Shigeru Nakahara official fan site


クリスマスイブに寄せて。 / 中原茂
皆さん,こんにちは!
今宵は一年に一度の「聖夜」ですねぇ。
それぞれの「イブ」&「クリスマス」をお過ごし下さいね。
何か何歳になっても気分が晴れやかな気持ちになりますよねぇ,クリスマスって。
ウキウキドキドキしてくるのは何故でしょう!?ハハハハハハ・・・・・
街のイルミネーションもとてもキラキラしていて。
幸せな気分にさせてくれるクリスマスに感謝!

皆さん!ベリーメリークリスマス!!

それでは又!!

No.2904 - 2015/12/24(Thu) 11:37:21
「想い出はミルフィーユ」 / 中原茂
「メリークリスマス!」
扉を開けると店のスタッフのFくんに声を掛けられた。
「そうか,もうそんな時期かぁ・・・」
「2階空いてる?」「勿論です」そんな会話を交わし、狭い階段を上り、いつもの席に着く。
もうこの空間は,まるで自分の書斎のようだ。
オーダーはいつも決まっているので,私が先に何か言わない限り、スタッフが注文を聞きに来る事はない。
暫し「静寂」の中に身を揺蕩(たゆた)わせる。
ノートPCをセットし,ハードカバーを取り出すなどの用意が整った頃、スタッフが階段を上る音が聞こえてきた。
「クリスマスかぁ」
その呟きと共に,私の思考は私の内部へと、深く潜行していった・・・

あれは何時のクリスマスだったか。
幾つかの情景が想い出と共に脳裏に蘇ってきていた。

「ねぇ,やっぱりクリスマスにはグリューワインを飲まないとね」
とその時君は私に言ったのだ。
「ホットワインの事?」
「う〜ん,ちょっと違うかなぁ・・・まぁ飲んで見てよ」
そんな話をした年のクリスマスイブ。
私は君と連れ立って、横浜の赤レンガ倉庫で開催されている「クリスマスマーケット」に出掛けた。
屋台が沢山連なっている中,グリューワインの屋台で早速飲んでみたものだ。
「うん!スパイシーで、身体の芯から温まる感じで美味しいね!」
微笑む君の横で,私はその味をしっかりと五感に染み渡らせようとしていた。
本場ドイツのクリスマスマーケットをそのまま持ってきたというふれ込みのその場所で,私達は、ソーセージやプレッツェルを食べ、グリューワインをおかわりしながら特別な夜「聖夜」を満喫していた・・・

「海の近くがいいなぁ」
という君のリクエストに応え,海が真正面という宿を取った。
君は大きな窓から見える雄大な海原を飽きる事なく見つめていた。
「ありがとう」
宿に着く直前までは何か些細な事でケンカをしていたのだが,海を見た途端、コロッと心境が変わったようだ。
徐々に陽が傾いていく様を,君と私は穏やかに、お互いの中に刻み込もうとしていた。
君と私を優しく包み込みながら,和やかに「聖夜」が舞い降り始めていた・・・

「山の方で寛げる場所をチョイスするか」
途中までは和気藹々だったのだが,やはり何か些細な事でケンカをしてしまい。
でも,宿から見える雄大な富士山を見た途端、君は興奮しながらカメラのシャッターを切り続けていた。
昼食の時にはご機嫌で。
そんな君をみるのが私はとても好きだった。
「こういう宿でのクリスマスもとてもいいよね」
ゆるりとした散策も,いい想い出として、私の中に静かに降り積もっている・・・

「あのぉ・・・」
という声に我に返る。
「まだ試作段階なんですが,もしよろしければNさんに食べていただければと思いまして」
「ありがとう。いいのかなぁ,俺が頂いてしまっても」
「ハイ。それでご感想もいただければ嬉しいとKが申しておりましたので」
「うん。じゃあ遠慮なく」
目の前のデコレーションを施された皿に載っていたのは「ミルフィーユ」だった。
崩れないように,ナイフとフォークを丁寧に使う。
一口。
その瞬間に思っていた。
そう,まさに君と紡いできた一瞬一瞬の時は、このミルフィーユのように何層にも何層にも複雑に重なり合い、とても一言では言い表せない、繊細で得も言われぬ、深い味わいを醸し出しているのだと。
「想い出はミルフィーユかぁ・・・」
そんな事を思いながらスタッフと話していると,階段を上る音が聞こえ。
「ごめんね遅れて」
と言うやいなや「あっこれ私も食べたい,Fさん、私もこれ下さい」
「承知いたしました。少々お待ち下さい」
「あっ下で今,Kさんと少しお話し出来たんだけど・・・」
君の声が私の中で綺麗に心地よく響いている。
君と私の時はまだまだ紡がれ始めたばかりなんだ。
これからも,この「ミルフィーユ」のように二人の時を重ねていこう。
二人のこれからに幸あらん事を。
ベリー!メリー!クリスマス!!

No.2903 - 2015/12/24(Thu) 11:23:00
「ただ風の中で」voL,56オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんばんは!
「ただ風の中で」第56回目の放送が無事終了いたしました。
さて今回は如何だったでしょうか!?
浅野修さん後編では,又実に様々なお話しを伺う事が出来、深いお話しもとても興味深く聞かせていただきました。
僕としては「ただ風の中で」での本年度ラストの回をこのような形で締めさせていただいてとても良かったなと思っております。
リスナーの皆さんには大変お世話になりました。
この一年大変感謝しております。
又来年も変わらずの放送を続けていきたいと思っておりますので,何卒よろし
くお願いいたします!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
そして,梶山の「ブラボーファンキーボイス」へと続くわけですが、この連携が今後どのように取れて、何か新しい風を吹かせる事が出来たりしたら最高だなぁなどとも考えたりもしています。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」次回voL,57の放送もお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!!

No.2902 - 2015/12/23(Wed) 18:51:40
ちょっとお知らせ。 / 中原茂
FM・JAGAのHPに久しぶりに自分の写真を載せていただきました。
本当に久しぶりなので一度覗いて見て下さい。
それから対談させていただいた浅野さん宅の裏山の紅葉の見事だった事。
こちらも是非。

それでは又!

No.2901 - 2015/12/17(Thu) 17:23:13
「ただ風の中で」voL,55オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんばんは!
「ただ風の中で」第55回目の放送が無事終了いたしました。
さて今回は如何だったでしょうか!?
「風の記憶」では、あの一世を風靡したヤマハのポピュラーソングコンテスト、通称「ポプコン」からの珠玉の一曲「サルビアの花」をお届けいたしました。
僕にとっては,僕等の世代にとっては、紛れもない青春の一曲として今も自分の中に生き続けている曲の一つだったりします。
「ポプコン」からは本当に沢山の名曲が生れたと思います。
そのアーチストがプロになった,ならなかったは別として。
これからも自分の中できっと生き続ける事でしょう・・・
そしてそして。
年末という事もあり,今週&本年度ラストとなる来週の2週に渡り「アルチザンカフェスペシャル」と銘打ち、ある方との特別インタビューをお届けしたいと思います。
なので,今週&来週は、他のコーナーは全てお休みとさせていただきます。
その,ある方とは、鎌倉在住で帯広出身の現代芸術家であり、NPO十勝めむろ赤レンガ倉庫代表も務めておられる、浅野修さんです。
自分がこの番組で対談させていただく中で初めての年上の方だったんですが,とても楽しくお話を拝聴させていただく事が出来ました。
もうもう「情熱の塊」のような方で,とてもとても気さくな方でした。
鎌倉のご自宅での対談となった訳ですが,資料も沢山用意していただきました。
収録前と後にも,本当に色々なお話を聞かせていただきました。
夕方の時間帯にお邪魔させていただいたんですが,夕方の陽光を受けた紅葉の素晴らしかった事。
僕がご挨拶をさせていただいた後に口から出た言葉が「紅葉が素晴らしいですね!」でした。
鎌倉駅からだと車でないと行けないような場所だったので,ディレクターの反町くんが車を出してくれて乗っていったんですが、浅野さんが手配してくれた駐車スペースから浅野さんのお家に行く間も、鎌倉の美しさなどのお話も道すがらしていただいていました。
19日&26日はとてもスペシャルな回となっておりますので,是非是非、一人でも多くの方に聴いていただければ幸いです。
浅野さんのトークは,後半も更にヒートアップしていきますので、前後編とも楽しみにしていただければ嬉しいです。
「人に歴史あり」とは言いますが,実際に「今」対談させていただけて、とても感謝しています。
僕は,何か、もう亡くなってしまった方が多いのですが、偉大な諸先輩の事を憶いだしていました。
そして自分の師匠といっても過言ではない、春日さんの事も。
やはりそういった上の年代の方達からお話しを伺う事は,とてもとても大切で大事な事だったのだなぁとつくづく感じいっておりました。
諸先輩方や春日さんと同じく,浅野さんからも、溢れる程の「人間力」を感じておりました。
今で会えた事に感謝です!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
そして,梶山の「ブラボーファンキーボイス」へと続くわけですが、この連携が今後どのように取れて、何か新しい風を吹かせる事が出来たりしたら最高だなぁなどとも考えたりもしています。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」次回voL,56の放送もお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!!

No.2900 - 2015/12/16(Wed) 21:21:21
「ただ風の中で」voL,54オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんにちは!
「ただ風の中で」第54回目の放送が無事終了いたしました。
さて今回は如何だったでしょうか!?
またまた間際でスイマセン。ハハハ・・・
「風の記憶」では、あの一世を風靡したヤマハのポピュラーソングコンテスト、通称「ポプコン」からの珠玉の一曲「サルビアの花」をお届けします。
知らなかったという方々には「そんな世界もあったのか!?」と驚いていただければと思います(笑)。

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
そして,梶山の「ブラボーファンキーボイス」へと続くわけですが、この連携が今後どのように取れて、何か新しい風を吹かせる事が出来たりしたら最高だなぁなどとも考えたりもしています。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」次回voL,55の放送もお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!!

No.2899 - 2015/12/11(Fri) 16:01:51
「ただ風の中で」voL,53オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんにちは!
「ただ風の中で」第53回目の放送が無事終了いたしました。
さて今回は如何だったでしょうか!?
またまた間際でスイマセン。ハハハ・・・
「風の記憶」では、やはり僕ら世代からすると涙がチョチョ切れる程のデュオ「ふきのとう」の登場です。
曲名は「やさしさとして想い出として」
いやぁこの歌もたくさん唄いました!
是非お楽しみに!!

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
そして,梶山の「ブラボーファンキーボイス」へと続くわけですが、この連携が今後どのように取れて、何か新しい風を吹かせる事が出来たりしたら最高だなぁなどとも考えたりもしています。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」次回voL,54の放送もお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!!

No.2898 - 2015/12/04(Fri) 16:24:23
「ただ風の中で」voL,52オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんばんは!
「ただ風の中で」第52回目の放送が無事終了いたしました。
さて今回は如何だったでしょうか!?
またまた間際でスイマセン。ハハハ・・・
「アルチザンカフェ」後編では,またまた船津くんに色々語っていただいております。
今迄も様々な分野で夢を持つ,パワ−溢れる若い人達と話してきましたが、本当にみんなその夢が叶うといいなぁと思います。
そうしたら俺は絶対,超常連客になるからね!
頑張れ!船津くん!!
「アルチザンカフェ」への感想等もお待ちいたしておりますので,よろしくお願いいたします。

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
そして,梶山の「ブラボーファンキーボイス」へと続くわけですが、この連携が今後どのように取れて、何か新しい風を吹かせる事が出来たりしたら最高だなぁなどとも考えたりもしています。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」次回voL,53の放送もお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!!

No.2897 - 2015/11/27(Fri) 17:21:50
「自宅カフェ」 / 中原茂
いつ頃からだろう。
以前は確かにあまり家にいるのが落ち着かず,必ず出掛けて、お気に入りのカフェを梯子したりもしていたのだ。
滞在時間は長かったと記憶している。
今はなくなってしまった北鎌倉駅すぐのカフェでは,一杯目の珈琲を飲みながら、レッツノートを開いてエッセイ等を綴った後、テラス席に移り、二杯目のミルクティーを飲みながら読書の時間を過ごしたものだ。
そのカフェのテラス席はとても気に入っていて,四季の移ろいを感じながら愛でながら、陽が傾くまで、心地良い時間を過ごさせていただいていた。
時にはそれだけに飽き足らず,地元のスタバに寄ったりもしたものだ。
北鎌倉駅のホームで帰りの横須賀線を待つ時間も好きだった。
今でも横須賀線に乗っていて,北鎌倉駅のあのカフェがあった辺りを目にすると、脳裏にテラス席の風景が浮かんでくる。
いそいそと,鎌倉に限らず自分が興味を引かれたカフェがあると、必ず訪れた時もあった。
それから自分の中の「カフェ好き」はどうやら形を変えてきたようだ。
地元のスタバには時々足を向けるのだが,その他に向かう、一番好きな「OKASHI0467」には,ほぼ「ブロンプトン」でしか訪なわない。
確かにあの頃と比べると足が遠のいている感はある。
しかし。
「まぁいいかぁ」が偽らざる自分の本音でもある。
また他のカフェに行きたくなったら行けばいいのである。
そんな事を「自宅カフェ」から外の景色を眺めながら呟いてみる。
「こうやって本を読むのをいいもんだ」
ストレートティーを口に含む。
暫し晩秋の空を眺める。
時々,鳥の鳴きかわす声が聞こえる。
綺麗で澄んだ声だ。
そう,何時の間にか、自宅の空間というものがとても好きになっていたようなのだ。
これからまだどのように変化してのいくかは分からないのだが「今そうしたいならそうしてていいんじゃない」という己の声を素直に聞きながら,この一日一日を、一瞬一瞬を、心のままに過ごしていこうと思う。
何事も縛らず,何事からも縛られず。
僕は今日もあししげく「自宅カフェ」を訪れている・・・

No.2896 - 2015/11/27(Fri) 16:38:24
「ただ風の中で」voL,51オンエアー終了! / 中原茂
皆さん,こんにちは!
「ただ風の中で」第51回目の放送が無事終了いたしました。
さて今回は如何だったでしょうか!?
「風の記憶」では長渕剛「涙のセレナーデ」を紹介させていただきました。
一発目に何をと思った時にこのタイトルが一番に頭に浮かびました。
この頃の歌達も本当にいいんですよねぇ。
そしてそして。
次回「アルチザンカフェ」では久しぶりの職人さんを取り上げさせていただきました。
場所としては2回目となる「OKASHI0467」の若きパティシエ、船津くんに登場いただきました。
彼とは店を訪れた際には,本当に色々な話をしていて、これは登場願おうと思った次第なんです、ハイ。
もう一つ,今回から読み始める新エッセイは「エトランゼ」
邦訳すると「異邦人」という意味のこの作品は,僕が2回目の台湾のイベントに出演した事を書いたエッセイなんですが、結局は、ウエブ上にはない著作の中からと思いこれに決めさせていただきました。
僕にとってもとても,この「台湾行」は、思い出深い体験となっています。
これから楽しみに聴いていただければ幸いです。

「ただ風の中で」はこれからも様々な風に自由に吹かれる番組を目指して、リスナーの皆様に届けていく事が出来ればとても嬉しいなぁと思っております。
そして,梶山の「ブラボーファンキーボイス」へと続くわけですが、この連携が今後どのように取れて、何か新しい風を吹かせる事が出来たりしたら最高だなぁなどとも考えたりもしています。
これからもですね,皆さんから番組宛のお便りを沢山お待ちいたしておりますので、何卒よろしくお願いいたします!
もうもうどのような事でも構いませんので,皆さんの声を少しでも多く聞かせていただければ幸いです。

「ただ風の中で」次回voL,52の放送もお楽しみに!

http://www.jaga.fm/

それでは又!!

No.2895 - 2015/11/18(Wed) 16:45:20
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ... 30 >> | 過去ログ ]