110106

官能小説書きの道化師のBBS

18禁小説サイト「家庭内盗撮の妄想」に関する感想や雑談などを、
お気軽に書き込んでいただけると大変うれしいです。

ただ、小説を未読の方がここを読まれる場合を配慮して、ストーリーのキー要素の
ネタバラシをしない書き方をしていただければ、作者としては大変助かります。

また、管理人が不適当と判断する発言(営利・宣伝目的のサイト広告、誹謗中傷、
盗撮・覗き・その他の犯罪を勧める、情報交換を求める、交際相手を募集する等を
目的とした書き込み)は、予告なく削除させていただきます。ご了承ください。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
素晴らしいっす。 / 西田三郎
「見知らぬ妻7」拝読いたしました。
せーぜつなエロの果てに、ついに現れたあの三文字。
主人公にとって、それは仮面なのでしょうか?
それとも本性なのでしょうか?

道化師さんの小説に登場する主人公は、
奥さんにひどいことをしながらも、
何故かいつも寂しく苦笑いしているような気がします。

勝手な想像でしょうか?

今後の展開にますます期待しています。
No.367 - 2006/04/05(Wed) 20:12:47
いつも、ありがとうございます。 / 道化師
> せーぜつなエロの果てに、ついに現れたあの三文字。
ネタバレ配慮のお心遣い、ありがとうございます。

実はこれを読んだ瞬間、「え、三文字? あれって関東では四文字だけど、関西では確か三文字だよな」と思ってしまいました。(自爆)

主人公にとって『お○こ』だけが本性なのだとすると、読者(特に女性読者)から「キモサブ」とか言われそうですねぇ。(笑) あくまでも本性の一部、ということでご理解を。

夏目漱石の「こころ」ではないですが、「平生はみんな紳士なんです。少なくともみんな普通の人間なんです。それが、いざという間際に、急にケダモノに変る」という事でしょうか。<話がどんどんズレていますが。(笑)

> 何故かいつも寂しく苦笑いしているような気がします。
嬉しいです、そう感じてもらえて。キャラを単純化しすぎずに、「人はエロのみにて生くるに非ず」という辺りが描ければなーと、常々感じています。精進します、ハイ。

> 今後の展開にますます期待しています。
ありがとうございます。更新のプレッシャーから開放されたので(でも、安心は禁物(笑))、西田さんの所へも伺って新作を堪能させていただきま〜す。
No.369 - 2006/04/06(Thu) 11:28:49
おひさしぶりです / yon
「嘆きのピエロ」読ませていただきました。愛する者がいなくなっていく切なさ、自分の学生時代を思い出して、昔を懐かしみました。私も高校生から付き合いだして、大学では同棲までしていたのですが、別れを迎えました。そのときの自分の気持ちがよみがえりました。遠い若き頃の思い出です。
話は全く変わって、新しい彼女ができました。41歳の人妻です。何か匂うところがあるのでしょうか、今度の彼女も見られることに感じるようです。2度ホテルでほど普通のSEXをした後、先日、彼女が私のマンションに 来たとき、全裸にしカーテンの閉まったベランダの窓で両手を上の窓枠にくくり、外に向けて大の字につるしました。時間はまだ、夜の10時です。8階とは言え、よく見れば道や向かいのマンションから見える位置です。部屋の豆球をつけて、薄明かりの状態でカーテンを開け、後ろから責めました。彼女は3度ほどアクメを迎えました。次に折り畳みベッドを部屋の真中に置いて、足を窓に向けて大の字にくくりました。その格好でフェラをさせ、指でクリを責め、イキ掛けたときに電気を明るくしました。とたんに彼女は身体をのけぞらしてイってしまいました。後で聞くとつるされるのも、縛られるのも初めてですごく興奮し、縛られて電気をつけられて時には見られるかも知れないと思うと今までにない絶頂を迎えたとのことです。次は昼間、同じことをしてやろうかと思っています。
No.363 - 2006/03/25(Sat) 18:54:44
現実が十分に「奇」なんですねー。 / 道化師
 レスが大変遅れ、失礼しました。執筆のために館詰めになっていました。というのは嘘(当たり前)で、実は、年度末に向けて多忙だったので続きが書けず、そのため自サイトのBBSなのに敷居が高くて、レスできなかったのでした。(苦笑)

> 私も高校生から付き合いだして、大学では同棲までしていたのですが、別れを迎えました。遠い若き頃の思い出です。
 私は、あの頃と自分がそれほど変わったとは感じないのですが、時は確実に、そして残酷に刻まれてゆくものですね。

> 新しい彼女ができました。
 おめでとうございます。いいなぁ。でも、私にはミーコたんがいますから。<キャラだけど(笑)

> 次は昼間、同じことをしてやろうかと思っています。
 いやー、yonさま、凄いっす。うらやましい。

 ただ、優等生的発言で恐縮ですが、各種のリスク対策には、くれぐれもお気をつけくださいね。あんな小説を書いている私が言うのもナンですが、現実に露出プレイをする時には、その事が最大の焦点になる筈です。

 破滅と背中合わせのスリル。その快楽を、愛する女性を守るという責任よりも優先させるのは危険ですよね。yonさまは、きっとその辺りは十分にお考えだと思います。

 愛する人を受け入れること、愛する人に受け入れてもらうこと、それらはきっととても相補的な事だと感じます。

 というような訳で、やっと本編の続きをリリースできました。yonさまの現実と比べられると厳しいけど、お楽しみいただければ幸いです。
No.366 - 2006/04/05(Wed) 20:11:18
初めて書き込みさせて頂きます / アッガイ
今晩は、えーと……憶えていらっしゃられるでしょうか?
前にチャットでお話ししてもらったことのあるアッガイという者です。
作品、とても素晴らしいものばかりですね!!
と言うか、道化師様は文章自体がとても面白いと言うか、小説は勿論ですが、考察(?)とか、はては、道化師様のプロフィールまで楽しんで
読ませて頂いております。
これからも、応援しております。いい作品いっぱい書いてくださいね!
No.346 - 2006/02/15(Wed) 18:39:56
楽しんでいただけて何よりです。 / 道化師
アッガイさん

カキコミありがとうございます。はい、よく憶えておりますとも。最近、私もなかなか共有チャットには顔を出せていませんが、サイトを更新できたら大手を振って(笑)行ってみようかと思っています。

> 文章自体がとても面白いと言うか、小説は勿論ですが、考察(?)とか、はては、道化師様のプロフィールまで楽しんで読ませて頂いております。
ありがとうございます。ジャンル、ストーリー、キャラクターに共感してもらえるのもですが、文章を面白がっていただけるのもとても嬉しいです。

コラムは、いくつかネタがあるのですが、なかなかまとまった形にならないのと、やっぱり一番望まれているのは小説かなぁと感じているので、少々停滞気味です。<と言いつつ、小説もここ最近はアップできてないんですが。(汗

プロフィール(69質)はサイトを開いて3ヶ月目に書いたもので、それから1年半以上が経過しているため、順次書き直し始めています。そういうところで主張しすぎるのもナンだかですけど、お楽しみいただければ結果オーライということで。(笑)

> これからも、応援しております。いい作品いっぱい書いてくださいね!
ありがとうございます。そう言っていただけるプレッシャーを楽しみながら(笑)書いてゆきます。これからも、宜しくおつき合いください。
No.348 - 2006/02/18(Sat) 19:04:08
毎日寒いですね、西田三郎です。 / 西田三郎
お世話になっております、西田三郎です。
道化師さんの小説を読んでいていつも思うのですが、

ありえないことをさもあるかのように描くのが小説なのか、
もしくは実際にあったことをさもありえないように描くのがそうなのか、

『フィクション』というものの定義に関していつも考えさせられます。
(前回、拙作に関して文学的分析を掲示板にお書きいただいたからこんなことを書いているのではないですよ、念のためw)

おそらく道化師様の作品はそのどちらでもないのでしょう。
とても不思議で、引き込まれる独自の世界にいつも魅せられています。

わたくしもいつかはこのようなテーマに挑戦してみたいと思います。自分自身を物語の中に解放して、自由に泳がせるような作品になればいいな、と考えているのですが……。

そのときは出来るだけマネシにならないように気をつけたいと思いますので暖かく見守ってください(笑)

また今年もよろしくお願いいたします。
No.336 - 2006/01/25(Wed) 02:13:35
少し風邪気味で、頭が痛い道化師です。 / 道化師
> お世話になっております、西田三郎です。
西田さんをお世話するなど、畏れ多いです。(笑)

> とても不思議で、引き込まれる独自の世界にいつも魅せられています。
ありがとうございます。
仰ってくださるように、独自の世界が形作れているとしたら、本当に嬉しいです。でも、物語はこれからが佳境。作者にとっては正念場。がんばります。

> そのときは出来るだけマネシにならないように気をつけたいと思いますので暖かく見守ってください(笑)
西田さんの巧さは、重々承知しておりますし、世界の捉え方がまるで違うのは作風からも明らかなので、まるで心配ないと思いますよ。マジで。

もしも、作品の中で、私自身が自由に泳いでいるように見えるとしたら、画面のすぐ外側では、流入してくる水路を堰き止めたり、あふれそうな水を掻き出したり、波に板をかぶせて静めたりと、何人かのADが必死で働いて、その世界を保ってくれているお陰です。

もっとも、そのADたちも実は私の分身なので、つくづく作者って楽ができないなぁと思う昨今です。え? 西田さんは、そんなご苦労をされたことがなくて、あの高クオリティですか。神様って、つくづく不公平だよなあ。(ぶつぶつ

> また今年もよろしくお願いいたします。
こちらこそ、宜しくお願い申し上げます。新作、楽しみにお待ちしております。
No.338 - 2006/01/30(Mon) 01:43:33
(No Subject) / yon
道化師様、再びメールさせて頂きます。「夫婦の寝室」ほど自分の性癖に合致した小説は他にありません。肉体的な拷問では無く、精神的にかつ愛情を持って責める、そして相手を徐々に自分の世界へ引きずりこんでゆく・・・早く続きを読みたいと思ってしまいます。
この小説は実際の体験に基づいて書かれているように感じます。こんな性愛をされている道化師様がうらやましいですよ。
別れた人ほど、後で素晴らしかったと思うのでしょうが、前の彼女は私の性癖にピッタリdした。
あるとき、「スーパーに車で買い物に来ているの」とメールが入ったので、電話をして「電話をしながら車の中でオナニーをしてごらん」と言ったら午後の駐車場でオナニーを始めました。「駐車場のおじさんと目が合っている、見られている」と行ってイキました。「車の中が私の匂いが充満している」と言って電話を切りました。可愛い女でした。
No.333 - 2006/01/16(Mon) 16:48:40
真実は、読み手の数だけ / 道化師
 YONさま、お便り、ありがとうございます。

> 肉体的な拷問では無く、精神的にかつ愛情を持って責める、そして相手を徐々に自分の世界へ引きずりこんでゆく・・・
 引きずりこんでゆくように見えて、逆に引き込まれてゆく。互いに縺れ合い、愉悦の高みへと飛翔する二匹の蝶。主旋律を交互に奏で、リードし合いながら、デュエットを続けるバイオリンとピアノ……といった姿が描ければなーと、切に思います。まだまだ力不足ですが、精進します。

> この小説は実際の体験に基づいて書かれているように感じます。
 かの名探偵である少年が断言する「真実はいつもひとつ!」という言葉。探偵小説においてはそれは真理でも、官能小説ではさにあらず。真実は読み手の数だけあっていいのではないでしょうか。
 yonさまにとって、「夫婦の寝室」は私・道化師の実体験、そう思っていただければ、作者としては本望です。(笑 
 
 高校時代に告白して断られた女性に同窓会でお会いして、その時の状況や科白を懐かしく話し合ったら、二人の間で記憶がかなり食い違ったことがありました。それぞれの「真実(ほんとう)」が、それぞれの心の中に生き続けている ── だからこそ、思い出は美しいのかも知れません。
 
> 「車の中が私の匂いが充満している」と言って電話を切りました。可愛い女でした。
 お互いに相手を信頼していて、性格も性癖も受容しあっているからこそ、出来ることかも知れませんね。それらに基づく安心感あってこそのオナニーだったのかと想像します。やっぱり、うらやましいですよ、ハイ。
 
 「夫婦の寝室」だけでなく、他もじわじわと進める予定なので、多少はお待ちいただくかも知れませんが、ご期待に沿えるような内容の作品を書いてゆきたいと思います。これからも、宜しくおつき合い下さい。
No.334 - 2006/01/17(Tue) 23:13:58
輪姦の宴読みました / みる
怒涛の連続アップ直後に拝読していたのですが、一足遅れの感想をば。

一言で言うと「ずるいっ!」でしょうか(笑)
酷いことをした相手を憎むことすらできないというのが特に。
では泣き喚きながら乱暴されるのがいいのかというと、決してそんなわけではないので、その辺も更に二重にずるいというか…。
このあと由真さんがどう動くことになるのかますます想像がつかなくなってきましたです。
甘く溶ける夢から醒めたとき由真さんはどうなってしまうのだろう。
ドキドキしながら続きお待ちしております。


とうに松の内もすぎさってしまいましたが
今年もヨロシクですー。
No.329 - 2006/01/12(Thu) 02:35:53
書きたいシーンが書けないもどかしさ / 道化師
みるさん、気力が萎えて来たかなと感じる頃に、わかってもらえてるなぁという感想を、いつもありがとうございます。力づけられます。

> では泣き喚きながら乱暴されるのがいいのかというと、決してそんなわけではないので、その辺も更に二重にずるいというか…。
(ずるい)×(ずるい)=(ずるくない)、とはなりませんか?(笑) 実はそういう暴力・脅迫&泣き喚きバージョンも書いてみたんですが(後半の三分の一を、全面リライト)、やはりそぐわない感じがして、この形に落ち着きました。次回は、輪姦の続きを男どもの視点から描写する予定です。

> 甘く溶ける夢から醒めたとき由真さんはどうなってしまうのだろう。
さすが、鋭いところを突かれるなぁ。そうなんです。彼女が辛い現実と向き合い、それを認める時に、どう物語が展開するのか。そして、それはいつなのか。作者自身もワクワクしています。

長編を連載形式で書いていて、心底しんどいと感じるのは、書きたいシーン、出来事をなかなか書けるようにならないことだと、最近実感しています。展開の都合もありますが、それ以上に「このキャラは、まだこの時には、こんな事はしようと思わない/受け入れない/悦びではない筈」と、作者自身がわかっているので。

美子や由真への思い入れが強く、別の短編で別のヒロインを作って、そこで過激なシーンを書いてしまうのはもったいない、そうも感じています。だから、とにかくストーリーを先に進めるしかない訳で、それが大きなモチベーションではあります。客観的にはいい事なんでしょうが、書く側は正直すごく辛いです。(苦笑

> 今年もヨロシクですー。
こちらこそ、めげそうになった時の燃料を宜しくお願いしまーす。(笑)
No.331 - 2006/01/12(Thu) 19:17:42
うらやましい / YON
はじめまして、「見知らぬ妻」を読んで昔を懐かしんでおります。以前、付き合っていた不倫相手の人妻とホテルへ行き、彼女を後手に縛り、前にバイブを入れ、アナルを責めて窓際に行き、昂まって来たところで窓を開けたところ、一気に感じてしまいました。今までにないエクスタシーを感じたようです。二穴を責められたことと、見られるかも知れない感覚が最高の絶頂に追いやったようです。前と後では感じ方が違うと言っていました。彼女とはその後会えなくなりました。貴誌を読みながら思い出している次第です。
No.311 - 2005/12/25(Sun) 01:17:24
あなたの方が、うらやましい……(^^;; / 道化師
YONさま、書き込み、ありがとうございます。
(私の呼びかけは「さん」づけがディフォなんですが、このHNの場合、やはり「さま」をつけてお呼びしたい。(笑))

> 彼女を後手に縛り、前にバイブを入れ、アナルを責めて窓際に行き、昂まって来たところで窓を開けたところ、一気に感じてしまいました。
ううむ、刺激的な体験をなさっておいでですね。しがないエロ作家の私からすれば、YONさまの方がずっとうらやましいですよ。

「夫婦の寝室」が、どこまで作者のリアル体験を反映させた物語であるかはヒ・ミ・ツ(笑)ですが、確かにそういう感じ方をなさる女性っていらっしゃいますね。

> 二穴を責められたことと、見られるかも知れない感覚が最高の絶頂に追いやったようです。前と後では感じ方が違うと言っていました。
そうらしいですね。男の私には「前」はないし、「後」はそういう用途に使ったことがない(爆)ので、想像や伝聞でしか描けませんが、羞恥と快感のハーモニーというか、ある種の相乗効果はあるようですね。

> 彼女とはその後会えなくなりました。
懐かしむことのできる思い出は、得がたい財産だと思います。立場上、新たな不倫を奨励する訳にもいきませんが(笑)、心から歓びを分かち合えるようなパートナーに恵まれたいものですね、お互い。(しみじみ

私は、リアルはともかくとして、作品の中でがんばります。(笑)
では、今後とも宜しくお願い致します。
No.314 - 2005/12/26(Mon) 11:24:16
目がそらせない / みる
見知らぬ妻(6)読みました。

美子さんに自らを深く深くを刻みつけようとするような、鬼気迫る描写にエロスと痛さ、弱さを踏みつけるような欲望を感じました。
怖いくらいなのに、でも目がそらせない。
ほんとうにこの2人はどこまでいってしまうのだろう。
ずっとこの2人には幸せになって欲しいな〜、そう思って読んできましたが、今回で決定的になってしまったモノが2人の絆を深めると同時に壊していくのではないか。
幸せな2人と同じくらい、破滅していく2人を見たいと思ってしまったのは、読者としてというよりも私のMとしての業かもしれません。

ああ、道化師さんに躍らされてるぅ〜(@ @)ノ わーん。
No.301 - 2005/12/17(Sat) 00:24:18
倍音が聞こえる時 / 道化師
みるさん、こんにちは。
いつも、嬉しいお便りをありがとうございます。

> ほんとうにこの2人はどこまでいってしまうのだろう。
彼ら二人の行き着く先を描き切りたい。それが私の書き続ける一番の動機。強くそう感じます。そして、その道程は、おそらく始まったばかりです。もっとも、彼らの内にも外にも危険な要素が多く、順調に旅を続けてゆける保証はどこにもないのですが。

響きあう二つの心、そして体。だからこそ、共鳴しすぎて暴走が始まる可能性も……。いや、既に始まっていますね。そして、知りたくない事実を知らぬままに、知られたくない過去を知られないままに、愛する者とともに破滅してしまうことを、二人とも心の底では望んでいるかも知れない。

無伴奏の合唱では、各パートが実際に出している以外の、高く細い音が聞こえることが稀にあります。「倍音」と呼ばれるその音が聞き取れる大きさで出るのは、お互いがピタッとハモっている時に限ります。どれかの音が少しでも外れたら、ふっと掻き消えてしまう。

そんな、儚くも甘美な愛のかたち……なんてものが描けたら書き手として本望なのですが、そのためにはもっともっと精進しなくては。がんばります。
No.305 - 2005/12/19(Mon) 09:49:01
幻惑、誘導、陥落スレスレ / NOV.FALL
サーバ移転お疲れさまでした。
お知らせを頂き、確認がてら伺いつつ
「輪姦の宴(2)」を拝読させて頂きました。

こんな風に、しっかりとした描写力のある方にネチネチと心を絡めとる書き方をされてしまうと
そのジャンルでスタートしたハズの私の方が、やることどんどん無くなってしまうではありませんか〜(泣笑

などと、ついつい自分の遅筆の責任を一手に引き受けさせたいほど(笑)のジワジワ感がたまりません。
これはもしや、無理やり感じさせられるのがたまらなく気持ちいいMの快感?……って話がズれたw

イメージトレーニングから、演じること⇒見られることへの連鎖も、対抗意識や勝ち気な性格を利用した心理トリックも
必要にして十分な説明で、ついつい理屈過多&情緒過多になりがちな私は、その絶妙なバランスに唸らされることしきりです。

そして、なんだか激しくエロい(笑
もしかしたら、Hシーン以上に、この「陥落スレスレ」が私のツボかもしれない、なんて思わされました。

ごちそうさまー
No.287 - 2005/12/06(Tue) 23:41:58
Hシーンより、エッチ?w / 道化師
NOVさんに読んでいただけたと思うと、嬉しいような怖い(笑)ような気分の道化師です。

> やることどんどん無くなってしまうではありませんか〜(泣笑
何を仰いますやら。NOVさんの「秘密の箱」「バッドトランス」にインスパイアされて、「淫神の舞」でMC要素に挑んでみたという側面もあり、その意味では、NOVさんは恩師でいらっしゃいます。

> 必要にして十分な説明で、ついつい理屈過多&情緒過多になりがちな私は、その絶妙なバランスに唸らされることしきりです。
NOVさんの書かれる文章には、何ていうんだろ、香りとふくらみがあると感じます。ストーリーの面白さはもちろんですが、読者はそのふたつに酔い、作者の思う壺(笑)に嵌ってゆくのかもなーと。

私の場合、表現が少しそっけなさ過ぎるかも知れません。自分の良さを活かしつつ、読者が楽しめて、同時に興奮できる書き方に向けて修練します、ハイ。

> もしかしたら、Hシーン以上に、この「陥落スレスレ」が私のツボかもしれない、なんて思わされました。
そうなんですか。(めもめもw 69質の回答で「「抜ける」ではなく、「もよおす」を目指しています。」と言われていたので、想定の範囲内でしたが。w

書いていただいた感想もそうですが、NOVさんの作品を読むにつけ、「本当に物語が好きな方なんだなー」と思います。でも、エロも好きという辺りに共感を覚えつつ、ヒミハコの第2部を読むぞ!と、激しく決心する道化師であります。

「淫神の舞」、次はHシーンの予定でしたが、もっともっと焦らした方がいいのか知らん。(やめれー。w

では、今後とも宜しくご指導ください。
No.292 - 2005/12/10(Sat) 01:47:31
元サクラが語る / 元サクラ
元サクラが出会い系サイトの実態を赤裸々に告白
裏側まで暴露しちゃいます

<<ここに「出会いサイト選びについて」のURLがありました>>
No.282 - 2005/12/06(Tue) 00:07:10
ひえ〜〜 / まな
道化師さん
最近チラッROM(( ̄_|ジーッ|って見てました。
立て続けにアップしてお疲れ様です。
でも、なんとなく分かる気がする。頭の中で攪拌されていた物が、ある時形となって流れ出てくるような・・・そんな勢い感じました。
圧倒されそうです。

さて、こんなスレッドにレスしちゃったのは元サクラの性別が♂だったということで、妙にウケマシタ。
どうせ書き込みのソフトだろうけど。
最近まなのページのも中国語のサイトのあらしが頻発して、困惑気味です。
でも、さっくり削除するのがよろしいようで。
このスレも一緒に消していただいて結構です。
又改めてご挨拶にお伺いします♪

(このスレッドは、管理人が無害化?w して復元しました。(^^;;)
No.283 - 2005/12/06(Tue) 00:10:29
スレッド復元の荒業(笑) / 道化師
まなさんの貴重なカキコを、消してなどなるものか!(笑)というとで、スレ主のコメントをサビ抜きの寿司状態(謎)にさせてもらって、スレ自体を復元しました。

> 最近まなのページのも中国語のサイトのあらしが頻発して、困惑気味です。
それは大変ですね。ウチも、2日と明けずに宣伝カキコが。普通の出会い系の宣伝とかならまだいいのですが、「入場=入会」詐欺サイトのリンクを張られては、他の来訪者にいらぬ心労を与えかねない。いたちごっこですけどね。掲示板のCGIを自サイト内にインストールして使うのが、現実的な解決かも知れません。

> 頭の中で攪拌されていた物が、ある時形となって流れ出てくるような・・・そんな勢い感じました。
さすが、鋭い。(笑) 一つは、お嬢様キャラのイメージが固まってきたこと。もう一つは、先々のストーリー上の難所に、何とかなりそうなメドが立ったこと。この二つが便秘解消(例えが……爆)のきっかけでした。

実は、淫神に見通しが立つと、本編も書きやすくなるという関係が。近々「見知らぬ妻(6)」をお届けできそうな様子です。リアルとの兼ね合いもありますが、ノってる時にどんどん書くのが一番ですねぇ。ただ、それなりの準備をしないとノれないのは、私の書き方では仕方のない事のようです。

現実的なところで折り合いをつけつつ、物語を書くこと、それ自体を楽しみたいと思っています。

> 又改めてご挨拶にお伺いします♪
いつでも大歓迎です。楽しみにしてます♪ ではー。
No.284 - 2005/12/06(Tue) 00:39:39
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
81/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS