272568

登校拒否を考える親・市民の会(鹿児島)掲示板

私たちの掲示板へようこそ!
登校拒否も引きこもりも、おかしいことではありません。
このホームページの記事をご覧くださいますと、きっとたくさんの発見があると思います。
投稿はお気軽にお願いします。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定

名前
メール
URL
件名
文字色
/ 編集パス
イベントのお知らせ「不登校再考〜不登校支援の新しいかたち〜」 / 関東子ども精神保健学会第15回学術集会
【日時】3/24(土)10:00〜16:00
【申込】http://ptix.at/bp9dhm
【出演】保坂展人(世田谷区長)・斎藤環(筑波大学・ODNJP)・山登敬之(東京えびすさまクリニック)ほか
【概要】本学会は、子どもの健全な成長、発達に寄与すべく、医療、福祉、教育などの分野で働く者たちが日ごろの研究や実践の成果を持ち寄り意見を交換する目的で運営されています。年に一度の学術集会には一般の方々もご参加いただけます。今年のテーマは「不登校」です。午前中の講演では、児童青年期精神保健の観点から不登校問題を振り返りながら、これからの支援のあり方を探ります。午後には、いま多方面から注目を集めるオープンダイアローグ(Open Dialogue)のデモンストレーションをドラマ仕立てで行ったのち、多職種による不登校支援の方法などを話題に参加者のみなさんと語り合いたいと思います。

No.1587 - 2018/02/08(Thu) 13:52:03
お詫び / たっちゃん(HP管理人)
昨夜まで3日間ほど、私たち「登校拒否を考える親・市民の会(鹿児島)」のホームページが閲覧できない状態にあったようです。
気がつくのが遅く、みなさんにはご迷惑をおかけしました。
私の不注意だったようです。お詫びします。
以後気をつけますので、今後とも、このホームページをご愛顧のほどよろしくお願いします。

No.1586 - 2018/01/29(Mon) 11:39:29
自分をいちばん大切に!ゆっくり、のんびり・・・ / ともちゃん(内沢朋子)
新年あけましておめでとうございます。
おだやかな2018年の幕開けでした。
年末年始8日間、タイで働く娘玲子と一緒に過ごしました。
日頃、シニア(になった)の夫婦ふたりきりの生活に、わが娘が混じって、
しかも、娘は暑いとこから寒い鹿児島へ、さっそく風邪をひいて、「寝正月」。予定していた山登りもキャンセルでしたが家でゆっくりと。
昨日、咳をしながら飛行機へ。大きく手を振る娘の姿にさすがに夫婦で胸がいっぱいになりました。

かけがえのないわが子、かけがえのない家族、家族への深い愛は何にも代えがたいもの。
無条件にわが子を家族を愛することができるのは、わが子への家族への深い信頼。
28年間の親の会のいちばんの大事な教訓は、「自分をいちばん大切にする」です。
すてきな言葉ですね。
「自分を大切にするから、相手をちゃんと信頼して愛することができる」
「自分を大切にしないと、どんな人でもイライラしたり、心の余裕がなくなって相手を信頼できなくなってしまう・・・。」

親の会は私の人生のなかでかけがえのない大切な存在です。私の人生観を大きく育ててくれたところです。

親の会で、皆さんの体験談のなかに何よりかけがえのない大事な教訓がいっぱいで、だからとっても感動します。
参加する仲間たちは、なにも「りっぱな」体験談を聞こうとは思っていません。
「恥」も「外聞」もなく、「ほんとうの自分の気持ち」を話すから感動するのだと思います。それは聞く相手を信頼しなければできないものです。
月一度、そうゆう場に身を置けることに、とてもありがたいなあ、幸せだなあと思います。

今年で私も73歳。
昔、むかし若かったころ、70代と言うと、「へ〜、すごい年だ〜」と思ったものでしたが、
いざ自分がその年になると、とても自然で、だから「今の自分」を楽しみたいな、と思います。
「毎日を大切に、毎日楽しく生きる」。これも親の会の大事な教訓です。

「年相応」に山登りも、激しく「ゼ〜、ゼ〜」いうところではなく、のんびり、ゆっくり楽しむ、に変わってきてるし、
ふたりの大好きな映画も、シニア料金で楽しむし、
週4,5回のジムもヨガやエアロや、キントレとふたりで楽しい。
たまに外食も楽しむ、
おしゃれも大好き!
読書も大好き! 我が家にはどっさり本があるから、昔読んだ本をもう一度読んでいる、物忘れが激しいから、再読しても初めて読んだように新鮮!
あれ、それ、なんだっけ・・・と夫婦で言い合っていても、イイ。
月日のたつのはとても速いんだもの、覚えていられない。

そうそう、昨年8月にやっと生まれた初孫の存在はこの上なく嬉しい。
今までは、めったに連絡しなかった東京に住む息子に、まぁ、なんとラインで孫の様子を送ってもらい、それを最高の楽しみにしている。
今年の秋は紅葉の八甲田山や奥入瀬渓流に行こう! そのまえに東京によって、孫の「花ちゃん」に会いに行こう・・・。
そうだ! 5月には娘が招待しているタイに行こう!

毎日ゆっくり、いい加減に過ごそう、いい加減は良い加減だ。
昨年は政治の情勢にすごく頭にきたけれど、今年もしっかりと見て行こう。平和は生きているものにとって大事な責任だもの。
夫婦仲良く、楽しく過ごそう。(ケンカはしないよう努力する・・・)
「もう年だもの」と自分をもっと甘やかそう。
ゆっくり、のんびり、生きていることに大きな感謝をもっていこう。

今年もよろしくお願いします。

No.1585 - 2018/01/04(Thu) 18:20:42
親の会で心和ませて / ともちゃん(内沢朋子)
昨日は、親の会でした。
初参加から3回目のお母さん、だんだんとわが子への自分の不安が薄らいで、もうすぐ安心が不安を上回っていくことが話す様子でわかります。

運動会の日に、中2の不登校の息子さんと仲良しのお姉ちゃんと家族4人でデズニーランド2泊3日の旅へ。楽しそうに話す由美子さん、もう自分の不安はなくなってきたなあと嬉しい。

おばあちゃんがおかしいと救急車を呼んでかいがいしく世話をした長男。不登校だったわが子が年を経て、とっても優しく、その思いやりに心打たれたと言うたかちゃんや、小3で不登校になった息子がもう36歳、わが子のやさしさが嬉しいとおときちゃんの話も感動。

話は、親の介護のことから、夫婦のこと、と弾んでいく。
森田さんは、来年3月で仕事を辞めて、そのとき、お昼ご飯は重則さんが作ること、と決めているそう。今でも家庭のことはふたりで協力して。

ちなちゃんも食事の用意は交代に。
しずりんちゃんは、お互いに「し〜ちゃん、あきちゃん」と呼び合って、子どもたちも、2歳半のおまごちゃんも全員そう言うと・・。家族の笑顔が目に見えるよう。
お互いを大事に思っているんだなあ、と嬉しい。

親の会は、確かにわが子の不登校から始まっているけれど、家族のお互いの愛と信頼がどれだけ大事かというテーマだ。その根っこは、やはり自分を大切にしようということだ。

ひるがえって、今回の選挙はどうだろうか。
国民を大事に、民主主義を大事にと思っているだろうか。

モリ・カケ問題について「丁寧に説明する」なんて真っ赤なウソ!
審議もなにもしないで国会解散。
世界に誇っていい戦争放棄の日本国憲法、平和憲法を、安倍首相は「恥ずかしい憲法」と言い、9条改悪を目指す。
安倍自民党政権はやりたい放題だ!
ひどいじゃないの!

このところ連日、国民不在の政権や政党の動きにメスを入れている朝日新聞の今日の記事。
「負け犬?上等じゃないの」という署名記事(編集委員・高橋純子氏)があった。

「ふざけんな。なんのための選挙なのか」「国会でも選挙でも、その場しのぎの言い訳やごまかし・・・の言葉ばかりが幅を利かせ、吐いたそばからゴミ箱に放り込むかのごとくの無責任が横行している」「疑惑追及をかわすために選挙でリセット」「上向かぬ党勢に音をあげ『解党』というリセット」「選挙はリセットボタンじゃない。そんな簡単にリセットされてたまるか」「民主主義の番犬となって、ギャンギャン遠ぼえを響かせてやれ。なかったことにはさせない。私は全然納得してないぞ」

そうだ!そうだ! と連日、私もたっちゃんも叫ぶ!

No.1584 - 2017/10/16(Mon) 20:10:57
しーちゃん・あきちゃんの話 / たっちゃん
おはようございます。今日は日曜日。来週の今日は親の会・10月例会日です。
早いものです。先月は台風のため例会を1週間遅らせました。

9月例会も内容が充実していました。
「しーちゃん・あきちゃん」の話など、とてもよかったですね。

はて? どなたの話? 
いつも参加されている方でも、先月は欠席という方はおわかりにならないかもしれません。

大丈夫です。要旨ですが、9月例会の記録を次回、お渡しできます。
7月例会の記録もよかったですよ。

一週間後、またお会いできるのをたのしみにしています。

これから二人で出かけるので、大急ぎの書き込みでした。

No.1583 - 2017/10/08(Sun) 06:26:23
内沢朋子 / ありがとう!
「何もしない」って、ほんとはとってもすごいことなんだ!
親の会で教えられました。
「親がしないとするようになる」「心配しないで信頼する」は親の会の大切な教訓と財産です。

じぇりちゃんが、かわいく「おしゃれ」して、参加してくれるたびに、とっても場が和みます。
そのじぇりちゃんの3番目ちゃんの息子さんがもう28歳になるのね。
月日のたつのは早いなあ・・・。
そのぶん、いっぱい幸せの貯金してきたよね。

これも、「なにもしない」から、「心配しないで信頼」してるから、長年のじぇりちゃんの「実績」がオーラになって、私たちの安心を与えてくれるんですね。

親の会で大切な仲間を持った私は、本当に幸せ者です!

No.1582 - 2017/07/30(Sun) 17:20:06
(No Subject) / じぇり
 今日7月29日は次男の誕生日でした。

陣痛が来て あわてて病院へ行って2時間後くらいに生まれた我が家の第三子。

31日には 長女が30歳。28歳の長男はあの「平成」になって間もない1月20日生まれ。

 間違いなく3人とも私が産んだ子どもなのに?なんとびっくり!!それぞれが自分でしっかり育ってくれたおかげで、一緒に暮す私はその優しさに甘え放題 のん気に超わがままに日々を過ごして来ました。(例会で披露済み?笑)  

 当時小1,小5、小6だった3人が揃って学校に行かない生活が始まって18年が過ぎましたが、その間1日だけ次男が小学校へ行った以外は 誰一人学校へも行かず仕事もせず・・・本当に「お見事!!」って感じです。(きっと私だったら、ずっと家にいる生活に何となく不安を感じ、とりあえず学校に行くか?仕事するか?していたかも・・・そんな気がします。)

 幼い子ども達に 自分の思いを押し付けていた愚かな自分に気付き ”子ども達の人生に余計な口を出さない”その思いで不登校も受け入れた私。でも実際はほったらかし放題、ホントに何もしなかっただけ。

それでもそんな私を無条件に受け入れて?(我慢して?)ずっと一緒に暮してくれている子ども達。嬉しすぎます。

 改めて言うまでも無いくらい当たり前の事なのですが、親の会(世話役の皆様、会員の皆様)と出会い、ずーっと繋がっている安心感の中にいて、支え続けて頂いて来たからこその今の楽しい暮らし。

 この”登校拒否を考える親市民の会鹿児島”に出会えた奇跡!!

 うにさんに続き私も!!『ありがとうございまーーーす!』

って 今心の中で叫びました〜♪


 残念ながら誕生日は過ぎ、日付が変わり30日になってしまいました・・・

No.1581 - 2017/07/30(Sun) 01:45:54
内沢朋子 / ありがとう!
『気のすむまで、じっとしてられないくらいまでゆっくりしたらいい。』・・・。

いい言葉ですねぇ・・・、
親の会のHPが役に立ってうれしいです!

親の会を初めて28年、依頼、毎月の親の会は、そのたびにたくさんの感動を私にあたえてくれます。
私の人生の根っこを大きく育ててくれる場だと毎回感謝しています。

うにさんのお話も、本当にしみじみと心に響きました。
自分の不安がなくなって、わが子を信頼できるようになると、素直に言える↑の言葉も、初めのうちはなかなか言えるものではありませんよね。
お母さんと息子さんたちの笑顔が響きあうのが目に見えるようです。

また、たくさんの元気と感動をいただきました。
ありがとう!
鹿児島の旅行お母様とたくさん、楽しんでくださいね。

No.1580 - 2017/07/26(Wed) 09:55:59
(No Subject) / 永田です
うにさん、こんにちは、
鹿児島は美味しいものもたくさんあります。
お母様と楽しい旅をなさってくださいね❗

No.1579 - 2017/07/26(Wed) 08:36:40
来週、鹿児島指宿と霧島というところへ / うに
長男の不登校で苦しみどん底をこちらのサイトで救っていただきました。
今、長男は通信制高校に通っています。息子が中学を卒業するとき『気のすむまで、じっとしてられないくらいまでゆっくりしたらいい。』と言いました。このように言えたのもこちらのサイトのおかげです。学校にも『進学しません。本人がよしっと自信がつくまでゆっくりするのを見守りたいと思います。』と。卒業間際になって息子がとある学校に興味を持ち、この学校に行ってみたいと言い出しバタバタと手続きを済ませ今に至ります。週3日ほど学校、それ以外は釣りや趣味のイベントにといそいそと楽しんでいます。
この春から中1の次男が不登校になりました。しっかり宣言をして。次男は目標があり、それに関する勉強とトレーニングをしつつ、うちの息子に引きずられるように不登校になった小学校からの親友と遊んでいます。そんな毎日を感謝しつつ、穏やかに過ごせている私。苦しかったあの頃と別人のようです。それも本当にこちらのサイトのおかげです。

今週、実母と鹿児島に旅行に行きます。例会の日が合えば皆さんにお会いしに行きたいと強く思っていましたが、残念ながら合いませんでした。本当に残念です。

でも鹿児島に着いたら感謝の気持ちを叫びます!

『ありがとうございまーーーす!』って。

No.1578 - 2017/07/23(Sun) 23:05:00
ももたんさん、ありがとう / 木藤厚子
ももたんさん、お久しぶりです。
素敵な投稿をありがとうございました。

札幌はライラックの季節なんですね。
私が住んでいたのはもう40年も前だけど、温かくなった風を感じながら大通公園を歩いたことをなつかしく思い出します。

3年前、娘さんが小学校を卒業した時にも「無事に卒業しました」とメールをいただきましたね。
あれから3年経つのですね。本当に月日が経つのは早いですね。

今回は1日も中学校には行かずに無事に卒業とのこと、おめでとうございます。
中学校入学時に、ももたんさんは「在籍はするが娘の意思を尊重して家で過ごさせたい。親が責任を持って育てます」ときっぱりと学校に伝えたんでしたよね。
すごいですね。
やっぱりそういう親御さんの態度がしっかりと伝わったということですね。

学校のことを考えずに、娘さんもももたんさんも楽しく過ごすことが出来た、なんて本当に素晴らしい。良かったですね。

ももたんさんとの出会いはもう8年前になるのですね。
行かなくなった当初は、ただおろおろするばかりで、とにかく学校へ行かせようと必死で、精神的にもかなり参っていたももたんさんが鹿児島の親の会のHPと出会い、「学校もある。利用できるときにしよう」と少しずつ考え方が変わって来たということでしたね。
それから毎日穴が開くほどHPを見てくださってね。

皆さんのお話をご自分に置き換えて、生きていくうえでのヒントがたくさんあると参考にしてくださって、ありがとうございます。
娘さんもそんなももたんさんに見守られながら、素敵に成長されていることが目に浮かぶようです。

先月から親の会で話題になっているのは「自信と意欲」と言うことです。
自分を肯定していることは自分の人生を切り開いていく力があるということです。
ももたんさんも娘さんもきっと素敵な人生を切り開いていかれることでしょう。

また近況をお知らせくださいね。

No.1577 - 2017/05/25(Thu) 12:00:30
卒業しました / ももたん
木藤 厚子 様

ご無沙汰しております。北海道のももたんです。
こちらは今、ライラック祭りの真最中です。
暖かくなったと思ったら急に寒くなるリラ冷えの季節です。

娘は3月に無事中学校を卒業しました。
3年間、一度も学校には行きませんでした。

1年生の時に、「頻繁の訪問や電話は遠慮願います。」と伝えていたため、
先生が家に来るのは通知表を持って来る時だけで、年3回位でした。
その時は娘が玄関で先生と会いました。嫌がる様子もなく、自分の意見をはっきり言っていました。
卒業証書は、「別室で渡すので学校に来ますか。」と言われましたが、娘は「行きたくないです。」と答えていました。
卒業式の日、校長先生と担任が卒業証書と記念品を持ってきてくださいました。
玄関で校長先生は証書を読み上げ、娘は受け取りました。わずか3分位で中学校と縁が切れました。
中学校は私達の意向を尊重してくれて、強制的な事は全くありませんでした。
私も学校の事を考えずに楽に3年間過ごすことができました。
それもこれもこちらの会のおかげです。
HPは穴が開くほど見ていました。(笑)

今、娘はどこにも属さず家にいます。
今までとなんら変わらない生活をしています。
私は一度だけ「通信制とかやってみる?」と聞いたのですが、
娘は「まだいいかなぁ」と言う返答でした。
これは私が決めることではないなと思いました。
毎日、退屈だ〜と言いながら結構楽しそうに生活しています。
最近、料理に目覚めたみたいでキッチンに立つことが多くなってきました。
私も毎日娘と一緒にいることが当り前になってしまい、いなくなったらどうしようなんて思っています。(笑)

こちらのHPには、不登校のみならず、生きていく上でのヒントが沢山載っています。
自分だけが特別ではなく、「人の話はわが話、わが話は皆の話」ですよね。
これからも無理せず、娘との生活を楽しみたいと思います。
ありがとうございました。

No.1576 - 2017/05/24(Wed) 10:16:49
たっちゃん / 親は子どもの存在を肯定するだけでいい
昨日(5/13)の朝日新聞「ひととき」欄に、息子さんが不登校だった方がいい投稿をされていました。要約して紹介しようかとも思いましたが、朝日新聞デジタル版からコピーできましたので、以下全文を貼り付けます。

今度の日曜、5/21の例会の時に現物のコピーも配りますので、話題にして深められたらいいなあと思います。では、コピペです。

(タイトル)「当たり前」は色々

4月29日付のひととき「登校を願う心」を読みました。投稿者の方は教員とのこと。私の子どもも不登校で、中学、高校と何度も呼び出され、先生から「親の責任」と言われました。そのときは、子どもの気持ちなど考えられず、必死で学校へ行けない理由を追及しました。

学校へ行くのが「当たり前」という考え方は独断的かもしれない。我が子に起きている「当たり前」を受け入れるのが親の責任だと後々に悟りました。周りになんと言われようと、極論を言えば、親は子どもの存在を肯定するだけでよいと。

生き方に答えはありません。他人の「当たり前」が子どもの成長の足かせにならないようにと願います。可能性は無限大なのですから。

留学に、通信制の高校、アルバイトから正社員へ。学歴を問わない仕事もあります。あまり学校に行っていなくても、自分でお金を稼ぐ力、働いて生きていく力があり、自立できればよいのです。そんな大人は大勢いて、みなそれぞれ頑張って社会を、経済を回しています。息子はいま、三つのアルバイトを掛け持ちして働いています。

いろんな子の「当たり前」に向き合っていってくださいね。

(神奈川県厚木市 馬場縁 パート 49歳)

No.1575 - 2017/05/14(Sun) 21:26:53
うれしい・・・! / 内沢朋子
ごうさん、楽しく読ませていただきました。
次男さんの不登校に直面して、会に参加して、
次男さんと生活を共にした日々の「熱い」親の心情が伝わってくるお話を会で話されましたね。
迷いながら、不安になりながら、と正直に話されて、
だから、わが子との会話が素敵でした。

ブログも読ませていただきました。
いいなあって、ほのぼのと心があったかくなりました。

こちらこそ、親の会での出会いに感謝しています。

No.1574 - 2017/05/10(Wed) 20:38:49
1年2ヶ月の不登校を振り返って / ごう
 1年2ヶ月続いた我が家の不登校が、今、休止の段階に差し掛かっているように感じます。次男はこの春、単位制高校に進学し、1ヶ月、毎朝6時前後に起きて電車を乗り継いで1時間半掛けて休まず通っています。制服も校則もなく、先生も生徒に過剰に干渉をすることがないそうで、学校や友達のことを楽しそうに語ってくれます。親のために無理して行っている、という様子は見受けられません。休みの日にまで学校の友達と遊びに出掛けています。友達に会いに行く先が、たまたま平日は学校だ、とでも言えましょうか。とにかく学校を人生を楽しんでいる様子です。まだまだ1ヶ月だけなので、親の会の皆さんには笑われるかも知れませんが、これは続くのではないかという予感があります。
 昨年の春休みに掲示板で相談をさせてもらってから4月の例会に初めて参加させていただき、その後、何度か用事で参加できませんでしたが、1年間、たくさん学ばせていただきました。
 まず驚いたのは、不登校・引きこもりを「明るい話」とポジティブに捉えていること。正直、まだこの考え方を完全に受け入れられている訳ではありませんが、昔むかし、自分を押し殺してでも食うために働かざるを得なかった時代に比べれば、引きこもれる時代、「わがまま」を言えるいい時代になった、という視点は衝撃的でした。さっそく機会を捉えて、次男にも、「将来、無職ニートになってもオマエ一人ぐらいなら食わせてってやるよ」と言ったら笑っていました。それまでは、どうやったら行ってくれるのかばかりに心を砕いていたのですが、この1年間は、「行け」とは一言も言いませんでした。昼夜逆転も、スマホ三昧も放置しました。結局中学校にはほとんど行きませんでしたが、親子関係はすこぶる良好です。
 村方さんご夫妻のお話しには胸を打たれました。最初しばらくはホームページ上で気付いていませんでしたが、ある日気付いて内沢先生の陳述書まで一気に読み込みました。「なんといっても生きていること、この子に触れれば暖かい、声をかければ声が聞こえてくる。そんな当たり前のことがありがたいことと思えるのです」との言葉に胸が詰まりました。
 親の会の考えと共に、ベストセラー、「嫌われる勇気」シリーズも私を支えてくれました。特にその第2弾「幸せになる勇気」は、教育が主なテーマの一つなのですが、教育の入り口として、子供に尊敬を示すことが必須であり、その具体的な方法として、子供の興味・関心に大人が関心を示す必要がある、とありました。私が飲み会で夜遅くに帰宅すると、次男が一人でくだらない深夜番組を観ていたりします。以前なら進路のことや昼夜逆転のことなど、「子供のため」にわざわざイヤなことを語っていたものですが、今は、横に座って一緒にテレビを観ながら他愛のない会話を持ち掛けます。すると、好きなアニメやマンガのこと、色んなことを滔々と話してくれます。ネットゲームにはどうしても私が関心を持てなかったのですが、音楽のことではいつも盛り上がります。音楽のことは話し出したら止まりません。不登校8ヶ月目ごろに、エレキベースを買いました。本人も「どうせ続かないだろうけど」なんて投げやりに言っていたのが、今も毎日練習しています。カリスマベーシストのYoutube動画を再生して見せてくれたり、時に演奏して聞かせてくれたりして本当に生き生きとしています(夜遅くに延々と語られて眠くて困ることもありますが…w)。今すでに、高校の友人とバンドを結成する話まで出ているようです。特に男の子にとっては、父親が自分の興味の対象に興味を示してくれることは、非常に強力な自己肯定感の源になると考えます。
 ところで、世間では不登校ビジネスが横行しています。ネット上には、親の切実な気持ちを利用して金を巻き上げようとする輩がウヨウヨしています。だいたい「解決」とか「抜け出す」という表現があるものには疑ってかかる姿勢が望まれます。怪しいところにムダなお金をつぎ込むよりも、親の会のホームページを隅から隅まで読んで、例会に参加する方がはるかに役に立ちます。しかも、ホームページは無料ですし、月1回の例会は、1回一家族500円です。この1年、私は例会に9回参加かな?それと内沢先生の論説集1冊1000円を2冊買ったので、親の会に払ったお金は総額6500円だけだと思います。
 とは言え私もいくつかの相談機関に相談したし、本も何十冊も読みました。お薦めの本だけ紹介しておきます。

(不登校・ひきこもり関連)
不登校は天才の卵/阿部伸一/宝島社
不登校・ひきこもりが終わるとき /丸山康彦/ライフサポート社
不登校でも子は育つ〜母親たち10年の証明〜/親子支援ネットワークあんだんて♪/学びリンク
「ひきこもり」救出マニュアル実践編/斎藤環/ちくま文庫
学校に行かなかった私たちのハローワーク/NPO法人東京シューレ/東京シューレ出版

(不登校関連ではないけど役に立ったもの)
嫌われる勇気/岸見一郎・古賀史健/ダイヤモンド社
幸せになる勇気/岸見一郎・古賀史健/ダイヤモンド社
顏ニモマケズ/水野敬也/文響社

 最後に1点だけ、親の会の考え方に反論しておきます(そんな大げさなことではありませんが。)。それは、どんな子供でも不登校になる可能性はある、という主張です。確かに、ひどいイジメに遭ったりすれば、誰でも不登校になるでしょう。でも、ちょっとしたことで過剰に反応してしまう、感受性の高い子供と、良くも悪くも鈍感なタイプという差、はあるのではないでしょうか。ウチは4人も子供がいて、長男と三男は鈍感タイプ。次男と末娘は感受性が強く芸術家肌、気が利いて人受けもいいが、その分、気を遣い過ぎて疲れてしまうような性格で不登校になり易いタイプだと思います。子供によって、接し方は変えてもいいのかな、と思います。一律に正解があることでもありませんが。
 さて、お陰さまで、ウチの次男の不登校はひとまず休止状態になりそうです。これもひとえに「登校拒否を考える親・市民の会(鹿児島)」の教えのお陰です。月並みな言い回しで申し訳ございませんが、心より感謝致しております。
 先日次男が言いました。「今はオレが一番問題児だけど、○○(末娘)はもっと大変だと予言しとく」と。まだまだ先は長そうです。これからもよろしくお願い申し上げます。
 1年前からブログも書いていました。そんなに頻繁には更新しておりませんが、リアルタイムな心情を綴っています。参考になることもあるかも知れません。似たような境遇の方は覗いてみてください。
『悩める父のブログ』 http://ameblo.jp/nayamerutiti

No.1573 - 2017/05/08(Mon) 21:26:28
今を生きる! / たっちゃん(HP管理人)
ジャパネットの企業CM「始動」編は確かにいい感じで、僕は好きだが、ひと言申し上げたい。

「今にいいこと」とは、誰からも見ても「よさそう」なことに限定されないと思う。

このHPにある「私は、僕は、今、どうしたらいいの?!」の「6将来が不安」は、まさにそのことについて述べている。

http://www.futokokagoshima.com/dousitara.htm#6

内沢達のHPでは、これを「今を生きる」と改題して紹介している。

http://tachan.sakura.ne.jp/akarui/imawoikiru.htm

不登校やひきこもりの場合、今は「学校に行かない」ことや「ひきこもる」ことに一生懸命になることも、「今にいいこと」なんだ。

…獏と将来を思い煩わずに、今、現在の課題に一生懸命になりませんか!
絶えず、今を生きる! こうした生き方に慣れねば、どんな将来の「今」を生きることができます。…

あらためてご覧くださいますとうれしいです。

No.1572 - 2017/02/12(Sun) 13:50:50
今にいいこと / たっちゃん(HP管理人)
久しぶりの書き込みです。昨日、民放のTV番組を見ていたら、なかなかいい感じのCMがありました。

ジャパネットの企業CMで、ネット検索すると「今にいいこと、もっと、ずっと」始動編だそうです。2種類あります。


ひとつは、国分太一で、その台詞を紹介します。

今にいいことって 何だろう
今この瞬間のいいこと
今にさ 今にいいことあるよ みたいな 未来に起こるいいこと
今にとって本当にいいことを考えることが
未来のいいことに つながっていく
今にいいこと もっと ずっと ジャパネット

もう一つは、川口春奈さんとやらです。

今にいいことって 何だろう
今やりたいことをやる
旅行とか スポーツとか いいなあと思ったら今すぐやる
刹那的とかじゃなくて 今を楽しむことで
その先にある未来も どんどん楽しくなっていく
今にいいこと もっと ずっと ジャパネット

You Tube の検索で後者はすぐに出てきたけど、前者は引っかからなかったので、普通に検索したほうがいいかもしれません。

そんな検索は無用! 僕が気づいたのは昨日だけど、すでに皆さんご存じのCMかもしれませんね。

でも、まだの方に、二つとも見られるURLを貼り付けておきます。

http://www.japanet.co.jp/shopping/jh/pressroom/cmgallery.html

No.1571 - 2017/02/05(Sun) 17:37:24
例会の記録について / うに
待っていました!今日は仕事が休みなのでたっぷり読めそうです。読む前ですがワクワクします。
No.1570 - 2016/08/29(Mon) 12:14:15
久しぶり! / たっちゃん(HP管理人)
1年3ヶ月ぶりでしょうか。本当に久しぶりです。
先ほど、例会記録を更新しました。6人の方々の、計8つの体験談を紹介しています。
いい話です。いずれも深いと思います。ご覧下さい。

鹿児島の親の会は、ライブがいちだんと素晴らしいと思います。
「みんな自分が自分の主人公!」「人の話はわが話。わが話はみんなの話」
経験を持ち寄り、交流していきましょう。次は9月18日(日)です。

No.1569 - 2016/08/25(Thu) 22:02:07
例会の記録について / うに
遠方からの参加もあるのですね。私も参加したいですが、交通費という部分で難しいです。
臨時収入があれば是非九州へ飛んでいきたいです^^*
例会の記録を着払いで送っていただくのも難しいでしょうか^^;

度々、すみません。
過去の記録も繰り返し読むとまた新しい発見もあったりして助かっています。
ご無理は申しません。
首を長くして、例会の更新を待っています。

No.1568 - 2016/07/15(Fri) 18:21:26
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> | 過去ログ ]