[ 掲示板に戻る ]

記事No.660に関するスレッドです

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
 
 
(No Subject) / 匿名希望 [ Home ]
認知症の母に対する傷害致死罪に問われた愛知県知多市、無職竹内一恵被告(47)の裁判員裁判の判決公判が30日、名古屋地裁であった。松田俊哉裁判長は「2時間にわたり断続的に、無抵抗の被害者に暴行を加えた」と指摘したうえで「介護を一手に引き受けたストレスが一因で、同情できる点がある」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。
 判決によると、被告は昨年5月30日、軽度の認知症だった同居の母=当時(79)=がトイレを汚したことに憤慨。頭を平手で多数回たたき、髪の毛を両手でつかんで頭を前後左右に揺さぶるなどして外傷性くも膜下出血や脳挫傷などの傷害を負わせ、7月11日、脳梗塞で死亡させた。
 被告側は公判で、暴行と死亡に因果関係はなく、傷害罪にとどまると主張。裁判長は「医師の証言などから因果関係は明らか」として退けた。
 (中日新聞)
No.660 - 2014/03/11(Tue) 21:55:39
 
 

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LF (Free) Rocket BBS