THE SLICKS BBS

ザ・スリックスのライブ予定です。

☆10月24日(土)岐阜の某ライブハウス。
詳細後報にて

☆11月7日(土) at 浜松G-SIDE
‪BEATSEEKER pre. 「MODERN PLOT vol.15」

BEATSEEKER
‪THE SEE-SAW (京都)
‪STUPID BABIES GO MAD (富士)
‪The lostnumbers (福山)
‪THE SLICKS

‪DJ: PUJARI, SUE

‪OPEN 18:00 / START 18:30
‪TICKET 2,000円 (+1D 500円)

入魂にまつわる話 / 淳吉郎
13日(土)は久しぶりにライブ観戦をした。
弾き語りをしている友人、フルーキーさんの実家の店舗スペースでポテティ中村さん主催の弾き語りイベントがあったのだ。

フルーキー邸へはJR線で浜松駅まで行ってから私鉄に乗り換えての訪問。
電車で市内に行くこと自体が3月下旬以来の出来事です。
玄関を出てJR駅まで歩きはじめた時点ですでに、なつかしさで胸がいっぱいになった。
もしその時、ぼくの胸にヘリウムガスが注入されたなら、空高く舞い上がっていたことだろう。

途中、駅ビルにあるお気に入りの博多ラーメン屋で食事をした。
ラーメン屋もしかるべき対策を講じて営業していた。
いつもと変わらぬメニューなのに、そこにはいろんなひとの知恵や気くばりや収束を願う気持ちがミックスされてる気がした。
美味しくとんこつラーメンと博多餃子をいただいた。

この日の出演は5人。
出演順にフルーキー、古木路子、しょう☆ジェイソン、ありさ、だあこえ(各敬称略)のみなさん。
フルーキー邸に到着し、出演陣のみなさんに会う。
お客さんも集まり始めた。
再会の感動で胸が張り裂けそうになった。
「張り裂けてもかまわない」とさえ思った。
でも、ホントに張り裂けたら、おそらく痛いでしょう。
だがしかし、それは《感動》の形状をようやく確認できるチャンスだと思ったんだ。

ライブが始まった。
個人宅の店舗スペースだからライブハウスではないが、あきらかにそこで「ライブの音」が鳴っていた。
5人それぞれの演奏に、活動を再開できるそれぞれの気持ちを感じた。
スポーツでよく耳にする『入魂』というのはこのことだろうと思った。
いい土曜日の午後だった。
出演のみなさん、主催のポテティさん、場所提供のフルーキーさん、おつかれさまでした。

B.G.M.「SANDIEST/GOxREADY STEADYxGO」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
THE SLICKSの次のライブです。

お店からの感染予防のためのご協力について下記アバンティのHPに詳細が記されています。
ご来場を予定されておられる方、一読をお願いできればと思います。
https://www.avanti-music.com/
よろしくお願いいたします。

AVANTI presents
2020年6月27日(土)
場所:豊橋アバンティ
開場:18:00/開演 19:00
前売:1500円/当日:2000円 (+1d 500円)
出演:Big Remark , THE SLICKS


写真:サンディエストの新作を買った。
大好きなバンドだから、これまでも作品が発表されるたびに購入している。
今回の作品はぼくが長年にわたり個人的に待ち望み続けていた作品だった。
簡単に言っちゃうと《最新型のサンディエスト》がここにいます。
もうサイコー!

No.1549 - 2020/06/15(Mon) 20:34:49
動画投稿サイトにまつわる話 / 淳吉郎
以前とくらべ、動画投稿サイトで音楽映像を眺める時間が格段に増している。
今では動画投稿を生業(なりわい)とするひともいるらしい。
ライブ映像の場合、実際のライブでは何曲も演奏しているはずなのに、あえて1曲ずつ紹介する手法が多々見受けられる。
それはトータル・アクセス数(動画再生時間)を稼ぐためなのだろうか。
まあ、こっちもお目当ての楽曲のみ見たい場合もあるから、これはこれで便利なのだが。

「あんたさあ、こんなのも興味あるんじゃない?」
そんな鼻に掛かったエッチな声で誘(いざな)うように、お目当て映像が終わると勝手に次の動画が始まってくれちゃう。
「ごめんね、今夜は手持ちが少ないんで」という言葉でお誘(さそ)いを断るように、別の動画を自分で選択するのさ。
誘ってくれる気持ちはうれしいけど、やり過ぎない方がいいときもあるよ。
だって、人にはそれぞれ事情があるのさ。

先日、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの映像を観ていた。
次の動画も、その次の動画もジョーンだったので、その日はサイトの言うがままに任せて見続けた。
そしたら4曲目の紹介はジョーンではなく、中島みゆきさんの『糸』という曲を名も知らぬ四人組の女子アイドルが歌番組でカバーしている映像だった。
興味はなかったが見た、というかついつい見てしまった。
パソコン画面に出ていた女のコたちの顔や衣装より、下に出ているその曲の歌詞に惹かれた。
中島みゆきというひとに興味が生まれた瞬間です。

家内にそのことを話すと「わたし、中島みゆきのレコード持ってるのよ」と言う。
家内は誇らしげな顔つきで2枚のレコードをぼくに手渡した。
そのうちの1枚を3日間にわたって夕飯時に聴いた。
なるほどと思った。
4日目、ステレオの前のソファーに座って歌詞カードを見ながら聴いた。
とある曲でぼくは、あやうく落涙しそうになった。

もし、涙がこぼれ落ちてしまったとしよう。
おそらくぼくは、
「玉ねぎを切っている真っ最中だった」とか
「地球に重力があるから落ちただけだ」とか
言い訳をしただろう。
メロディ、歌詞、曲の展開、歌声と唄い方、まさに非の打ちどころがない楽曲だった。
じっくりと中島みゆきさんのレコードを、できれば発売順に集めてゆこうと思った。

私感ではジョーン・ジェットと中島みゆきの接点は「自分の言葉で唄っている」ってこと以外、そんなにないと思う。
「あんたさあ、こんなのも興味あるんじゃない?」
あの日、鼻に掛かったエッチな声でぼくをみゆきさんに引き合わせたのは、いったい誰だったんだろう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
THE SLICKSの次のライブです。
この日の出演は2バンドのみとなりそうです。

AVANTI presents
2020年6月27日(土)
場所:豊橋二川アバンティ
開場:18:00/開演 19:00
前売:1500円/当日:2000円 (+1d 500円)
出演:Big Remark , THE SLICKS

B.G.M.「中島みゆき/寒水魚」
B面3曲目収録の『時刻表』という曲がそれです。
おそらくこの先、彼女のいろんな名曲を知るようになると思うけど、この曲が揺(ゆ)るぐことなくベストのまま、そんな気がすでにしている(笑)。

No.1548 - 2020/06/08(Mon) 19:32:43
それぞれの週末 / 淳吉郎
それぞれの週末
No.1547 - 2020/06/06(Sat) 21:19:01
郵便屋さんにまつわる話 / 淳吉郎
小学生時代にブラスバンド部に所属していた。
ぼくが担当していた楽器はアルトホルンという金管楽器だった。
ホルンというと巻貝みたいな古代生物アンモナイトの楽器版と思うひとが多いでしょう。
だがしかし、アルトホルンは三葉虫みたいな形状だった。
同形状の楽器番付ならばチューバが横綱、ユーフォニュームが大関、そして我がアルトホルンは前頭筆頭みたいな感じ。なのさ。

部を仕切っているのは30歳ちょい前の女性の先生だった。
ぼくが演ってるようなアマチュアバンドでもいくつかのレパートリーがあるけど、小学生のブラスバンドでもレパートリーがあるんだ。
そして、ぼくらが新曲にチャレンジするように小学生でもチャレンジします。
ある日、先生が新曲の楽譜を配った。
譜面には「プリーズ・ミスター・ポストマン」と書いてある。
先生は当時のぼくでもちょっぴり色っぽく感じていた赤いクチビルでこう言った。
「ビートルズやカーペンターズで有名な曲よ」

その原曲がモータウンの名曲だと知ったのは黒人音楽に惹かれ始めた20代前半だった。
ポール・ウェラーはザ・フーに出会った瞬間のことを「過去から未来がやってきた!」という名ゼリフで表現している。
マーベレッツのレコードを買った俺にも「小学校時代から未来がやってきた!」瞬間だったんだ。
すべてのジグゾウパズルのうちの一部分がこうしてハマりました。

歌詞は「大好きな彼氏(もしくは彼女)のラブレターを郵便屋さん、お願いだから届けてよ」というものだ。
この歌詞がリアルに響き始めたのはインターネットが普及してオークションや通信販売で物品を購入するようになってからです。
数十年前の音楽が現実に一致した!
というよりも数十年前の音楽に、やっと自分が追いついたって感じか。
そして、今日もぼくは過去の出来事から未来を想像してるんだ。

B.G.M.「RANGSTEEN / (SAME)」
先週、郵便屋さんが待ち続けていた音源をようやく届けてくれた。
新メンバーでもまったく変わらないラングスティーンがここにいる!
サイコー!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
THE SLICKSの次のライブです。
よろしくお願いします。

AVANTI presents
2020年6月27日(土)
開場:18:00/開演 19:00
前売:1500円/当日 2000円 (+1d 500円)
出演:Big Remark , THE SLICKS , etc

No.1546 - 2020/06/01(Mon) 19:24:48
某日日記 / 淳吉郎
五月某日。週末は朝寝坊が私的に認められている。
したがって朝のウォーキングは夕方となる。
先日、踏切を越えて右折し、東海道線沿いの道に歩を進めた。
左手にある住宅より歓声が聞こえてくる。
見ると二家族ぐらいでバーベキューをやっていた。
そうか、緊急事態が解除されたもんねと首肯しながら通過する。
するとフライパンで焼かれている肉の匂いがぼくを追いかけてきた。
おまけに背中から差す西日が、ぼくの身長より長い影を足元から伸ばしていたんだ。

曲にしても小説や詩にしても、歌詞や文章で「心に刺さる」言葉に出会う瞬間がある。
そのとき、ぼくは打ち震える。
恐怖ではなく、感動で震えてしまうんだ。
心に刺さる……つまり言葉は「刃物」と言ってもよかろう。
五月某日。言葉の刃物が恐怖を与える方向で使われてしまった残念なニュースを知った。
包丁は野菜やフルーツを切ることもできるし、人体を切ってしまうこともできる。
それと同じように言葉の威力を知ってほしい人たちがたくさんいます。

五月某日。眼科で定期検診を受けた。
多くの接客業のお店がするように、やはり病院の受付には透明のシートが下げられていた。
受付の女性から「本日の体温は?」と訊かれたので「測ってないです」と答える。
「それでは測りますね」と言った彼女は、ぼくのおでこに体温計をやおらかざした。
瞬時に「35.9度」という測定値が発表され、それと同時に「おれはなんて冷たい男なのだろう」と再認識してしまった。
そう思った瞬間、左肩にピンク色の小鳥が止まった。
「ねぇジュンキッチー、あんたあの体温計、知ってる?」
ピンクの小鳥はその体色に見合う声でそう言った。
「ううん、ピンキー」
どうしてぼくの名前を知っているのだろうと思いながらも、知らぬ間に初対面の小鳥ちゃんに対しピンキーと名付けてしまっている自我に驚愕しながらもこう答えた。
「だって、おれはいまだに水銀式の棒体温計を使ってるんだよ、ハニー」
そう言うやいなや、ピンキーはわたしを大きな森の中に導いてゆこうとした。
「すみません、あの、また来週、検査に来ますので」
受付の女性にそう言いながらピンキーのあとを追い森の中に向けて羽ばたいた。
森の中にカレンダーはあるのだろうか、と思いながら。

B.G.M.「JACKIE ROSS / FULL BLOOM」
どのいきさつで我がWANT LISTに入っていたのか、おぼえがないんだけど先日、見つけて購入。
最初はイマイチだった。でもこのコのことを検索したら、なんとぼくと誕生日が一緒だった!
そうしたら、このレコードが最高になってきた!
いかに人間が惑わされやすいかを身をもって確認した一枚です。

No.1545 - 2020/05/26(Tue) 01:43:31
自分の目にまつわる話 / 淳吉郎
☆CDの収録許容量は75分前後である。
この収録時間になったのはベートーベンの第九交響曲がその時間だったため、と聞いたことがある。
「第九」を1枚で済ませるために75分前後にしたということか。
どうやら「決まり事」というのは、いろんな人々の「思い」が反映されているようで。
しかし、ぼくらが好きな音楽で75分間、目いっぱい収録されてるアルバムは聴いていて疲れてしまうことが多い。
どんなことでも「いいコロアイ」というものがあるのでしょう。
そして、決まり事を自分のコロアイで変えてしまいたいひともいるのです。

☆2時間35分にわたる長電話をして「新記録が出た。素晴らしい夜さ」と喜んでいる男をぼくは知っている。
150分を越える時間で彼がなにを話していたのかは知る由もないが、きっと盛り上がったのであろう、そんなに長くしゃべったなんて。
あ、150分はフル収録のCD2枚分ってことか。
ん〜電話でCD2枚分をしゃべるとは、やっぱり清志郎という男はタダモノではないと思います。

☆5月某日。不定期開催だが恒例であるフクちゃんとの飲み―ティングをした。
もちろん今回は電話飲みーティングであり、ぼくがガラケーのため映像なしの純粋な電話だった。
電話飲み―ティングの利点は居酒屋のときとは違い、終電を気にしなくてよいことであろう、ぼくはそう思う。
フクちゃんとの会話はいつものごとくであり、現在過去未来を話した。
つまりぼくらは現在進行形のロックンロールなんだ。
終電がないために気づいたら4時間を超えていた。
通話時間においてはフクちゃん&ジュンちゃんはキヨシローをかるーく超えたけども、でも、ぼくらは今でも彼の背中を追っているのさ。

☆5月某日。あれほどにまで不足が叫ばれていたマスクが大都会では段積みになっている、というネット・ニュースを見た。
「ウソだろ」とぼくは思った。
だって浜松では依然としてどこの店でも見かけていないし、政府製の2枚も未着だぜ。
日本のとあるバンドのメンバーが、とある事件を起こした頃、「俺は自分の目で見たことしか信じないぜ」と別のバンドのボーカルが言って『ドカドカうるさいR&Rバンド』という曲を演奏したという話を瞬時に思い出した。
そうさ、俺だって自分の目で見たことしか信じない。信じたくはないんだ。

☆5月某日。飼い猫用のお菓子を買いに入店したドラッグストアの入り口に「おひとりさま3パックまで」という表示と共にマスクが段積みになっていた。
ネット・ニュースが現実になった!
手に取ってみると国産のマスクだし、価格も通常と言ってもいい値段だった。
だがしかし、手にしたマスクを段積みに戻した。
だってぼくは、白いゴムひもふたつとハンカチで作れる簡易マスクの作り方を知っているし、それ以上にまだ届かないあの2枚を今でも心待ちにしてるんだ。
自分の目で見たいのさ、今の政府がやっていることのうちのひとつを。
彼らを信じるか信じないかは別としてね。

B.G.M.「THE MUFFS/MY MINDS EYE」
大好きなバンドの曲を大好きなバンドがカバーしていることを知った瞬間、そして聴いた瞬間は「自分の目はまちがっていなかった!」って確信する瞬間です。

No.1544 - 2020/05/18(Mon) 23:42:33
ぼくはめだか / 淳吉郎
ここだけの話だが、俺はめだかが好きだ。
言っとくがさかなのめだかじゃないぜ。
池乃めだかさんが好きなんだ。
夢はあの名ゼリフを言うことさ。
そして今日、その夢が叶った。
ちょうどアイツが来やがったんだ。
満を持して言ってやったよ。
「よっしゃ、今日はこれぐらいにしといたるわ」ってね。

https://youtu.be/s_U6qeCHPZ8

No.1543 - 2020/05/15(Fri) 21:11:58
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 43 >> | 過去ログ | 画像リスト ]