[ 掲示板に戻る ]

過去ログ閲覧モード

替え針 / 淳吉郎
DJ用としてアナログ盤を使用する人が10年前くらいに多かったんでその頃からメーカーも替え針を普通に販売してるよ(でも最近のクラブ系DJはどうやらパソコンから音を出してるらしいけどね)。
キム、名古屋ではどっかに登るような事はしなかったよ。そういえばライブ途中で弦が切れたんだけど、スペアのギターを持ってきてないみたいでスタッフにそのまんまギターを預けて弦を張り替えさせてたっつー。その間ステージ上は3人でなんか喋ってるだけだった(笑い)。プロだとライブの流れが止まるのを恐れて普通はスペア・ギター用意する人多いのにね。キムは違った。
23日は行かないんだ。祝日も普通に仕事があるんで。
メアドは以前くれたチョロピー・アドレスだったら登録してあるでね。
写真は友人が撮ったキム。ボクが所持してる1995年のブートDVDもこの衣装だった!16年間同んなじ衣装を着続けてる!

No.949 - 2011/11/10(Thu) 23:21:58
なんか幸せだよ / ちょろまつ
前回来日したときは「#1」をプレゼントしたよ。今回はどうやら楽屋でCDを聴いてくれたみたいで、「(シナロケは)最高だ!俺も欲しいよ」とロニーが言ってくれた(3人で聴きなさいっつーの)。シナロケとのジョイントがあったら気絶モノだよ。それはもうこの上ない理想だけど、でも、マフスはなるべく内緒にしたいバンドだね。
おでこにサイン(笑)。ロニーも髪型変わったよなぁ(遠まわしな表現にしとこう)。みんなして、お地蔵様のように頭を撫でてたよ。ロイはバットマンのTシャツ。キムはやっぱり名古屋でも、フェンスやP.A.スピーカーに昇ってギターソロを弾くのかい? あ!アナログといえば、今思い出した。数年前にReally Really Happyのアナログ買ったんだ。まだ未開封。忘れてた・・・。エレクトリック・プルーンズのアナログも仕舞い込んだまんまだ。今の時代、替え針売ってるのかな。
キムの衣装は、白いドレスだったけど、名古屋でもそうだった? きょうは休日。夜更かししてます。シーナさんのバースデー来る?
ここにメアド載せると、公開されない? そしたら、次回、メアドも書くね。 とにかく災害地ニッポンに居て、マフスが観れたことに感謝。

No.948 - 2011/11/10(Thu) 04:00:24
ちょろちゃん! / 淳吉郎
お元気?ちょろちゃん。ボクお元気。
思い出すよ、ちょろちゃんがスリックスHP内にある『69枚のレコード』コーナーにボクがマフスのレコードを載せた事をしっかりチェックしてくれて。んで、ふたりでマフス談義をした事を。だからボクの方も「今回、ちょろちゃんも行ったかなあ」なんて思ってたのです、ほんとに。
お尻触らせてくれた?おいおい、ロフトでのキム、ちょっとサービス良すぎだら。シナロケの音源プレゼントしたんだ?素晴らしいね。気に入ってくれるはず。こうなったら新作のレコ発のタイバンはシナロケでいきたいね。ボクが行った名古屋も前回に比べて客がクレイジーだったよ。みんな、マフスが来るのを心待ちにしてたって感じかな。演奏も前回より良かったと思う。
ボクの方、サインは最初に好きになったアルバム“BLONDER AND BLONDER”のアナログ盤にしてもらった。グラス・ブラザースの相方:ロニーは自分のおでこに書いてやがる(笑い)。まったくもってヤツはファンキーな野郎さ。だから俺と彼はコンビが組めるのさ。
そんじゃぁまたね。寒くなりました。風邪にはくれぐれも気をつけて!

No.947 - 2011/11/09(Wed) 22:20:12
東京公演!!! / ちょろまつ
淳ちゃんご無沙汰です・・・って、僕、人間違いしてないよね?シナロケ・ファンのチョロです。やっぱり行ったんだね、マフス!僕も全公演じゃないけど、新宿ロフトで楽しんだよ。まずは、入り待ちから。午後1時半くらいに到着。当然、まだ誰もいない。待つことは別に苦にならない。2時頃、メンバーが徒歩で到着。初め、気がつかなくて、背後に人影を感じるくらいだったが、振り向いたら、キムだった!目が合った瞬間飛びついちゃったよ。気を静めてまずは、ご挨拶から。日本の土産にシナロケのCDをプレゼント。「After Show、again」ロニーもロイも歓迎して背中を叩いてくれた。リハを終えた彼らにまた出合った。待ち客も二人ほどしかいない。だから、写真撮影大会が始まったよ。・・・そんなこんなで、いい思いをした。最前列ど真ん中だったし。サインも(既に持ってたけど)まだ欲しいから「Really Really Happy」に入れてもらった。ライヴそのものも前回よりもエネルギッシュで、客もクレイジーだったね。ライヴ中、ファンサービス?キムがお尻を触らせてくれた(笑)。みんな可笑しくて愛情込めてナデナデしたんだ。MCによれば、(推測だが)また来年来るかもしれない。とにかくいいツアーだったね。
No.946 - 2011/11/08(Tue) 23:04:29
金曜日。 / 淳吉郎
ライブハウスで会うような友達がいたとして。何回か会ううちに「そんじゃぁ家に遊びに来ない?」なんてな話になったりして。そして友達の家に初めて行く。手土産はビールと彼が好きな柿ピー。「どんな部屋なんだろう?」「ロックスター、誰のポスター貼ってあるのかな?」「レコードやCDのチェックしなきゃ」とか。いろんな事を考えながらの訪問。そんな光景。

☆名古屋に『アポロ・シアター』なんて名前のライブハウスがあるのは知っていた。でも行った事なくて。そこに隣接してるライブ・ホール『クラブ・ダイアモンド・ホール』へは何回も行ってるから知っていた「アポロ・シアター?すげぇ店名だな。ソウル・シンガーが出演する店かな?」なんてね。ダイアモンド・ホールへ行く度にニューヨークにある同名の店《APOLLO THEATER》と似たその店の立て看板を泥棒が下見するみたいにちょろちょろ盗み見していたのさ。
11月4日・金曜日。名古屋:アポロシアターへ行った。大好きなアメリカのバンド:THE MUFFSのジャパン・ツアー名古屋公演があったんだ。

その日は午前中で仕事を終了。午前中で仕事を終了する為に前日の木曜日は残業。生活と趣味の為に仕事してる。
初めて入るアポロ・シアター。“あの日”の友達んち訪問のような気持ち。地下にあるその店はいい雰囲気で。
前座のバンドが終わった。トイレに行く。便器の前にお店のスケジュール表が貼られてた。どうやらアポロ・シアターとダイアモンド・ホールは兄弟らしい。ダイアモンド・ホールのスケジュール表を見ながらおしっこ。見てたらたまげた。その日、11月4日のダイアモンド・ホールは仲井戸麗市さんのライブだったんだ。「大好きなチャボのギグがすぐ隣りであるんだ。だけど俺は今夜はマフスさ!ゴメンね、チャボ!また会いましょう!」って言ったのさ、スケジュール表に向かって。

THE MUFFS。ザ・マフス。もう最高なバンド。今回は7年ぶりのジャパン・ツアーだって。いろんな思いが巡った。「新作を出してないのにジャパンツアー?」「新曲とか演るのかな?」「バンドのテンション、落ちてないかな?」「西洋の女性って40歳を越えると急に太りだす傾向があるけれどキムは大丈夫かな?ジョーン・ジェットのように、痩せたまんま、そしてさらにカッコよくなり続けてる稀有な例もあるからキムもそうでありますように」
ステージのセッティングが終わると普通にメンバーがステージに登場。俺は個人的にそういう登場の仕方が好きで。テーマ・ミュージックと共にステージへ登場!みたいなのより普通にふらふらと登場ってのが好き。
キムはブロンド・ヘヤーで痩せてて。昔のまんま。そして演奏が始まった。
1時間ぐらいのライブだったかな。これぞマフス!って感じのテンションばっちりな演奏。選曲は初期の曲が多かった。新曲も2曲ぐらい演った。なによりも全然変わらない演奏に感動。でも中期以降のパンキッシュからちょっと離れた珠玉のナンバーをもうちょっと聴きたかったなあ。
ライブハウスの出口で出待ちした。サインが欲しかったんだ。機材の搬出が終わって最後にメンバーが出てきた。キムに「最高だったよ。ニューアルバム待ってるんだ」「ありがとう。来年の春に出すわよ」ベースのロニーはメガネを掛けてるんだけど俺のメガネを見ると「いいメガネ持ってるじゃないか」どうやらメガネ・マニアみたいだ「キミのメガネと交換しよう」「うん、いいよ。ロニー」「うわっ!キミ視力悪いね。クラクラするぜ」「あはは」「おい、一緒に写真撮ろうぜ」「オッケー!ウィー・アー・グラス・ブラザース!ノット・ブルース・ブラザース!」

来年の新作が待ち遠しい。

☆土曜日の午前1時半頃に浜松へ着くとそのまんまクラブ・セコンドへ。SONE RECORDS・クワちゃん主催のDJイベント:WAKE-UP!。この日で11年間の活動にピリオドを打つとの事。たくさんの人で盛り上がる店内。
クワちゃんもライブハウスで出会った友達。出会った頃はいっつも音楽ネタが豊富でビツクリした。聞くとDJイベントをやってるらしい。それがWAKE-UP!だった。クワちゃんの部屋には行った事ないけど今や彼はレコード・ショップを経営して。そしてその店に遊びに行く自分がいる。クワちゃんを始めとするDJのみなさん、お疲れ様でした。

☆11月12日(土) HEAT-SHOCK 3
場所:浜松 ZOOT HORN ROLLO
出演:FLORIANS,ROCKBOTTOM(東京),suiside TV(岐阜),BEATSEEKER,MOTHER
DJ:SHOJI,淳吉郎
A/D \2000(1D込)
O/S 18:00/18:30

写真はメガネを交換して記念写真のグラス・ブラザースのふたり。

No.945 - 2011/11/06(Sun) 13:53:48
一週間の話。 / 淳吉郎
10月になってから定時帰りの日々が続いていて。帰宅してビールを開缶してレコードを聴いて。そんな日々。各日ともそれぞれが長い夜。んで眠くなって。気付けば既に朝。それは実は短い夜だったのかもしれない。なんて考えながら出勤して。オートリバースのラジカセにセットされたCDがその収録曲を限りなく再生し続けるように同んなじような日々が繰り返されるのさ。
月末になってちょっと忙しくなってきたの。残業の日々が復活さ。おかしなもので、そうなればなったで仕事に気合いが入ってる自分がいるっつー。やる気は無くても与えられた事だけはこなすのさ。南から北へ風が吹けば大木の枝葉も北向きに揺れるんだ。

土曜日はロロでライブ観戦。浜松からTHE WHOのカバー・バンド、THE SUE。静岡からシュガー佐藤と妖怪大百科。東京からスランキーサイド。
☆THE SUE・・・スーはいいなあ。好きだなあ。「自分達が好きなバンドのカバーを演ろう」という意味におけるカバーバンドの鏡だと思う。“四重人格”収録の『THE REAL ME』演奏時には映画“さらば青春の光”のオープニング時の映像が頭をよぎりました。
☆シュガー佐藤と妖怪大百科・・・7月のイベントん時はトリの出演で破れかぶれな壊れ具合が凄かったけど今回はいい意味で落ち着いて演ってた感じ。いいバンドだと思います。
☆スランキーサイド・・・このバンド、毎回、新曲メインで演ってるんじゃないかな。そんな姿勢が大好きで。ロロ初登場でどんな演奏を演るのかな?って思ってたら「やっぱり!」な、あらゆる意味におけるプロフェッショナルな演奏でした。

打上げはみんなでおしゃべり。「知らない顔の人がいるなあ」って思ってたらスランキーのGt.&Vo.担当:ナベジさんのブログ上の知り合いだという方で。「彼に誘われて来た」んだそうで。訊くと浜松近郊に住むロック好きの40歳。ロロ自体も「探しながら来ました」だって。嬉しいね。こうやって友達が増えていくのは本当に嬉しい。THE SUEも気に入ってくれたようで。Vo.のプジャリを「ロジャーさん」。Gt.の青ちゃんを「ピートさん」。Ba.のスーを「ジョンさん」。Dr.でありロロの店長でもある大介を「キースさん」なんて呼んでいたのです。

日曜日は昼過ぎに起床。外を見ると雨が降り出し始めていた。窓の外は雨。「あっ!自転車のカバーをかけなきゃ」なんつって自転車置き場へ行く。ポツポツと雨足は早まってきてる。カバーをかけながら、ふと臭いを感じる「くっせぇ〜」。起床後すぐだったので自分はメガネを使用しておらず裸眼。視界は微妙にボヤけて見えぬがこれはまさしくフンの香りだ。人糞か。犬糞か。猫糞か。猿糞か。象糞か。虎糞か。ライオン糞か。ラクダ糞か。ワニ糞か。金魚糞か。ヘイ!ベイビー!キミにどこまでもくっ付いて行くぜ!
女房にその事実(ウンコの事実)を告げると彼女は浮き足立ったのさ。いてもたってもいられず彼女は現場検証。「ジュンちゃん、自転車の横の草むらの辺りに柔らかそうなウンコあったに!」「あっ!臭いっ!ジュンちゃん、家の玄関も臭いにっ!」「あっ!ジュンちゃんが履いたサンダルの裏側にウンコが付着してるに!」。
そんなにジュンちゃん、ジュンちゃん、ジュンちゃんなんて連呼されるとなんだか私が脱糞してしまったような気持ちになってしまい。わたしは玄関とサンダル裏側を水洗い清掃した日曜日の昼過ぎでした。それって反復ビートの幻惑作用と似てる?

☆11月12日(土) HEAT-SHOCK 3
場所:浜松 ZOOT HORN ROLLO
出演:FLORIANS,ROCKBOTTOM(東京),suiside TV(岐阜),BEATSEEKER,MOTHER
DJ:SHOJI,淳吉郎
A/D \2000(1D込)
O/S 18:00/18:30

写真は先週、ロッキンレコードで買ったうちの一枚。長い間、自分のお探しリストに入っていたバンド、アレックス・チルトン率いるBIG STARのレコード。もう最高!

No.944 - 2011/10/30(Sun) 23:26:30
ビビデ・バビデ・ブゥ。 / 淳吉郎
なんか暑い日が続く浜松です。仕事中、汗かいてるもんね。冷や汗か通常の発汗か、それはともかくとして冷や汗が本当に冷たかったら、これはこれで使い道があるよなあ。一例をあげると、ゆで卵を作ってる時。卵が茹で上がったらバケツに溜めておいた冷や汗の中に「ザブン」って入れて急冷させたり。だって、そうすれば皮が上手く剥けるじゃないか。

☆金曜日の夜は友達である“だあこえ。”こと小枝年生さんのアコギ・ライブを観に豊橋AVANTIへ。
彼は9月24日の山善ライブに来てくれたんだけど、その時初めて訪れたAVANTIが気に入って即座にお店に対しライブ・オファーを自らしたのだそうだ。素晴らしい。
その日はだあこえ&きまっちというコンビ演奏だった。最近はこのコンビ演奏が多いのかな。彼のライブを観るたびに思うのはアコギでもロックって事。肩から下げたギターの位置もジミー・ペイジみたいなんだぜ。
終電で浜松に戻るとそのままG-SIDEへ。今月は4週間続けてG-SIDEへ行っている。今回はDJイベント《WEIRD CLUB》。プジャリとクワケンのDJを楽しんだ。

☆土曜日は買い物をしたりなんだりかんだり。11月に来日する大好きなバンド:マフスの名古屋公演のチケット買ったり浜松市のレコード屋:ROCKING RECORDでレコード買ったり。残念な知らせを聞いた。ロッキンは現在の店舗を今月いっぱいで閉めてしまい以降はWEB専門のショップとなるとの事。

☆日曜日は9月の初旬に行なわれたおとうちゃんとおかあちゃんの『二人展』の打上げが浜松市郊外の旅館で。展覧会の手伝いをした親戚衆が一同集結。ってか、そこの旅館に着いたら野良ネコが20匹近く散策してた。いわゆるネコ屋敷。ネコ同士がネコパンチで喧嘩をしてる風景っていいなあ。「おいおい!喧嘩はやめようぜ」ってストップさせる気にならんね。
夜はロロへライブを観に行った。久しぶりに会う人たちもいて。これぞライブハウスのなせる技(わざ)、なせる業(わざ)。ライブハウスへ行くのをやめる気にならんね。

写真。9月9日の日記で「9月になってヒマワリがやっと咲いた!」つって赤いヒマワリの写真を載せたんだけど10月後半になっても同んなじ茎から別のヒマワリが咲き続けてるんだ。おどろきだ。アンビリバブーだ。ビビデ・バビデ・ブゥ〜だ。

☆11月12日(土) HEAT-SHOCK 3
場所:浜松 ZOOT HORN ROLLO
出演:FLORIANS,ROCKBOTTOM(東京),suiside TV(岐阜),BEATSEEKER,MOTHER
DJ:SHOJI,淳吉郎
A/D \2000(1D込)
O/S 18:00/18:30

No.943 - 2011/10/26(Wed) 00:41:30
全189件 [ ページ : << 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 27 >> ]