0421569

ヨッシーの八方掲示板(算数・数学 質問掲示板)

since 2008/03/25

旧数学掲示板のログ

使用上の注意はこちらにあります
海外からはこちらが便利

質問される方は学年(質問する問題の対象学年)を書いて下さいね。
「答えはわかっているんですが・・・」という場合は、その答えを書いてもらえると、回答しやすいです。


過去の記事のいくつかをこちらに保管してあります。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 投稿回数 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
カヴァリエリの原理 / 高2
正4面体Vが図のように宙に浮いていて、ある平面αがあるとします。このとき、Vを三角形BCD上の微小な底面を持ちαに垂直な向きの高さを持つ微小な柱に分け、それをα上に並べる。この変換により、体積は保存される。とあるのですが、何を言っているのかがよくわかりません。カヴァリエリの原理が背景にあるそうなのですが、どなたか教えていただけませんか。
No.65139 - 2020/05/10(Sun) 18:37:34

Re: カヴァリエリの原理 / 関数電卓
2次元で考えれば分かりやすいでしょう。
図の△ABC の面積は,直線αに垂直な短冊の面積の寄せ集めです。短冊の長さ(高さ)の向きの正射影は,長さを変えないので,△A'B'C'=△ABC が成り立ちます。カヴァリエリの原理そのものです。

No.65141 - 2020/05/10(Sun) 19:43:07

Re: カヴァリエリの原理 / IT
3次元で実感したかったら 爪楊枝の束を考えると良いかも知れません。
No.65142 - 2020/05/10(Sun) 19:54:56

Re: カヴァリエリの原理 / 関数電卓
> 爪楊枝の束
あ〜,分かりやすいですね〜!

No.65143 - 2020/05/10(Sun) 20:06:05

Re: カヴァリエリの原理 / 高2
ありがとうございます。つまようじでなんとなくわかりました。つまようじが円柱の透明なケースにびっしり隙間なく入っているとして、そこから飛び出たやつがあり、つまようじの底面は曲面のようになっているとします。このとき、その体積は、すべてそこからケースの底面にそろえたやつと同じ。(等積変形している)ということですか?
No.65149 - 2020/05/10(Sun) 22:44:51

Re: カヴァリエリの原理 / 関数電卓
> 等積変形している
その通りです。

No.65151 - 2020/05/10(Sun) 23:34:03

Re: カヴァリエリの原理 / 高2
ありがとうございます。問題をもう1度考えてみます。
No.65157 - 2020/05/11(Mon) 04:45:57
集合 / 中三
画像の問題がわかりません。
よろしくお願いします。

No.65136 - 2020/05/10(Sun) 17:05:59

Re: 集合 / らすかる
f(x)=x^2, A={0,1}, B={0,-1} とすると
f(A∩B)={0}
f(A)∩f(B)={0,1}

No.65137 - 2020/05/10(Sun) 17:58:05
(No Subject) / 高校生
なぜ、0<X≦1という条件になるか教えて下さい。
No.65134 - 2020/05/10(Sun) 16:36:16

Re: / らすかる
正四角錐が半径1の球に内接しますので、中心からの距離は最大で1だからです。
No.65135 - 2020/05/10(Sun) 17:01:52
代数学 / あ
1のカッコ1が分かりません。
No.65133 - 2020/05/10(Sun) 16:35:18

Re: 代数学 / IT
そのGが群であるということは、行列の加法について、ということでしょうから、

Hが加法について閉じているかどうかを調べればよいのでは。
(Gの加法の単位元がHには含まれないのでGの部分群ではないですね)

No.65140 - 2020/05/10(Sun) 18:52:35

Re: 代数学 / あ
閉じているか調べるにはどうしたらいいですか?
No.65148 - 2020/05/10(Sun) 21:58:12
(No Subject) / 高校理系
この初項の確認ってなんのためにしてるんですか??
No.65126 - 2020/05/10(Sun) 14:36:58

Re: / らすかる
その前までで
「一つ値が同じ項a[s]=b[t]があれば、そのあとの同じ項はa[s+2],a[s+4],…である」
ということがわかりましたので、あとは最初に同じになる項を見つければ一般項が求まるからです。
「最初に同じになる項」がわからないと一般項は求まりませんね。

No.65127 - 2020/05/10(Sun) 14:44:07

Re: / 高校理系
分かりました!ありがとうございます😊
No.65129 - 2020/05/10(Sun) 14:59:20
数列 / 高校理系
(2)についてなのですが問題にnは自然数とあるのにjやiは0からになるとういのが理解できません…どういう理由なのか教えて欲しいです。
No.65123 - 2020/05/10(Sun) 14:10:50

Re: 数列 / IT
例えば、1=12^0 は12=12^1の正の約数です。
No.65124 - 2020/05/10(Sun) 14:22:34

Re: 数列 / 高校理系
わかりました!ありがとうございます😊
No.65125 - 2020/05/10(Sun) 14:34:33
因数分解 / たまお
こちらを因数分解して頂けませんか。途中式書いてくださるとありがたいです。
No.65121 - 2020/05/10(Sun) 13:35:40

Re: 因数分解 / ヨッシー
因数分解より、展開の方が格段に易しいので、右辺を
 (x−y)(x+ay)
として展開し、
 x^2+(a−1)xy−ay^2
これと、
 x^2+xy−2y^2
を比較してaを決める、という方が楽です。

右辺が与えられずに、いきなり
 x^2+xy−2y^2
を因数分解せよ。という問題なら、
 掛けて −2y^2、足して y となる2数を探し
−yと2yを見つける、というのが一般的です。

No.65122 - 2020/05/10(Sun) 13:44:32

Re: 因数分解 / たまお
返事遅くなりました!
申し訳ないのですが全く分かりません。記入しわすれていましたが答えは分かっています。もう一度教えていただけませんか?

No.65130 - 2020/05/10(Sun) 15:08:51

Re: 因数分解 / たまお
答えは2です
No.65131 - 2020/05/10(Sun) 15:20:15

Re: 因数分解 / ヨッシー
であれば、出題のされ方からして、前半の解き方の方がオススメです。

aとか書くと混乱しそうなので、[ケ]のままで行きますね。
 x^2+xy−2y^2=(x−y)(x+[ケ]y)
これの右辺を計算すると、
 (x−y)(x+[ケ]y)=x^2+([ケ]−1)xy−[ケ]y^2
この
 x^2+([ケ]−1)xy−[ケ]y^2

 x^2+xy−2y^2
と一致するには、[ケ] には何を入れれば良いですか?
というわけで、答えは、上に書かれているとおり、
 [ケ]=2
です。

No.65132 - 2020/05/10(Sun) 16:29:20
中1図形です / 鉛
写真の図形です。この図形で、三角形を動かして沢山の展開図を考えるという問題なのですが、全然わかりません…考え方の基本となるような物を教えて頂きたいです。回答よろしくお願いします。
No.65117 - 2020/05/10(Sun) 10:40:24

Re: 中1図形です / X
問題文をアップして下さい。
No.65118 - 2020/05/10(Sun) 12:25:40

Re: 中1図形です / ヨッシー
組み立てて立体にしたときに、辺となる部分は、
 1.展開図のときからくっついている
 2.組み立てる時にくっつける
の2通りです。そこで図のように、元からくっついている部分を離して、
くっつける予定の部分を、最初からくっつくようにすれば、別の展開図になります。

三角形を動かすだけの変更なら、元の図も含めて、45通りの展開図が出来ます。
探してみてください。

No.65119 - 2020/05/10(Sun) 12:50:04

Re: 中1図形です / 鉛
ありがとうございます!!やってみます!
No.65120 - 2020/05/10(Sun) 13:24:44
図形と方程式 / 高校理系
(3)番のこの囲った部分の確認はなぜしなければいけないのですか??
No.65115 - 2020/05/10(Sun) 09:27:22

Re: 図形と方程式 / ヨッシー
y−2=m(x−1) では、x=1 が表現できていないからです。
No.65116 - 2020/05/10(Sun) 09:32:36
数学UB・図形と式 / はる
問)点(1, 5)を中心とし、直線4x-3y+1=0に接する円の方程式を求めよ。

という問に対し、写真の通りに計算をしたところ、円の半径の2乗が負の数という変な結果になってしまい、間違ってそうな箇所や計算ミスを探したのですが、なぜこのような答えになってしまったのかが未だに理解できておりません。
点と直線の距離の公式を用いれば簡単に答えが求まることは理解しておりますが、それを踏まえたうえで私の考え方のどこが間違っているのかをお教えいただけると幸いです。

問題の答え自体は、(x-1)^2+(y-5)^2=4 です。よろしくお願いします。

No.65105 - 2020/05/09(Sat) 17:42:46

Re: 数学UB・図形と式 / らすかる
接線の公式がpx+qy=r^2となるのは、円の中心が原点の場合です。
円の中心が(1,5)の場合は(p-1)(x-1)+(q-5)(y-5)=r^2ですから
4x-3y+1=0
4(x-1)-3(y-5)=10
(2/5)r^2(x-1)-(3/10)r^2(y-5)=r^2
これより
(2/5)r^2=13/5-1, -(3/10)r^2=19/5-5
となって正しい答えが得られます。
しかしそんなややこしいことをする必要はありません。
接点が(13/5,19/5)と求まったら、
円の方程式に代入すればrが求まります。

No.65106 - 2020/05/09(Sat) 18:22:57

Re: 数学UB・図形と式 / はる
ご回答ありがとうございます。
px+qy=r^2が原点の時の公式であるということをすっかり失念しておりました。
非常に納得できました。

また、円の方程式に入れれば求まるということも言われて気づきました。ありがとうございます。
精進します。

No.65109 - 2020/05/09(Sat) 19:09:34
(No Subject) / 高校理系
最後のb2n−1ってどこからきたのですか?
No.65096 - 2020/05/09(Sat) 13:48:39

Re: / らすかる
そこまでの議論でb[1],b[3],b[5],…がa[n]に含まれ、
b[2],b[4],b[6],…がa[n]に含まれないことがわかりましたので
c[1]=b[1],c[2]=b[3],c[3]=b[5],…つまりc[n]=b[2n-1]となります。

No.65098 - 2020/05/09(Sat) 14:29:00
大学二年、広義積分 / haruka
次の広義積分が収束する場合は収束することを示し、発散する場合は発散することを示すという問題が分からないため、教えて頂きたいです。

(1)∫[0→π]1/(1-cosx)dx
(2)∫[0→∞]x/((e^x)-1)dx

その直前の問題でcosxとe^xについてのマクローリン展開を求める問題が出ていたので(そちらは大丈夫でした)、それを利用するのかとも思いましたが全く分かりません…

ぜひよろしくお願い致します。

No.65095 - 2020/05/09(Sat) 12:50:42

Re: 大学二年、広義積分 / 関数電卓
(2)
 1/(e^x−1)=e^(−x)/(1−e^(−x))=Σ[1,∞]e^(−nx)
より
 与式=∫[0,∞]xΣ[1,∞]e^(−nx)dx
Σ と ∫ を交換して,
   =Σ∫xe^(−nx)dx=Σ{−∂/∂n∫e^(−nx)dx}=Σ{−∂/∂n(1/n)}
   =Σ[1,∞](1/n^2)
   =π^2/6

No.65102 - 2020/05/09(Sat) 15:34:01

Re: 大学二年、広義積分 / らすかる
(1)
x>0のときcosx>1-x^2/2から1/(1-cosx)>2/x^2となり
∫[0〜π](2/x^2)dxが発散するので、発散。

(2)
x>0のときe^x>1+x+x^2/2+x^3/6からx/(e^x-1)<1/(1+x/2+x^2/6)となり
∫[0〜∞]{1/(1+x/2+x^2/6)}dxが収束するので、収束。

No.65103 - 2020/05/09(Sat) 15:43:28

Re: 大学二年、広義積分 / 通りすがり
> (2)
> Σ と ∫ を交換して,

広義積分の収束すらわかってない状態で、このような交換が出来るのはなぜですか?

No.65104 - 2020/05/09(Sat) 17:40:25

Re: 大学二年、広義積分 / 関数電卓
 fk(x)=Σ[1,k]xe^(−nx)
とおくと,lim[k→∞]fk(x) は x≧0 で f(x)=x/(e^x−1) に一様収束するので,Σ と ∫ の交換が出来ます。そのことに触れなかったのは不手際でした。

No.65112 - 2020/05/09(Sat) 22:46:16

Re: 大学二年、広義積分 / 通りすがり
非有界区間での積分で、一様収束するなら極限と交換が出来るという定理はないと思います。
No.65113 - 2020/05/09(Sat) 23:13:42
通過領域 / Ran
円 x^2+y^2-2ax-4ay+10a-10=0で、aが1≦a≦2の範囲を通過するときの領域をDとする。

⑴この面積をもとめよ。
⑵C(3.6)として、P(s,t)がD内を動くとき、OP^2+CP^2の最小値と最大値をもとめよ。

と言う問題がわかりません
よろしかお願いします

No.65092 - 2020/05/09(Sat) 10:07:14

Re: 通過領域 / らすかる
(1)
図を描くと、円はaによらず(3,1)と(-1,3)を通ることがわかる
よって求める領域の面積は
(a) 円(x-1)^2+(y-2)^2=5の内部かつ円(x-2)^2+(y-4)^2=10の外部
(b) 円(x-1)^2+(y-2)^2=5の外部かつ円(x-2)^2+(y-4)^2=10の内部
の二つを合わせたもの、つまり
(円(x-1)^2+(y-2)^2≦5の面積)+(円(x-2)^2+(y-4)^2≦10の面積)
-2(2円の共通部分の面積)です。
円(x-1)^2+(y-2)^2≦5の面積は5π
円(x-2)^2+(y-4)^2≦10の面積は10π
2円の共通部分は(3,1)と(-1,3)を結ぶ線分で二つの領域に分けると
上側は円(x-1)^2+(y-2)^2≦5のちょうど半分なので5π/2
下側は円(x-2)^2+(y-4)^2≦10の中心角90°の弧と弦ではさまれる部分なので
10π÷4-(√10)^2/2=5π/2-5
よって求める面積は
5π+10π-2(5π/2+5π/2-5)=5π+10
となります。

(2)
OP^2+CP^2=kとおくと
OP^2=s^2+t^2
CP^2=(s-3)^2+(t-6)^2なので
2s^2-6s+9+2t^2-12t+36=k
整理して
(s-3/2)^2+(t-3)^2=(2k-45)/4
つまり中心(3/2,3)半径√(2k-45)/2の円
最小は円(x-1)^2+(y-2)^2=5の内側に内接するときなので、
すべての円の中心がy=2x上にあるからy=2xと(x-1)^2+(y-2)^2=5の
交点を求めることで接点は(2,4)、半径は√5/2とわかり
√(2k-45)/2=√5/2からk=25
最大は円(x-2)^2+(y-4)^2=10の外側に内接するときで、
同様にy=2xと(x-2)^2+(y-4)^2=10の交点を求めることで
接点は(2+√2,4+2√2)、半径は√5/2+√10とわかり
√(2k-45)/2=√5/2+√10からk=45+10√2
従って
OP^2+CP^2の最小値はP(2,4)のときで25
OP^2+CP^2の最大値はP(2+√2,4+√2)のときで45+10√2

No.65100 - 2020/05/09(Sat) 15:17:08
不等式と領域 / Qちゃん
実数x、yが

(x⌒2)/2-1/2≦y≦(x⌒2)/4

を満たしながら変化する。負でない定数mをとるとき、mx+yの最小値をmを用いて表せ。

z=mx+yとおきます。zが最小になるのは(-√2,1/2)を通るときか、y=(x⌒2)/2-1/2と接するときであると考えました。前者の場合、z=1/2-√2m、後者の場合、z=-(m⌒2)/2-1/2です。

-(m⌒2)/2-1/2≦1/2-√2mを計算すると、(m-√2)⌒2≧0となりますので、常に-(m⌒2)/2-1/2の方が最小値になると思ったのですが、答えは0≦m≦√2のとき-(m⌒2)/2-1/2で、m≧√2のときは1/2-√2mとなってます。答えの方が間違えているように思えるのですが、私はどこを考え違いしているのでしょうか?

No.65087 - 2020/05/09(Sat) 08:19:49

Re: 不等式と領域 / ヨッシー
>zが最小になるのは(-√2,1/2)を通るとき
これが誤りで、
zが最小になるのは(+√2,1/2)を通るとき
です。

No.65088 - 2020/05/09(Sat) 08:35:49

Re: 不等式と領域 / らすかる
例えばm=2のとき、確かに-m^2/2-1/2の方が小さいですが、
それは点(-2,3/2)でy=x^2/2-1/2に接するときの値です。
でも(-2,3/2)は条件の不等式を満たしませんので不適です。
つまり「-m^2/2-1/2と1/2-(√2)mの小さい方」という考え方ではダメで、
接点が(-√2,1/2)より左になる場合は1/2-(√2)m、
そうでないとき-m^2/2-1/2としなければいけないということです。

No.65089 - 2020/05/09(Sat) 08:37:53

Re: 不等式と領域 / らすかる
>ヨッシーさん
そこは間違っていないと思います。
m>0のとき(-√2)m+(1/2)<(√2)m+(1/2)ですから
+√2の方は最小値になりませんね。

No.65090 - 2020/05/09(Sat) 08:46:51

Re: 不等式と領域 / Qちゃん
回答してくださりありがとうございます。

x、yが不等式を満たすことから、xは-√2≦x≦√2でなければならないことから、z=mx+yとy=-(x⌒2)/2-1/2からyを消去したxの二次方程式は-√2≦x≦√2で重解を持たなければならないという理解でよろしいでしょうか?

No.65110 - 2020/05/09(Sat) 20:33:25

Re: 不等式と領域 / らすかる
はい、それでOKです。
No.65111 - 2020/05/09(Sat) 21:48:47

Re: 不等式と領域 / ヨッシー
傾きは −m でしたね。
失礼しました。

No.65114 - 2020/05/09(Sat) 23:27:22

Re: 不等式と領域 / Qちゃん
ありがとうございました。今回も助かりました。
No.65167 - 2020/05/11(Mon) 13:02:30
(No Subject) / ハレ
4枚のカードA,B,C,Dを並べて文字列を作る。はじめA,B,C,Dがこの順に並んでいる。この最初の文字列から無作為にいずれか2枚を選んで位置を入れ替え異なる文字列を作る層さえお行う


@操作を2回行うとき異なる文字列の並べ方は何通りか
A操作を3回行うとき異なる文字列の並べ方は何通りか

解説
@操作を2回行うとき異なる文字列はABCD,CABD,DACB,BCAD,BDCA,BADC,DBAC,CDAB,CBDA,DCBA,ADBC,ACDBの12通りである

A操作を3回行うとき異なる文字列は@より少なくとも12通りある。@の12通りをグループAとすると1回の操作でグループAの文字列がグループAの文字列になるものは存在しない
したがって操作を3回行った時異なる文字列の並び方は12通り



Aの解説がよくわかりません…
疑問@
なんで@の12通りをグループAとすると1回の操作でグループAの文字列がグループAの文字列になるものは存在しないと言い切れるのでしょうか。確かにすべての場合を書き出せば確実にこれが正しいかどうか言い切れますが12×4C2通りの場合を書き出すって絶対無理…。

疑問A
したがって操作を3回行った時異なる文字列の並び方は12通り
って4枚のカードの並べ方の総数-グループAに含まれるカードの並び方の総数=24−12=12通りって意味なのでしょうか?

No.65084 - 2020/05/09(Sat) 03:49:26

Re: / IT
疑問@について
大学で群論を習っておられるのなら置換群の性質として
置換が偶置換と奇置換に分かれることから言えることですが
高校数学(大学入試まで)であれば、おっしゃるとおり、そんなに簡単に言えない気がします。

(4つの要素の置換の場合、うまくグループ分けして説明すれば、一般的な場合よりは簡単に説明できるかも知れませんが)

出典は何ですか?


下記などが参考になります。
https://mathtrain.jp/permutation

No.65085 - 2020/05/09(Sat) 05:40:21

Re: / ハレ
この問題2017年の立命館大学の入試問題(文系)なんですが赤本の解説にはこう書いてありました。@の疑問は大学の数学の知識がないと無理っていうならこの問題どう解けばいいのでしょうか。あと疑問Aに関しての私の解釈はあっているのでしょうか?間違っているのでしょうか?
No.65091 - 2020/05/09(Sat) 09:58:37

Re: / IT
疑問A
>したがって操作を3回行った時異なる文字列の並び方は12通り
って
>4枚のカードの並べ方の総数-グループAに含まれるカードの並び方の総数=24−12=12通りって意味なのでしょうか?

もう少し丁寧に書くと、
4枚のカードの並べ方の総数≧グループAに含まれるカードの並び方の総数+操作を3回行った時異なる文字列の並び方の総数
∴ 24-12≧操作を3回行った時異なる文字列の並び方の総数

一方、 操作を3回行った時異なる文字列の並び方の総数≧12
よって、操作を3回行った時異なる文字列の並び方の総数=12

No.65094 - 2020/05/09(Sat) 11:22:17

Re: / 黄桃
その解答は無理があるように思います。
(@より少なくとも12通り、の根拠も曖昧。3回目の操作によって数が減る可能性がないことはそれほど明らかではないし、おっしゃるように2回目と3回目は全部異なるというのを根拠なく断定している)
文系の数学なら、きちんと(上手に)数えられるか、がポイントなのでしょう。
答だけ要求される問題なら、この解答のように「多分こう」でも合ってればそれでいいかもしれませんが、模範解答としてはまずそうです。

12x4C2通りの場合をチェックするのが確実です。例えば、次のように考えてはどうでしょうか。

@で、最初がABCDの場合に2回操作したらどうなるかのリストが
ABCD,CABD,DACB,BCAD,BDCA,BADC,DBAC,CDAB,CBDA,DCBA,ADBC,ACDB (*)
と分かっている

では、最初がABCDでなく、例えば、BACD だったら、同じように2回操作すると(Aと思ってたのをB, Bと思ってたのをAとみればいいので)、(*)でA,Bを入れ替えたものにすればいい。
つまり、BACD から2回操作したものは(*)でA,Bを入れ替えたものだから、
BACD, CBAD, DBCA, ACBD, ADCB, ABDC, DABC, CDBA, CADB, DCBA, BDAC, BCDA
になる。これをアルファベット順に並べ替えると
ABDC, ACBD, ADCB, BACD, BCDA, BDAC, CADB, CBAD, CDBA, DABC, DBCA, DCBA (**)
となる。 (**)はABCDから最初にA,Bを入れかえ、その後2回の操作をした合計3回の操作をした結果のすべてである。

同じことを4個から2個取る残りの組合せの場合について調べればいい。新しいのがでてくるかどうかだけ調べればいいので、A,Cを入れ替える場合は (*)でA,Cを入れ替えたもの、
CBAD, ACBD,... 
を順に見ていって新しいリスト(**)にあるかどうかチェックするだけで済む(チェックしやすいように(**)は辞書順に並べた)。

最終的には新しいものは出てこず、(**)だけなので、答は12通り。

#答だけ書く形式なら、2つか3つやった段階でもう新しいのはでてこないので、これで全部と推測し、12通りとしてしまうでしょう。

No.65097 - 2020/05/09(Sat) 13:59:50
数3の極限 / s
a<0でlim[n→∞](1/n!)a^n=0を示したいです。
証明)
(iii)a<0のとき

 (1/n!)a^n=(1/n!)×(-a)^n×(-1)^n
 ここで0<-aであるから(i)(a>0の時は示せました)より
lim[n→∞](1/n!)×(-a)^n=0
よってlim[n→∞](1/n!)×(-a)^n×(-1)^n
    =lim[n→∞](1/n!)a^n=0

最後のよって以下が怪しいです。
(-1)^nは振動してしまうので無視できない気がするのですが
どのようにしたら0に収束することを言えるのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

No.65078 - 2020/05/09(Sat) 01:25:38

Re: 数3の極限 / らすかる
怪しくはないですが、

> よってlim[n→∞](1/n!)×(-a)^n×(-1)^n
>     =lim[n→∞](1/n!)a^n=0


> よってlim[n→∞](1/n!)a^n
>     =lim[n→∞](1/n!)×(-a)^n×(-1)^n=0

とすべきでしょう。

0×1も0×-1も0ですから問題ありません。

No.65081 - 2020/05/09(Sat) 02:27:27

Re: 数3の極限 / s
返信ありがとうございます。
そうすると、nが整数の時は0に収束するのですね。
もし、nが任意の実数をとる時は虚数単位iが出てくると思うのですがその場合の極限はどうなるのでしょうか?

No.65082 - 2020/05/09(Sat) 02:38:20

Re: 数3の極限 / らすかる
絶対値が0に収束すれば元の値も0に収束しますので、同じです。
No.65083 - 2020/05/09(Sat) 03:05:38

Re: 数3の極限 / s
ありがとうございます
納得しました

No.65101 - 2020/05/09(Sat) 15:23:23
(No Subject) / めい
波線を引いたところの質問です。
@を満たすための条件はと書いてありますが、なぜ、この不等式が出てくるかわかりません。
よろしくお願いします。

No.65077 - 2020/05/09(Sat) 00:28:12

Re: / ヨッシー
y=f(x)=x^3−3a^2x+16
のx≧0 の部分のグラフを考えてみてください。
x=0 のとき y=16
そこから x=a まで減っていって、そのあと増えます。
(a>0 の場合)
このとき、x=a のときに、極小かつ最小値になるのがわかりますか?
その最小値が−2a^3+16 ですが、これが0以上であれば、
x≧0 の全域にわたって、yは0以上と言えるでしょう。

No.65079 - 2020/05/09(Sat) 01:47:22

Re: / めい
理解できました。ありがとうございます!
No.65093 - 2020/05/09(Sat) 10:41:17
大学1年 / 餅
2.3.4番の解き方を教えて欲しいです!
No.65074 - 2020/05/09(Sat) 00:01:53

Re: 大学1年 / 関数電卓
4.
二項定理より,
 (1+0.01)^100=1^100+100C11^99・0.01^1+100C21^98・0.01^2+…
    >1+1=2

No.65075 - 2020/05/09(Sat) 00:17:27
場合の数 / とら
(1)はこのやり方で合っていたのですが(2)はこのやり方ではできなかったのはなぜでしょうか。ちなみに答えは156個です。
No.65067 - 2020/05/08(Fri) 22:11:14

Re: 場合の数 / とら
貼れなかったので貼りなおします。
No.65068 - 2020/05/08(Fri) 22:12:48

Re: 場合の数 / IT
どういう手順で数え上げておられるか明記されてないので確実ではないですが、

0を下1桁に置く場合とそうでない場合に分ける必要があるからでは?

No.65071 - 2020/05/08(Fri) 22:39:26

Re: 場合の数 / とら
なるほど。
説明不足ですみませんでした💦

No.65086 - 2020/05/09(Sat) 06:19:08
楕円 / su
xyz空間で、平面 4 x+4y−z−85=0 と 円筒 x2+y2−15x−6y−14=0 とが交わってできる楕円の

長半径 (長軸の長さの1/2) は? また、長軸の端点の座標は?

{{x,3-Sqrt[23+15 x-x^2],-73+4 x-4 Sqrt[23+15 x-x^2]},{x,3+Sqrt[23+15 x-x^2],-73+4 x+4 Sqrt[23+15 x-x^2]}
         から 考えて下さい;

No.65066 - 2020/05/08(Fri) 21:47:32

Re: 楕円 / ヨッシー


図は、xy平面(z=0)と、平面および円筒との交線を示したものです。
平面 4x+4y−z−85=0 との交線は
 4x+4y−85=0 ・・・(i)
であり、円柱の中心 (7.5, 3) を通り、(i) に垂直な直線の式は
 y=x−4.5 ・・・(ii)
(ii) と円
 x^2+y^2−15x−6y−14=0 ・・・(iii)
との交点のx座標を x1, x2 (x1<x2)とすると、図より
 (x1, 3−√(23+15x1−x1^2), −73+4x1−4√(23+15x1−x1^2))
 (x2, 3+√(23+15x2−x2^2), −73+4x2+4√(23+15x2−x2^2))
が長軸の両端となります。

No.65073 - 2020/05/08(Fri) 23:31:24
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> | 過去ログ | 画像リスト ]