THE SLICKS BBS

☆次回ライブ☆
浜松G-SIDE《BAD MOON RISING vol.7》
O/S 18:00/18:30 A/D 2000円/2500円(1d別)
出演:
THE PRIVATES
PHONOSICS
Ryochan&The RichBuzz(Feat.Sally from Baby It’s you)
DJ ABE(over lord 65) ITOちゃん
THE SLICKS










名前
メール
URL
件名
ファイル
文字色
/ 編集パス
某日日記 / 淳吉郎
☆7月某日。某ライブハウスにてザ・スリックスの3人は店長ととある案件で打ち合わせをした。
楽しい打ち合わせだった。店長は「淳吉郎さんがこんな人だとは思わなかった」と笑いながら言った。ぼくも「店長さんがそんな人だったとは・・・うんぬんかんぬん」って言葉で応酬しようとしたけれど、彼はやっぱり相変わらずな“いい感じ”なので、その言葉は不要だなって思ってノドボトケのちょっと手前で廃棄しました。
とにもかくにも、とある案件がチョー楽しみなぼくら3人なのさ。

☆7月某日。前日は自分のノドボトケのお世話になったが本日は本当の仏さまをお迎えする日です。
お茄子でつくるおしょろ様。おがらとほうろく。迎え火。2日後は同じやり方で送り火をした。去年のその日から地球はひとまわりした。カレンダーは12枚めくった。ぼくはひとつだけ歳をかさねた。80歳で亡くなったお父ちゃんは80歳のまんま、我が家に戻ってきた。ってことか。つまり、あと29回これを重ねた時のぼくはお父ちゃんとタメ歳で再会するって事か。
ん〜〜〜これ以上、ワンダフルなことは世の中にないんじゃないかな。そう思います。

☆7月某日。音楽仲間の結婚式2次会に出席した。
まあ、顔が甲子園球場みたいに広い彼だから・・・あ、違った。ナゴヤドームみたいに広い彼だから(彼は中日ドラゴンズのファンなのです)、ぼく自身が面識のない多くの方々も参加された盛大な2次会だった。バンドマンの彼だから自身のバンドでの演奏コーナーもあった。数曲の演奏だったけど、ビツクリしたのがブルーハーツの『歩く花』を選曲してたことだった。ま、彼はいろんな部分でセンスがいいからね、納得さ。
タクミックス、ご結婚おめでとうございます。

☆7月某日。浜松のライブハウス、ズート・ホーン・ロロで飲んだ。
相変わらずの店長ダイスケ、そしてバーテン・デビューのハルキくん。ハルキくんとは以前、スリムなブラック・ジーンズが店頭で買えない現状況をなげきあった仲なのさ。ほかのお客さんのうちのひとりの方とも、おもしろいお話を聞くことができた。さんざんお話をうかがった後でお名前を知った。ビツクリした。なんども静岡や浜松のライブハウスのライブ情報でお名前を拝見していたお方だったんだ。活字が実像で登場したっ!スペクタブルっつーのはこの事だろう。
これもライブハウスのいいところ、そう思います。

【役員業務終了の日まであと259日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。
盟友でありライバルでもあるフクちゃんのバンド:フォノシックス・レコ発になります。
さらに共演はプライベーツ!キャァ〜〜〜。リョーちゃん&リッチバズも楽しみだ!DJも最強なふたり! みなさん、よろしくです!

☆7月28日(土)
浜松G-SIDE《BAD MOON RISING vol.7》
O/S 18:00/18:30 A/D 2000円/2500円(1d別)
出演:
THE PRIVATES
PHONOSICS
Ryochan&The RichBuzz(Feat.Sally from Baby It’s you)
DJ ABE(over lord 65)、ITOちゃん
THE SLICKS

写真はタクミックスのセンスの表れのひとつ。

No.1397 - 2018/07/16(Mon) 22:33:36
ロックンロール・ブラザースの肖像 / 淳吉郎
☆「日曜日のブレック・ファーストは焼いた食パンとコーヒー」って決めてる。だがしかし、モカ豆を使ってコーヒーメーカーで飲もうとしたらうまく作動しない。取説を引っ張り出してきて『うまく作動しない時には』項目を熟読。書かれてるとおりにトライしたけどやっぱダメ。14年間使い続けてるコーヒーメーカーがついにその日をむかえた。そんな7月某日の朝でした。

☆どうして14年間って数字を明確に出せるのかと言うと、コーヒーメーカーを購入した理由が14年前、明確にあったからだ。とあるロックンロール・バンドを浜松にお呼びできる機会を得た。幸運にも。マネージャーの方がこう言う「メンバー全員がコーヒー好きなので控え室にコーヒーを用意していただけると助かります」。縁あって、その後もそのバンドを幾度か浜松にお呼びしている。シーナさん、鮎川さん、奈良さん、川嶋さん。そして、浅田さんと渡辺さん。みなさまが使用してくれた俺のロックンロール・コーヒーメーカーがついに、その日をむかえたのさ。オブジェとして部屋に保存しておくかって?う〜ん、どっちかっつ〜と俺はそんなことはしないタイプだからね。不燃物で処理します。今後はそのコーヒーメーカーにまつわる俺だけのメモリーを心の真ん中に置いといて、ぼくのその日が来るまで保存してく感じかな。

☆6月30日はキルヒヘアでライブ観戦。お店の名物企画「上空の中村」。今回はすべての出演者(DJも含む)が女性という企画だった。オリジナルであれカバーであれ、各世代がそれぞれ自分の音楽を演ってるところがおもしろかった。市販のカレールゥでカレーを作ってもその人の風味になるのにちょっと似ている。その日のDJの女性はぼくの女房だった。我が部屋にいるようだけど「ここはキルヒヘアだに」っていう不思議な体験をすることができたんだ。

☆7月6日はぼくのバンドTHE SLICKSがキルヒヘアでライブ。みなさまありがとうございました。
@tHe bOは浜松市内の知合い3人でのユニット。打込みビートにロック・ギターが2本。言葉だと80年代っぽい感じだけど、いやいや平成30年の音だった。
Aトンガラカスとは久しぶりにタイバン。Gt.&Vo.担当だあこえさんの日本語詞がバンド・サウンドで鳴っている。それは80年代後半から90年代半ばに掛けてのバンド、泉谷しげるwithルーザーのあの感じに、うん、似ていると思う。
BTHE SLICKSは30分枠で8曲を演奏。前回6月のライブ時、演奏中にバスドラが破けて不完全燃焼だったぼくら3人。今回はいつもとおんなじだけど、いつもと違うテンションだったような気もする。どんな音が客席のみなさまに届いていたんだろう。
C最後はワタナベマモルさん。新曲発表ツアーですって。彼のようなキャリアを積んだミュージシャンのライブの多くは、ファンが喜ぶような自分の代表曲を演ることが多い。実に多いんだ。だがしかし、マモルさんは新曲を演奏する方に重点を置いている。ぼくが彼のことを大好きな理由はこんなところにもあるのです。そして、彼はこの夜もぼくらファンが首肯し続けるサイコーな新曲を連打したのさ。
誘ってくれた旧知の仲、トンガラカスの赤堀さんとシゲル、どうもありがとう。

☆7月7日はキルヒヘアへライブ観戦。SANDY企画「GOOD TIMES VOL 7」。ロックンロールやロカビリーなバンドが6つ出演。以前もこのSANDY企画を観に行ったことがあるんだけど、50年代〜60年代のロックンロールを中心として音が鳴ってる様子がぼくは好きだ。そしてお客さんもぼくと同世代の(若い頃はブイブイ言わしてたであろう)女性の方々が、いわゆるパラシュート・スカートや背中が大きく見えるワンピースなどのオールディーズ・ファッションで踊ってる。嫌いじゃないね、この風景は。
友人でもあるSANDYのDr.担当ハセくん、企画お疲れさまでした。

【役員業務終了の日まであと266日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。

☆7月28日(土)
浜松G-SIDE《BAD MOON RISING vol.7》
O/S 18:00/18:30 A/D 2000円/2500円(1d別)
出演:
THE PRIVATES
Ryochan&The RichBuzz(Feat.Sally from Baby It’s you)
DJ ABE(over lord 65)
PHONOSICS
THE SLICKS

この写真、見た瞬間にタイトルが思い浮かびました。マモルさんの許可を得てないけど勝手に名付けます『ロックンロール・ブラザースの肖像』。決まりだら。帰り際にマモルさん「あなたのギターは音が大きいけど聴いてて耳が全然痛くならないんだよ。いい音で鳴ってるね」って言ってくれました。ありがとうございます。

No.1396 - 2018/07/08(Sun) 23:12:47
某日日記 / 淳吉郎
☆6月某日。世界規模な救護団体への募金の集金という自治会業務が終了。180世帯もあると、このような“強制ではない募金という活動”への対峙の仕方が各ご家庭それぞれだなあと実感。そんな中、10ブロックあるうちのとあるブロック担当の人が集めたお金を届けに来てくれた。その際、その方は8月と9月に予定されている別件での募金もあわせて持参してきた。「だって、その方が中村さんも楽(らく)でしょ」って言う。「ああ、そうですね」ってぼくは受け取った。彼が帰った後、考え直すと「やや、これは違うんじゃないか。一緒に集金するのは構わないけど、お金を保管しておくのは彼の役目じゃん。もぉ〜ジュンキッチーのバカバカバカ!」。
「ん?ちょっと待てよ」って、もっとクールかつ了見を広くしたい、と思った次第。

☆6月某日。午後23時からサッカー観戦。チームは0対1で敗戦。だがしかし、後半10分はある想定のもとパスを回して時間かせぎ。「おい!なにやってんだ!日本男児たるべきもの、うんぬんかんぬん」「眠い目をこすりながら見てるテレビ画面の前のキッズたちに夢を与えろよ。スポーツマン・シップっつーのはなあ、うんぬんかんぬん」。ぼくはひとりごちた。翌日の新聞やインターネットでは、やはりその件について多くの方々が意見を述べていた。いろいろ読んでるうちに「あ、でも、あのやり方もありだったんだな」って気持ちになってきた。
「ん?ちょっと待てよ」って、もっとクールかつ了見を広くしたい、と思った次第次第。

☆6月某日。夕刻、ピンポーンと呼び鈴が鳴った。「はーい」って玄関を開けると茶トラ柄のネコがいた。
「お〜、こんばんは」
「こんばんは」
「どうしたの」
「あ、あの、最近のキミたちはことあるごとに踊りを踊ってるじゃん」
「ああ〜ネコじゃネコじゃ踊りの事ね」
「あれをぼくにも教えてほしいんだ。ってか今度やる時に混ぜてほしいなあって思って来た次第」
「オッケーオッケー、一緒にやろうよ。あ、キミはアルコール飲めるよね」
「え?お酒飲まなきゃいけないの」
「やや、いけないこたぁないけど、っつーか酔っ払わないと踊れないから、あれは」
「そうなんだ・・・」
「そうだよ。酔っ払わずにネコじゃネコじゃを踊るってのはね、ロックで言えば【テレキャスのオープン・チューニングでギターを弾いてる俺はキース・リチャーズだ】って勘違いしてるヤツみたいなもんさ。ブルースも聴いたことないくせにな。キミは酒を飲みながらストーンズやマディやウォルターを聴いたことあるかい」
「いや、ぼくはストーンズやマディやウォルターを聴く聴かない以前に、飲んだことすらないので・・・」
「そうなんだ。でも大丈夫だよ、うちのミックも知らんうちにああなってたから。飲めるようになったらまたうちに来ればいいよ。そん時にストーンズやマディやウォルターを聴こう」
彼はつり上がってるネコ目の目尻を悲しげに下げながら、トボトボと帰っていった。
大丈夫だよ、飲めるようになったら3人で一緒にネコじゃネコじゃを踊ろうよ。

【役員業務終了の日まであと272日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブとうとう今週末!金曜日っ!
みなさま、よろしくお願いします!

☆7月6日(金) 
浜松キルヒヘア《ワタナベマモル新曲発表ツアー》
O/S 18:30/19:30 A/D共に2000円(1d別)
出演:
ワタナベマモル
トンガラカス
tHe bO
THE SLICKS

B.G.M.:
Nico&Mr.チューインガム

No.1395 - 2018/07/02(Mon) 23:03:54
シューベルト『魔王』より / 淳吉郎
「無くて七癖(なくてななくせ)」と申します。たとえば「喜怒哀楽な感情をすべてゴミ袋に入れて可燃ゴミの日に出してしまった、みたいな冷たくかつ無感情なヒト」にもクセは宿っているものさ、と言うことでしょうか。でも実は人間だけではなく、猫や犬を始めとするさまざまな動物にもクセは宿っています。我が家の猫:ミックも、甘えたいときには自身のカギしっぽを家内やぼくのふくらはぎに引っ掛けてくる、などなどいくつかのクセを持っている。そして極めつきは排便時。したばっかのウンコに砂をかけず走り去る、と言うことをたまにやらかすんだ。「ピンポン・ダッシュ便所編」と言えば想像しやすいでしょうか。エコーびんびんな100ワット・マーシャル・アンプで響かせた感じでウンコの臭いが部屋中を席巻するのさ。

先日も便所編がおこなわれた。彼のいいところは走り去って数分後、やはりその臭いが気になるらしく、気づくとトイレの所に戻ってきてカサカサカサと砂をかけ排便業務を完結させてる、ってとこ。ひな祭りの日にお年玉を渡す感じにちょっと似ているか。さすがミック。フェイントを掛けてぼくたちをハラハラさせながらも、いつしか安心させているのさ。これは中村家のバイオリズムの一端を担(にな)っているという責任感のあらわれだと思います。うん、かわいく、そしてサイコー。目の中に入れても痛くない、とはこの事か。たぶんそうだろう。

でも、その日は違った。排便し時間差で砂をかけた後でも、なんどもトイレに行ってる。よおく見ると排便排尿の体勢を取っている。だがしかし、ウンもニョも出てない。「ちょっとこれは変だな」。すぐにインターネットで検索『ネコが何度もトイレに行く』。ヒットした。尿路結石(尿道に石が詰まる症状)の疑いあり。雄猫の3歳から5歳で発症が多い。すぐに病院へ連れて行くべき。ミックは現在5歳。ぎゃぎょぐわぎゃぁ〜。世界中にあふれてる濁音をぼくは一瞬で収集し発声したのさ。わかるら、この気持ち。非常事態発生なんだ。

翌日の午前7時前、勤務先へ電話「飼い猫の調子がよろしくないので午前半休します」。開診時間に合わせてかかりつけの病院へ。予約優先なので待合室でしばらく待機。いろんな大きさの犬やキャリーボックスに入った猫といっしょ。今までと違う新世界にたたずむミックも狭いキャリーボックスの中です。
「わぁ〜〜〜おぉぅ〜〜〜わぁ〜〜〜おぉぅ〜〜〜」
「おい、ミックすげぇ声だな」
「♪かぜ〜のように〜うま〜をかり〜かけりゆ〜く〜もの〜あり〜♪」
「ミック、おまえ、それ、シューベルトの『魔王』だら。いいバリトン声じゃんか。でも、どこで覚えたの、シューベルト。あ、うちにレコードあったか」。
彼の歌声が動物病院にこだましていた。お客様はミックの声に釘付けだった。本当の話さ。

診察の結果、石は詰まっておらずひと安心。膀胱炎ではないか、とのこと。尿意をもよおし排尿させるための点滴処置がされた。帰宅後の薬として尿道への細菌感染を防ぐ錠剤が8日間分処方。午後からの勤務の後、夕方5時半過ぎにちゃっと帰宅。しっかりとニョもされていてオッケーオッケー。黒ラベル片手に今やまぼろしの踊りと言われているネコじゃネコじゃ踊りをひとりで乱舞。ミックは午前中の別世界体験のためお疲れモード全開で不参加だった。ソロ・ダンシングの夜だったが、ん〜〜〜やっぱ、あの踊りはミック&ジュンキッチーで成り立っているんだなと痛感。サイコーなツー・トップで成り立ってるサイコーなロックンロール・バンドやサッカーチームが世界中に存在してるように。ね。その日以降のミックは絶好調です。ありがとう。

【役員業務終了の日まであと279日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。

☆7月6日(金) 
浜松キルヒヘア《ワタナベマモル新曲発表ツアー》
O/S 18:30/19:30 A/D共に2000円(1d別)
出演:
ワタナベマモル
トンガラカス
tHe bO
THE SLICKS

B.G.M.:
Nico&Mr.チューインガム

B.G.M.「マジカル・ミステリー・ツアー/ザ・ビートルズ」
ちょっとした理由で昨日(24日)は2曲目収録の『フール・オン・ザ・ヒル』を何回も聴いていた。その流れで聴いてます。やっぱスゲぇなあ、このアルバム。
写真の右は数年前、家内が浜松市内の中古盤屋で買った中学校の教材レコードっ! 100円っ! B面1曲目にシューベルト『魔王』が日本語詞で収録。素晴らしいニッポンのバンドマンはみーんな素晴らしい日本語詞でサイコーな洋楽ロックンロールをカバーしている事実をぼくらは知っている。でも、クラッシックでも演ってた!サイコー過ぎます!

No.1394 - 2018/06/25(Mon) 23:57:01
先週のいろんな話 / 淳吉郎
毎日の通勤時の道すがら、街道沿いには民家やお店や会社などが立ち並んでいる。たまに、建物が取り壊されていることがある。なんらかの事情なのだろう。でも、それって気づいた時には取り壊されてた、って感じ。「あれ?ここにあったのどんな建物だっけ?たしかお店じゃなくって普通の民家だったような気がする、けど会社の事務所だったような気もするし、まあどっちでもいいら。俺にはカンケーねぇし」毎日見ている景色なのに、人の記憶というのは実にあいまいなものです。そして人間ってのはとっても薄情(はくじょー)な生き物。

先日のバンド練習はベース淳三郎の仕事の都合で夜7時からだった。梅雨と言っても実際には夏に片足を突っ込んでるようなもの。『ベンケーの泣き所』ぐらいの位置まで踏み込んでる感じ。だから夜7時前でも世界はまだ明るい。スタジオへ向かう途中、ふっと右側を見た。とある3階建てのビルがある場所。「あぁーーーっ!」ぼくは車内で叫んだ。そのビルが取り壊され、まっさらになっていたんだ。30年ぐらい前、そこでとある楽器屋が営業をしていた。2階がライブ・スペース、そこで何回もライブをした。3階の練習スタジオも多用した。20代前半のぼくのメモリーが詰まった建造物がなくなってしまったんだ。そして、ぼくのメモリーはぼくの心の中だけで存することになったのさ。ぼくがこの世から立ち去るその日まで。結局、建物と人間はおんなじなのかもしんない。

15日(金)は浜松キルヒヘアへライブ観戦。メンバー4人全員がぼくの友人である新バンド、Nowhere-s LINEのデビューかつ初企画『Soul Ingredients vol.1』。彼らはもとより、出演した方々ぜーんぶが初見であり、ぜーんぶが面白かった。まるで初めて訪れた旅先での名所巡りみたいな感じだったのさ。

16日(土)は浜松キルヒヘアへライブ観戦。FLORIANS企画『HEATSHOCK!!』。フローリアンズがまた演りやがった超弩級パンク・パワーポップ・イベント。全5バンドがサイコー過ぎた。でも、うれしかったのはトリ前、トリに演奏した大都市バンドと互角のライブを地元のBEATSEEKER、PHONOSICS、そして主催のFLORIANS(3人のうちふたりは岐阜県中津川市)がやったことだった。イェイ。

17日(日)は浜名湖弁天島のWEST HOUSEにてぼくのバンド、THE SLICKSがライブ。FUMBLERS’ 66企画『FOOLISH HEART INN VOL.7』全8バンド出演。オールディーズ、ロカビリー、ハードロック(ヘヴィメタル)、そして俺らのようなビート系(なつかしい響き!)がそろい踏み。ロック・ガイド・ブックの第一章から第四章までを生で体験できる感じか。うん、たぶんそうだ。いい体験をしました。集まってくれたお客さん、共演のみなさま、WEST HOUSEさん、ありがとう。そして主催のハルヤス、誘ってくれてありがとう。企画お疲れさまでした。

【役員業務終了の日まであと286日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。

☆7月6日(金) 
浜松キルヒヘア《ワタナベマモル新曲発表ツアー》
O/S 18:30/19:30 A/D共に2000円(1d別)
出演:
ワタナベマモル
トンガラカス
tHe bO
THE SLICKS

B.G.M.:
Nico&Mr.チューインガム

写真は先週、購入したCD「仁輪加/SON RING BO」。熊本のロックンロール・バンド、仁輪加の1stアルバム。ぼくはニヤニヤしながら、うなずきながら、たまに「チクショウ」と思いながら聴いてるのさ。

No.1393 - 2018/06/18(Mon) 23:24:13
四半期にまつわる話 / 淳吉郎
6月某日。その日は日曜日。ニッポンは幸運にも春夏秋冬っていう「季節」を堪能できる土地である。だからかどうかは知らぬが、ことあるごとに1年間を4等分しちゃったりする。四半期という言い方で。自治会業務における4月〜6月での四半期最大の行事と呼んでもさしつかえないであろう「一斉草取り」がその日に行われた。午前8時に近所の公園へ我が担当地域、全180世帯弱の方々が集結した。

この一大イベントに備え、ある日ちょっとだけ考えた。今年のぼくの役割、それを前年までやってこられた方々は毎年、8時に集結した180人近くのみなさんに向かって大きな声で開会の挨拶および注意事項などを述べていた。大変そうだった。「ん〜まあ、俺はバンドマンであり、そんなに声量はございませんが歌も唄ってるぜ。生声でもいいけど、やっぱ人が集まりゃそこはステージさ。マイクだよ、俺にはマイクが必要なんだ」。

そう思ったぼくは、着の身着のまま(きのみきのまま)、気の向くままホームセンターに飛び込んだ(正確にはクルマでお店へ向かって、到着したら駐車場にクルマをバックで駐めて、てくてくと歩いて入店した。もちろん買い物カゴを片腕にぶら下げながら)。購入したのは白い拡声器。もし、これが赤色ならば「ぼくはあの頃の遠藤ミチロウさんみたいかもしんない」そう思った。裁判官は正直だ。や、ホントに正直か。本日、6月11日、地裁の決定を高裁が覆(くつがえ)した。

「はい!みなさん!おはよーございますっ! ゼッコーの草取り日和(びより)となりましたっ! それでは毎年コーレーの草取りを今から始めたいと思います。ですけ〜ど〜も、安全がイチバン重要です! なーのーで、気をつけて作業をしてください! 切るのは草や木だけです! くれぐれも自分の手や足を切らないでくださーい! それでは作業を開始しましょー!」。
家内によると若干の微笑が拡がっていたそうです。ミチロウさんだったら白い拡声器を使ってどうしゃべられただろう。

ようやく四半期のメイン・エベントである草取りも無事に終わり「ひと区切りだにゃあ」って、ぎゅい〜んとネコ伸びをしたのはつかの間の出来事でした。すぐさま世界規模な救護団体への募金活動のお達しがあったのさ。いやあ、ホントにいろいろあるだに、今の役員業務って。まるでラモーンズのライブ盤みたいに、立て続けに次の曲(やる事)が来るんだ。しかもディーディーの「ワンツースリーフォー!」のカウントがないからね、こっちは。まあ、なんとかするしかないら。

B.G.M.「MARC BENNO/LOST IN AUSTIN」
タイトル曲をザ・グルーヴァーズの藤井一彦さんがソロ・アルバムにてカヴァーしていたのがきっかけで家内が数年前に購入。タイトル曲はもちろんのこと、全曲すばらしい。これは輸入盤なので歌詞がわからない。次に買う彼のレコードは国内盤の訳詞があるのを買いたいと思ってる。ふたりとも。

【役員業務終了の日まであと293日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。

ライブが近づいてきたのでイベント詳細を。
チケット代は2500円ですがドリンク代は別途となります。
その代わりに13:00と14:00と15:00の3回に分けて食事がバイキング形式で食べることができます。つまり食い放題。
また15:15以降の入場者の方は1000円で入場可能。おまけに2ドリンク付き。
ちなみにこの日、スリックスは最後の出演(16:35開始予定)となります。入れ替え込み30分の持ち時間なので正味20分のライブでしょう。
よろしくお願いします!

☆6月17日(日) 浜名湖弁天島WEST HOUSE《FOOLISH HEART INN Vol.7》
O/S 12:30/13:00 A/D 2500円(軽食付き)
出演:
FUMBLERS’66
E・G・O,
The Cruisin’
Rockin’Daddy
SANDY
MILKYWAY
MENSOUL
THE SLICKS

No.1392 - 2018/06/11(Mon) 23:50:02
本にまつわる話 / 淳吉郎
本屋さんで本を購入するって行為は、とってもロマンチック。そう思います。ジャンルごとに陳列された品揃えを見ながら、店主の思いやこだわりや作戦なんかを勝手に想像したり。レジでお金を支払う時に店員の顔をチラ見しつつ「この人は本が好きで本屋さんに勤務してるんだろうか。いやいや、このツラじゃあ求人雑誌で選んだだけかもしんないなあ」とか。

500円前後の文庫本を1冊買うときでさえ、こんな感じで個人的ロマンチックな世界が広がっているのです。本屋で本を買うのはカッコいい。レコード屋でレコードを買うのがカッコいいように。俺にとってはカッコいいのさ。先日、その日は5月下旬後半の日だった。毎日まいにち、購読している新聞の朝刊に掲載されてる連載新聞小説がついに最終回をむかえた。ぼくは、前述のとおり本を購入し日常生活の中での少しの時間を読書することに費やす。そして、実は新聞小説を読むのも好きなのです。

どうしてこの世は出来事がこんなにあるんだろう。アクシデントがたくさん起こるのだろう。新聞を見てるとそう思う。まあ、しょうがないら。うちのミックだって、いきなり、ねこパンチやら、ねこダッシュやら、ぼくはネコだ作戦(これは、ぼくや家内に甘えたいがためにいきなり目の前でゴロ〜ンと腹を見せて寝そべる作戦のこと)や、今やまぼろしの踊りと言われているネコじゃネコじゃ踊り、気がつけばこれを踊りまくってる。それらとちょっと似ているかもしんない。

今回の小説を再確認したら500話ぴったりで最終回になっていた。毎日の連載だから1年と135日である。すごいなあ。作家の方は来る日も来る日もストーリーを紡(つむ)いでゆく作業を続けられてたってことだろう。毎日が締め切り日みたいなもんだろう。今作はすごくおもしろい内容だったから、感服することしきりである。なにを食し、なにを飲酒してるのだろう。ツメのアカを煎じて飲むっつったってアカの中にも文字が刻まれてて、それを読むことに没頭しちゃってるかもしんない。

日々の出来事やアクシデントが紙面を覆っている新聞紙だから。そんな中の新聞小説というのは別次元で存在してる気がするのです。異次元と呼ぶべきか。世間の関心事や我が国を含む世界のあらゆる情勢には、まーったくカンケーねぇ感じ。「てやんでぇ!俺は俺だ!誰にもコビは売らねぇし、宵越しの金も持たねぇ!」なんていうキップのいいセリフなんかも言わずに、ただ文字だけで存在してる感じ。ん〜〜〜いいなあ。クール!カッコいい!できることなら、ぼくは新聞小説になりたいものだが。・・・あ、やっぱ、やめよう。それになっちゃうとギターが弾けない、レコードも聴けない、酒も飲めない、なによりも、新聞小説そのものを読めないじゃんか。

B.G.M.「THE KINKS/THE VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY」

【役員業務終了の日まであと299日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。

ライブが近づいてきたのでイベント詳細を。
チケット代は2500円ですがドリンク代は別途となります。
その代わりに13:00と14:00と15:00の3回に分けて食事がバイキング形式で食べることができます。つまり食い放題。
また15:15以降の入場者の方は1000円で入場可能。おまけに2ドリンク付き。
ちなみにこの日、スリックスは最後の出演(16:35開始予定)となります。入れ替え込み30分の持ち時間なので正味20分のライブでしょう。
よろしくお願いします!

☆6月17日(日) 浜名湖弁天島WEST HOUSE《FOOLISH HEART INN Vol.7》
O/S 12:30/13:00 A/D 2500円(軽食付き)
出演:
FUMBLERS’66
E・G・O,
The Cruisin’
Rockin’Daddy
SANDY
MILKYWAY
MENSOUL
THE SLICKS

写真は「ぼくはネコだ作戦」実行中の彼。

No.1391 - 2018/06/05(Tue) 23:05:23
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 43 >> | 過去ログ | 画像リスト ]