THE SLICKS BBS

☆次回ライブ☆
-modernedge enterprise presents-
1/13(土)浜松キルヒヘア
開場/開演 18:30
前売/当日 ¥2000(1d別)

SUNSET BARIQUANDS
HAZAN
SWERVE
THE SLICKS

DJ:MASA68







深夜の話 / 淳吉郎
「今日はライブだからな〜」つってギターの弦を交換後に飲酒しながら盛り上がって滅多にしないユーチューブ・サーフィンしてたら大好きなバンドの大好きな曲にたどり着いててアクセス数見たら80000回目だった8月27日深夜2時頃です。
No.1270 - 2016/08/27(Sat) 02:16:51
ザ・スリックスよりお知らせ / 淳吉郎
まだまだ暑い日が続きますが、残暑お見舞い申し上げます〜。

ぼくのバンド、THE SLICKSの次のライブはこちらです。

☆BAD MOON RISING vol.3
8/27(土)浜松 キルヒヘア
18:30/19:00 ¥2000/¥2500+1d
出演;
THE PRIVATES
PHONOSICS
爆走天龍
THE SLICKS

レコード係;PUJARI


晩夏を飾るサイコーなイベントです。

ですが、ザ・スリックスよりお知らせがあります。
今年1月よりベースを担当しているミッチーのライブが今回で最後となります。
でも脱退って言葉は使わないね、俺は。
そうさ、人にはいろいろ事情があるんだ。

ミッチー、スカ、淳吉郎、この3人でのサイコーなザ・スリックスのライブを楽しみにしていて下さい。よろしくです。

淳吉郎/THE SLICKS


追伸です。
この日は10月8日のシーナ&ロケッツ浜松公演のチケット、ぼくが持参しております。
ご購入を希望される方はお気軽にぼくにお声をおかけ下さい。
よろしくお願いいたします。

みんなでサイコーな土曜日にしましょう!
全バンド、ロックンロールがギュウ詰めよ。
ぱちんってアレがハゼちゃうに。
最高だら!

No.1269 - 2016/08/24(Wed) 00:16:00
知名度とチャンネルグーな話 / 淳吉郎
☆3年前、我が家の飼い猫:ミックを引き取りに飼い主のお宅へ伺った際、帰りぎわの玄関先で「実はもう名前決めてるんですよ」と言ったら60歳を超えているであろうおばちゃん「あら、なんて名前?」「ミックって言うんです」「ミック・ジャガー?」「そうですそうです」。
音楽とかバンドとかライブハウスとかとぜーんぜんカンケー無い場所で知名度というものを実感した体験でした。

☆勤務先の都合により今年もたくさんの夏季休暇を授かった。
今年は遠方外出はせず、10月のシナロケ浜松・松阪2daysの宣伝活動。フライヤーを市内各地に配布したり。近所のコンビニエンス、スーパーマーケット、ホームセンター等へ行くんでもシナロケTシャツ着用にて外出したり。
多くの場所で「えっ!?シナロケ、浜松に来るんですか?」ってお言葉を頂戴しました。シーナ&ロケッツというバンドの知名度を再認識。
バンド関係やインターネット関連だけでなく、もっとたくさんの(ふだんライブハウス等に来ないような)一般の方々にも知ってもらえれば。そんな気持ち。

☆ある日、K-mixという静岡県全域で放送されているFMラジオ局ん中のある番組にリクエストした。曲は『YOU MAY DREAM』、ラジオ・ネームは淳吉郎にて。
昔はハガキに曲名を記してポストに投函、翌週の放送日を待ち望んだものです。今は番組HPへメールでの投稿なの。そんな時代。わたしは単なる曲のリクエストだけではなく昨年2月のシーナさん悲報から現在に至るまでのシナロケの活動の流れから10月の浜松招聘を決意、そして決定したことを投稿した。やっぱり長文で。だって俺だもん(笑)。伝えたいことがたくさんあるんだ。

☆番組は20日(土)の午前11時から開始だった。
周波数を合わしてるにもかかわらずザーザー言ってるラジカセの音を聞きながらアンテナを伸ばしたり短くしたり角度を変えたりして番組を拝聴。
正午を超えた頃、♪トン トトン ちきちっ♪ってその曲のイントロがスピーカーから流れてきた。「キター――――っ!」。ぼくの全身に流れてる血流がどくどくと超音速で流れ始めたんだ。

☆曲はイントロからエンディングまで全部流れた。うれしい。
「ジュンキチローさんからのリクエストでシーナ&ロケッツ、ユーメイドリームでした」DJの方が曲紹介をしてくれた。そして、なんと、ぼくが投稿した長文をほぼすべて読んでくれた。最後には「ロック好きのみなさん、10月8日はG-SIDEにぜひ行ってみて下さい」だなんて。うれしい。数分後、携帯のメールが鳴った。長年のロック仲間から「今、たまたま仕事帰りでラジオ聞いてたよー」だって。ありがとう。こんな感じできっと仲間内だけではないたくさんの方々にも届いてたはず。
そして、番組DJの久保ひとみさん、ユーコ・タケダさん、どうもありがとうございました。

☆来週末はザ・スリックスのライブです。

BAD MOON RISING vol.3
8/27(土)浜松 キルヒヘア
18:30/19:00 ¥2000/¥2500+1d
出演;
THE PRIVATES
PHONOSICS
爆走天龍
THE SLICKS

レコード係;PUJARI

B.G.M.「SION/休みたい」

No.1268 - 2016/08/21(Sun) 21:26:09
みんなおんなじ、みんなちがう / 淳吉郎
“ワン・アンド・オンリー”って言い方があります。
日本語に言い換えれば“たったひとつだけ”って感じか。
音に例えるならばウィルコ・ジョンソンや鮎川 誠が弾くギターみたいな。あんな感じ。

でも、ウィルコやマコちゃんのギターほど強烈じゃなくっても、実はみんなワン・アンド・オンリーかもな、って気もします。ギターに限らずね。なぜなら、あなたもぼくも、みいんなガチャガチャやってる、日々の生活ん中で。「なんでわたし(ぼく)だけこんな目に?」なんてグチりながら。
俺なんてフルテンのマーシャル・アンプを心ん中に背負いながら♪ぎゅいーーーーんっ!♪ってピック・スクラッチ、毎日キメてるぜ、職場で。もちろんシド・ヴィシャスの唇で。そんな感じ(笑)。

“プライベートな出来事”って言い方があります。
これを日本語に言い換えるなら“個人的な(私的な)出来事”でしょう。
日々の生活がワン・アンド・オンリーならば、ワン・アンド・オンリーとプライベートってふたつの言葉は隣同士の関係かもしんない。毎朝、庭の掃除や洗濯物を物干しざおに引っ掛けながら「あら、やだ、雑草って伸びるのが早いのよね〜」とか「今日は良い日になりますかね」なんて会話を交わしてんのさ、ワン・アンド・オンリーとプライベートは。

「そんなプライベートがいくつか集まるとしたら、いったいどうなるんだろう」。
そう思ったぼくは先週の日曜日の昼下がり、真夏の太陽光がサンサンと照りつける中、近所の公園にある藤棚下のベンチでコンビニエンス・ストアーにて購入したミックス・サンドウィッチと180円の焙煎アイスコーヒーLパックの昼食を採りながらひとり考えた。やっぱり週末の昼飯はこのふたつに限るよな、なんて思いながら。

「いわゆる、それは、プライベートの集会だろう。プライベートな集会じゃないよ。プライベートの集会さ。」
「爆音なライブ、じゃなくって、爆音のライブ、みたいな?」
「そうそう、それ。集会やライブって的(ターゲット)に向かってキーンって射(い)る感じ」
「あ〜〜〜、裸の王様はスッポンポンだったけども、裸な王様っつーのは、なんつーか、イメージとしたら、全盛期を過ぎたアイドルが全裸写真を公開する前に、『ちょっとだけよ』の70年代カトちゃんな感じでセミ・ヌード写真集を発売する、あれよね」
「伏線をしいてんだ」
「ここまで来たから、もう次はわかってるわよね、みたいな」
未来のお笑いスターを目指す若いふたりが公園の片隅で練習してる風景にちょっと似てる。

8月の最終土曜日にプライベートな出来事があります。
ライバルであり盟友でもあるフォノシックス:フクちゃんがザ・プライベーツを浜松に呼んでくれました。ありがとう。
プライベーツ、フォノシックス、爆走天龍、そしてスリックスもこの日にしかできないワン・アンド・オンリーのライブを演ります。DJのプジャリもいろんなジャンルからリスペクト込めた選曲をしてくれます。
みなさまも日々のなんやかんやを抱えたまんまでよろしいので来て下さい(笑)。それをキルヒで爆発させて楽しい夜にしましょー。ご来場よろしくね〜。

☆BAD MOON RISING vol.3
8/27(土)浜松 キルヒヘア
18:30/19:00 ¥2000/¥2500+1d
出演;
THE PRIVATES
PHONOSICS
爆走天龍
THE SLICKS

レコード係;PUJARI

B.G.M.「双葉双一/春と乙女」
2002年発売のセカンド・アルバム。この投稿を書いてる時、3曲目収録の『悪い意味での個性がいっぱい』が流れてきたら内容がちょっとリンクしててビックリした(笑)

No.1267 - 2016/08/14(Sun) 15:08:12
シナロケ10/8詳細です / 淳吉郎
こんにちは。

以前告知しましたシナロケ静岡〜三重公演のチケット発売を含む詳細が下記のとおり決定です。

◇◆◇◆◇◆◇◆

シーナ&ロケッツ 47 ROKKET RIDE TOUR 静岡〜三重2days『浜松編』

10/8(土)浜松 G-SIDE
開場/開演 18:00/18:30
前売/当日 ¥4500/¥5000 (1d¥500別)
出演:
シーナ&ロケッツ
D.F.
THE SLICKS
DJ:pujari

翌日は三重県松阪市で。

シーナ&ロケッツ 47 ROKKET RIDE TOUR 静岡〜三重2days『松阪編』

10/9(日)松阪 ROCKERS CLUB
開場/開演 17:00/17:30
前売/当日 ¥4500/¥5000 (1d¥500別)
出演:
シーナ&ロケッツ
CONROD
THE DOG STYLE
DJ:笑ちゃん,Sachiyo


☆チケット発売:8月8日(月)より
チケットのお求めは
e+(イープラス) http://eplus.jp ,各会場及び各出演者,シナロケHP内チケット・センターにて
(シナロケHP内チケ・センターについては限定20枚)

◇◆◇◆◇◆◇◆

・今回の2公演につきましてはチケットに整理番号を設定しておりません
ですが当日の入場につきましてはシナロケHP内チケ・センターでのご購入の方からの入場とさせていただきます事をご了承願います
また、場合によりシナロケHP内チケ・センターでの発売は8月8日より前倒しになるかもしれません 気になる方はまめなシナロケHPのチェックをおすすめします

・各会場及び各出演者からの手売りチケットに関しましては自主制作チケットとなります。
自分らで言うのもなんなんですが、なかなかカッコいいチケットですよ(笑)

それではみなさま、よろしくお願いいたします。

浜松阪ユニオン・ロッカーズ 辻坂,中村

No.1266 - 2016/07/30(Sat) 16:08:53
最も新しいモデルの話 / 淳吉郎
☆7月某日。80年代後半から90年代初めまで活動していたニッポンのロックバンド、ニューエスト・モデルの結成30周年を記念したベスト盤が発売された。
とあるライブの終演後、お店を出ると様々なフライヤーが配られてた。ぼくはライブ会場で配られるフライヤーはしっかりともらうタイプ。それを帰宅後にしっかりと目を通すタイプ。情報に飢えてんだ(笑)。インターネットで繰り広げられる様々な情報をチェックして“いいね”したり“シェア”したりするあなたとちょっとだけ似てるかもしんない。

☆そん中に今回のベスト盤発売のフライヤーが混ざってた。
ニッポンのロックシーンで活躍する多くのミュージシャンのコメントが載ってた。これが、すんげー面白くて。買いたくなっちゃった。フライヤーってやっぱ大切だな。俺みたいなやつがいるし(笑)。そんなきっかけで七夕を過ぎた頃に購入。もともとニューエストの音源を数枚持ってんだけど、実はそんな聴きこんでなくてね。朝夕の通勤途中の車内で聴き続ける日々。
このバンドが現在のマイ・ブーム、マイ・ベストセラー、自分の活動の参考にしたい最も新しいモデル。んな感じ。過去から未来がやって来た。

☆7月13日〜15日。初盆。新盆。
迎え火。送り火。きゅうりの馬。なすの牛。おしょろさま。盆ぎりに訪れてくださったたくさんの方々との会話。お父ちゃんの裏話や「ジュンちゃん、お父さんにそっくりになってきたね」なんつー近隣のおばちゃんの言葉。その他もろもろ。
ぼくが日頃からしてるバンド活動やオリジナル曲や投稿文章の創作活動とはぜーんぜんかんけーない三日間だった。
けど、この「“伝統”を自分が受け継いでやってる」ってのは、ザ・ローリング・ストーンズがやってる活動とちょっとだけ似てるかもしんない。そう思った。

☆7月某日。スキマノザラシのライブを観に行った。
京都磔磔における通算60回目のワンマンライブ。ボクにとっては通算5回目の彼らのライブ。新曲もいくつか聴けたし。なによりも1stアルバム“キイ”1曲目収録の『アゲハ』という曲をボク自身がライブで初めて聴けたのがうれしかった。アゲハ蝶のシルエットを模したデザインは今でもスキマノザラシの物販グッズに使われてるし、バンドにとっても特別な曲なんだと想像します。そしてファンとしては新しいアルバムを出してほしいなあ。そんな気持ちにもなった最高なライブだった。

☆スキマ終演後は磔磔で飲み続けた。
知る人ぞ知る話だけど京都磔磔は夜9時終演のお店。だからあとは会話をするか飲むかって話。そういえばB.G.M.でフェントン・ロビンソンが流れてた気がする。DJじゃなくって店のB.G.M.ね。サイコーだら。酒がススム。んで夜11時過ぎに店を出た。今夜は夜行バスで帰るんだ。京都駅八条通り沿いの高速バス乗り場へ。バスが来た。乗車した。ニューエスト・モデルに『車といふ名の密室』って曲があるけど「夜行バスと言う名の密室」でぼくらふたりは帰路に着いた。

☆今回のバスはスモール・ライトも点灯せず、車内はまっくら闇だった。
いたいけな女子だったら恐怖を感じるかもな、って思ったぐらいの暗さ。が、考え直すとここまで暗いとナニかを企ててる輩もなんにもできないかもなって思った次第。やすし師匠がステージで演ったように、ぼくみたいなメガネ着用者もそれを不意に落下させてしまったとしたら。師匠とおんなじギャグを真面目にやってしまうかもしんない。んな感じ。ホントに真っ暗だったんだ。満席のぼくら夜行バス住民は暗闇に抱かれてそれぞれの街まで眠り続けた。ぐぅぐぅと。

☆ザ・スリックス、次のライブです。
BAD MOON RISING vol.3
8/27(土)浜松 キルヒヘア
18:30/19:00 ¥2000/¥2500+1d
出演;
THE PRIVATES
PHONOSICS
爆走天龍
THE SLICKS

レコード係;PUJARI

B.G.M.「ニューエスト・モデル/尾根行く旅」

写真、左は先日の投稿文でも紹介した和尚様が話された中島みゆき『帰省』が収録されてるアルバム“短編集”。どうしても聴きたくなって買った。生まれて初めて中島みゆきさんの音源を買った。その曲は素晴らしかった。が、それ以外にも第一線で活動され続けてる方の作品はやっぱり響くものがあると思った。右は磔磔へ行く前にぶらり立ち寄った古本屋で見つけた本。ザ・ベストテンという昭和後期の歌番組に携われた方の本。すんごく面白い。物事を作るという姿勢について感じるものが多々あり。

No.1265 - 2016/07/21(Thu) 01:05:10
初体験の話 / 淳吉郎
☆“初体験”って言葉はスゴい。そう思います。
イメージがカキ立てられ。想像がピンピンにふくらみ。そうして、ぼくらはみんな“そこ”に飛び込んでゆくんだ。じゃぼ〜ん。って。
初めてお風呂の湯水ん中に顔をうずめた時。こわくて、なかなか目ん玉を開けれなかった。「えいっ!」って開眼すると、なんのこたぁ〜ない。普通に水ん中でも視界は拡がっていた。
初体験をしなきゃ、なーんにも見えないまんまだろうって事さ。

☆6月最終週の日曜日に初体験をした。
実は昨年の7月初旬に実父を亡くしてる。んで、その日は一周忌。そしてお盆も近いって事で和尚様のはからいもあり初盆の供養も一緒に執り行なった次第。まるでギターを弾きながらハーモニカを吹いてるボブ・ディランみたいな感じか。たぶん、そうだろう。
それぞれの供養が終わると和尚様が説教というか、説法というか、法話というか、お話をされた。
おもしろかったのが「中島みゆきさんに『帰省』と言う曲があるんですけど・・・」って言い、その歌詞の紹介をしながらお盆の過ごし方を話されたことだった。いい話だったし「和尚様、中島みゆき聞いてんの」ってビツクリ。
なんかが見えた。

☆6月最終週の火曜日に初体験をした。
ニッポンのロック・バンド、ザ・ピロウズのライブを初めて観たんだ。浜松のライブハウス窓枠で。
ピロウズに興味を持ったのはぼくのバンド、ザ・スリックスのドラマー:スカが彼らのツアーTシャツを着ていたから。「おすすめCDはどれ?」って訊いたら「まず聞くんだったら○○がいいですよ」って言うんで数日後に○○を購入。聴いた。いいバンドだと思った。
そのピロウズが今年の4月に新作を発表した。ツアー日程にハママツの地名があった。ラッキー。

☆会場に着くとSEでザ・フーの2nd「クイック・ワン」が会場内に流れてた。この時点でもうオッケー。俺の別名はロックンロール単細胞。さ。
ステージが始まった。新作を中心にライブが進んでく。にわか仕込みなピロウズ・ファンの俺だけど、知ってる曲も知らない曲もカッコいい。そう思った。
洋楽の匂いを感じさせる楽曲とロマンチシズムあふれるニッポン語の詞の世界。これは、まさしく、ぼくが求めるところとおんなじだな。って。そう思った。
なんかが見えた。
そーいえばアンコール時にメンバー全員が缶ビールを持って登場した。Gt.&Vo.の山中さわお氏はサッポロ黒ラベルを持ってた「なんだよ、やっぱ俺とおんなじじゃん」そう思った。

☆7月最初の土曜日に初体験をした。
浜松キルヒヘアでツーマン・ライブ。浜松を中心に欧州でも活動をしている地元バンド、ベテランのアップタイト。そしてこちらも欧州でここ数年ライブをしている若手のクジャク。
欧州(おうしゅう)ライブ体験バンドの爆音の応酬(おうしゅう)でぼくの耳の奥にあるコマクちゃんがビリビリ、ビリビリとケイレンを起こしてしまい失神状態。すげぇライブだったんだ。
俺の別名でもあるロックンロール単細胞さんが急いで駆けつけてコマクちゃんを押収(おうしゅう)しました。
あ、ちょっと使い方違うなあ。コマクちゃん、なんか警察っぽいぜ、押収なんて。
それよりも『おうしゅう』って言葉で韻を踏もうとして、無理やりに話をでっちあげてる俺の今回のやり方は、どっかの政治機関やどっかの団体やどっかの会社みたいじゃないか。ダメじゃん。

☆これを記してる現時刻は7月10日の0時30分過ぎ。
“ティーンエイジャー”って言葉に感じるぼくのイメージは「夢」とか「希望」とか「初体験」とか。もしかして「幻滅」とかね。そんな感じ。俺のロックンロール初体験は13歳だったし。多感なんだ、10代って。
今日は選挙があります。ティーンエイジャー最後尾におられる多くの方々が“投票初体験”のチャンスに恵まれた日です。うらやましいなあ。俺ん時には無かったし。ぜひとも投票にチャレンジしてくれれば。そう思う。
だって、初体験をしなきゃ、なーんにも見えないまんまだろう。って事さ。

B.G.M.「BOB DYLAN/SERIES OF DREAMS」
俺がボックス・セットなんつー高尚なブツを手に入れた初体験はこれだったと思う。1991年か。もちろんバチッと視界が拡がったよ、ディランの声でね。イェイっ!

No.1264 - 2016/07/10(Sun) 00:49:24
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 43 >> | 過去ログ | 画像リスト ]