THE SLICKS BBS

☆次回ライブ☆
-modernedge enterprise presents-
1/13(土)浜松キルヒヘア
開場/開演 18:30
前売/当日 ¥2000(1d別)

SUNSET BARIQUANDS
HAZAN
SWERVE
THE SLICKS

DJ:MASA68







某日日記。 / 淳吉郎
☆11月某日。11月の最終土曜日は浜松ビスケット・タイムでライブ鑑賞。花田裕之さんのアコースティック・ツアー“流れ”。前座が友人;キラちゃんこと吉良義文さん。
今回は博多のバンド;サンハウスの『ダイナマイト』とブルースマン;ロバート・ジョンソンの『ラブ・イン・ベイン』のキラちゃん解釈のカバーが聴けた。素晴らしかった。
そして花田さん。MCがほとんど無しでのライブ。緊張感がすさまじく。この方のアコギ・ライブを何度も観てるけど今回が今までで一番良かった。本当にライブはナマモノだと思う。そして「気合を入れる」のと「緊張感を持つ」のは似てるけどちょっと違うんだと改めて感じました。

☆12月某日。某日というか12月第一週全部だけど。仕事量がハンパじゃない。真っ昼間に闇鍋をやってるようなもんさ。俺以外のやつらがマズイ具を入れて。んで俺ひとりが喰うっつー。んな感じ。そして同んなじような事を同僚の誰もが感じてるに違いない「なんで自分だけがこんなに忙しんだ?」つってね。みんな、週末を待ちこがれてる。

☆12月某日。多くの国民が「反対」ないしは「いかがなものか」と思っていた件がまかり通った。失望。だがしかし、絶望はしていない。数年後に行われる選挙の日までこの事を忘れなければいいのだと思う。
夢かもしれない。でもその夢を見てるのは、ぼく一人じゃない。仲間がいるのさ。

☆12月某日。ザ・ローリング・ストーンズの来日が決定。来年の2月末から3月初旬にかけて。1990年の初来日の時はチケット争奪戦だった。今回はそん時と同んなじ位の争奪戦になると思う。あの当時(初来日時)の人達から最近ストーンズ・フリークになった若者まで、みんなが待ち焦がれてた来日だと思います。チケット取れますように。

☆12月某日。東京・高円寺のライブハウスへ。出演順にROCK BOTTOM、THE MUGGIES、BOYS ORDER、fragments。イベントで全バンドが自分の嗜好に合う時ってサイコー。浜松のマギーズが東京でライブ。爆音でなくってもカッコいいライブはできるって事を立証してたと思う。東京のキッズのみなさんはどう感じたのでしょう。
関東地方に在する多くの友人にもお会いできた。「おぉ〜元気?」「浜松からわざわざ来たの?」。ロックンロールに首ったけなぼくらだから。いつでも、どこでも、会えるのさ。

☆12月某日。ジョン・レノンが亡くなって33年。あの日、ぼくは13歳の少年でした。パンク・ロックで「ロック」に目覚めたばっかりの頃。ザ・ビートルズの素晴らしさにはまだ気づいてなかった。けど、クラスの洋楽通の女のコが「ジョンが死んだ!」って大騒ぎしてたのを昨日の事のように覚えてます。
“夢かもしれない でもその夢を見てるのは ぼく一人じゃない 仲間がいるのさ”
ねぇ、ジョン。あなたの唄は33年後の今でも普遍性を持っていますよ。


ザ・スリックスのライブが決まりました。

KiLLER Q PRESENTS “ATTACK THE KiLLER BEAR Vol.15”
2014年1月12日(日) 浜松G-SIDE
O/S 17:30 / 18:00 A/D 共に\2500(1d別)
出演;KiLLER Q、NICKEY&THE WARRIORS(東京)、FLORIANS、
the SCOOTERZ、SHADY GLIMPSE、SPUNK’S RED BOOGIE(静岡),
THE SLICKS
DJ:いっぺこ(毎日が冒険)、Te2(DIY tattoo) …and more

写真は高円寺の中古盤屋で買ったレコード。
1983年発表“LOU REED/Legendary Hearts”。
タイトル曲の『Legendary Hearts』を、どーしても、どーしても、どーしても聴きたかったのです。んで、この曲、最高。

No.1102 - 2013/12/09(Mon) 23:18:13
ナマビンバイ。 / 淳吉郎
年齢を重ねるとヒトはどうなるか。
たとえば、シワが増える。近眼なのに対象物を離らかした方がよく見える。減ったり無くなったりするものが増える。自分の生活のスピードより世間のスピードの方が明らかに速いと感じる。とか。
そして、わたくし個人的には、誕生日というのものに執着がなくなる。とか。なのです。嬉しくとも悲しくともなんともない。一年間の中の単なる「365分の1の日」という。んな感じ。
自分自身にはそうでも、自分以外の人物の誕生日は、やっぱりお祝いしたくなる。特別な人になればなるほど。ね。一年間ハッピーでいて下さい。なんて。「1日×365!」という。んな感じ。

11月23日はシーナ&ロケッツのヴォーカル;シーナさんの誕生日。そしてシーナ&ロケッツ自体もバンド・デビューの日。35周年なんだって!WOWっ!
東京・西麻布にあるSuperDeluxeというライブハウスでの記念ライブ・イベントに行った先週の土曜日。
大好きなロケッツが♪ガーン!♪ってライブを演ってくれれば、それだけで最高。なのだけども、今回はちょっとだけ欲張りをした。「あの曲を演ってくれたらウレピーなぁ」って。
『VINTAGE VIOLENCE』という曲。10月末にルー・リードさんが亡くなられた。そして、それ以降のロケッツのライブでは毎回この曲が演られている、との情報をキャッチした。鮎川さんが演奏前にルーの事を語ってから曲が始まるという。俺は「やっぱりそうか」と思った。ルーの代表曲『ワイルドサイドを歩け』を初めて聴いた時に直感したのが『VINTAGE VIOLENCE』だったの、実は。曲の“質感”が同んなじだったのね。「アンサー・ソングってこういう事なのかな」とか勝手に想像したり。
そしてロケッツのライブに何度か行ってるけど、この曲を生で聴いた事が一度もないのでした。「今回やっと聴けるかも」って思ったんだ。

ライブがスタートした。まずは鮎川さん、奈良さん、川嶋さん、そしてゲスト・キーボード中山さんの4人で演奏。ロケッツのライブに行って、鮎川さんのギターの音を聴いた瞬間「あぁ、またここに帰ってきた」と思ってしまいます、いっつも。野良猫が一日中ずっと遊びまわってて、んで夕刻になると自分の棲家(すみか)に戻ってくる感じに似ている。
数曲後、鮎川さんがルーの話をされた。「キターーーっ!」解かるら?そん時の俺の表情。ついにナマの『VINTAGE VIOLENCE』だ。生ビンバイさ。なんかビア・ガーデン、もしくはピンク・サロンの用語っぽいな。曲のイントロが鳴った時のわたしの気持ち、それは浦島太郎が玉手箱を開ける瞬間の気持ちに等しかったと思う「なにが出てくるんだろ?どうなってしまうんだろ?楽しみだな」。
太郎が箱を開けたら煙が出てきて爺さんになっちまった。
淳吉郎が生ビンバイしたら高校生ん時に初めてその曲を聴いた“あの日”に戻っちまった。

数曲後、シーナさんが登場。もう、なにも言う事は無いでしょう。クィーン・オブ・ロックンロール・ハート。そのものさ。シーナさんを観るたびに思うのはその存在感。
人間って面白い生き物で、綺麗とかハンサムだから「存在感がある」とは限らないと思う。綺麗じゃなくてもハンサムじゃなくても存在感ある人もいっぱいいるしね。あなたの周りにもきっといると思います。
そして彼女は綺麗、そして、存在感があるんだ。その日も多くの女性ファンからの「シーナっ!シーナっ!」という黄色い声が西麻布のライブハウスに響いてました。

ライブ終了後、お客さんも参加自由のアフター・パーティがお店にて。
終了間際に鮎川さんと直接『VINTAGE VIOLENCE』について会話をする事ができた。
ボクはボクの思いをそのまんまお伝えしたし、鮎川さんもその曲にまつわる話(誕生秘話みたいな)をボクに教えてくれました。ジグゾーパズルがぱっちりハマったぜ。

終電がとっくに無くなった時刻にお店を出ました。タクシーでホテルに戻った。
料金支払い時、気分がいいわたしは「キープ・ザ・チェンジ(運転手さん、おつりはいいですよ)」なんて外国人みたいな言い方をしてホテルのロビーに向かったのさ。

写真のタイトルは『鮎川家と中村家』。この4人で一枚の写真に納まるのが、実は結婚時からの夢でした。うれしい。

No.1101 - 2013/11/27(Wed) 23:34:29
親ばか。 / 淳吉郎
さっき、ネコの写真を撮りまくってた。親ばかのように。
No.1100 - 2013/11/26(Tue) 21:27:32
酩酊ネコ。 / 淳吉郎
「いやぁ〜一週間疲れたなぁ〜まったく上のやつらは解かってないからなぁ〜ネコの世界もキビシイんだよ〜残業は減らせとか言うくせに仕事は増える一方だしよ〜トイレのネコ砂も最近は安物に変わってるしよ〜落ち着いてウンコも出せやしないぜ〜切り詰めるポイントがズレてんだよな、あの会社は〜んだもんで、なんか色々あり過ぎて飲み過ぎたよ今夜は〜ジュンキッチーなんかおいらに唄ってくれよ〜酔っぱらってるからって『ニャンだくれの唄』とかっつーオヤジ・ギャグは♪ご・め・ん・だ・ぜ〜♪〜ザ・モッズ最高っ!〜しかしポールが福岡で大相撲観戦のニュースにはビツクリしたな〜やっぱスーパースターってやる事が違うわ〜相撲観戦だけでサマになるからね〜東京ドーム行きてー」らしいです。みなさま、よい週末を〜。
B.G.M.「ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド/ベティ・ルーは今晩お出まし」

No.1099 - 2013/11/16(Sat) 01:27:21
某日日記。 / 淳吉郎
☆10月某日。映画鑑賞。
「TV放送、DVD化、ネット配信一切なし」なんて宣伝文句。つまり、わたしは、目の前ににんじんをぶら下げられたお馬さんのように、映画館めがけて、ひた走る。ひひーん。

☆1987年夏に九州で行われたロック・フェスティバルの映画。
現在だったら絶対に開催中止となるような悪天候でフェスは強行開催。されたらしい。その模様を中心に映画は展開。いろいろ感じた。でも、やっぱり、スクリーンの向こう側の出来事をリアルに感じる事は難しい。この映画に限らず。
どっちかと言えば乾燥肌な自分の背中のかゆみの方がリアルなのさ。かゆかゆ。

☆11月某日。浜松市内のライブハウスへ。
だあこえさん出演。酔い酔いのライブ。これぞ、だあこえ。打上げで歓談。実は、だあこえさん。上記のロック・フェス映画のイベントそのものに客で参加してたらしい。26年前に。「なんで浜松在住のあなたが九州・熊本のフェスに行ってるの?」って話で。ビツクリ。もちろん彼も映画を見たとの事。
彼いわく「当日の(豪雨による)すごさは、(映画で映されてる)あんな程度じゃなかった。もっとすごかった」「映画では放映されてないけどマーシーの『チェインギャング』がめっちゃカッコ良かった!」
彼の言葉はヒロトの唄ん中にもある言葉「リアルより リアリティ」そのものだった、わたしにとって。よいよい。

☆11月某日。日本シリーズ終了。
わたしが好きな球団は今回のシリーズにまったく関係なかった(今シーズン・リーグ4位)。けど、素直に、今回は「楽天、優勝おめでとうございます」。他球団を応援する、こんな日本シリーズは珍しい。わたし以外にもそんな人たちはきっと多かったと思う。おめおめ。

☆10月某日。今年の文化勲章を受章される方々が発表された。
わたしが今の会社を辞めたとして、転職活動をしたとして、次の会社の入社試験を受けたとして、「『ストイック』の意味を述べなさい」って面接官から質問されたら、迷わずこう答えるぜ「高倉健さんです!」
健さん、おめでとうございます。嬉嬉。

☆11月某日。浜松市内のライブハウスへ。家内のバンドも出演。
客席に見慣れない風貌の方々が数人いた。年齢で言えば50歳は超えているであろう。そのうちのひとりの方は登場するバンドそれぞれをしっかり見ながらリズムを取っていた。「おっちゃんノリがいいな」と思いながら彼を見ると出演者のみ所持できる『パックステージ・パス』を上着に付けていた「おぉ?おっちゃんも出演者け?」。
「おっちゃんはどんな音楽を奏でるんだろう」と思う。「どんな味がするんだろう?」って思いながら初めてガリガリ君を喰ったあの暑い夏の日のように。がりがり。

☆ガリガリ君おっちゃんは最後に出演。5人バンドのギター・ボーカル。そして5人のうちのひとりはチェロを弾いていた。ロック・バンドにチェロ。これが意外にもカッコいい。そして楽曲はニール・ヤングの風情で詞は文学青年が書くようなニッポン語詞。これは、おそらくガリおっちゃんの自作曲に違いない。見てるうちに、なんかこう、やられた!というか、くやしい!というか。ありえんトッピングで美味い創作料理を喰わされた時の、あの感じさ。んでMCもおもしろい。話し上手。「くぅ・・・ガリおの野郎・・・」
気付くとくやしまぎれにわたしは自分の爪を噛んでいた。かみかみ。

☆「Don’t trust over thirty (30歳以上は信じるな)」ってロック用語みたいに言われた時代があった。そして、きっと、今はこうなんだろう「Please trust over fifty(50歳以上を信じましょう)」。俺のまわりはカッコいい年上のロックンローラーばっかりさ。
生体的寿命が延びれば、概念的年齢制限も拡がるんだ。のびひろ。


写真は11月某日、浜松のソーン・レコードで遂に購入。JOAN JETT & THE BLACKHEARTSの新作“UNVARNISHED”のアナログ盤。問答無用!もう最高!

No.1098 - 2013/11/05(Tue) 22:10:13
AFTERHOURS / 淳吉郎
言葉をつづろう 歌を唄おう


一滴の墨汁は 日々の感情か

一個のすずりは 誰かの愛か

一本の筆は 六本の弦か

一枚の下敷きは メンバーか


一枚の半紙が 待っている

新しい言葉をつづろう

新しい歌を唄おう

大丈夫 ぶんちんが あるんだ


ワイルドサイドは歩かない

日曜日の朝は庭の草取りだった

今夜はお習字の稽古だったのに


あなたはもういない

わたしの大切なぶんちん

すてきなアフターアワーズを

No.1097 - 2013/10/28(Mon) 23:46:53
こら!ミック!D / 淳吉郎
“三つ子の魂 百までも”だなんて。小さい頃の性格は死ぬまで変わらない。らしい。
この言葉がいつ頃生まれたのか調べたところ1800年代初頭との事でした。
三つ子の魂「いつまでも」とか「死ぬまでも」ではなく「百(歳)までも」という数字がすでに使われてるのがすごいと思います。当時、百歳まで生きる方は今ほどおられなかったはずですから。
デフォルメは重要。ハードロックでバンドがマーシャル・アンプをステージに積み上げるように。その方が一般人には伝わりやすいんです。

人それぞれに性格があるように。死ぬまで性格が変わらないように。ネコ好きな人たちと会話を重ねるうち、ネコにもそれぞれ性格があるらしい事がわかってきました。

ミックはよく鳴きます。どうやらそんな性格らしい。
あまりにも鳴くので、ある日「にゃあ」と鳴いたその直後に、「今のにゃあはどんな意味なんだい?」と訊いてみました。すると彼はまたもや「にゃあ」との返答。
「だから、にゃあじゃわかんないじゃないか」
「にゃあ」
「いい加減、俺の問いに答えろよ」
「にゃあ」
「てめえ、人をバカにしてんのか、このやろー」
「にゃあ」
「くぅ・・・・・・・・にゃあ!」
「ははは、やればできるじゃん、ジュンキッチー。吾輩はねぇ、キミのC&Rを試してたんだよ。わかる?C&R。ジョン・フォガティのCCRじゃないぜ。コール・アンド・レスポンス。清志郎が「イエーって言えー」つったら、みんな「イエー」って言うら。あの事だよ。「山っ!」「川っ!」とかね。「山口っ!」「百恵っ!」とかね。っつーかさあ、キミはそもそもリズム感がイマイチだからね。ギター弾きにとっちゃあ、これは致命傷だに。チメーショー。ケンミンショーじゃないよ。吾輩がジュンキッチー、おぬしに伝えたいのはメトロノームのように正確にビートを刻むのは、もちろん重要。だけど、それだけじゃないよって事なんでござる。ビートが鳴っている場面の空気感を読めって事さ。それぞれの曲によって、それぞれに見合うスピードがあるって事。もちろん歌詞の内容が関係する事もあるだろうしね。そこんとこ夜露紫紅」
「リズム感の説教もいいが、おまえ、もしかして、なめネコのリバイバル、自分主役で狙ってない?」
「にゃあ」


写真を見たい方はこちらからどうぞ。
http://mob.ap.teacup.com/mods/

No.1096 - 2013/10/27(Sun) 22:22:11
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 ... 43 >> | 過去ログ | 画像リスト ]