300844
インファントランド掲示板(メイン)
HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
『主婦と生活』の記事の件で / タカ
はじめまして
当方、このHPの趣旨と違っている内容をお聞きするので、申し訳ないと思いますが、このHPで、『主婦と生活』の昭和42年4月号のグラビアを拝見することができたので、お聞きしたいと思います。
 この4月号に、私の欲しい記事があるのです。「哀しき運命に耐え短歌を支えに生きた村上順子さんの四十年」というものです。
もし、この本のこの記事がありましたら、コピーで構いませんので、是非とも欲しいと思いますので、お願いできないでしょうか?

No.497 - 2012/08/02(Thu) 23:58:30

Re: 『主婦と生活』の記事の件で / インファント@管理人
残念ですが「切り抜きがいっぱい ピーナッツ」というタイトル通りなので、
一部の出版物を除き、雑誌類はザ・ピーナッツ記事しか保存しておりません。

No.498 - 2012/08/03(Fri) 06:13:51
FMシアター / ゆうちゃん
NHK FMシアターの劇中可愛い花が使用されていました。

クライマックスで印象的に使用されていました。


『テレビ塔の下で』(名古屋局制作)
【放送日】2012年6月30日(土曜日)22:00-22:50

http://www.nhk.or.jp/audio/prog_fm_former.html

No.492 - 2012/07/22(Sun) 00:43:42

Re: FMシアター / インファント@管理人
ラジオドラマですね。なんと懐かしい言葉でしょう。
子供の頃、笛吹き童子とか赤胴鈴之助なんか聴いたのを思い出します。
今でいうSFドラマなんてのもやってました。
高音質のFMなのでオーディオドラマと呼称するようですが。

さすが名古屋局制作だけあってザ・ピーナッツの歌を使うとは憎い演出。
テレビ塔といえば完成直後の東京タワーをモスラが真っ先に壊しちゃったし、
モスラ対ゴジラでは名古屋テレビ塔を潰しちゃいましたね。
でも、小美人が悪いわけじゃありません。

この当時とは展望台とか構造が変わっているようですね。
http://peanutsfan.net/GH341005.html

No.493 - 2012/07/22(Sun) 07:59:33

はあ〜名古屋ね〜 / インファント@管理人
名古屋で思い出しましたが、以前、タモリ倶楽部で今池音頭をやってたと
掲示板に書きましたが、YouTubeにアップされていましたよ。
たまたま偶然見たので録画してませんでした。YouTubeはいいなあ。
http://www.youtube.com/watch?v=csFnC_WRrKo

幻のレコードだと番組中でも言ってますが、その通り。
日本国内で発売されたザ・ピーナッツのレコードで私が買えなかった唯一の盤。
ご当地限定じゃ中学生の私が買えるわきゃないよ。
地元のレコード屋さんにはお取り寄せしてもらえないか頼んだけど、中坊が
言うことなんか聞いてくれないんだもの。そんな歌は無いなんて言うし。
その店主、今でもご存命で川崎の店頭に居ます。(笑)

この歌詞で前から気になってたのは「チョイト」という言葉。
スーダラ節でも「ちょいと一杯のつもりで飲んで」と歌ってます。
「ちょいと騙された」とも。
ちょっと、ではなく。ちょいと、というところが魅力なんですねえ。

ちょっと出かけてくるというとコンビニに買い物でも行く感じなのですが、
ちょいと出かけてくるといえば繁華街に遊びにいくという雰囲気がありますね。

No.494 - 2012/07/22(Sun) 08:54:52
はじめまして / メンチ
はじめましてインファント様

去年偶然このサイトを発見しまして、もううれしくてうれしくて見まくりました。でも時間が足らずなんてすごいサイトなんだ!と感激しまくりでした。
しかしエミさんの訃報を7月に入ってから知りびっくりし、報道機関にもほとんど追悼の記事などなくてさみしく思っておりましたが、こちらをお尋ねし、インファント様はじめファンの皆様の心のこもったお言葉を拝見させていただき、ああやっぱりピーナッツファンは皆様心が温かい・・・と私自身すごく癒されました。

自己紹介が遅れました。当方60才の主婦で小学校低学年からピーナッツの大ファンでなんといってもあのハモリが大好きです。今色々な音楽が大好きで楽しめるのも一重に子供の時にピーナッツさんを聞きまくっていたおかげだと思っております。

今エミ様に心から感謝申し上げます。
また残されましたユミ様もどうぞお体大切にエミ様の分まで長生きしてください。
ユミ様はこのサイトをご覧になっていらっしゃるのでしょうか?もしそうでしたらとてもうれしいのですが・・・

インファント様もお体お大事にこのサイトをますます充実させてください。楽しみにしております。また投稿させてください。

No.488 - 2012/07/20(Fri) 11:40:30

Re: はじめまして / インファント@管理人
>今色々な音楽が大好きで楽しめるのも一重に子供の時にピーナッツさんを
 聞きまくっていたおかげだと思っております。

このお言葉はとっても素敵です。うれしいなあ!
本当にザ・ピーナッツさんたちをどこかのジャンルに押し込むのは不適切で、
ザ・ピーナッツという単独のジャンルであるべきだとも思います。
色々な音楽の裾野にザ・ピーナッツは絡んでいて、ザ・ピーナッツを聴くと
様々な音楽への興味が湧いてきたものです。
例をあげればキリがないくらい。
そういうことを随想で今後も書き綴っていきたいと思います。

No.489 - 2012/07/20(Fri) 18:36:52
園まり ピーナッツ風? / アポロ
インファントさんこんばんわ。
コメントを見て、驚きました。
憧れの、インファントさんに、そのように言ってもらえると嬉しいです。

「園まり ピーナッツ風?」にはドキ!≠ニしました。
2倍かわいい^^。
この写真、よく似たカットが、複数存在するのかもしれませんね。
瓜二つに見えて、微妙に違うピーナッツみたいに。

ピーナッツさんの秘蔵写真も『マガジンハウス』あたりから、出てこないかなぁ。

No.466 - 2012/07/10(Tue) 20:36:49

Re: 園まり ピーナッツ風? / インファント@管理人
アポロさん、よくいらっしゃいました。
すぐ、レスをしようと思ったのですが、孫娘がなかなか寝付かず、
さっきまで抱いて揺らしてました。(お手伝いの育ジイです)
実は昨日、いや一昨日か、ブログを全ページ読ませて頂きました。
そしたら、あるページにメアドが載ってるじゃないですか。
なのでメールしようかなと思ってたところです。

ところが私、とっても引っ込み思案なんです。
いや、あんたの文面からは、そういう気配は感じられない、と、
そう言われるかも知れないのですが、小心者で臆病者です。
アポロさんも堂々と持論を書かれていますが、実際にはこれで
いいのかなあ、と、びくびくしてるような印象もあります。
勝手な思い込みですが、よく似た感性の同類人種かなと…

さっきも、赤ちゃんを抱っこして揺らしながら、
 ♪なの、なの、あなたがいちばん好きなの
などと子守唄代わりに口ずさんでいました。
このテンポが良いのです。
大好きな歌だけど園まりさんファンでないと知らない歌かも?

まりちゃんの歌もほんとに良いのがいっぱいあります。
それにポリドール録音のトランペットの人、素晴らしい音色。
「逢いたくて逢いたくて」のも良いけど「一人で踊るブルース」の
演奏なんて、凄い凄い、鳥肌ものです。
これ、CDでもレコードと同じに鳴るのか心配でしたが、バッチリ。

園まりさんの曲なら、ばっちりついていけますので、ブログの更新を
愉しみにしています。
アポロさんの文章が大好きです。マジで、涙が出てきちゃう。

No.467 - 2012/07/11(Wed) 01:25:12

(No Subject) / utasuki272
当時人気絶頂のコント55が進行役の兼歌番組が行われていた日比谷スタジオで大道具のアルバイトをしていたが、芸能人嫌いでどんなスターに出会ってもどうってことなかったが、唯一アイドルとして憧れていた園まりだけは別で、舞台に通じる狭い通路ですれ違ったときはドキドキした。その可愛さは無個性な顔の並んだ今のAKBとは大違い。正直、歌を評価するわけではないが、歌なんかどうだっていい、存在しただけでも価値がある。とにかく可愛い。絶対に可愛い!!。
No.468 - 2012/07/11(Wed) 12:46:16

歌も素敵ですよ / インファント@管理人
園まりさんの歌もちゃんと聴いてね。
ポップス時代のレコードも伸び伸びした歌声で素敵です。
身贔屓かも知れないけど、凄く上手いと思いますよ。
でなきゃ私、EP、LP、CD、CD−BOX買わないです。
だって、声だけでも、堪能出来るからこそです。
CDでも凄いけど、レコードときたら、そこで歌ってるんです。
ポリドールの録音。瑞々しい園まりちゃんが再生されます。

珍しい萩原哲晶さんの佳作がA面のドーナッツ盤。
ザ・ピーナッツだと「うちら祇園の舞妓はん」ですよね〜。

No.472 - 2012/07/11(Wed) 18:22:31

Re:Re: 園まり ピーナッツ風? / アポロ
《堂々と持論を書かれていますが、実際にはこれで
いいのかなあ、と、びくびくしてるような印象もあります》

そのとおりなんです(堂々とはしてませんけど)。
なんだか、うれしくて、涙が出そう。
これほど人様に理解して頂けることって、滅多にないので。
自分のブログに書けないので、ここにこっそり書いてしまいます。

あの...実は、私の初○の人は「エミちゃん」といいます、偶然ですが。
当時は全然意識しませんでしたが、『エミさん』が亡くなられてから、想い出します。
関係ないですね、失礼しました(^^;ゞ。
カミサンを大切にします。

No.473 - 2012/07/11(Wed) 21:16:21

(No Subject) / utasuki272
園まりの歌を評価しない。どうでもいいと言ったのは言葉のあやで、誤解を受けたらお詫びします。まりちゃんの歌もいい歌が沢山有り、唯一憧れたアイドル歌手の歌が嫌いな訳がないじゃありませんか!。
有名ななかにし礼氏が「歌の上手さでは、演歌は美空ひばり。ポップスはザ・ピーナッツ」と断言してましたが、プロ歌手なら自分の得意な曲を歌えば上手いのが当たり前で、何を歌っても上手いのが真の上手さだという前提で語っているのでは。美空ひばり(あまり好きでないが)は曲ごとに表情を変え、全て一級の歌にしてしまうのはやはりマクロ的天才。ザ・ピーナッツも同じで、この一人と一組が日本の歌手の双璧では。

No.474 - 2012/07/14(Sat) 05:22:49

園まりの美貌 / インファント@管理人
たとえ歌手としてでなくとも賞賛に値する美しさという意味ですね。納得!
たしかマルベル堂のプロマイド売り上げがトップになったこともありました。
美しさがセールスポイントの女優さんらを押し退けてしまったんですよね。
シングル盤のカラージャケットも綺麗で男性なら思わず買いたくなる衝動が。
LPだともっと大判の写真なので魅力激増と言いたいところ……
ところが、LPのはあまり良いデザインのがなかったような記憶があります。
なんでだろう? CDも画像もいまひとつだし……

No.475 - 2012/07/14(Sat) 10:19:09

園まりのLP / インファント@管理人
ネット上にはシングル盤の画像は多く存在するのですが、LP画像が
殆ど見当たりません。
たぶん素材が大きいのでイメージスキャナーで取り込むのが面倒なのではと
思ってしまいます。家庭用だと普通はA4サイズですからね。
当サイトのザ・ピーナッツのLP画像は4回スキャンして合成しています。
位置合わせや色調をコントロールするのがもう大変なんですよ。
愛があるから出来るんです。
デジカメで撮ると↓こんな風になっちゃう。まりちゃんごめんね。

No.476 - 2012/07/14(Sat) 10:28:14

Re: 園まりの美貌 / アポロ
ありゃ、知らないうちに、園まり掲示板になってる...
ピーナッツのお二人も、ジャケ写真より、テレビで見る方が、ずっと愛くるしかったような気がします。
きっと、実物は、もっと可愛らしいと想う。

園まりさんも、ジャケ写真より実物の方が、もっと美しいんじゃないでしょうか?
これ、去年、あるところに慰問されたときの写真なんですが、今だってこんなに綺麗。
プライバシーの関係もあるかも知れないので、恐る恐るなんですけど。

No.477 - 2012/07/14(Sat) 21:49:18

歌も素敵ですよ / Yoshic
第二掲示板には時々書かせていただいておりましたがこの掲示板には初めてです。
私は、服部良一、中村八大、宮川泰、筒美京平さん達のJ−POP(この言い方も
抵抗感がありますが)創世記の作編曲家さんをこよなく愛する者です。
特に渡辺プロのピーナッツさん、三人娘が歌う宮川メロディーが大好きです。
園まりさんの話題が出ておりますが、 インファントさんがおっしゃるように
ポップス時代の「太陽はひとりぼっち」「女王蜂」「涙のバースデイ」なんか
のびのびとしたツヤとはりのある歌声は素敵で、私もカーステレオでよく
聴いています。(今でもLP「まりちゃんのヒットパレード」持ってます)

でも宮川作品となると私は何と言っても「何も云わないで」なのです!
宮川さんの三拍子の曲は少ないですが、少ない中でも秀作と思います。
この曲には宮川さんの「キモ」である哀愁があります。
宮川さんのアレンジにはいつもアイデアが光っています。木琴の打楽器的な
使い方(もともと打楽器ですが)、フルートの転がるようなタンギング、
哀愁のあるストリングス、特にバイオリンとビオラの掛け合いが泣けます。
宮川さんのメロディーの作り方は
A(8小節)+A’(8小節)+B(8小節=サビ)+A”(8小節)
なのですがAからA’またA’からBへのつながりがストリングスアレンジで
実にスムーズで流れるようにつながるのです。(他の作品にも通じます)
宮川さんはいつもアイデアを重視する凝り性だったように思います。

あ!それから園まりさんの美しさには何の異論もございません!
最近YouTubeに当時の彼女の映画のシーンが多く見ることができますが
きれいです、美しいです、かわいいです!!

No.479 - 2012/07/16(Mon) 14:53:57

(No Subject) / utasuki272
私が園まりに惚れたのは可愛いだけでなく、あれほど美しいのに、
それをセールスポイントにして太ももさらして身を売ることがなかった。
そこが素晴らしいのです。
いまどきのアイドル達は、言葉は悪いが、体のいいストリッパーかと言いたい。
一時流行った言葉に「あんた、どこ見てんのよう!」。これも言葉のあやですが。

No.480 - 2012/07/16(Mon) 16:50:54

スペシャルサービス / インファント@管理人
気まぐれ随想「何も云わないで」のページに特別サービス2を追加しました。
http://peanutsfan.net/z010.html

一番下の枠です。2枠見えない場合はページの再読み込み(リロード)してみてね。
凄いとかいう演奏じゃないけど、愛……そうです、愛がいっぱいこもってます。
これを聴くと、悲しいこともないのになぜか涙が滲む、私です。(まんまパクリ)
針音が凄まじいですが、文句は何も云わないで。

No.481 - 2012/07/16(Mon) 18:57:35

Re:スペシャルサービス / Yoshic
インファントさん
特別サービス/その2 ありがとうございます。初めて聴きました。

まずインファントさんの「何も云わないで」の評論を読ませていただいて
「ジューンブライド」「恋のオフェリア」の評論と合わせて
インファントさんは私と感性がよく似てるなと感じました。(気分を
悪くされたらごめんなさい)「わかる人にはわかるんだ」と気を強くしました。

特別サービス/その2をはじめて聴いた感想を書かせて頂きます。
まず国籍不明的なアレンジが耳にとまりました。初めからギロのリズムで
ラテン的なアレンジかな?と思ったらクラリネットはまるでジャズの
アドリブ風(和声の範囲で自由に演奏しているような)のパッセージ。
宮川さんの作風が出ていると思います。

はっきり言って宮川さんはあまりピアノ演奏はうまくないと思います。
(勿論ピアノ演奏を職業としている人と比べてですが)
でも私は「ピアノの演奏のテクニックがある人のピアノのアレンジは
くだらない」と感じたことが何度もあります。ピアノは音楽の三要素と
言われる、リズム、メロディー、ハーモニーを一人で演奏できる
優れた楽器ですので演奏テクニックがある人は「ピアノでオーケストラを
再現してやろう」というスケベ根性が見え隠れしていやになることがあります。
ピアノはやっぱり鍵盤楽器というより本質はやっぱり打楽器と思っています。
宮川さんの演奏でよくわかります。その代わりこのアレンジではピアノが
打楽器である分、中央すこし右寄りにエレクトーンかハモンドオルガンが
和声を埋めるように定位してハーモニーを演奏してますね。宮川さんすごい!

ピアノ:宮川泰 フルート:松本英彦 ギター:松宮庄一郎 他
と書かれていますがフルートではなくクラリネットのように聞こえますが。

No.482 - 2012/07/16(Mon) 20:35:00

Re: 園まり ピーナッツ風? / インファント@管理人
Yoshicさん、さすが良い耳をお持ちです。
うっかりフルートと書いちゃいましたが、ソプラノサックスでした。
フルートは「キャンディームーン」で吹いてました。
ソプラノサックスで、この音色を出すのは名人芸じゃないでしょうか?
サックスとクラリネットはそっくりの音を出しますし、松本英彦さんの音色は
物凄くソフトなのでますます全木製にも聞こえますね。
もちろん、本命中の本命のテナーサックスで演奏する曲も入ってますよ〜。
ちなみにこの曲では大活躍していないので省略しましたが、エレクトーンと
チェレスタは道志郎さんが担当しています。

こんな腕達者なメンバーなので、宮川サンが一番危なっかしいような(笑)。
でも、とっても「歌心」のある「深情け」のピアノで、私は大好きなんです。
ああ、こうやりたいんだな、ああやりたいんだな、って分かるんです。
もう、思い入れたっぷり。弾けるのなら、私も、こういう風に弾きたいです。

No.483 - 2012/07/16(Mon) 23:30:27

Re: 園まり ピーナッツ風? / Yoshic
ソプラノサックスでしたか。
聴きなおしましたが私にはまだクラリネットに聞こえてしまいました。(苦笑)
ソプラノサックスはビッグバンドジャズでもあまり使われない
楽器ですが、コンボには良く使われる楽器で私も好きな音色です。
高音部はチャルメラの音に似ていて屋台のラーメン屋を思い出させる
音色が好きです。(笑)

No.484 - 2012/07/16(Mon) 23:48:41

逸脱掲示板w / インファント@管理人
このLPを店頭で買った時は高校生だったので恥ずかしかったです。
紹介されているサイトがありました。↓
http://moody-fjk.blog.so-net.ne.jp/2007-10-10

数年後、今度は東芝から再び「宮川泰作品集」が出ましたが、こちらも
同じようなジャケットでした。ホント買いにくいよね〜。
宮川先生の奥さんが、アナタ趣味悪すぎ、とか言ってたりして。(笑)

園まり掲示板か、と思ったら、エッチな方面の掲示板に見えそうなので、
これらのジャケット写真は自粛。

No.485 - 2012/07/17(Tue) 10:01:30
追悼コメントを見て / インファント@管理人
伊藤エミさんの逝去に色んな方がブログなどで想いを語っています。
その中でも私が、あ、いいな、と思ったいくつかを貼っておきます。

http://tabatyan.cocolog-nifty.com/blog/cat23244819/index.html
思わず、コメントなりメールを送りたくなってしまいましたが、その手段が
見つかりませんでした。
園まりさんファンの中の隠れザ・ピーナッツ・ファンという感じでしょうか?
私もザ・ピーナッツ・ファンの中の隠れ園まりちゃんファンです。
http://peanutsfan.net/z010.html
↑ まだ私のサイトが無くて、ピーナッツ・ホリデーのBBSに投稿した文。
こういう長文は投稿に相応しくないよね〜。

園まりさんが先日、日本経済新聞に伊藤エミさんの追悼コメントを述べたようですが、
購読していないので全文が分かりません。
 ザ・ピーナッツのエミさんに似ていると言われたのが嬉しかった。
 立ち振る舞いなど、ザ・ピーナッツさんを見習っていた。
 シングル盤の「捨て煙草」のジャケットはピーナッツさんから頂いたドレス。
などということが書いてあったらしく、ご自身もお姉さんを亡くされたあとであり、
ユミさんを凄く気遣っておられたようすです。

園まりさんも長生きしてほしいなあ。

No.463 - 2012/07/08(Sun) 19:21:26

追悼コメントを見て(2) / インファント@管理人
こういう視点で語る人が何故少ないのでしょうか?
「ザ・ピーナッツの音楽性と歌の思い出をじっくりと語ろう」
http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/eiga/showa/article.aspx?id=MMGE00000004072012

ジャーナリストらしいコメントです。
「命がずしんと重く感じられた時代」
http://homepage2.nifty.com/otani-office/flashup/n120703.html

追悼コメントじゃないのですが、タイトルが気に入りました。
「モスラをも飛ばした鉄壁無比のハーモニー」
http://studiovoice.jp/?p=27382

No.464 - 2012/07/08(Sun) 20:03:40

ザ。ピーナッツは永遠なり / utasuki272
それぞれの異なったコメントを楽しく拝見させて頂きました。
「ザ・ピーナッツの音楽性・・・・」の末尾に書かれているように、当時の歌手に歌を選ぶ権利は無かったようですが、何を歌っても上手いうえ、今聞いても分かるとうり全て歌になりきってつくろった演出感が全くなく、自然発生的に唄いながら表現が千変万化無限に変化してしまう。その才能に関係者が惚れこんで、あれを歌わせたい、これを歌ってほしいと、結果として膨大な選曲群が生まれたんでしょうね。とにかく他には有り得ない稀有な歌手です。

No.465 - 2012/07/09(Mon) 11:32:53
『モスラ対ゴジラ』イラスト / 小美人ファン
はじめまして。『モスラ』やゴジラシリーズで育った東宝特撮&小美人ファンです。

6月末に川崎で『モスラ対ゴジラ』の小さな自主上映イベントがあり、私は手伝いのスタッフでした。
上映会の数日後、訃報がありまして大変驚き、図らずも追悼上映になってしまい、二重の驚きでした。
上映会用に簡単なパンフレット作成を担当しまして、カバーイラストを小美人入りの構図にしました。
イラストは知人のアマチュア画伯に発注したものですが、後で思えば、絵が完成したのは6月15日・・・エミさんが旅立たれたと報道されているその日に、天空の小美人の絵が仕上がったとは、まったく偶然だし、個人的な感慨とはいえ、なんだかちょっと不思議で呆然とするものがあり、場所をお借りして掲げさせていただきます。

私が物心ついた70年代は、ピーナッツのお二人は、大人向けのしっとりした歌を歌う大スターというイメージでした。
ミステリアスで、また、時代の空気もあったのでしょうが、ちょっと影のある大人という感じでした。
『モスラ』や『モスラ対ゴジラ』はリアルタイムでなく、ビデオが普及した時代に後追いで見たため、「こんなに子供っぽい、明るい時代があったんだな」という意外性とギャップが、最初に小美人に感じたことでした。
結婚発表でエミさんは、ステージの上でジュリーが報告する隣で、確か、感極まって号泣されていましたよね。
「結婚して幸せになるのに、なにがそんなに悲しくて泣くんだろう?」と、子供の私には花嫁の心情がわからず、発表のテレビを見ながら、すごく不思議だったことが忘れられません。
ご冥福をお祈りします。

No.449 - 2012/07/03(Tue) 16:11:50

Re: 『モスラ対ゴジラ』イラスト / インファント@管理人
川崎でイベントがあったのですか、奇遇です。
私がモスラ映画を子供の時に見たのが銀映街の川崎東宝です。
「モスラ」の時は立見でしたよ。ぎゅーぎゅー満員でしたから。
その後、堀之内映劇、追分映劇へと流れてゆき、4回見ましたよ。

イラスト、とっても可愛いですね。
大分前に娘が(今は一児の母)書いたモスラです。これも可愛いでしょ。

No.450 - 2012/07/03(Tue) 17:51:07

Re: 『モスラ対ゴジラ』イラスト / 小美人ファン
レスありがとうございます。
とっても可愛いイラストですね。娘さんはプロの方ですか。
さすが「インファントの娘」ですね(すみません)。
イベントのゲストは小泉博さんで
「『モスラ』は豪華キャストだったが、特に人気者のザ・ピーナッツのスケジュールを取るのは、助監督さんたちも苦労したでしょうね」と話しておられました。

No.451 - 2012/07/04(Wed) 06:13:31

Re: 『モスラ対ゴジラ』イラスト / インファント@管理人
現在、インファントの娘は出産〜育児で我が家に里帰りしておりまして
インファントの孫娘を育てています。名前はユミちゃんです。(笑)
早速、娘さんはプロの方ですかって書き込まれているよと見せたところ、
お父さん、こういうのをお世辞というんだよ。親馬鹿要注意だよ、って。
なので、プロじゃありませんが、孫をフロに重たいと言いながら入れてます。

No.453 - 2012/07/04(Wed) 09:26:51

Re: 『モスラ対ゴジラ』イラスト / 小美人ファン
まあ、かわいいですね。超小美人!
もちろん、これまた、お世辞ではありません。
親ばか、孫ばか、大変けっこうだと思います(すみません)。
ありがとうございます。ごちそうさまです。

No.456 - 2012/07/05(Thu) 07:47:09

(No Subject) / utasuki272
名前はユミちゃんに、インファントさんらしくて思わず笑ってしまいました。
娘さんのイラスト本当に上手いですよ。
私も名もなきイラストレーターのはしくれで、機会があったら投稿したいですが、
今だリモートサポートに頼るパソコン音痴で、いつになるか分かりませんが、
そのときは片隅にでも乗せてください。

No.458 - 2012/07/05(Thu) 10:09:06

Re: 『モスラ対ゴジラ』イラスト / たまちゃん
お孫さんの名前がユミちゃんなのですね。

前から気になっていたのですが、ピーナッツのファンの方々にも〇〇派というか、
どちらかと言うと、ユミさんが好き、エミさんが好きというのはあるのでしょうか?
あまりそういう話題が出た所を見た事がなかったので。。

ピーナッツさんは一卵性双生児ですけど、ホクロ以外にも
私にはお二人が瓜二つというよりは、個々に個性があるように思います。
どちらかと言うと、お姉さんの方が大人っぽい顔立ちで、妹さんの方が可愛らしい顔立ちと言うんでしょうか。

あと、「さよならは突然に」のサビで「あ〜〜この雨はいつか〜」の後ろで、
「アンアンアアン」ってコーラスの付け方も姉妹で随分、解釈が違いますよね。
当時の紅白のビデオなんか見ると、やはり妹さんの方が甘えん坊(?)なのか、
「アンアン」も可愛らしく歌ってる気がします。

お孫さんが「ユミちゃん」という事はインファントさんはユミちゃん派?
なんて思ってしまったのですが。。(笑)
ちなみに私の母はインファントさんより少し下の世代になりますが、
綺麗な方とそうでない方という見分け方をしていたようです。(汗っ)

No.461 - 2012/07/07(Sat) 22:53:55

何れ菖蒲か杜若 / インファント@管理人
孫娘の命名権は娘夫婦が100%で、おじいちゃんは無関与でした。(笑)
それと漢字なので、カタカナのユミじゃありません。(だよね〜)

勿論、外観的な区別はつくのですが、どちらが好きなのかな〜なんて考えたのは
中学生の時くらいでしたが、結局、どっちも好きということしか思い浮かばず。
これは人ぞれぞれで、ファンの方の中には〇〇派とかあったりするらしいです。
長いファン歴でずっと見てましたが、お二人ともとても誠実な方だと思います。
誠実さプラスアルファが個性なのでしょうが、共通項が最大の魅力でしょう。

No.462 - 2012/07/08(Sun) 06:55:30
明治ブルーライン / インファント@管理人
そろそろ明るい話題を…
キングレコードから、明治製菓CMコレクションというシリーズが出ていますが、
ビスケット・ドリンク・食品・医薬品篇のDVDにザ・ピーナッツが登場してます。
明治ブルーライン(フルーツ缶詰/現存します)の45秒間のCMです。
歌だけじゃなくてご本人たちも登場します。価格もそんなに高くありません。
  例)アマゾンでは、1459円(新品/値引き後)
インファント的にはおすすめです。

No.460 - 2012/07/06(Fri) 15:14:53
ザ・ピーナッツは永遠なり / utasuki272
死去されて二十日経ちました。訃報を知った時、えっ、何故!?・・・。あれ程の大スターの死を世間の人が知ったのが十日以上も過ぎてからとは。派手に騒がれたくない本人の遺言だったのでしょう。その謙虚さに心を打たれます。現役のときも浮世に身を流すこともなく、おごる事もなく、歌と芸ひとすじ。引退後も過去を自慢することを嫌ってマスコミから遠去かり、離婚後も浮気をされ後ろ足で砂を掛けられた相手の姓をあえて変えずに一生を貫き、そして無言の葬儀。常人に出来ることじゃない。その崇高さに頭がたれます。あなたのファンになったことを誇りに思います。
これまでふたつの疑問を抱いてました。色んな歌を歌いながら何故あんなに全て上手いのか?。もう半世紀も前の歌声が何故色あせずに新鮮に響いてくるのか?。これに類する歌手は世界中何処を探しても居ない。
喩えや冗談でなく、まじであなた方二人は天から派遣されてきた歌の天使ではないのか、と。そう思うと全て疑問が解けます。歌の天使なら何を歌っても上手いのが当たり前だし、古いも新しい流行も無いし、それを自慢することも無い。天使に葬儀は無用でただ天に帰って行くのを見送るだけ。
(生は奇なり。死は帰なり)と言います。生には限りがあり、(いずれはユミさんも逝かれるでしょう)、欲望と損得と自己主張の駆け引きで成り立っているこのドロドロした現世から開放されて、むしろホッとしているかも。

No.455 - 2012/07/05(Thu) 02:41:47

追悼記事色々 / インファント@管理人
さだまさしさんのトークショーで伊藤エミさんの思い出話が…
http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=1739&bc=2

たしかに労音公演で共演されていますね。
http://peanuts2.sakura.ne.jp/omotya/roon49.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松山晋也さんという方のツイッター
https://twitter.com/#!/agostoshinya/

ザ・ピーナッツのエミ姉、誠に残念。
昔アルゼンチン・ロック界の巨人チャーリー・ガルシアに自宅取材した時
「モスラで歌っていた女性デュオ、誰なんだ? すげーカッコいいんだけど」
と訊かれたので、日本ポップス史上最高の双子デュオだと教えた。
あの感電するようなハーモニーは奇跡だった。

No.457 - 2012/07/05(Thu) 09:07:32
スカパー!情報 / ゆうちゃん
スカパー!HD
音楽 > Ch.795 懐かし音楽★グラフィティTV/keiba
07/06(金)21:00〜22:00 紙ジャケ天国 ザ・ピーナッツSP

映画 > Ch.707 日本映画専門チャンネル
07/06(金) 03:20〜05:03  モスラ(1961年)

No.445 - 2012/07/02(Mon) 14:06:27

Re: スカパー!情報 / インファント@管理人
紙ジャケ天国 ザ・ピーナッツSP(追悼/再放送)
  7/2 (月) 21:00〜22:00 もあるようです。
http://www.graffititv.jp/pg.php#default

No.446 - 2012/07/02(Mon) 14:26:49

Re: スカパー!情報 / ゆめこ奈良
はじめまして。
ピーナッツの歌、好きです。改めて彼女達のハーモニーの美しさを感じています。
伊藤エミさんの訃報を知ってから、いろいろ検索していてこちらへ辿りつきました。

地上波での追悼番組は、まだ見つけていませんが
スカパー等ではあるようですね。情報ありがとうございます。
紙ジャケ天国の再放送チェックしてみます。

改めて伊藤エミさんのご冥福をお祈りします。

No.452 - 2012/07/04(Wed) 07:57:08

Re: スカパー!情報 / インファント@管理人
ゆめこ奈良さん、ホームページ拝見しました。
良い所に住んでらっしゃるのですね。風光明媚で素敵です。
私は浜っ子で生まれて川崎育ちで、再び浜っ子に出戻りなので、
景色と言えば、まあ、工場萌えって感じでしょうか。

地上波での追悼番組が全くないのは、ちと淋しい気もしますね。
NHK-BSでやった「歌伝説/ザ・ピーナッツの世界」を是非地上波で
一度やってほしいものですね。
ザ・ピーナッツって誰? でもいいんですが、知らないと損ということも
世の中にはあるようにも思うのです、よね!

No.454 - 2012/07/04(Wed) 09:35:29
ようつべより / おたけ
初めて書き込みします。
ピーナッツと共によみがえる古きよき時代に思いをはせています。
youtubeで見つけました。
ご存知の方も多いでしょうが。
http://www.youtube.com/watch?v=AoWA5JipHJU

No.447 - 2012/07/02(Mon) 22:00:04

Re: ようつべより / インファント@管理人
いやあ、全くご存知ではなかったです。とっても面白いです。
こういう沈鬱な状況下ですので、楽しくてとっても癒されますね。
自分たちのものにしちゃってて独自のハーモニーも付けてて素晴らしい!
おたけさん、ありがとうございました。

アメリカでは「上を向いて歩こう(スキヤキ)」
中国では「北国の春」
そしてロシアでは「恋のバカンス」
これが日本の歌が海外でバカ受けしたベストスリーなんだそうです。
こういう動画を見ると納得ですね。
↓ロシア語の歌詞などはこちらで。
http://peanutsfan.net/152.html

No.448 - 2012/07/03(Tue) 09:10:25
重要なお知らせ / インファント@管理人
本日付け(6/30)をもって母屋のサイトの旧URLが廃止となります。
お気に入り、ブックマークには新しい方のURLをご登録下さい。

(旧URL)
http://homepage.mac.com/infant/home/

(新URL)
http://peanutsfan.net/

グーグルなどの検索では旧URLが表示されると思いますが、そのうちに直ると思います。

No.419 - 2012/06/30(Sat) 08:51:42

掲示板の次ページ / インファント@管理人
連日の書き込みで昨日の投稿までが最初の1ページに入らない状況です。
掲示板の最下段に、123456…という数字が並んでいますので、
2以降をクリックすると次のページを見る事が出来ます。

No.431 - 2012/06/30(Sat) 16:52:18

修正しました / インファント@管理人
ザ・ピーナッツの(と私の)歴史のページが新URL側では壊れていましたので
修正しました。
http://peanutsfan.net/profile.html

No.436 - 2012/07/01(Sun) 13:22:02

Re: 重要なお知らせ / インファント@管理人
上の方にも書きましたが、ホームページの引っ越しをおこないましたので、
古いアドレスで訪問されますと、下の画像が表示されてしまいます。
ちょうどタイミング的に伊藤エミさんが亡くなられた直後でもありまして、
管理人がショックでホームページを止めてしまったのではなかろうかと
心配されてしまうかも知れません。時期が最悪でした。

そもそも望んで引っ越したわけではありません。
Apple社が一昔前に始めたネット上のユーザー提供エリアの有料サービスがあり、
年会費約1万円と高額ではありましたが、天下のAppleが提供するサービスなので
安心/安定を期待していたわけです。
ところが昨今の携帯電話や携帯音楽プレーヤー、そしてiPadのような新製品との
有機的なクラウド(天上の雲)ネットワークという包括的なサービス機能のため、
古い環境は廃止せざるを得なくなったようです。
(約一年ほどは最後のご奉公なのか無償で使えるというサービスがありました)
そもそも独立したホームページを作り維持するというのも時代遅れという感じで、
もっと手軽なツールが色々あるようです。

グーグルの検索機能はロボット型とかいうものらしくウソかホントか知りませんが、
 1.閲覧回数の多いこと
 2.内容の更新頻度が高いこと
 3.リンク(関連サイトへの繋がり)が多いこと
などをロボットが自動的に判断して、表示の順位付けをしているのだとか。
サボってばかりなので更新頻度は少なく、リンクも極めて少ないので、それで上位に
表示されていたのは皆様方が閲覧して頂けたということしか考えられません。
この場を借りてお礼申し上げます。

No.444 - 2012/07/02(Mon) 13:54:43
(No Subject) / utasuki272
今朝、ファンサイトをアクセスしたら、終了しましたの札が掛かっていてびっくりしました。以前から注意書きをされてたようですが、パソコンに不慣れで意味が分からず軽視していたら、こういう結果になっています。Javaのインファント@管理人を通じてここに辿り着いていますが、改めてストレートにアクセス出来る方法を@管理人の表示がされている間に教えて下さい。既に百回以上アクセスし、日本一のピーナッツファンを自認していますので、検索が途絶えたら忍びないです。
No.440 - 2012/07/02(Mon) 10:12:33

検索エンジンについて / インファント@管理人
グーグルなどの検索エンジンへのサイト登録については関知出来ません。
ホームページなどを作っている側からの要望は受け付けされていません。
以前は、グーグルなどで「ザ・ピーナッツ」と入力しても当サイトの表示は
30番目くらいにしか出てきませんでしたが、最近は割と上位に出ました。
長い期間やっていたので、やっと認められたのかも知れません。
よく知りませんが、コンピュータで自動的に決めてるみたいです。

なので、下記URLのアドレスをパソコンのブックマークにご登録下さい。
http://peanutsfan.net/
↑ここをクリックすれば玄関に着きます。
いずれ、ずっと後には検索エンジンに正しく引っかかるようになるでしょうね。

No.442 - 2012/07/02(Mon) 11:16:18

Re: / utasuki272
検索できるようになりました。イファントさん有難う御座います。
話は変わりますが、湯水のように押し寄せるコメントにひとつひとつ相応して答えるのは、寝る暇がない程大変なことだと思いますが、いましばらく頑張って下さい。ピーナッツを愛するファンのために。

No.443 - 2012/07/02(Mon) 12:24:03
特番は無いの? / 極楽
テレビで座談会とか特集とかの放映がないですね。マスコミからずっと遠ざかっていたから、今の一般の人たちからは忘れられた存在なんでしょうか。

昔録画した『私と私』がまだあったので見ました。まだデビューしてから2年くらいの頃なので、田舎臭さを残したピーナッツの二人でした。クレージー・キャッツや中尾ミエと伊東ゆかり、田辺靖男なども出ていました。「二人の高原」は当時映画館で見て強く印象に残った歌でした。主題歌の「私と私」も好きでした。「幸せのしっぽ」は森山加代子も歌ってましたよね。ストーリーは他愛ないのですが、今となっては宝物です。DVDにダビングしようと思います。

No.439 - 2012/07/02(Mon) 00:16:35

Re: 特番は無いの? / インファント@管理人
日本の歌謡史に欠かせない存在だとは思うのですが、いかんせん時代が古い。
放送メディアは視聴率が全てでしょうから特別番組などは現役の方たちが
お亡くなりになった場合などを優先するのでしょう。
また、どうせ取り上げても、下世話なお話に終始するでしょうから嫌ですね。
商業メディアには期待出来ません。だからこそ、ここのサイトがあるのです。

No.441 - 2012/07/02(Mon) 11:06:39
更新情報7/1 / インファント@管理人
まさかこのような記事をアップしなければならない日が来るとは思いませんでしたが、
東京新聞の伊藤エミさん追悼記事です。
http://peanutsfan.net/SINBUN0629.html

ザ・ピーナッツさんは現役時代、東京新聞(中日新聞東京本社発行)をご購読されて
おられました。良くまとめられた好記事だと思います。

No.438 - 2012/07/01(Sun) 15:50:04
(No Subject) / ダビデ
インファントさん、本当にご無沙汰しています。久しぶりに書き込ませて頂くのがエミさんの訃報の時というのはあまりにも悲しいですね。
私もインファントさんと同世代で学生時代はピーナッツの後援会にも入ってコンサートにもよく通いましたが、インファントさんと違ってピーナッツ引退後はすっかりピーナッツのことを忘れていましたが、5年くらい前にインファントランドやピーナッツホリデーに出会ってから再びピーナッツファンに戻ってピーナッツの映像を収集したりするのを老後の楽しみにしていたのですが、最近は若いころ以上に仕事が忙しくなってしまいなかなかこちらのサイトを閲覧するのも難しくなってしまいました。先週も一週間中国の蘇州の奥の方に行っていたのでエミさんの訃報を家内から聞いてはいましたが悪い冗談くらいにしか思っていませんでしたが、昨日帰って来て新聞やネットで紛れもない事実なのだと自ら言い聞かせました。今日は朝からずっとピーナッツの映像を流し続けてます。
 引退されてからは公に出られないのでお元気で居られたとしても恐らく今後もお二人の姿を拝見したり、ましてやあのハーモニーを聞くチャンスはほとんどゼロに等しいとは思いますが、それでもエミさんが亡くなられたと聞かされた時のこの空虚感は身内をなくした時とはまた違うものでした。
 以前中尾ミエさんがラジオでピーナッツの二人は「今でも自分たちのことを『ピーナッツ』と呼び、今でも一緒に住んで、おそろいの服を着て、おそろいの眼鏡をかけ、おそろいのヘヤースタイルでいるし、自分たちは二人で一人だからと言っていたから恐らく一生一緒にいるんでしょうね。」と語っていました。また「お腹すく時も一緒、風邪を引く時も一緒」と言われたお二人だったので本当にユミさんのことが心配になりますね。どうかエミさんの分まで長生きをしてほしいと思います。
 このエミさんの訃報は本当に悲しい出来事ですが一方でちょっと嬉しく思ったことがあります。それはピーナッツデビュー50周年記念の一連の行事が済んで、アンカーさんも体調を崩されたこともあってインファントランドやピーナッツホリデーへの書き込みもずっと少なくなってこの両サイトを見るのを楽しみにしていた私にとってはちょっと寂しく思っておりましたが、エミさんの訃報に接してこんなにも多くのピーナッツファンが訪れてくださっていることです。しかもリアルタイムでピーナッツを知らない若い世代の方も沢山いらっしゃるのでほんとうに嬉しく思っています。インファントさんにも今後も頑張ってこのサイトを継続して頂きたいと思います。微力ながら私もお手伝いできることがあればと思っています。

エミさんのご冥福を心よりお祈り致します。

No.435 - 2012/07/01(Sun) 11:24:07

健康第一で / インファント@管理人
ダビデさんが来ないなあ、とちょっぴり心配しておりました。
太平洋戦争中から戦後に生まれた世代は母親も本人も栄養面で不安があり、
ベースになる血管とか臓器が形成される大事な時期だったので健康には
十分注意された方が良いという記事を昔読んだことがありました。
私の友人達も心筋梗塞とか発症していますので人ごとじゃありません。

ザ・ピーナッツさんも真珠湾攻撃で始まった開戦の年に生まれています。
人間ドックなど定期的な健康診断をされたらいいだろうなと心配してます。
ダビデさんも私も幼児期はろくなものを食べていないでしょう。
もうお年なので無理をしないでなるべく長生きしましょうね。
ダビデさんから頂いた資料が山積みでホームページの更新をさぼりっぱなし。
申し訳ありませんが、ぼちぼちとアップしてゆきたいと思います。

No.437 - 2012/07/01(Sun) 13:46:43
時代とは無関係の自由さ。 / Ryu
今頃は、父のように慕っておられたハナさんや植木さん、谷啓さんとの久々の再会を交わされているのでしょうね・・・。

ザ・ピーナッツといえば、引退して久しいながらも昭和歌謡の代名詞としてひばりさんや越路さん、(存命中ではあるが)ちあきさん・百恵さんと並んで名の挙がることの多い女性アーティストの一組。

なぜ、現役から離れても尚、多くの人々を虜にし続けるのか?
それは、やっぱり、残してきた数々の仕事・実績というものが、現代の感覚からみても十分、良い意味で”ショッキング”だからなんですよね。

10数年前、昭和47年の紅白のBS再放送で初めて接した「さよならは突然に」や、引退直前に出演した「ミュージックフェア」で新アレンジの元、披露された「可愛い花」の洗練されたカッコよさ。
親から「ピーナッツというのは演歌も歌った事あるんだぞ」ということで聞かされた「大阪の女」の奥深さ。
既に半世紀を経ているにもかかわらず時代を横断しながら存在し続ける「恋のバカンス」「恋のフーガ」のキュートさ。
どの感覚も、その作品が誕生した時代の視点に置き換えた上で得られた感覚ではなく、あくまでも”現代”、今こうして自分が息をしている時代の視点をベースで感じ取った感覚ばかり。つまり、時代を象徴する存在でありながらも、時代に拘束されない自由性があったことが、ピーナッツという存在を未だに”輝ける”ものにしているのだろうな・・・という気がするんですよね。

しかし、それは・・・逆説的に解せば、彼女たちの輝きを越える輝きのあるアーティストや音楽が生まれていない、そして生もうという気迫が感じられなくなっている現代のショービズの世界への不満の表れであるとも思うんです。

恐らく亡くなられたエミさんも、ここ最近のショービズの”元気のなさ”は心のどこかで引っかかっておられたはずです。元気があり余っていた時代のショービズの、間違いなく牽引役の一人であっただけに。

その意味でも、今のショービズの世界を預かる若い連中の、更なる健闘を願わずにいられませんね・・・。

No.432 - 2012/07/01(Sun) 05:28:10

Re: 時代とは無関係の自由さ。 / Ryu
あと、もう一点・・・書いていてふと思い出したことがあるので追記します(汗)。

かなり小さい頃から(因みに私は現在30歳の若輩者です)「ピーナッツ」というすごい歌手が昔いたっていう事は知っていたんですよ。それこそ幼稚園の頃には名前と顔が一致していたような・・・。

なんで、そんな幼い時期から既に引退して随分時間が経っていたピーナッツの存在を知っていたんだろうなぁ・・・とずっと不思議に思ったりしたんですが・・・考えてみると、それは亡くなったうちの母親の影響がかなり強かったのかな・・・?と今頃になって気づきました(汗)。

うちの母親は、実はピーナッツとほぼ同じ年代(学年で言うと、ピーナッツの一学年下の年代)で、かつ同郷(おまけに生まれは瀬戸、育ちは名古屋という・・・)という境遇でして、そこそこ地元では財力のある家で生まれ育った”お嬢さん”ということもあって、学生時代は名古屋近辺で行われる色んな歌手や俳優のコンサートや営業のステージにも足しげく通っていたらしいんです。

神戸一郎さん、松山恵子さんやこまどり姉妹、若原一郎さん、平尾昌章さん、坂本スミ子さんと・・・・まぁ、挙げたらきりがないぐらいの数のショーを学校に無断で見に行っては、その事実がバレて後日先生や挙句は校長にまで注意されまくっていた(汗)といううちの母親の経験の中でも特に心に残っているのが・・・デビュー前にレストランのミニ歌謡ショーで聞いたピーナッツの歌声だったらしいんです。

まぁ・・・殊更説明するまでもないでしょうが、それはそれはデビュー前からピーナッツの実力はずば抜けて凄かったそうで、クラシックをベースにした戦前派の歌手たちの歌を聴いて育った年配の方も真剣な表情で彼女たちの歌を聞き入っていたのが印象的だった・・・・ってうちの母親はよく言ってましたよ。それと同時に「そんなアタシと年齢変わらないし(因みにうちの母親は昭和17年生まれ、ピーナッツの一つ下の年齢です)別に取り立てて可愛くもないのに(その頃のピーナッツは色んな書籍見ても”丸っこくて田舎染みた風貌の女の子だった”っていう評が支配的ですもんね・・・)、なんであんな唄だけはうまいのよ!」と激しく嫉妬しそうになったとも(笑)。

そういう話を幼稚園の頃から子守歌代わりに聞かされていれば、昭和の唄が大好きな子供に育つのも無理がない話(笑)。思えば、このピーナッツにまつわる実母の”若き時代の原体験”が今の自分の嗜好や趣味にもかなり大きな影響を与えているのかな?という気がしてなりません・・・。

それだけにピーナッツに対しては妙な親近感が自分の中にもあったんですよね。だから今回の訃報は言葉で冷静に説明できないぐらいショックが正直大きくて・・・。

No.433 - 2012/07/01(Sun) 06:17:38

Re: 時代とは無関係の自由さ。 / インファント@管理人
Ryoさん、思いの丈を語って頂きありがとうございます。
皆様それぞれに深い思いがあると思います。
当面、散り散りに心が乱れてしまい、文章にまとめることさえ出来ない状態かと
推察する次第です。皆様も落ち着いたら何か書き込んでください。
伊藤エミさんが亡くなられたという報道以後、あちこちの個人ブログで色々な方が
追悼文を掲載されておりますが、皆それぞれの想い、思い出があるようです。

時代を超越した歌曲群だと評している方もおられるようです。
むしろ現在の歌よりも新鮮だとも。
まあ、色々な歌を歌っていて、ザ・ピーナッツというジャンルがあるような感じで
あって、あの時代を代表するというよりも跳んでいた存在だったと思います。

ここの掲示板に書いたら、なにか想いが晴れる、とかそういうものでもないとは
思いつつも、皆さんで追悼の意を共有出来る場であれば良いと思います。
何を書いても語っても、もうエミさんは還って来ませんが、想いは天国へ届くかも。

No.434 - 2012/07/01(Sun) 11:20:11
(No Subject) / 白城由妃
8年くらい前・・・32歳のとき、よく投稿していた白城由妃と申します。
あれから女装子になったので、しばらくごぶさたしていました。

いまでも毎週のように、カラオケでピーナッツの歌をうたいます。

とくに「ふりむかないで」と「レモンのキッス」あとカバーですが、「ジョニーエンジェル」を歌いますが、一番好きな「さよならは突然に」がとくに難しくって雰囲気がだせませんでした。

そんなこんなしているうちに、エミさまが旅立たれてしまうなんて・・・・

しかし由妃より若い方の投稿が目立つのは、由妃にとって救いでした。
これからも、ザ・ピーナッツの歌をうたって、次の世代に歌い継ぐつもりです。

No.428 - 2012/06/30(Sat) 16:13:54

さよならは突然に / インファント@管理人
文字通り「さよならは突然に」来てしまいましたねえ。
残念ですが、私達が聴き継ぎ、歌い継ぐ限り、ザ・ピーナッツは不滅の存在です。

No.430 - 2012/06/30(Sat) 16:44:47
・・・・ / 山内
はじめまして!
僕は平成生まれの23歳男です。
僕のファン暦はもう8年目で、僕の学生時代〜もうピーナッツ一色で青春そのものです。
実は僕は昨日この訃報をはじめて知りました。僕の周りの友達は僕がピーナッツマニアだってしってますんで、みんなが僕の心中を察してくれて、連絡してくれました。
メールを見た瞬間ただただ放心状態で、われに返ってピーナッツを聴き、泣きました。さっきも中尾ミエさんのコメントを見て「ふたりは本当は歌いたかった」をみて、改めて残念でなりません。
会うことはないけれど、どこかで元気にしてらっしゃるんだと思って、それだけで満足でした。妹にあたる月子さんの心中もお察しします。
今は、まだ混乱で頭の整理もつかないので、言いたいことがまとまらなくて申し訳ありません・・・
でも、これからも僕はずっとピーナッツファンであり、「ピーナッツ伝説が胸の中で生き続けます。
心からご冥福申し上げます・・

No.404 - 2012/06/29(Fri) 15:09:30

平成生まれのピーナッツファン / インファント@管理人
素晴らしいですねえ。ザ・ピーナッツをずーっと語り継いで欲しいです。
一方、私は年甲斐もなく「初音ミク」に最近ハマってます。
エミさんとユミさんの声をサンプリングしておけばザ・ピーナッツが再現出来たのに
なんて思ってしまったりして。
もっともアナログだったからこそのザ・ピーナッツだったわけですが。

さっきですが「5時に夢中」というTOKYO-MXのテレビ番組で中尾ミエさんが
残されたユミさんのことを心配されているようなことを言ってました。
とにかく二人で完結している人たちなのよ、他には誰もいらないみたいなって。
だから一人になっちゃうと…

No.407 - 2012/06/29(Fri) 17:51:44

Re: ・・・・ / たまちゃん
インファントさんが「5時に夢中」をご存知だとは意外でした。。
見つけてしまいましたか・・・。(苦笑)

個人的には中尾ミエがペラペラ喋る事に違和感がある時もあり、
余計なこと喋るなと思う事もありますが・・・・。

No.422 - 2012/06/30(Sat) 14:20:50

中尾ミエさん・・・ / インファント@管理人
たまちゃんさん、こんにちは。
「5時に夢中」は馬鹿馬鹿しくて面白いのでよく見ています。
毎日が放送禁止用語のオンパレード。よく存在出来ています。
中尾ミエさんは祖父がファンでした。
ボケ(今でいう認知症)ていて、実の娘である母に、
「いやあお珍しい。よくここがおわかりなさったなあ」なんて挨拶、
なのに、シャボン玉ホリデーを見ていると「ミエだな」というので、
「ミエちゃんがわかるの?」
「中尾ミエだべ」(おおフルネームでご存知なのかよ)
どうやらお好みのタイプだったようです。
今じゃ可愛いどころか、おっかない風情ですが、昔はチャーミング。
私と同じ世代なのでクラス会に行くと、こういうオバさんばかり。
なので、中尾ミエさんには違和感なし、ふつうの方です。(笑)

No.429 - 2012/06/30(Sat) 16:34:34
初めまして / abc
初めてお便りします。
私のつれ合いが、ザ・ピーナッツのお二人と生まれた年、月が一緒で、私はお二人より三歳年かさのものです。
あるきっかけで一年半前、インファントさんとアンカーさんのサイトを拝見するようになりザ・ピーナッツのファンになりました。
昔からスポーツも映画も小説も大好きでした(歌は駄目でした)が、どういうわけかファンという心理状態になったことがありませんでした。
ところが齢七十を過ぎて両サイトが素晴らしかったのでしょう、ザ・ピーナッツの虜なりました。
そして至福の一年半。

今、何もやる気がおこりません。何をしてても落ち着きません。ただ、ただ残念至極です。妹さんのことを思うと言葉が出ません。

これからはインファントさんがこのサイトをお続けになって、レコード随想を重ねていただくのを楽しみにして日々過ごしていきます。

No.421 - 2012/06/30(Sat) 13:05:03

Re: 初めまして / インファント@管理人
abc様、ご投稿頂きありがとうございます。
ザ・ピーナッツのことをデビュー時からご存知の方といえばどうしても
ご高齢の大先輩という世代になってしまいます。
そういう方にも是非ピーナッツのサイトを見て欲しいとは願っていましたが、
反応がなくてパソコンとかやらないご世代なのかしらとも思っていました。
そうじゃないことがわかって、とても嬉しいです。

アンカーさんのサイトがより老舗で、こちらは二次的に派生したようなものです。
ザ・ピーナッツさんが二人なら、ホームページも二つあっていいのかな、とか
勝手に思い込んでおります。
これを機にまた掲示板に遊びに来て下さい。

No.427 - 2012/06/30(Sat) 16:11:09
インファント様へ / あおき
インファント様
先日は私の投稿に返信頂きありがとうございました。
日出さんの訃報の後、次々に同世代の方々が逝ってしまわれています。
これは何かの因果なのでしょうか・・・。本当に言葉もありません。

私自身、やっと落ち着いてきました。
仕事をしている身ですので、忙しさで気を紛らわせていたのが本音ですが・・・。
ここ数日、ザ・ピーナッツの歌は聴くことは無理でしたが、先程やっと1番好きなアルバム「夢であなたに」を聞きことができました。
私のザ・ピーナッツのナンバーで最高に好きな「トゥー・ヤング」を何度か聞きながら、自分なりに何とか気持ちに区切りがつけられそうな気がします。

インファントさんも、まだ無理かもしれませんが頑張って下さい。
そして、このサイトを止めないで頂きたいのが私の願いです。
よろしくお願いいたします。

No.417 - 2012/06/30(Sat) 02:06:27

あおき様へ / インファント@管理人
連日のニュースで次々に同世代の方々の訃報が流されて、私も驚いています。
定年退職後、ウィークデーの10時から殆ど毎日見ていた「ちい散歩」。
ここ最近は加山雄三さんの「ゆうゆう散歩」に変わっていましたが、地位さんが
回復したら元に戻すはずだったのに、お亡くなりになってしまわれました。

「トゥー・ヤング」とは、若すぎる、という意味なのでしょうか?
エミさんの逝去も若すぎると思いますね。悔しいくらいに。神様のバカ、バカ!
ふと、トゥー・ヤングの自分の随想を読んでしまいました。
http://peanutsfan.net/284.html
なにを書いたのか、すっかり忘れていて、けっこう面白かったです。
こういう愉しみもあるので、私が死ぬまでサイトは止めません。ご安心下さい。

No.418 - 2012/06/30(Sat) 07:54:31

Re: インファント様へ / sai
あおき様はじめまして。
「夢であなたに」私も昨晩聴いておりました。
私は「ロンリー・ワン」で涙が止まらなくなってしまいました。
〜ひとりぼっちの歌詞が今のユミさんに重なって。

No.420 - 2012/06/30(Sat) 11:49:42

ザ・ピーナッツは永遠なり / utasuki272
私もトゥー・ヤングとかロンリー・ワンは好きで、ロンリー・ワンを聴くたびに
何故か胸がジンと熱くなってきます。
恋のバカンスや恋のフーガ等はあくまで大衆向きで、ブルー・カナリアとか
バンビーノとかモナリザとかポピュラーなスタンダードこそザ・ピーナッツの真骨頂。
その他いい歌が数え切れないほど有り、そういう感性の人がファンの中に多く居るのでは
ないでしょうか。
あるいは弾けるように明るく歌う月影のキューバとかコーヒールンバなど、とにかく何を
歌っても一級品で、こんな歌手は他に類が無い稀有の天才ですよ。

No.425 - 2012/06/30(Sat) 15:35:24

ロンリー・ワン / インファント@管理人
saiさん、 utasuki272さん、ともにマニアックな曲がお好みですねえ。
まあ、それが逆にザ・ピーナッツ・ファンの定番みたいなところがあります。
珠玉のレコード(CD)なんですが、一般的じゃなさそうです。
「ロンリー・ワン」は全部英語だとそうでもないのでしょうが、日本語で、
 ♪とても淋しいの 一人ぼっちよ
と歌われると、この状況ではもうたまらなくせつなくなってしまいますね。

No.426 - 2012/06/30(Sat) 15:52:00
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
292/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> | 画像リスト ]