Shigeru Nakahara official fan site


名前
メール
URL
件名
文字色
/ 編集パス
「ただ風の中で」voL,184回オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんばんは!
「ただ風の中で」第184回目の放送も無事終了いたしました。
今回は如何でしたでしょうか!?
さて次回の「ただ風のように語ろう」では、声優業界の今と昔の違い等について語らせて頂いております。
そして新エッセイ 往く雲の如く【レザーを巡るエッセイ&ストーリー】〜オベリスク〜。
確か「往く雲の如く」シリーズの第一弾として書いた物だったと思うのですが、自分がレザー好きへと傾いていった大変当時衝撃を受けたブランドとの出会いでしたね。
こちらもお楽しみに!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」185回目のオンエアーもお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!

No.3169 - 2018/06/14(Thu) 22:52:02
「ただ風の中で」voL,183回オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんにちは!
「ただ風の中で」第183回目の放送も無事終了いたしました。
今回は如何でしたでしょうか!?
さて今宵の「ただ風のように語ろう」ではショップの事について様々に語らせて頂いております!
そしてエッセイ 往く雲の如く【レザーを巡るエッセイ&ストーリー】〜アメノスパッツィオ〜。
今回で終わりとなりますが、楽しみに聴いて頂ければ嬉しいです。
次回からのエッセイもまだ決まってはおりませんがお楽しみに。

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」184回目のオンエアーもお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!

No.3168 - 2018/06/08(Fri) 17:13:31
「ただ風の中で」voL,182回オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんばんは!
「ただ風の中で」第182回目の放送が無事終了いたしました。
今回は如何でしたでしょうか!?
さて次回の「ただ風のように語ろう」では自転車の事について様々に語らせて頂いておりますのでお楽しみに!
そしてエッセイ 往く雲の如く【レザーを巡るエッセイ&ストーリー】〜アメノスパッツィオ〜。
今回も仲垣くんとの事等を語らせて頂いております!
そして来週で終わりとなりますが、こちらもお楽しみに!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」183回目のオンエアーもお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!

No.3167 - 2018/05/30(Wed) 22:43:57
遅くなりましたが、2017年11月18日土曜日の「遙か鬼祭」お疲れ様でした!ヾ(=^▽^=)ノ(その2) / ちゃちゃ丸
中原さん、皆さん、こんばんは。ちゃちゃ丸です。(ぺこり(__))

…字数制限に引っ掛かりましたので、続きを書き込みさせてくださいね?(;^_^A

アンコールの時、

昼の部は、
置鮎龍太郎さんが役に生きる「遙か1」の「アクラムさん」と、川村万梨阿さんが役に生きる「遙か1」の「シリンさん」と、浅川悠さんが役に生きる「遙か1」の「セフルくん」の3人で歌う新曲の「今宵、地獄の宴よ」を唄われ、
観客の人達はイベントが始まる以前に、事前に「ネオロマンス公式ホームページ」を閲覧された人達は、会場の観客席参加型の新曲の掛け声の仕方を事前に覚えて参加されていらっしゃいました。(私も事前に「ネオロマンス公式ホームページ」を閲覧していたので掛け声の仕方は勉強済みで参加していました。)

そのあと、
中原茂さん「イエーイ!お館様はすべてー!入りたいなあー♪」
置鮎龍太郎さん「入る?」
中原茂さん「半分。」
中原茂さん「会場が鬼色だよ。」
(観客席一帯は赤色のブレードライトを振っている。)
浅川悠さん「でもコレ、イノリの赤色でもあるよ。」
置鮎龍太郎さん「なにーーー!?」
保志総一朗さん「ぱっぴー&はっぴー!」
観客「ぱっぴー!」
中原茂さん「えー強大な敵の一角を占める中原茂です!僕はねえ『メガネ祭り』を目指そうと思います。」
中原茂さん「それではコール&レスポンスお願いします。」
中原茂さん「ただいま!!」
観客「お帰りーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
中原茂さん「凄い!ありがとうございました。」
高橋直純さん「今、凄いね!中原さんね、超嬉しそうだったよ。」
川村万梨阿さん「あのね、今日の『鬼祭』、お館さま(置鮎龍太郎さん)はね、『ラブラブ祭り』ですから。」
川村万梨阿さん「何が言いたかった(かと)言うとね、鬼の為にね、集まって下さるなんてね。今日の神子をスカウトしようかと。」
川村万梨阿さん「アンフィニ(『コーエーテクモ応援団』の『マルチアクティブユニット』の『アンフィニさん』のメンバーの内、今回の出演参加は『ユーキさん』と『Kanさん』の2名で、川村万梨阿さんが役に生きる『遙か1』の『シリンさん』の歌の『氷炎の薔薇の不幸』を唄われた時に、バックで踊っていらっしゃいました。)もね。お花達(観客席の人達)は起用だね。」
川村万梨阿さん「次の『(遙か)八葉祭』もね。」
石井康嗣さん「確かに数年前『「鬼祭」やろう』って言った時『いいねえ。』って言ったけどホントにやるとは!!」
石井康嗣さん「今日来てくださった皆さん、物好きだねえ。」
観客「(笑)」
石井康嗣さん「今日はホントにありがとうございました。」
置鮎龍太郎さん「皆さん、今日は鬼の為にね。裏切ってくれてありがとう。」
観客「(笑)」
置鮎龍太郎さん「あとね、今日の『振り(付け)』はねえ、せーの。」
置鮎龍太郎さん&川村万梨阿さん&浅川悠さん「直くん。」
(高橋直純さんお辞儀をされる。観客席の人達驚きの歓声をあげて拍手。)
置鮎龍太郎さん「今度はね、石井さんもどう?」
石井康嗣さん「あのね。振り(付け)見たけど、ダメ!ムリ!」
石井康嗣さん「実は、昨日の17日はね、置鮎さんと。21日はねシリン(川村万梨阿さん)の誕生日です。」
(『バースデーソング』のピアノの音楽が流れ舞台左側からケーキが登場!出演者&観客の全員で『バースデーソング』を歌う。途中、川村万梨阿さんが『♪ディア・置鮎さん♪』置鮎龍太郎さんが『♪&・万梨阿ちゃーん♪』と交互に唄われながら全員で唄いました。)
Kanさん「伝言が届いています。『置鮎さんは今日のロングヘアーが似合っていたからこれからもその姿でいて下さい。』」
置鮎龍太郎さん「誰?」
Kanさん「『岸尾だいすけ』って書いてある。」
観客「(爆笑!)」
置鮎龍太郎さん「今日は。」
出演者全員「ありがとうございました。」

とか(笑)。

夜の部は、
保志総一朗さん「ぱっぴー!」
観客「ぱっぴー!!」
保志総一朗さん「単発いきます。ぱっぴーー!」
観客「ぱっぴーー!!」
保志総一朗さん「高い壁となって倒されるまで敵を目指します。強大な敵として仮面を付けて。」
置鮎龍太郎さん「仮面俺だろ。」
保志総一朗さん「『遙か(なる時空の中で)Ultimate』楽しみにしてて下さい。」
中原茂さん「ありがとうございます。もう1人出来ましたね。『(とても可愛らしい声で)黒麒麟だよ♪』まあ、やっぱ風のように生きてる黒麒麟ですからね。ああ!えーと藤原鷹通役の中原茂です。」
中原茂さん「保志くんが強大な敵ね。仮面を被って!?保志くんの壁踏まれそうね。」
(中原茂さん、その場でぴょんぴょん跳ばれる。)
保志総一朗さん「踏まれちゃう。踏まれちゃう。」
中原茂さん「『メガネ祭り』をね!狙ってます。(『ネオロマンス』でメガネのキャラクターは他にも)いるか!?」
保志総一朗さん「(『ネオロマンス』でメガネのキャラクターは他にも)いる!いる!」
中原茂さん「今日のね。八葉はね。御(ぎょ)し易かったんじゃないか。セフル(浅川悠さん)がね、『勝てそうだ。』と。」
中原茂さん「僕自身がね。争いを好まないのです。『どうぞ。どうぞ。』って。」
中原茂さん「それではコール&レスポンスお願いします。」
中原茂さん「ただいま!!」
観客「お帰りーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー!!!」
Kanさん「35秒です。測(はか)ったら35秒です。」
(観客席の人達歓声と笑いをあげる。)
中原茂さん「ありがとうございました。」
高橋直純さん「中原さんの(コール&)レスポンスの時ね。『ただいま』のあとお客さんが1つ息を吸って『お帰りーーー!』って言うの。」
高橋直純さん「凄いよね。優しいよね。」
浅川悠さん「詳細はブログで書きます!またセフルにして下さい。(浅川悠さんは昼の部と夜の部共にセフルの金髪のウィッグ被っていらっしゃいました。)ありがとうございました。」
川村万梨阿さん「もうね。17年経ってね。こんな日が来ようとは!」
川村万梨阿さん「八葉(高橋直純さん&中原茂さん&保志総一朗さん)がね弱ってるんですよ。昼(の部)の途中からね、テンションがおかしくなって。夜(の部)はね、大変です。お大事にね♪」
石井康嗣さん「あのね、八葉アレだしね。鬼の天下かなあと。『八葉祭』今後かなと。また『鬼祭』で会いましょう。」
置鮎龍太郎さん「今日迎えられて本当に本当にありがとうございました。」
置鮎龍太郎さん「あとね、コーエーさんに『「鬼祭」に話を添えて弱そうな八葉を。弄(いじ)られ易い八葉をお願いします。』って言ったら『大丈夫です。既に用意してあります。』って言ってくれてね。この衣装(置鮎龍太郎さんが着用している『アクラムさん』の衣装とウィッグと小物類。)ね。コーエーさんがね、準備してくれたの。」
置鮎龍太郎さん「歌(新曲『今宵、地獄の宴よ』)の振り付けはね。直ちゃん!」
(高橋直純さんお辞儀をされる。夜の部公演のみ参加の観客席の人達は驚きの歓声をあげる。観客席全体から拍手が起こる。)
浅川悠さん「高橋直純です!」
置鮎龍太郎さん「それでは皆さん。」
出演者全員「ありがとうございました!」
(出演者の皆さま方達一同お辞儀をされる。)
Kanさん「あ、お知らせの紙があります!」
置鮎龍太郎さん「岸尾から?」
観客「(笑)」
Kanさん「『来年2018年2月には「ネオアンジェリーク大陸祭典(アルカディア・カーニバル)2」です!岸尾だいすけ』。」
観客「(笑)」
置鮎龍太郎さん「もう1度言おうか。」
置鮎龍太郎さん「それでは皆さん。」
出演者全員「ありがとうございました!」
(再び出演者の皆さま方達一同お辞儀をされる。)

とか(笑)。

更にダブルアンコールの時、
置鮎龍太郎さん「歌はありませんよ?」
置鮎龍太郎さん「それでは皆さん!」
出演者全員「ありがとうございました!」
(三(み)たび出演者の皆さま方達一同お辞儀をされる。観客席の人達拍手をされる。観客席から『ありがとー!』の声が上がる。)
中原茂さん「待ったねーー♪」
(中原茂さん両腕を上に伸ばしてぴょんぴょんと跳ばれる。)
中原茂さん「待ったねー♪待ったねー♪(幕が下りる中、中原茂さんそのまま両腕を上に伸ばしてぴょんぴょんと跳ばれる。幕が下りきるまで中原茂さんの声がする。)」

とか(苦笑)。

出演者の皆さま方達全員がはしゃがれてとても楽しかったのですが、
幕が下りきる最後まで中原さんが元気にサービス精神旺盛にはしゃいでくださったので、本当に最後の最後までとても楽しかったです!ヾ(=^▽^=)ノ

今回私のイベント参加が叶ったのは、福島県在住の「コーエーマルチアクティブユニット」の「アンフィニさん」の「ユーキさん推し」の親友に用事があって直接会わなければならなくなった為に、
待ち合わせ場所が「遙か鬼祭」会場の「カルッツかわさき」だったので、我が家の大蔵大臣の母が許可してくれたお陰で参加が叶いましたが、本当に、本当に、楽しかったです!ヾ(=^▽^=)ノ

それでは、改めて、中原さん、今更ですが、「遙か鬼祭」お疲れ様でした!ヾ(=^▽^=)ノ

ではでは、これにて、失礼致します。(ぺこり(__))

No.3166 - 2018/05/30(Wed) 00:16:25
遅くなりましたが、2017年11月18日土曜日の「遙か鬼祭」お疲れ様でした!ヾ(=^▽^=)ノ / ちゃちゃ丸
中原さん、皆さん、こんにちは。ちゃちゃ丸です。(ぺこり(__))

かなり遅くなりましたが、中原さん、昨年の2017年11月18日土曜日の「遙か鬼祭」お疲れ様でした!ヾ(=^▽^=)ノ

今回の中原さんの御衣装は、ツイッターで中原さんのスタッフさんが中原さんの御衣装を載せられていらっしゃるので割愛しますが、
今回のイベントは、主役が「鬼役の皆さま方達」なので、
昼の部と夜の部共に衣装はわりと黒や茶色等の控えめな色の服装で、シックカジュアルな感じで素敵でした。(^-^ゞ

オープニングの時、

昼の部は、
藤原鷹通(中原茂)さん「どうしました?イノリ?これは…!鬼がまた何か企んでますね…。」でしたが、

夜の部は、
藤原鷹通(中原茂)さん「どうしました、イノリ!?ああ、これは…!鬼だらけじゃなく、1階にお花畑!2階にお花畑!3階におお花畑!!」でした。(笑)

「早押しみんなトーク!」の時、

昼の部は、

高橋直純さん「『遙か鬼祭』楽しんでおりますか!?」
観客「いえーい!」
高橋直純さん「(絶叫気味に)何故だー!」
高橋直純さん「何故か僕がこんな場所(司会)に立たせて頂きます。」
高橋直純さん「泥舟です。」
中原茂さん「直ちゃん、僕は泥舟はヤダー。ちゃんとした船に乗りたい。」
中原茂さん「おのれ八葉ー!」
保志総一朗さん「八葉ー!」
高橋直純さん「びっくりしたよ!」

(早押し用のボタンで出演者の皆さま方達全員遊び始める『ピンポーン!』の連打嵐。観客席爆笑の渦。(笑))
高橋直純さん「大人達!みんな押してる。」
中原茂さん「(ボタン連打しながら)綺麗な音がするなあ♪」
高橋直純さん「誰?こんなオモチャあげたの!」

『アフレコ秘話』の時、

置鮎龍太郎さん「あれ、美味しいよね。黄色いちっちゃいの。」
高橋直純さん「ピーマンですね。」
川村万梨阿さん「アクラム様(置鮎龍太郎さん)はね、びわとピーマンをかけたんだよ!」
中原茂さん「今ね、ウチの近くに(びわが)なってね。鳥が沢山飛んでる。それで、鳥の名前は…」
高橋直純さん「(すかさずツッコミ)うるさいわ!」

とか(笑)。

置鮎龍太郎さん「アフレコじゃないですけど、ネオロマで当時、違う同士の作品でコラボした。僕はね、行って(出演して)ました。(「置鮎龍太郎さんが一番最初に「ネオロマンスイベント」に初出演されたのは2003年5月に行われた「『ネオロマンス・フェスタ5』in横浜1日目」のイベントの事です。)みんなね、(ドラマ中に)アドリブを始めたんです。そして、(ドラマ中に)アドリブを(一番最初に)始めたのは茂さんです!(中原茂さんは「ネオロマンス・フェスタ5」のドラマ中にも確かに誰よりも早くに一番最初にアドリブを始められましたが、中原茂さんがドラマ中にアドリブをされるようになった一番初めのイベントは2001年3月に行われた「ネオロマンス・フェスタin大阪」の時です。)」
中原茂さん「記憶にありません。」
保志総一朗さん「中原さんは無邪気にやってるんですけど、中原さんはなんでイベントだとテンションあがっちゃうの。」
中原茂さん「楽しいからだよ。」
置鮎龍太郎さん「鬼(石井康嗣さんと川村万梨阿さんと浅川悠さん)しゃべれ!」
保志総一朗さん「アフレコって現場に行くと、えらい食料が(ある)。食べ物に苦労しなくて宮田(幸季)くんが何故か僕に取ってくれた。」
置鮎龍太郎さん「僕はよく(その場面を)見た。」
中原茂さん「それはね。保志くんはどんどん鮮度が落ちてくからだよ。栄養補給。」
(次に浅川悠さんが話されていらっしゃる時にボールペンを落として書き留められませんでした。ごめんなさい!)
高橋直純さん「やった。やった。やった。」
川村万梨阿さん「こざかしかった。」

とか。

中原茂さん「『(アニメ遙なる時空の中で)八葉抄』の時、各キャラの(話の)時、鷹通の『母上』をね。
ともちゃん(亡き川上とも子さん)が、『中原さん何十何回「母上」って喋りましたね。』って数えてた!」
石井康嗣さん「だけど、アフレコの時くらいだね。集まるのは。」
石井康嗣さん「覚えてるのは低い天井の1人収録。天井が低いなって印象しかない。」
高橋直純さん「秘話ってね。こんな感じ。」

とか。

『キャラクター分析』の時、

中原茂さん「僕、『鬼祭』での前にいろんな事あって。本当はね。鷹通(中原茂さん御自身)は争いがキライでね。」
中原茂さん「本当はね。『鬼祭』を外から見たかった。お茶とか用意して貰ってね。」
石井康嗣さん「ふざけるな!コチラから言わせると、『鬼祭』に出してやってる!」
高橋直純さん「あざーす!」
保志総一朗さん「あざーす!あざーす!」
(中原茂さんは、ほんのちょっぴりだけ『シュン…』としょんぼりされる御様子でしたが、間髪入れずに高橋直純さんと保志総一朗さんが場のフォロー(?)をされたように思いました。その間に中原茂さんも元気を取り戻されました。)
保志総一朗さん「イノリは直ちゃんにシンクロしてる。」
高橋直純さん「しねーよ。」
保志総一朗さん「永泉と鷹通はシンクロしないじゃないですか。」
置鮎龍太郎さん「永泉の『えい!』って掛け声ね。『勝てるう!』って感じた。」
観客「(笑)」
置鮎龍太郎さん「あと、シリンと万梨阿さんも被る。」
置鮎龍太郎さん「今日もセクシーだね。(置鮎龍太郎さん、川村万梨阿さんの胸元を見る。)」
浅川悠さん「やめろー!」
川村万梨阿さん「中原さんが『生まれ変わったら「土蜘蛛」になりたい。』って言ってた。なんで?」
中原茂さん「『土蜘蛛』はねえ。土が分かるんだよ。色んな土をねえ…」
川村万梨阿さん「(すかさずツッコミ)止(や)めていいからね。」
(中原茂さんと保志総一朗さん『ピコピコ』とボタンを押す。)
高橋直純さん「こんな弱い八葉は早く去れー!」

とか(笑)。

夜の部は、

(昼の部&夜の部に置鮎龍太郎さんは『アクラムさん』のコスプレをされていらっしゃり、夜の部は肩に『黒麒麟』を乗せていらっしゃいました。)
(高橋直純さんが話されていらっしゃる時にボールペンを落として書き留められませんでした。ごめんなさい!)
中原茂さん「(とても可愛らしい声で)黒麒麟だよ♪」
置鮎龍太郎さん「(苦笑しながら)それは?誰?」
中原茂さん「(とても可愛らしい声で)黒麒麟だよ♪」
高橋直純さん「はい♪こんな面白い方達とね。昼(の部)大変だったよね。」
中原茂さん「(とても可愛らしい声で)もっと大変になるよ♪」
(保志総一朗さんの言葉を書き留められませんでした。ごめんなさい!)
置鮎龍太郎さん「保志くんがね、黒麒麟を黒龍だって言ったよ。」
中原茂さん「(とても可愛らしい声で)黒麒麟だよ♪」

とか(笑)。

「イベント秘話」の時、

置鮎龍太郎さん「前回、京都(『遙か十年祭in京』)で遙か盛り上がりましたけど、翌日遅刻多かったね!」
浅川悠さん「ほっしー。」
置鮎龍太郎さん「お前だよ!」
中原茂さん「保志くんはね、いろいろ遅刻したよね。大阪の時にね。新幹線に遅刻したよね。マネージャーが『来ないんです。』って言った。」
中原茂さん「あとね、大阪公演でね。歌ってる時にね。途中2番目の時歌わなくなってサビの時に歌ったよね。(舞台を)はけた時、みんな『どうした!?』って言ったら、保志くん、『さあ?』って。」
石井康嗣さん「『遙か十年祭(in京)』の時に誰かがね舞台から落ちたんだけどね。俺だった。」
置鮎龍太郎さん「川村さんのマイクが口紅付いてセクシーだね♪」
浅川悠さん「一番楽屋で話が盛り上がったのは老眼だね。」
高橋直純さん「スタッフがね、ガムテープで『これでつまずきませんよね。』って。」
中原茂さん「でも、綺麗にしてても平地で転倒するからね。」
置鮎龍太郎さん「あと、文字が大きくないと見えないよね。」
中原茂さん「でも、文字が大きいとページ数が多くなるよね。」
中原茂さん「マンゴーがね、僕が好きなの。あとね、イチゴでね。」
川村万梨阿さん「石田さん。」
石井康嗣さん「僕は石井だよ。」
川村万梨阿さん「ああ、すみません。」
保志総一朗さん「大丈夫だよ!」
中原茂さん「保志くんが突っ込むなんて!」
置鮎龍太郎さん「保志くんはね、御弁当を2つ持ってったよね。」
保志総一朗さん「夜にね2つ(御弁当を)食べました。」
保志総一朗さん「ヤバイよね。」
置鮎龍太郎さん「保志くん昼にスタッフの弁当食べちゃったよね。」
(そういえば、昼の部公演終了後、私は体調が悪くてスタッフさんに許可を貰ってスタッフさんと一緒にエレベーターで2階のロビーに降りた時、
スタッフさんが間違えられて1階を押されたので1階まで間違えて降りてしまいました。その時、1階で慌てた様子で御弁当を1個持って走ってきた女性スタッフさんとすれ違いました。)
保志総一朗さん「中原茂さんに憧れてた筈なのに、同じ(舞台に立てるよう)になっちゃった。」
浅川悠さん「お館さま(置鮎龍太郎さん)は好きな動物って何ですか?」
中原茂さん「(とても可愛らしい声で)黒麒麟だよ♪」
高橋直純さん「乗っかってる。乗っかってる。いつも乗っかってる。」
浅川悠さん「置鮎さんが好きな動物って?」
置鮎龍太郎さん「猫だよ。」
石井康嗣さん「(猫なで声で)『可愛いね♪』って猫なで声だすの?」
置鮎龍太郎さん「こっから見るとオネエみたいだよ。」
浅川悠さん「アクラム様(置鮎龍太郎さん)おトイレとかちゃんと出来るし…」
(カンカンカーン!とゴングの音が鳴る。)
高橋直純さん「後半は誰もボタンを押してくれませんでした!」
観客「(笑)」
川村万梨阿さん「なんか温泉に来たみたい。」
中原茂さん「温泉旅行か。いいなあ〜。温泉いいよね。」
高橋直純さん「立ち位置はアッチです。(次が八葉3人(イノリくん役の高橋直純さん、藤原鷹通さん役の中原茂さん、永泉さん役の保志総一朗さん)で『遙かなる時空の中でUltimate』のゲームの宣伝の為の指示でした。)」

とか(笑)

『遙かなる時空の中でUltimate』のゲームの宣伝の終わりの時、

中原茂さん「うーん。やっぱー『遙か』は楽しいなあー!」
保志総一朗さん「DJ風に、以上!『遙かなる時空の中で』でした!」
高橋直純さん「(女性風に)以上です♪」

とか。(苦笑)

ドラマの時は、中原茂さんが役に生きる藤原鷹通さんは、今回主役が敵側の鬼達なので、割りと控え目に真面目な感じがしました。

歌の時、

昼の部は、
中原茂さんが役に生きる「遙か1」の藤原鷹通さんの「青葉時雨に佇んで」の歌を唄われた時、静かに熱く語るような感じがし、唄われた後、
藤原鷹通(中原茂)さん「神子殿。鬼達が京を支配しようとしています。私はメガネパッチンをしようと思います。」
観客「(笑)」

とか。(苦笑)

夜の部は、
中原茂さんが役に生きる「遙か1」の藤原鷹通さんの「風待ち月に吹く風は」の歌を唄われた時、爽やかに熱く語るような感じがし、唄われた後、
藤原鷹通(中原茂)さん「神子殿!神子殿!私は超ランデブーしてます!私は!私は!『メガネ祭り』を希望しています!『メガネ祭り』を!『メガネ祭り』をー!」

とか。(苦笑)

エンディングの時、

昼の部は、
藤原鷹通(中原茂)さん「貴女の話す声。笑い声をこうしてソバで聴いていられるとても素晴らしい時間でした。また是非、御一緒させて下さい。」でしたが、

夜の部は、
藤原鷹通(中原茂)さん「貴女と過ごす時は、あっという間で離れがたいです。どうか、気を付けてお帰り下さい。」でした。

そのあと、アンコールがあったのですが、字数制限に引っ掛かりましたので続きます。

No.3165 - 2018/05/29(Tue) 15:46:37
「ただ風の中で」voL,181回オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんにちは!
「ただ風の中で」第181回目の放送が無事終了いたしました。
今回は如何でしたでしょうか!?
さて次回も「言霊の行方」では皆さんから頂いたメールを紹介させて頂いております。
そして新エッセイ 往く雲の如く【レザーを巡るエッセイ&ストーリー】〜アメノスパッツィオ〜。
仲垣くんと初対面した時などは懐かしいですねぇ。
こちらもお楽しみに!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」182回目のオンエアーもお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!

No.3163 - 2018/05/23(Wed) 16:57:45
「ただ風の中で」voL,180回オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんばんは!
「ただ風の中で」第180回目の放送が無事終了いたしました。
今回は如何でしたでしょうか!?
さて次回の「言霊の行方」では皆さんから頂いたメールを紹介させて頂いております。
そして新エッセイは 往く雲の如く【レザーを巡るエッセイ&ストーリー】〜アメノスパッツィオ〜です。
「往く雲の如く」は連作として何作かあるんですが、まずは、これから聴いて頂こうと思い、まずこの作品からとなりました。
こちらもお楽しみに!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」181回目のオンエアーもお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!

No.3162 - 2018/05/17(Thu) 23:21:12
「ただ風の中で」voL,179回オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんにちは!
「ただ風の中で」第179回目の放送が無事終了いたしました。
今回は如何でしたでしょうか!?
さて次回の「風の記憶」では前回に引き続きまして勝手にスペシャルと題しまして、松山千春さんの曲を2曲お送りいたします。
「良生ちゃんとポプラ並木」&「雪化粧」
クゥ〜ッ!
是非お聴き下さい。
そして「ただ風のように語ろう」では、「バーテンダー」の事について語らせていただいております。
こちらもお楽しみに!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」180回目のオンエアーもお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!

No.3161 - 2018/05/10(Thu) 17:46:00
「ただ風の中で」voL,178回オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんばんは!
「ただ風の中で」第178回目の放送が無事終了いたしました。
今回は如何でしたでしょうか!?
さて次回の(もう今日ですが)「風の記憶」では勝手にスペシャルと題しまして、松山千春さんの曲を2曲お送りいたします。
「足寄より」&「ピエロ」
懐かしぃ〜!
是非お聴き下さい。
そして「ただ風のように語ろう」では、「宿」の事について語らせていただいております。
こちらもお楽しみに!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」179回目のオンエアーもお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!

No.3160 - 2018/05/04(Fri) 00:10:49
「ただ風の中で」voL,176回オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんばんは!
「ただ風の中で」第176回目の放送が無事終了いたしました。
今回は如何でしたでしょうか!?
さて次回の「ただ風のように語ろう」では作家「菊地秀行」さんの事について語らせて頂いております。
いやぁこの方の著書も数多く読ませて頂きました。
そしてエッセイ「風のように光のように〜歌と漂白の日々〜」
残すところ今回も含めて2回となりました。
最後まで御付き合い頂ければ幸いです・・・

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」今晩177回目のオンエアーもお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!

No.3159 - 2018/04/19(Thu) 00:17:13
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 30 >> | 過去ログ ]