彦
 

No.3312 - 2014/01/23(Thu) 13:52:37

(No Subject) / あさあさ
キリギリスさん

お返事遅くなって、申し訳ございません
ありがとうございます。

微妙に難しいですね。。梁の関係は・・・汗

プレカットは重要だ 後は木材だな

No.3311 - 2014/01/11(Sat) 23:01:01

追記 / キリギリス@管理人
今気が付いたけど、3通りのC〜E間にも梁が必要です。
※ 母屋を3尺ピッチで配置する場合、母屋のスパンを最大1間におさえるため

スパン1間なので断面は105角で十分です。

No.3310 - 2014/01/06(Mon) 21:35:04

梁配置案 / キリギリス@管理人
あさあささんの示した図面だと柱の配置が分からないので、(普通に見れば3尺間隔ですべて入っていますが、こんなに多くはないはずなので・・)梁のスパンがいくらになるか判断できません。

開口部をどこにどの程度設けるか、まず決めて、その後、柱の配置を決め、それにより梁の配置を決めて梁・桁のスパンが出てくるので断面寸法を決め、4m以内の材で納まるよう、継手の位置を決めていく・・という手順でやればいいですよ。

今の段階では不確定要素が多すぎて先に進めないですが、とりあえず、梁の配置案として提案したのが画像のとおりです。
この画像図面には柱位置が入っていないので、設計案としてはなんとも中途半端ですが・・・

図面を示すときは、各通りの番付と方位を入れると、第三者に説明したり言葉で説明するのも比較的容易になります。これが無いと、言葉(文章)ではなんとも説明が難しいです。

私なりに勝手に方位を想定し、番付もつけてみました。モジュールも判りやすい3尺単位に変えました。

外壁面真上と間仕切り壁真上には、間柱等を受けるため必ず梁・桁が必要になるし、梁・桁の両端は宙ぶらりんではなく、どこかに繋がっていないといけないので、こんな感じになるかという案です。

屋根を南北方向に流すという想定で、棟木を図のEのラインに、図で言えば横方向にかけます。すると母屋も横方向にかけますが、母屋のスパンを最大6尺(=1間)にするため、間仕切り壁真上でないところにも梁が必要です。
図でいえば3通りの南側と6通りの北側です。

梁・桁どおしの接合は、すべて「大入れ蟻かけ」という設計です。これだと梁・桁天端が揃うので、後の施工がなにかと楽ですよ。火打ち梁も入れやすいです。
今のプレカットはこの方式が主流なので、なんならこういう図面案をプレカット会社に示せば、自分で刻み加工をしなくても、キットとして納品してくれますから、

セルフビルドの時間短縮として大いに検討しても良いと思います。

No.3309 - 2014/01/06(Mon) 21:32:45

梁配置案 / キリギリス@管理人
図面案です
No.3308 - 2014/01/06(Mon) 21:31:09

(No Subject) / あさあさ
キリギリスさん

梁の張り方ですね。
いわいる配置です。

どの方向に配置するべきかなど色々
考えておりますが
さっぱりです。。汗

No.3307 - 2014/01/06(Mon) 00:12:07

(No Subject) / キリギリス@管理人
> あさあささん

新年おめでとうございます。
> 梁に関しては、どのようにしましたか?
とは、具体的にどんなことを知りたいのでしょうか?

No.3306 - 2014/01/05(Sun) 23:21:39

(No Subject) / あさあさ
キリギリスさん

またまた教えて下さい。

現在 JW-CADで図面を作っております。

モジュールの問題があり、ちょっとやり直しが必要ですが
こんなイメージの間取りです。

梁に関しては、どのようにしましたか?
ちょっと謎の部分が出てきて 資料を探し回っております

って変な質問でいつもすいません (__)

No.3305 - 2014/01/05(Sun) 01:08:18

(No Subject) / あさあさ
キリギリスさん

明けまして、おめでとうございます。
昨年は非常にお世話になりました。

今年も宜しくお願いします。

No.3304 - 2014/01/05(Sun) 00:41:28

Re:互い違い階段 / あさあさ
ありがとうございます。

なかなか良い感じに出来てますね。

階段って 簡単なように思えますが
結構 難しいですね><:

No.3303 - 2013/12/12(Thu) 22:19:53

Re:互い違い階段 / キリギリス@管理人
互い違い階段の画像です。
材料は厚さ36ミリのメルクシパイン集成材ですが、30ミリでも十分イケルと思います。
これは左右の縦板と横板が交差する部分を3センチほど欠き取ってくいこませていますが、そこまで凝らなくても、実用性は問題ないはずです。
デッドスペースには画像のように抽斗などを作れますよ(^^)v
なお、互い違い階段は私の発想ではなく、ネットで得た情報です。

No.3302 - 2013/12/11(Wed) 22:36:50

Re:互い違い階段 / あさあさ
キリギリスさん

互い違い階段の設計図ありがとうございます

実際の写真が気になりますが^^:
どんな感じなんでしょ??

No.3301 - 2013/12/11(Wed) 22:22:45

Re:階段の占有面積について / あさあさ
キリギリスさん

ご教授ありがとうございます。
なるほど、そこまでは、考え及ばずです。
非常に参考になります。 ありがとうござます。
踏み面は、270で統一します。
1F〜2Fは1段180ですので、多少は楽かな?って思ってます。

互い違い階段ですか・・
キリギリスさんは、凄いアイデアマンですね^^:

非常に気になりますです^^

No.3300 - 2013/12/11(Wed) 22:18:13

互い違い階段 / キリギリス@管理人
> あさあささん

うちの互い違い階段の設計図です。 画像を見やすくするため細かい寸法表示などは省略していますが、青い線は左足を乗せる階段で、赤い線が右足を乗せる階段です。この2つの階段が隣接しているわけです。

階段の踏み面は250ですが、蹴上げが410もあります。そのため、水平面のスペースが少なくて済むのですが、右足用と左足用の階段が隣り合っているため、実際に上るときは、蹴上げが410の半分の205で済みます。
実際に歩いてみると、膝がぶつかりそうな感じはするけど、ぶつかることなく、うまく歩けて、なかなか良いですよ、ハシゴとは雲泥の差です。

No.3299 - 2013/12/11(Wed) 22:15:15

Re:階段の占有面積について / キリギリス@管理人
> あさあささん

折り返し階段で、スペースに余裕があった場合でも、上段と下段で踏み面寸法を変えるのは止めといたほうが良いと思います。
人間の習性として、途中で踏み面寸法が変わると、感覚が狂ってしまい、踏み外しなどの危険が生じると思うからです。

よく道路の設計などでも、カーブが連続する場合に、カーブごとにRを大きく変化させると危ないので、それはしないことになっていますが、それと同じ理屈です。

あと、ロフト階段であれば、今の案だと2階のスペースを大きく階段のために取られてしまって勿体ない気がしますので、水平面積が非常に少なくて済む「互い違い階段」がお勧めですよ。

うちの自宅では昨年ハシゴに変えて互い違い階段を作りましたが、とても良い感じです。
あとで画像と設計図をアップしますね。

No.3298 - 2013/12/11(Wed) 22:05:08

以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 | 過去ログ | 画像リスト ]