[ 掲示板に戻る ]

記事No.1429に関するスレッドです

11月23日〜25日 その@ / 淳吉郎
☆幼少の頃から漫画、テレビ・アニメーション、映画等をそんなに多くは見ていません。それでも宇宙戦艦ヤマト放映終了間際の【人類滅亡まであと○○○日】というシーンはよく覚えている。脳裏にチカチカと焼きついてる。
そう、その時代からぼくらの体内には“カウントダウン”という機能がすり込まれているに違いありません。

☆今年の6月中旬に友人からイベントの出演依頼を受けた。11月23日から25日にかけての3日間、キルヒヘアで3DAYSのイベントを企画してるという。3日間の個人イベントにビツクリ、そしてなによりもその日程に胸がキュンキュン。「メンバーに訊いてみます。個人的な希望は23日!シナロケがデビューした日でありシーナの誕生日だからね」。メールを送るとふたつ返事でメンバーふたりとも快諾してくれその日の出演が決まった。やったー!

☆その時点ですでに8月からのレコーディングは決まっていて、できれば11月23日か2月14日(シーナの命日)に発売したいと考えていたのです。だからグッタイミンとはこの事。ライブが11月23日に決定した時点で同日アルバム発売へのカウントダウンが始まったんだ。宇宙戦艦ヤマトがスリックス音源に変わった!

☆上記の通り23日(金)はライブを演った。himitsusyounenθ企画《…go blank》。全5バンド出演。
トップはNowhere-s LINE。90年代後半のレディオヘッド等の英国ロックが持つポップだけどちょっぴり重い雰囲気の楽曲を日本語で演るバンド。この日はベースを友人:キラちゃんがヘルプで担当。見事にバンドにフィットしていた。
2番目はピロヂ☆ハンズボン。いわゆる宴会芸スレスレのところでライブを演る彼のスゴいとこはロックを好きなのがしっかり伝わるところだと思う。これはできそうで、なかなかできないんじゃないかな。
3番目はTHE SLICKS。「音源発売日だから、いつもより気合いを入れよう」とぼくは思わなかった。どんなライブでも気合いを入れるのは当たり前なので。でもキメようとは思っていた。そして、ぶっちゃけた話、自分のバンドの弱さを実感したんだ。だから次のライブが楽しみでしょうがないのです。
4番目はLIFE BOTANICAL。隣街:豊橋からのインストバンドだった。初めて観たけど素晴らしかった。アンサンブルが響いていた。いいなあ。
最後は太田やじのすけ。アコギでブルースやらジャグやらのカバーやオリジナルを演る方。以前から知ってはいたけどこの日、初めてタイバンをし、会話もした。ライブは円熟味あふれるエロおやじの演奏だった。どんなほめ言葉だ(笑)。

集まってくれたたくさんのお客さん、ありがとうございました。そして誘ってくれた秘密少年シータくん、どうもありがとうございました。企画おつかれさまでした。
音源もたくさんの方が購入してくれました。ありがとう。ザ・スリックスの最新盤はどんな感じでみんなのアソコに響いているんだろう。

B.G.M.「DR FEELGOOD/FAST WOMEN SLOW HORSES」
ビショップスのギター担当:ジョニー・ギターが参加したアルバム。カッコいいね。

【役員業務終了の日まであと126日】

☆★☆★☆★☆★☆★
今後のスリックスのライブ予定です。

☆1月13日(日)浜松キルヒヘアで
詳細後報します。

☆1月26日(土)岐阜キングビスケットで
詳細後報します。初めてのキンビス、うれしー!

☆2月17日(日)豊橋アヴァンティで
〜AVANTI presents〜 
open 18:00 / start 19:00
前売 1,500円 当日 1,800円 (共に1drink付)
出演 Scramble / brocks / アオナソルト / THE SLICKS

☆5月11日(土)自主企画予定中

No.1429 - 2018/11/26(Mon) 22:56:53