洛中のホームページへ戻る

いろり端

43154
  

洛中会員の語らいの場です。会員以外の書き込みも歓迎いたしますが、
投稿内容によっては管理人の判断で削除いたしますこと、ご了承ください。

お名前
タイトル
Mail
画像添付(300kbまで)

←(好きな文字色を選択してください)

パスワードの入力 ⇒ ←(ここにチェックをいれれば次回からの入力は不要です)

No.5732 (No Subject) 投稿者: 上見毅宏 2019/08/10(土) 20:38 引用 - -

山の話も良いけど政治家が表現の自由に介入したら末期的症状。嫌韓反日ヘイトスピーチ、首長がヘイトしたらもうおしまいだ。大村氏の主張は当然至極。口は出さずお金は出す。マッカサーの主張に日本人の民主主義は小学生並。よう解ります。米軍にとっては容易いことでしたね。あなたまかせ。マスコミを信用するな。暑すぎて

rsponse No.5734 Re: 返信者:夏原 投稿日:2019/08/15(木) 00:13
 日韓の関係の険悪化で先ず思うことは1910年の韓国併合条約をどう考えるかである。植民地化は合法であるとする日本政府見解と併合を強行した日を「国恥記念日」する韓国・朝鮮の方々との間は埋めがたいものがあるのは当然である。今から100年前の3月1、日圧倒的な軍事力で支配されている状況の中「朝鮮は独立国」「朝鮮人は自由民」と宣言し全国で200万の人が命懸けで立ち上がっている。その行動を日本の全てのマスメディアどのように報道したか!「暴徒」「不逞鮮人」「暴動」と敵視し朝鮮人への恐怖、偏見を煽ったわけである。今の状況も良く似たもの!上見さんが言うようにマスコミは信用できん。結果として行き着いたのが関東大震災での虐殺、「一銭五厘」がうまく言えない人を殺すという悲劇である。徴用工ー戦時強制労働問題ではいっぱい言いたいことがあるがこれも先ずは長年国連で働いていた著名な国際法学者によると「個人が未払い賃金等裁判に訴える権利がある。」とのこと。常識的なことなどでプロである外務省(外交官)はそのことを認めているがあまりわかるように報道しない。(忖度?)民間のことに政府が口出しする事からおかしい。
 平昌オリンピックで一番感動したことは、小平奈緒が親友でライバルの李相花と肩を組んでリンクを回ったことである。涙がこぼれそうであった。今すべきことは私たち民間人は冷静に、友好的に一旦良くなってきていた関係を大事にする事と思う。
 自分は当面何をするか!大阪生野のコリアタウンへ久しぶり行ってみたい!山の帰りに立ち寄ったこともあるし、「多文化共生」の時代と称して卒業前の生徒を3年程連れて言いた。済州の山は吉村さんに計画して頂いたが戦後の悲しい歴史の一端に触れたかったこともあった。こんな時こそ、韓国に行こうと自分は思っている。

No.5733 (No Subject) 投稿者: 上見毅宏 2019/08/10(土) 20:43 引用 - -

バードウォッチング。暑すぎて虫も出ない。鳥見も難しい。生存競争もものっすごく厳しい。年々息苦しい。人間も野鳥も。

No.5731 ☆源次郎尾根から登る剱岳☆ 投稿者: MURAKAMI 2019/08/09(金) 12:00 引用 - -

しょいこの到着と申し込みが、前後しますので、申し訳ありませんが、先にいろり端で案内させて下さい。

剱岳の数ある尾根のうち、唯一本峰に突き上げる源次郎尾根から剱岳を目指します。
9月14日夜発→15日1時立山(仮眠)→室堂→剱御前→剱沢テント場(泊)
16日 4時発→1峰→2峰→本峰→別山尾根→剱沢テント場(泊)
17日 ゆっくり下山ののち帰京
《参加条件》
基本的なロープワークが出来る。
外岩岩登り経験者。
《人数》4名   会員限定
CL村上まで 申し込みお願いします。

左の写真は、2015年8月 剱岳と源次郎尾根です。

No.5729 京都府連盟青年委員会の取り組み 投稿者: 山本辰夫 2019/08/07(水) 10:24 引用 - -

昨日8/6(火)、京都府連盟各会事務局長会議が開かれ、新しく設立した「Lantan」山岳会より連盟青年委員会の取り組みが紹介されました‼️京都洛中の青年会員のみなさんも是非参加下さい。紹介します。事務局・山本

rsponse No.5730 Re: 京都府連盟青年委員会の取り組み 返信者:山本辰夫 投稿日:2019/08/07(水) 10:26
連盟青年委員会たよりの裏面です‼️

No.5728 (No Subject) 投稿者: 上見毅宏 2019/08/05(月) 21:08 引用 - -

8月中に里山の山行を考えていましたが日程上無理なので9月以降と考えています。

No.5727 (No Subject) 投稿者: 上見毅宏 2019/08/05(月) 21:06 引用 - -

世の中は寛容さがなくなってきた。自分の気にいらない意見があればバッシング。人それぞれの意見を出し合うことない窮屈な世の中。政治が人の意見に介入したらもうお仕舞いだ。名古屋のあれはなんなんだ。維新は了見の小さな集団だ。政治家に唯成りたがりの連中だ。煽られる国民もどうかと思う。

No.5723 酷暑の京都を離れて、比良の沢での涼しい沢登り最高でした 投稿者: YUME 2019/08/04(日) 00:44 引用 - -

サカサマ谷沢例会に参加しました。
平の集落近くの沢から入渓し、ホッケ山下の源流に向けて遡行していきます。前夜に、局地的な降雨があったのでしょう。かなりの水量に、圧倒されました。
ただ、小滝のシャワーを浴びると、爽快感最高、来てよかったと思います。

rsponse No.5724 Re: 酷暑の京都を離れて、比良の沢での涼しい沢登り最高でした 返信者:YUME 投稿日:2019/08/04(日) 00:50
小滝、斜爆、なめ滝などをクリアーしながら、遡行していきます。

rsponse No.5725 Re: 酷暑の京都を離れて、比良の沢での涼しい沢登り最高でした 返信者:YUME 投稿日:2019/08/04(日) 00:56
右の水量の多い滝の中に、少しの手がかりがあります。諦めず挑戦しましょう。

rsponse No.5726 Re: 酷暑の京都を離れて、比良の沢での涼しい沢登り最高でした 返信者:YUME 投稿日:2019/08/04(日) 01:06
終盤近く、この谷最大の2段12m大滝です、下段は、真ん中を直登します。落ち着いて登れば、大丈夫です。
上段の滝は、右から巻いてもいいですが、Oさん、Uさんは、滝の右寄りを直登しました。写真がないのが残念。。
私も次回は、上段の滝、直登してみたいです。
会で沢登り例会、どんどん計画しましょう。
山の会に参加して出来る、貴重な経験です。

No.5709 夏山 登山 コース蝶が岳 投稿者: murai 2019/07/29(月) 23:25 引用 - -

遅くなりました。
蝶が岳コースは、分岐に着いた時は風が強く
寒さ対策のため雨具着用しました。

rsponse No.5710 Re: 夏山 登山 コース蝶が岳 返信者:murai 投稿日:2019/07/29(月) 23:27
蝶が岳に向かって尾根を行進中。

rsponse No.5711 Re: 夏山 登山 コース蝶が岳 返信者:murai 投稿日:2019/07/29(月) 23:32
頂上からの穂高連峰はガスの中でしたが、雨上がりで、緑濃く、幻想的で、大パノラマでした。印象に残る景色でした。

rsponse No.5712 Re: 夏山 登山 コース蝶が岳 返信者:murai 投稿日:2019/07/29(月) 23:33
蝶が岳頂上。風強く、早々に退散。

rsponse No.5713 Re: 夏山 登山 コース蝶が岳 返信者:murai 投稿日:2019/07/29(月) 23:38
頂上から少し下るだけでお花畑。キヌガサ草にも出会えました。

rsponse No.5720 Re: 夏山 登山 コース蝶が岳 返信者:Jin 投稿日:2019/07/30(火) 23:42
横尾山荘で意気があがります。

rsponse No.5721 Re: 夏山 登山 コース蝶が岳 返信者:Jin 投稿日:2019/07/30(火) 23:45
勘違いの蝶ヶ岳山頂、到着!

rsponse No.5722 Re: 夏山 登山 コース蝶が岳 返信者:Jin 投稿日:2019/07/30(火) 23:47
みなさん御苦労様。徳澤園到着です。

No.5717 夏山集中 散策コース 投稿者: 進藤 2019/07/30(火) 21:56 引用 - -

 幻想的な一枚です。大正池でしょうか
(メンバーに変わり投稿します)

rsponse No.5718 Re: 夏山集中 散策コース 返信者:進藤 投稿日:2019/07/30(火) 21:57
 ニッコウキスゲがアップで美しいです。

rsponse No.5719 Re: 夏山集中 散策コース 返信者:進藤 投稿日:2019/07/30(火) 22:01
メンバーの皆さん!写真は山本さんです。3日間、大変お世話になり、久し振りの山を楽しむことが出来ました。山本

No.5716 兵庫県 七種山(なぐさやま) 投稿者: makimura 2019/07/30(火) 14:50 引用 - -

夏山の涼しい報告の中、こちらはあっつ〜い山行報告です。28日元越谷沢登り予定でしたが前日の雨により中止、大〇さんと〇川リーダーの呼びかけで、岩も楽しめるという標高683mの七種山へ。中国道福崎ICをおり片道2時間で登山口へ。周回コースがあるので、まずは岩尾根経由で、七種槍(577m)をめざす。それがとにかく猛暑、急登やアップダウンの繰り返しで汗だくだく。それほど高くないのにどうしてこんなに時間がかかる?といいながら、休みつつ約3時間半かけて山頂へ。下山路もかなりの急坂、さすが関西百名山・兵庫百山です、たっぷり堪能しました。下山したところの七種滝は落差72mで迫力あり水流が清々しく素晴らしい眺め、これも兵庫八景のひとつとのこと。インパクトの強い山行になりました。岩や滝、眺めを楽しめ、涼しい時期におすすめの山です。

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます
100/100件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> | 過去ログ | 画像リスト ]