[ 掲示板に戻る ]

過去ログ閲覧モード

(No Subject) / Zephyr Azure
はじめまして。Zephyrと申します。実はね、ここに来るのは、初めてではないです。でも、書き込むのは確かに初めてです。日本人ではないので、うまく正しく書けないと恥ずかしいとずっと心配しています。でも、今日は必死の決心を持って書き込むことにします。誕生日の力だかもしれないと思っています。今日は私の誕生日です。ちょうど中原さんの誕生日と一週の差があります。来週の月曜日に中原さんに「お誕生日、おめでとうございます」とをきっかけに挨拶するつもりでした。しかし、その日は期末試験があるので、学校に泊まらなければなりません。ですから、その代わりに、自分の誕生日この日にここに来て挨拶するのをいい記念とすることにします。

私は「遥か」で中原さんの声が好きになりました。鷹通殿の真面目さと優しさが大好きです。そして、「青の軌跡」シリーズを聞いて、中原さんしかso vividlyカイのことを表せる人がいないと思い、中原さんのファンになりました。(二つの英語の言葉を使うのはごめんなさい、日本語でどう表すのかよくわかりません。)

今日は私にとって、本当に不思議な一日ですね。誕生日に就職面接を受けに行って(午後4時)、そして、好きなお声優さんのサイトで書き込みます(今)。

大学四年生の私にっとて、これからの人生はまだXです。でも、夢と勇気を持って歩いていきます。中原さんの声も私の力の元です!

あ、少し疲れました。ここまで書きます。バースデー・ケーキを食べに行きます。家族のみんなは待っていますから。

最後、Best Wishes for中原さん in 2007 and all the following years! !

(P.S. 何か変な言い方、文法の間違いがあったら、申し訳ありません。ぜひお許しください。去年の12月に2級の日本語能力試験を受けました。これからも頑張って日本語を勉強します。)

No.57 - 2007/01/15(Mon) 21:51:51
(No Subject) / 飯島なな★
はじめまして。お邪魔致します!皆様こんばんわ><
わたしはドラゴンボールの腎臓人間17号のキャラがとても好きです。
本当に若々しくって、お声素敵ですよね。
ビバヒルのブランドンのちょっとすっとぼけたキャラの感じもとてもいい感じでした★
これからも体調にきをつけて頑張ってくださいね★

No.56 - 2007/01/15(Mon) 04:49:31
初めて書き込みます。 / 長月 螢
皆さん、初めまして。
長月 螢(ながつき けい)といいますm(_ _)m

きっと、初めて中原さんの声を聞いたのは、幽白の妖孤蔵馬だったと思います。
母がビバヒルを好きで、隣りでブランドンの声を聞きながら「これが妖孤の声か〜」なんて考えていました。

中原さんのことが、すごく好きです。
メールやお手紙などで何度も言っているのですが(^-^ゞ、
こんなに好きになったきっかけは、2003年春のネオロマライブでした。
ステージまでの距離は変わらないのに、中原さんだけがなぜか近くに感じられて、キラキラと輝いて、眩しかったから。

明日は幸鷹さんのお誕生日です。
中原さんのお誕生日も、もうすぐですね♪
中原さんのお誕生日には、またここに書き込めるといいな、と思います。

皆さま、これからよろしくお願いします(*^-^*)

No.55 - 2007/01/14(Sun) 21:31:37
「岡山のおじい」 / 中原茂

それは「衝撃的」だった。

今回のバ−ゲンの中での目玉ともいえるショップ群を見終えた僕は,近くまで来ていたという理由だけで、久しぶりに「その店」を覗こうと、エレベ−タ−のボタンを押していた。
そこは隠れ家的な店で,仕入れているブランドも、あまり、というか、殆ど巷では知られていなかったりするのだ。
その殆どがジャパニ−ズブランドであるという事実に,その店の拘りを垣間見る事が出来る。
以前ここで(開店して間もない頃),イタリアンブランドの物凄い味わいのある鞄に目を奪われ、気持ちが「購入」する方に少し傾いた事があったのだが、
その時は何度か足を運ぶだけに留まっていた。
今ひとつ決め切れなかったといったところだろうか。

自分の好むレザ−物がそうない割りに僕が時々ここを訪れている理由は「目が釘付け」になる「作品」がさりげなく配置されていたりするからかもしれない。
ただ,そのような、ある意味常識を覆すような、デザインが秀逸で奇抜な「作品」とは滅多にお目に掛かれないのも事実だ。
だから,そんな物を目の当たりにしたときの衝撃は計り知れないのだ。

「ん?」
入った瞬間気が付いていたのだが,取りあえず店内を一周してみる。
幾つかの商品の説明を顔見知りのスタッフから受けながらも,僕は、自分の意識が急速に、先程見た「ある物」へ向かって行くのを感じていた。
マネキンに手を伸ばし「これは凄いですねぇ・・・」
「これは,ネクタイですか?」「ええ,でも、スト−ルと思っていただいてもいいかもしれませんね」「いや,しかし・・・これは凄い」
「あとは,ベルトのようにですとか、鞄などに、まぁアクセサリ−的な使い方をされてもいいと思いますよ」
「・・・・・」
「三点入って来たんですが,それが最後の一点になります」

幾つかの異素材を組み合わせ,埋め込み、丁寧且つ丹念な縫製を施された「逸品」は、ネクタイという一般的な言い方の範疇には納まり切らない芸術品の域に達しているように感じられた。
聞くと,岡山に住む、高齢の職人さんが一人で創られた物らしい。
「これだけの素材と、手間の掛かっている事を考えると、〜万円という値段でも安すぎるかもしれないですよね」
どの位,それに触れていただろう。
結局僕はその時,自分の首にそれを巻いてみる事もせずに「至急考えてみます」と店を後にした。
あの時の僕には,自分がまだ試した事のない未知のファッションに対する「畏れ」があったのだ。

そして一週間程経ったある日。
僕はあの「逸品」に再び会う為,彼の地を目指していた。
「一度巻いてみて」とは思っていたのだが,本当はもう決断していたのだ。
ただ,土日を挟んだ為、売れてしまっている可能性はあった。
店に入ると,もう一人の顔見知りのスタッフが「お久しぶりです」と声を掛けてきた。
「うわ〜っ,これどこのですか!?」
僕の着ているレザ−ジャケットを見るなり感嘆の声を挙げる。
「あれを巻いてみたいんですけど」
「あれ,いいですよね!・・・あっ、ジャケット掛けておきますので」
「ちょっとしっかり見させて貰ってよろしいですか!?」
「わぁ,これはもう芸術ですねぇ!!」
彼と話しながら僕は思っていた。
この,首にル−ズに巻かれている「逸品」もまさに「芸術品」なのだと。
「服がその人の何かを表す」
身に付けた物が,単なる物でなくなる時は確かに在るのだと思う。
それは日々の暮らしの中でも。
今回,かの「逸品」を身に付けた時、当初考えていたのとは異なる、上から下までのコ−ディネイトが頭に浮かんでいた。
これは僕の「決意表明」だ。
どんな言葉よりも雄弁な。

外に出た時,幾らか高揚している自分が何故か誇らしかった。
新年に相応しく,清々しい気分が僕を包み込んでいる。

事務所の新年会が明日に迫っていた・・・

No.54 - 2007/01/14(Sun) 02:20:31
寒いですねぇ・・・ / 中原茂
るりをさん,ようこそ。
「幽白」で僕の事を知られたとの事。
「バロックパ−ル」そのように言っていただけて嬉しいです。
これからも気軽に足をお運び下さいネ・・・

それでは又!!

No.53 - 2007/01/14(Sun) 02:09:40
おひさしぶりです。 / ゆやま ひろ
中原様、みなさま、こんばんは。
そして、大変遅くなりましたが(汗)あけましておめでとうございます。

ここでは、大変ご無沙汰しています、ゆやまです。(まっしー姉です(笑)
時々、お邪魔はさせていただいているのですが、なかなか書き込めず・・・。
すみませんです。弟共々、相変わらずです(苦笑)

去年は、遙か祭に参加しまして、久しぶりに中原さんの生の歌声を聴き、
弟と、惚れ惚れしておりました(今さらな話題ですみません(−−;
今年も、素敵な歌声を聴かせてくださいね。
もちろん、歌声だけでなく、いろいろなナレーションや、アニメ、
ゲームなどで、中原さんのお声を聴けることを楽しみにしています。

本年が、中原さん、皆様にとってよいお年になりますように。

No.52 - 2007/01/13(Sat) 22:03:55
はじめまして! / るりを
中原さん、皆様、はじめまして&あけましておめでとうございます☆
幽遊白書の妖狐で初めて中原さんを知り、青の軌跡のカイでノックアウトされました!
青の軌跡シリーズは、4作目の「バロックパール」から聞いたのですが
シリーズである事も原作も全く知らず、なぜか魅かれるように衝動買いをしたことを覚えています。
これも何かの巡り合わせだったのでしょうか!
「バロックパール」では、中原さんの演じるカイとイシスに出会え、
本当に2人が別人としているように感じ、とても感動致しました!!

可愛い役から落ち着いたナレーションまで、幅広く活躍される中原さんを
これからも応援させて頂こうと思っております!
中原さんにとって、皆さんにとって、良い1年になりますように☆
それでは失礼致します。

No.51 - 2007/01/13(Sat) 15:22:59
とても遅くなりましたが / chibinuku
中原さん、皆様、明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ご挨拶が遅れてしまったので旧正月にご挨拶をしようかとも思いましたが
今年の旧正月は2/18なので(…遅すぎ)今日ご挨拶に参りました。

あいさつ文、ショートエッセイ、そして掲示板。
数日のうちに次々とUPされ、嬉しい気持ちでいっぱいです。
あいさつ文、ショートエッセイでは、とても大切な気持ちを頂き
掲示板ではいつも安らぎを頂いています。
これからもessenceで心地良い風を感じながら
皆様と楽しい時間を過ごしていきたいと思います。

4月で25周年を迎えらる中原さん、そして皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

それでは、失礼致します。

No.50 - 2007/01/12(Fri) 03:33:36
「毎日の服選び」 / 中原茂
僕にとっての冬は華やいだ季節だ。
毎晩幾つかの天気予報をチェックし,天候によってインナ−とアウタ−、及び、鞄と靴を決めていく。
細かい事を書くと,風が冷たいとか、強いとか、雲が多いとか、晴れているとかによって、同じ気温でも体感温度が全く変わってくるので侮れないのだ。
雨の日は大概自慢のレザ−達はお休みという形を取っているのだが,最近では服か靴か鞄のどれかで、雨の日でも大丈夫なような仕様の物を準備しているので、案外ワイルドに着こなしたりしていると思う。
だいたいが前の晩に,クロ−ゼットから出し、掛けておくのだが、次の日に時間の余裕がある時は、当日揃えたりもする。
やっかいなのは,頭の中でシュミレ−トしていた組み合わせが巧くいかなかった時だ。
色が合わなかったり,素材感がズレていたり。
そういった時は,あまり最初に選んだ物に拘らず、ベ−シックな物に返るようにしている。
それでも時々,悩みに悩みぬき、予定の時間をオ−バ−、何て事もあったりするのだ。(不思議と仕事の時にはこうはならないのだが)
逆に,考えてもいなかった組み合わせが嵌る事もあり、そんな時は密かにガッツポ−ズをとっていたりもする。
小学生の時,僕は前の晩に次の日の用意がちゃんと出来ない子供で、毎日・毎日、バタバタしていたように思う。
それが今では,前の晩に用意をしていないと落ち着いて眠れない程になってしまっいるのだ。
夜中に何度も「いや,やっぱり靴は・・・」とか「・・・うん、あっちのコ−トにしよう」とか、出したり入れたりしている様は、ちょっと他の人には見せられないだろう。
だって,きっと、もっとブツブツ言いながらクロ−ゼットの前で様々な思いを巡らせているのだろうから。

クロ−ゼットを開け,素早く頭で組み合わせてみる。
「よし!これでいこう」
決めた後は,何故か何時も、心が穏やかになるのだ。

靴を玄関に出し,その足でキッチンへ。
これも何時ものように,珈琲を淹れる。(いれるといってもインスタントなのだが)
クリ−プとアカディをたっぷりいれた僕だけのスペシャルだ。

息を吹きかけながら一口。
「うん,美味い」

いつもの夜が,淡々と終わろうとしていた・・・

未久さん,ようこそ。
「遙か〜」で僕の事を知られたとの事。
バサラ3は僕も楽しみです。
これからも気軽に遊びにいらして下さいネ・・・

真中さん,ようこそ。
どのキャラクタ−でファンになっていただけたんでしょうか?
「直筆メッセ−ジ」や「エッセイ」などの感想も是非お聞かせ下さい。
これからも気軽にお越し下さいネ・・・

ハクさん,ようこそ。
ガンダムWで僕の事を知られたとの事。
ここには中国の方もよくいらしていただいてるんですよ。
これからも気軽に足をお運び下さいネ・・・

それでは又!!

No.49 - 2007/01/11(Thu) 01:21:15
お言葉に甘えて / はな
遊びに来ました☆
今日はLaLatvでビバリー見てこの後5時半より遥かをキッズステーションで見る予定です♪
フレンズはあまり見てないんでこれから見る努力を…タイミング悪いのか見ても中原さんの声聞けずが何度もありました。是非聞いてみたいです。

No.47 - 2007/01/11(Thu) 01:13:00
全2014件 [ ページ : << 1 ... 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 >> ]