[ 掲示板に戻る ]

記事No.9625に関するスレッドです

Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / q3
InDesignCS6を使用しています。

Wordに斜体が多くの箇所に設定されたテキストが支給されているのですが、
InDesignで流し込んだ時にそれが斜体のまま維持される方法というのはあるのでしょうか。
Word斜体の部分は、InDesign上では欧文のイタリックの書体にも変更できるようにしたいと思っています。

(もしかして正規表現スタイルなのでしょうか…。不慣れでして、正規表現スタイルのことはよく分かりません…。)

よろしくお願いします。

No.9625 2019/06/11(Tue) 15:32:48
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9_5) AppleWebKit/601.7.8 (KHTML, like Gecko) Version/9.1.3 Safari/537.86.7

Re: Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / ジーコ
Wordの斜体属性は、読み込んで配置してもInDesignには反映されないですよね。

Wordドキュメントの属性で、InDesignに確実に読み込まれるのは「文字色」です。ですから、Wordドキュメント上で、斜体のかかった部分に、それとわかるような色を付けておけばいいんです(もちろん検索置換を使って)。

そのドキュメントをInDesignに読み込んだら、色で検索、斜体用に作っておいた文字スタイルで置換。これでいけませんかね。

No.9626 2019/06/12(Wed) 00:02:25
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 12_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.1 Mobile/15E148 Safari/604.1

Re: Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / mars517
私は以下の手順で作業しています。

@Wordで斜体部分を<ITA></ITA>などのタグで囲む
AInDesignに読み込み、検索/置換でタグ部分に書式を適用

これらの作業については以前ブログにも書きました。
http://mottainaidtp.seesaa.net/article/443674715.html?1560321356

上記ブログではWord側の作業はマクロを使用していますが、
マクロを使用したくないのであれば「検索と置換」を以下のように設定して実行します。
※本文、脚注、文末脚注でそれぞれ実行する必要があります。

「ワイルドカードを使用する」はオフ。
「検索する文字列」は空欄。書式で「斜体」を設定。
「置換後の文字列」は「<ITA>^&</ITA>」などとする。
※^&は「特殊文字」の「検索する文字列」で入力可能です。
※「特殊文字」プルダウンメニューがアクティブにならない場合、
 いったん「ワイルドカードを使用する」をオンにした後、
 あらためてオフにするとアクティブになるようです。

No.9627 2019/06/12(Wed) 16:04:14
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/74.0.3729.169 Safari/537.36

Re: Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / q3
ジーコさま mars517さま

ありがとうございます。そういう効率的な方法があるんですね。

しかしWordのテキストを用意するのは私ではないので、色をつけたり、<ITA></ITA>といった文字を挿入してもらうのはちょっと難しいです。
Wordの作業を自分でやることになるのであれば、InDesign上で個別にイタリックにする作業するのと手間がそれほど変わらないのですよね…。

みなさん、どうしてるんでしょうね。お願いしているんでしょうか…。

No.9628 2019/06/13(Thu) 21:46:51
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9_5) AppleWebKit/601.7.8 (KHTML, like Gecko) Version/9.1.3 Safari/537.86.7

Re: Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / (z-) URL
>しかしWordのテキストを用意するのは私ではないので、色をつけたり、<ITA></ITA>といった文字を挿入してもらうのはちょっと難しいです。

InDesign作業の際、原稿データとしてのWord文書が手元に来てないということですか??
でも流し込みするのはq3さんご自身ですよね?
作業工程上、Word文書を編集する機会が持てないということなのでしょうか?

お二人が提示されているのは「一括」の検索置換で仕込みを入れておく方法です。
InDesign上で「個別」にやったら、イタリックのテキストが100箇所あったら100回やらなきゃいけないことが、それが300箇所だろうが500箇所だろうが1回の処理で全部できますよ、という趣旨の話だと思っていたのですが。

あ、横から失礼しました。

No.9629 2019/06/14(Fri) 12:15:53
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_10_5) AppleWebKit/603.3.8 (KHTML, like Gecko) Version/10.1.2 Safari/603.3.8

Re: Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / q3
(z-)さま

>作業工程上、Word文書を編集する機会が持てない

といいますか、編集者の方がテキスト(Word)を作成し、組版の私に支給してきます。
そのWordファイルを作成する際に、〜〜やっておいてくださいとお願いはしずらいです。
となると、Wordに仕込みをするのは自分になるのですが、1個1個作業をしてくという意味では、Word上でInDesign上での違いで、作業量的に変わらないのかな、と想像しました。

No.9630 2019/06/14(Fri) 12:50:49
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9_5) AppleWebKit/601.7.8 (KHTML, like Gecko) Version/9.1.3 Safari/537.86.7

Re: Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / mars517
>1個1個作業をしてくという意味では、

ジーコさんと私が示したのは
(z-)さんもお書きになっているように
「300箇所だろうが500箇所だろうが1回の処理で全部でき」る方法です。
Wordの「検索と置換」ダイアログには「すべて置換」というボタンがあり
ここをクリックするだけで対象箇所が一括で置換されます。

Wordをお持ちでしたら試してみてはいかがでしょうか。

No.9631 2019/06/14(Fri) 13:37:19
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/74.0.3729.169 Safari/537.36

Re: Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / q3
ジーコさま
なんとか自分でWordの斜体に色を付けることはできました。
しかし、InDesign上で斜体のみに色を付けて読み込むことができません。
(実行したのは、コマンドDの読み込みです。)
テキスとのほとんど全てが下線が付いた赤になってしまいます。
読み込むオプションをいろいろ変更してみたのですが…。
ちなみに、Word Mac2011を使用しています。

mars517さま
すみません、書いていただいたことが全然理解できてませんでしたね。
まず私はWordでマクロを付けるということができなければなりません。
動画ですとマクロの実行前の設定が既に用意されている?ようで、まずそれをどうすればいいか調べ中です。
下に書いてある説明も実行してみましたが、検索されないとなったりして分からず…。
(私には高度かも。)

これまでWordファイルは受け取ってコピーペーストしたら後はDTPソフトの作業で済ませていたので、Wordの作業をしたことがなく、初歩的な認識不足な質問で申し訳ありません。

No.9632 2019/06/15(Sat) 18:29:43
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9_5) AppleWebKit/601.7.8 (KHTML, like Gecko) Version/9.1.3 Safari/537.86.7

Re: Wordの斜体を、そのままInDesignで維持できるか / q3
難航しましたが、ジーコさんのやり方で、なんとかWordの斜体部分を赤で読み、意図する設定に置換できました!(なぜか罫線が付いてしまうのですが、解除すればいいことなので問題ありません。)
mars517さんの説明サイトの、「Wordの形式を.docにした方がいい」ということにヒントを得て、ファイル形式を.docxから.docにしたら成功しました。

しかし、マクロということを全然やったことがなく、難しそうだからと避けているとまずいと思わされました。DTPをやっているながらきちんと勉強しないとダメですね。
ありがとうございました。

No.9633 2019/06/15(Sat) 18:58:55
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9_5) AppleWebKit/601.7.8 (KHTML, like Gecko) Version/9.1.3 Safari/537.86.7