THE SLICKS BBS

ザ・スリックスの次のライブ
☆9月29日(土)
浜松キルヒヘア 《上空の中村 クッツク》
O/S 18:00/18:30 A/D 共に2000円(1d付)
出演:
stripper
タオル
パピコ
マサルエクスプロージョン
THE SLICKS
DJ F山(PHONOSICS)










ジュンキッチーのレコード紹介A / 淳吉郎
2枚目のレコードは1985年発表「サム・クック/ライブ・ハーレム・スクエア・クラブ1963」。
黒人音楽に興味を持つようになって聴き始めた頃、ソウル・シンガーの中ではオーティス・レディングがお気に入りでした。声、唄い方、そして楽曲等、すべてにおいてカッコよかった。それに対しサム・クックは色男だし、声色が甘いし、曲がポップ過ぎる。「ふうん」そんな気がしてました。
ところがどうだい。このライブ盤を聴いてたまげた。うねるクックの唄いまわしとバンドのアンサンブル、大歓声のオーディエンス。ライブ盤さ。ぼくは卒倒。畳の部屋に倒れ込みました。
彼のカッコよさに感動しまくってる気分と同時に、これまで彼のことをなんとも思っていなかった自分のカッコわるさに気づいたジュンキッチー。彼はポリポリポリとネコの爪とぎのように畳をかきむしっていた夜だったのです。

No.1402 - 2018/08/13(Mon) 23:52:26
ジュンキッチーのレコード紹介@ / 淳吉郎
先日、某SNSにて下記のバトンをいただきました。
夏休みだし、せっかくなのでこちらでも投稿しちゃいます。

☆生涯のお気に入りのアルバムを10枚。
毎日、1枚ジャケ写を投稿する。

ぼくはガラケーなので、おそらくピンぼけ写真が投稿されると思います。
ご容赦くださいませ(笑)

1枚目のレコードは1984年発表「アナーキー/デラシネ」。
アナーキーの1stアルバムでぼくはロックに目覚めました。衝撃という意味では1stを載っけたいのが本心ですが、お気に入りとなるとこの「デラシネ」です。
「パンクロック・バンドがロックンロール・バンドに変化した!」
「手品師がオセロ・ゲームの駒を帽子の中に入れたら、中からサイコロが出てきた!」
そんな気持ちをこのアルバムにいだいています。
もう最高っ!

No.1401 - 2018/08/11(Sat) 15:12:55
某日日記 / 淳吉郎
☆7月某日
7月最後の日曜日はキルヒヘアへライブ観戦。名物イベント:上空の中村。
出演は、しょう★ジェイソン、Foolish、ウーロンハイハット、BEATSEEKER、Nowhere-s Lineのみなさんでした。全バンド、オリジナルを演奏。全バンド、素晴らしかった。夜空を見上げると星が輝いている。ちいさい頃に聞き知った有名な星座もあるけど、かすかな光を地球に届けている名もなき星もある。ここ最近、全国各地の巨大会場で週末に開催されてる夏フェスに出演してるバンドは有名な星座みたいなものでしょう。でも、この日の上空の中村出演バンドみたいに、オリジナルで勝負してるって事自体、あの名もなき星のように光を放っている。そう思います。
出演のみなさん、DJのおふたり、そして主催のポテティ中村さん、おつかれさまでした。ありがとう。

☆8月某日
8月最初の土曜日は不定期だけど恒例であるPHONOSICS:フクちゃんとの飲みーティング。不定期だけど恒例。それは太陽と月と地球が一列にならぶ日食や月食という現象とちょっと似ているかもしんない。だって、居酒屋のカウンター席でロックンロールとフクちゃんとこのぼくが一列に並んでお酒と食事と会話が進んでゆくんだに。フクちゃんとジュンキッチーはロックンロールくんのことばっかりしゃべってる。そして、それを聞いてるロックンロールくんはなんにも飲まないし食べない。おしゃべりもしない。ニコニコしながらうなずいてるだけなのさ。だから宴(うたげ)閉幕時のお勘定、彼はゼロ円。その場のノリだけでヤリクリできる彼はまったくもってサイコーなヤツなんだぜ、本当に。
ぼくらふたりは昔も今も、そしてたぶんこれからも、あいかわらず彼に首ったけ、ってことさ。

☆8月某日
8月最初の日曜日は浜松のライブハウス:フォースにライブ観戦。
澤奥航平、The vice’s、THE JASON BLUE-RAY、NOZUを始めとする7つの出演者。み〜んな若かった。俺がお小遣いを貯めてやっとのことでエレキギターを手にした36年前には、まだこの世に生(せい)を授かっていない世代の方々です。だがしかし、36年前に俺がトリコになったロックを、彼らみ〜んながこの平成30年の夏に演奏していました。つまり、昭和から平成になっても、20世紀から21世紀になっても、俺の世の中(よのなか)はな〜んにも変わっていないって事です。サイコーだら。
出演のみなさん、おつかれさまでした。ありがとう。

【役員業務終了の日まであと237日】

B.G.M.「THE Essential CLASH/THE CLASH」
初めてエレキギターを手にした話を書いていたらクラッシュを聴きたくなっていました。
このアルバム、メンバーによる選曲らしいけど『叛乱ワルツ』は入れてほしかったなあ、なんて個人的には思ってます。

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。

☆8月26日(日)
浜松メスカリンドライブ the 1970企画
O/S 17:30/18:00 A/D 共に2500円(1d別)
出演:
WOLF&THE GOODFELLAS
the 1970
LOTION
JUNK DOLL
THE SLICKS

DJ:
MAI,MORI PUN,F山(PHONOSICS)

No.1400 - 2018/08/06(Mon) 23:29:19
ラッキーマンとラッキーウーマンにまつわる話 / 淳吉郎
ぼくのバンド:THE SLICKSは28日(土)に浜松のライブハウス、G-SIDEでライブを演りました。PHONOSICS企画“BAD MOON RISING vol.7”です。

「当日28日の夜に台風12号がハママツ直撃」そんな情報がすでに台風が発生した水曜日の時点でぼくの目と耳に飛び込んできた。ことわりなく飛び込んできたんだ。ぼくが英国人だったなら「オーマイガー!」と言ったであろう。だがしかし、あいにく、そして幸運なことにぼくはニッポン人。「ちくしょう!神様のバカバカバカ!あっ!バカなんて言ってしまいすいません。神様、どうか台風さんをどっかへ移動してください」と言いました。オーマイガーを日本語に変換するとこんなに長い文章になるんですね。

台風来襲が確実な状況のもと、主催するフォノシックスのGt.&Vo.担当:フクちゃんによりイベントの開催決定がその日の午前中に英断された。「ヤッホ〜!ヤッホ〜!ヤッホ〜!」とぼくは50年代に生まれ、今現在もさらに成長し続けているロックンロール山脈に向かって感謝の声を発したのさ。もちろん山彦で帰ってきたぜ。今日はサイコーなイベントだもん、当然だら。

トップはぼくらTHE SLICKS。全8曲を演奏。ステージ上では淳三郎、スカ、淳吉郎3人の息吹が69ヘクトパスカルで渦巻いてたような気がする。客席のみなさまにはどんな感じで届いていたんだろう。
2番目はRyochan&the RICHBUZZ。アカ抜けている楽曲と演奏とたたずまい。ブルーな気分がどこかへ飛んでっちゃう感じ。イェ〜(ロウ)っ! なんつって、グッド・ミュージックの世界へぼくらを誘(いざな)う信号機みたいなバンドでした。サイコー!
3番目はPHONOSICS。3月に発売された1stアルバムのレコ発なのに音源未収録の新曲を2曲披露。生きているバンドっていうのは、この日のフォノシックスみたいなバンドの事なんだと思う。サイコー!
最後がTHE PRIVATES。ライブすべてがサイコーだったのは言うまでもないこと。でも、ぼく個人的にすごく感動したことがありました。この日の終演後、台風が通過したあとバンドの持ち込み機材をワンボックス・カー(プライベーツ号)に積載。ギターアンプだけではありません。ベース・アンプもドラム・セットも。いわゆる完全持ち込みです。すげぇ。年柄年中(ねんがらねんぢゅう)ツアーでニッポン中を走くり回ってるバンドはライブのみならず、すべてがスマート。あっちゅーまに大量の機材がプライベーツ号にきっちり積まれました。スマート・スマート・スマート。ぼくのおじいちゃんの遺言は「大切な言葉は3回繰りかえせ」です。
「ありがとー!」メンバー4人とマネージャー、5人は手を振りながらG-SIDEから家路につきました。まだまだ風が強かったハママツの深夜、ロックンロール台風の目がハママツから遠ざかっていきました。

オーマイガーを日本語変換して神様に向かって絶唱したこの日だった。でも、残念ながら神様の聴力が弱かったのか、それともぼくの声量が小さかったのか。それとも別のなんらかの理由によるのか。台風は予報どおり午後10時半過ぎにハママツを直撃した。でもその日、G-SIDEに集まってくれたお客さんやライブを演った4つのバンドやDJのおふたりやお店の方々はみ〜んなラッキー・マンもしくはラッキー・ウーマンだった。サイコーな時間を店内で過ごしたから。そう思います。遠くからも近くからも、お客さんのみなさま、共演のみなさま、G-SIDEのみなさま、ありがとうございました。そしてフクちゃん!誘ってくれてありがとうございました!
『嵐のロックンロール』という言葉は、まさにこの日のG-SIDEのために存在してるんだ!って思ったのさ。

B.G.M.「ROD STEWART/MAGGIE MAY」
28日のイベント終了後、台風が去るのを待って大勢のお客さんが店内にいました。そんな中、ひとりの男性のTシャツに目が釘付け。ロン・ウッドの顔アップのデザインでした。「おっ!このTシャツどこで買われたんですか」そんなぼくの言葉からロック談義が始まった。彼は浜松在住。フェイセズが大好きなベース・プレイヤーだった。もし台風が来てなかったら、彼はそのまま帰宅してて、こんな出会いは生まれてなかったかも。って話さ。
ロックンロールは、やっぱり瞬間で生まれるのかもしんない。ぼくはそう思うけど。

No.1399 - 2018/07/31(Tue) 00:42:02
法事にまつわる話 / 淳吉郎
☆7月某日。
義父の1周忌が執り行われた。家内の実家を中心とした親戚一族が集まっての法要。「お義父さんが旅立たれて、もう1年が経ったんですね。安らかに過ごされてますか」という気持ちで祈祷。和尚様が読経する般若心経にあわせて我々もいっしょに読経する宗派です。般若心経の横にひらがながふってある冊子が手渡され和尚様とハモりながら読んでゆく。お堂の中に老若男女の声が低〜くこだまする風景。小山の上に建立してるお寺には遠州灘からの南風がふわ〜り舞い込んでいた。

☆ぼくはバンドマン。ザ・スリックスというロックンロール・バンドでギターを弾きながら歌を唄ってます。しかもニッポン語のオリジナル。イェイ。1曲あたり3分30秒前後の楽曲が多いの。だけど、時々、歌詞を忘れてしまうことがあるんだ。自分で作った歌詞なのにだに。曲の歌い始めでいきなり2番の歌詞から唄っちゃったりとか。ダメだねえ。ところがどうだい、和尚様はあのむずかしい般若心経を一字一句間違えずに読んでいました。ほくは感服と敬服と憧憬のユニゾン状態。もしくはスリーコードのロックンロール状態。「プロだから当然じゃん」だなんて、したり顔な言葉は、このぼくが焼き海苔を握るみたいにパラパラって粉みじんにしてやるぜ。

☆『弘法も筆の誤り』なんてことわざがあるけど、弘法さんは絶ぇ〜対っに誤らなかったと思う。先日の和尚様とおなじく。そのことわざは、俺みたいな自分のオリジナル曲でも唄い間違えるような凡人がネタミ100パーセントで作ったに違いない。そう思います。そして下記の通り、ザ・スリックスは今週末、サイコーな共演の方々と一緒にライブします。みなさんよろしく。ザ・スリックスは一番目に演奏します。幾度かスリックスのライブを観に来てくれてる方だったら、もし俺が歌詞を間違えたら、それに気づくことができるでしょう。『門前の小僧、習わぬ経を読む』ってことわざみたいに。ってか俺、何様のつもりだ(笑)

【役員業務終了の日まであと252日】

☆★☆★☆★☆★☆★
☆7月28日(土)
浜松G-SIDE《BAD MOON RISING vol.7》
O/S 18:00/18:30 A/D 2000円/2500円(1d別)
出演:
THE PRIVATES
PHONOSICS
Ryochan&The RichBuzz(Feat.Sally from Baby It’s you)
DJ ABE(over lord 65)、ITOちゃん
THE SLICKS

写真は最近購入のCD。上がラングスティーンの新作「IDIOT ELEGY」。ロックンロールそのものが響いてるアルバム、そう思う。間違ってもロケンローとかロッケンロールではありません。ロックンロールそのもの、なのです。
下はマンホールの2007年発表「BOOGIE OUT」。デビュー作なんだけど、もうすでにこの時点で彼らのスタイルが完成されてる気がした。聴きながら♪ううんううん♪とマブチ・モーターみたいにうなってしまったのさ。

No.1398 - 2018/07/23(Mon) 22:22:09
某日日記 / 淳吉郎
☆7月某日。某ライブハウスにてザ・スリックスの3人は店長ととある案件で打ち合わせをした。
楽しい打ち合わせだった。店長は「淳吉郎さんがこんな人だとは思わなかった」と笑いながら言った。ぼくも「店長さんがそんな人だったとは・・・うんぬんかんぬん」って言葉で応酬しようとしたけれど、彼はやっぱり相変わらずな“いい感じ”なので、その言葉は不要だなって思ってノドボトケのちょっと手前で廃棄しました。
とにもかくにも、とある案件がチョー楽しみなぼくら3人なのさ。

☆7月某日。前日は自分のノドボトケのお世話になったが本日は本当の仏さまをお迎えする日です。
お茄子でつくるおしょろ様。おがらとほうろく。迎え火。2日後は同じやり方で送り火をした。去年のその日から地球はひとまわりした。カレンダーは12枚めくった。ぼくはひとつだけ歳をかさねた。80歳で亡くなったお父ちゃんは80歳のまんま、我が家に戻ってきた。ってことか。つまり、あと29回これを重ねた時のぼくはお父ちゃんとタメ歳で再会するって事か。
ん〜〜〜これ以上、ワンダフルなことは世の中にないんじゃないかな。そう思います。

☆7月某日。音楽仲間の結婚式2次会に出席した。
まあ、顔が甲子園球場みたいに広い彼だから・・・あ、違った。ナゴヤドームみたいに広い彼だから(彼は中日ドラゴンズのファンなのです)、ぼく自身が面識のない多くの方々も参加された盛大な2次会だった。バンドマンの彼だから自身のバンドでの演奏コーナーもあった。数曲の演奏だったけど、ビツクリしたのがブルーハーツの『歩く花』を選曲してたことだった。ま、彼はいろんな部分でセンスがいいからね、納得さ。
タクミックス、ご結婚おめでとうございます。

☆7月某日。浜松のライブハウス、ズート・ホーン・ロロで飲んだ。
相変わらずの店長ダイスケ、そしてバーテン・デビューのハルキくん。ハルキくんとは以前、スリムなブラック・ジーンズが店頭で買えない現状況をなげきあった仲なのさ。ほかのお客さんのうちのひとりの方とも、おもしろいお話を聞くことができた。さんざんお話をうかがった後でお名前を知った。ビツクリした。なんども静岡や浜松のライブハウスのライブ情報でお名前を拝見していたお方だったんだ。活字が実像で登場したっ!スペクタブルっつーのはこの事だろう。
これもライブハウスのいいところ、そう思います。

【役員業務終了の日まであと259日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。
盟友でありライバルでもあるフクちゃんのバンド:フォノシックス・レコ発になります。
さらに共演はプライベーツ!キャァ〜〜〜。リョーちゃん&リッチバズも楽しみだ!DJも最強なふたり! みなさん、よろしくです!

☆7月28日(土)
浜松G-SIDE《BAD MOON RISING vol.7》
O/S 18:00/18:30 A/D 2000円/2500円(1d別)
出演:
THE PRIVATES
PHONOSICS
Ryochan&The RichBuzz(Feat.Sally from Baby It’s you)
DJ ABE(over lord 65)、ITOちゃん
THE SLICKS

写真はタクミックスのセンスの表れのひとつ。

No.1397 - 2018/07/16(Mon) 22:33:36
ロックンロール・ブラザースの肖像 / 淳吉郎
☆「日曜日のブレック・ファーストは焼いた食パンとコーヒー」って決めてる。だがしかし、モカ豆を使ってコーヒーメーカーで飲もうとしたらうまく作動しない。取説を引っ張り出してきて『うまく作動しない時には』項目を熟読。書かれてるとおりにトライしたけどやっぱダメ。14年間使い続けてるコーヒーメーカーがついにその日をむかえた。そんな7月某日の朝でした。

☆どうして14年間って数字を明確に出せるのかと言うと、コーヒーメーカーを購入した理由が14年前、明確にあったからだ。とあるロックンロール・バンドを浜松にお呼びできる機会を得た。幸運にも。マネージャーの方がこう言う「メンバー全員がコーヒー好きなので控え室にコーヒーを用意していただけると助かります」。縁あって、その後もそのバンドを幾度か浜松にお呼びしている。シーナさん、鮎川さん、奈良さん、川嶋さん。そして、浅田さんと渡辺さん。みなさまが使用してくれた俺のロックンロール・コーヒーメーカーがついに、その日をむかえたのさ。オブジェとして部屋に保存しておくかって?う〜ん、どっちかっつ〜と俺はそんなことはしないタイプだからね。不燃物で処理します。今後はそのコーヒーメーカーにまつわる俺だけのメモリーを心の真ん中に置いといて、ぼくのその日が来るまで保存してく感じかな。

☆6月30日はキルヒヘアでライブ観戦。お店の名物企画「上空の中村」。今回はすべての出演者(DJも含む)が女性という企画だった。オリジナルであれカバーであれ、各世代がそれぞれ自分の音楽を演ってるところがおもしろかった。市販のカレールゥでカレーを作ってもその人の風味になるのにちょっと似ている。その日のDJの女性はぼくの女房だった。我が部屋にいるようだけど「ここはキルヒヘアだに」っていう不思議な体験をすることができたんだ。

☆7月6日はぼくのバンドTHE SLICKSがキルヒヘアでライブ。みなさまありがとうございました。
@tHe bOは浜松市内の知合い3人でのユニット。打込みビートにロック・ギターが2本。言葉だと80年代っぽい感じだけど、いやいや平成30年の音だった。
Aトンガラカスとは久しぶりにタイバン。Gt.&Vo.担当だあこえさんの日本語詞がバンド・サウンドで鳴っている。それは80年代後半から90年代半ばに掛けてのバンド、泉谷しげるwithルーザーのあの感じに、うん、似ていると思う。
BTHE SLICKSは30分枠で8曲を演奏。前回6月のライブ時、演奏中にバスドラが破けて不完全燃焼だったぼくら3人。今回はいつもとおんなじだけど、いつもと違うテンションだったような気もする。どんな音が客席のみなさまに届いていたんだろう。
C最後はワタナベマモルさん。新曲発表ツアーですって。彼のようなキャリアを積んだミュージシャンのライブの多くは、ファンが喜ぶような自分の代表曲を演ることが多い。実に多いんだ。だがしかし、マモルさんは新曲を演奏する方に重点を置いている。ぼくが彼のことを大好きな理由はこんなところにもあるのです。そして、彼はこの夜もぼくらファンが首肯し続けるサイコーな新曲を連打したのさ。
誘ってくれた旧知の仲、トンガラカスの赤堀さんとシゲル、どうもありがとう。

☆7月7日はキルヒヘアへライブ観戦。SANDY企画「GOOD TIMES VOL 7」。ロックンロールやロカビリーなバンドが6つ出演。以前もこのSANDY企画を観に行ったことがあるんだけど、50年代〜60年代のロックンロールを中心として音が鳴ってる様子がぼくは好きだ。そしてお客さんもぼくと同世代の(若い頃はブイブイ言わしてたであろう)女性の方々が、いわゆるパラシュート・スカートや背中が大きく見えるワンピースなどのオールディーズ・ファッションで踊ってる。嫌いじゃないね、この風景は。
友人でもあるSANDYのDr.担当ハセくん、企画お疲れさまでした。

【役員業務終了の日まであと266日】

☆★☆★☆★☆★☆★
ザ・スリックスの次のライブです。

☆7月28日(土)
浜松G-SIDE《BAD MOON RISING vol.7》
O/S 18:00/18:30 A/D 2000円/2500円(1d別)
出演:
THE PRIVATES
Ryochan&The RichBuzz(Feat.Sally from Baby It’s you)
DJ ABE(over lord 65)
PHONOSICS
THE SLICKS

この写真、見た瞬間にタイトルが思い浮かびました。マモルさんの許可を得てないけど勝手に名付けます『ロックンロール・ブラザースの肖像』。決まりだら。帰り際にマモルさん「あなたのギターは音が大きいけど聴いてて耳が全然痛くならないんだよ。いい音で鳴ってるね」って言ってくれました。ありがとうございます。

No.1396 - 2018/07/08(Sun) 23:12:47
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 43 >> | 過去ログ | 画像リスト ]