45969
Lounge Cafeへ戻る
Lounge Cafeの掲示板にようこそ!!!
ここではLounge Cafeで扱っているジャンルの小説や音楽に関する話題、情報(特におすすめのホームページなど)や
これに関連する事柄(例えば映画化の話や新作情報など)を書いてください。
<書き込み上の注意>
管理人の判断により、当掲示板の趣旨にそぐわないものと認めるものは、削除致しますので、ご了承下さい。


トラックバック再開 / 管理人(豪) 引用

時代小説県歴史小説村のトラックバックを再開しました。

No.140 2008/03/15(Sat) 21:09:53

 
Re: トラックバック再開 / 管理人(豪) 引用

ほんのしばらくの間、時代小説県歴史小説村のトラックバックを中止します。

No.141 2008/03/21(Fri) 16:41:11

 
Re: トラックバック再開 / 管理人(豪) 引用

時代小説県歴史小説村のトラックバックを再開しました。

No.142 2008/03/22(Sat) 20:33:55


reactのみならず / 百地 引用

resistも倒産したようです
これでcafe soloシリーズは・・・

hed kandiからkandi loungeというものが出ました
winter chillとは違ってloungeもの中心
自分の感覚で言うと都会的だと思います

No.136 2008/02/17(Sun) 23:09:07

 
Re: reactのみならず / 百地 引用

でもやっぱりhouse色が強いかもしれません

No.137 2008/02/17(Sun) 23:27:25

 
知らなかった… / 管理人(豪) 引用

百地さん、こんばんは

resistは去年のうちに倒産していたようですね。
全然気が付きませんでした…。
うーん。
確かにresistは方向性がいまひとつ見えない感じだったので、ヤバイかなとは思ったことはあったのですが、早すぎ…。

kandi loungeはloungeですね。
私も都会的な印象を持ちました。
オシャレ系houseで攻めるつもりなんでしょうかね。

No.138 2008/02/17(Sun) 23:47:09


あけましておめでとうございます。 / 龍司 引用

豪さん、あけましておめでとうございます!
2009年のNHK大河ドラマは「天地人」のようですね。この主役の「直江兼続」と言う人物は恥ずかしながらあまり知りません。(勉強不足ですネ@@)
今年は「篤姫」なので、とりあえずと言っては語弊がありますが、このドラマを楽しみにしています。
去年の「風林火山」は興味が無く殆ど見ませんでした。
「篤姫」は時期が幕末と言う事で楽しみにしています^^
私は元々「幕末」が好きで、大学当時の乱読を除けば殆どが「幕末」特に「坂本 龍馬」関係の本を読む事が多かったです。
京都市内に住んでいる関係で、色んな旧跡を見ることが出来ますし、今回の「篤姫」も舞台は九州・鹿児島、又、江戸(現・東京)が多く映し出されるとは思うのですが、「和宮内親王」もドラマに出るや知れず、そんなことを期待しながら見たいと思っております^^

No.127 2008/01/02(Wed) 00:37:25

 
Re: あけましておめでとうございます。 / 管理人(豪) 引用

龍司さん、あけましておめでとうございます

私も大河は興味がなくなっていて、それこそ、ちゃんと見たのは「武田信玄」が最後だったかもしれません。遙か昔のことです 苦笑
今年始まる「篤姫」はどうなるんでしょうね
「篤姫」自体はマイナーな人物なので、キャスティング勝負といった所でしょうか

京都に住んでいらっしゃるとは羨ましいです
色んな旧跡を見ることが出来るというのは、歴史小説ファンにはたまらないですね

私は東京ですが、いまひとつ旧跡というものが残っておらず、江戸時代を舞台にすることが多い時代小説を読んでいても、舞台となっている場所のイメージがつかなくて困ることがあります

本所・深川でもかつての名残を残している所はほとんどありませんし、あったとしてもコンクリの中に突然現われる感じで、「点」だけで存在している状況です
京都は、それなりの「面」で残っている所もあり、かつてを忍ぶことができるので、羨ましいです

No.128 2008/01/02(Wed) 12:45:27


ご無沙汰しております。 / 龍司 引用

ご無沙汰しております。
豪さんは、お元気でお過ごしの事と思います。
さて、ずいぶん前になりますが「浅田 次郎」さんの「憑神」を読み、3人の神様の面白さ、人情深さについ笑ってしまう小説で楽しく読ませてもらいました。
先日、「憑神」のDVDを借りて、どんな風に表現されているかを見ましたが、やはり「小説には勝てず」でした。それなりの面白さはあったのですが、先に本のほうを読んでしまうと自分なりの想像で勝手に場面、場面を作り上げてしまっている為でしょうか。
改めて「本」の面白さを感じました。
DVDの作りが悪いとか、そんなのではなく私にとっては物足りなかった。と言うことです。
年末も近くなり豪さんもお忙しい事と思います。又、温暖化とは言え、やはり冬は寒いものです。
くれぐれもお体をご自愛され、新しい年が今年同様よい年になることをお祈りしております。

No.125 2007/12/22(Sat) 00:39:37

 
Re: ご無沙汰しております。 / 管理人(豪) 引用

龍司さん、こんにちは
「憑神」のDVDを借りられたんですね。私は映画館で見ました。私も龍司さんと同様に、「小説には勝てず」という印象でした。物足りなかったという点も同じです。
もっとも、主人公役の妻夫木聡を見たかった人にはどうでもよかったのかもしれませんね(苦笑)
そうそう、妻夫木聡といえば、再来年の2009年のNHK大河ドラマ「天地人」の主役・直江兼続役に決まったそうです。はまり役なのだろうかと首をかしげてしまったのですが…どうなんでしょう。

No.126 2007/12/22(Sat) 10:32:28


トラックバック順次再開 / 管理人(豪) 引用

まずは、シネマテークのトラックバックを再開しました

No.123 2007/12/06(Thu) 09:24:35

 
Re: トラックバック順次再開 / 管理人(豪) 引用

Chill Out Loungeのトラックバックも再開しました

時代小説県歴史小説村のトラックバック再開は、少々先になる予定です

No.124 2007/12/06(Thu) 12:26:12


寝る前に / 龍司 引用

こんばんは。遅くに書き込みします。
今日も今日とて古本屋さんで買った「池波 正太郎」さなの「谷中・首ふり坂」を読み切ってしまいました。
面白いというか、考えさせられる文章が多く、又、読みたい!と言う気持ちになりました。
私は大学を中退していますが、その当時も年間に100冊以上は文庫本ですが読んだ覚えがあります。
当時は「山本 周五郎」さんの「一人ならじ」から始まり時代物ばかりではなく、とにかく乱読した時代でした。
ここに書き込みをさせて頂き、続けて書き込みは。と躊躇したのですが、思い切って書き込みをさせて頂くことにしました。
私はPCをし始めて早十数年が経ちます。今は趣味の一つであるアマチュア無線によくこのPCを使っています。
しかしながら、運よくこのHPを見つけられたことは私にとって非常にラッキーだったと思います。
管理をされています「豪」さん。大変かと思いますが、この様なHPはなかなか見つけ難いものです。
今後も読書を趣味とする人、又、活字離れと言われている昨今、このHPを見られて「読書」の素晴らしさを少しでも分かって貰えれば。私は管理人ではありませんが、良いのではないかと思います。
長々と文章にならないような文を書きましたが今後とも宜しくお願いします。

No.121 2007/11/02(Fri) 02:18:19

 
Re: 寝る前に / 管理人(豪) 引用

龍司さん、こんにちは

龍司さんにそういって頂いて嬉しく思っています。ありがとうございます。

時代小説や歴史小説を扱った、すばらしいサイトが他にもありますので、そちらも参考にして頂けると、ますます時代小説や歴史小説の世界を楽しめるのではないかと思います。そうしたサイトは、「リンク」に記載されているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

連続の書き込みは遠慮なさらなくて良いですよ(笑)ここはフリーの掲示板なので、一定期間書き込みがないと、削除されてしまうんです。そのため、私自身が書き込んで何とか持たせているという側面もありますので(苦笑)遠慮はいりませんよ♪

今後ともよろしくお願い致します。

No.122 2007/11/02(Fri) 18:22:56


「男振」を読んで / 龍司 引用

先日、何気なく古本屋さんに立ち寄り、池波 正太郎さんの「男振」を購入しました。
最初から面白く読んでいたのですが、読むうちに完全にはまってしまい明け方まで読んでしまいました。
読み終えた後は清々しい気持ちになり、又、「佐藤 隆介」さんの解説も現代社会に通じることが多く、読んで良かったと思いました。
直感的にこの本を手にしたのですが、こう言う事は時々あります。良い本に出会うと心も豊かになります。

No.119 2007/10/17(Wed) 23:46:39

 
Re: 「男振」を読んで / 管理人(豪) 引用

龍司さん、こんにちは

「男振」は池波作品の中でとても好きな一冊です。
龍司さんのおっしゃるように、「読み終えた後は清々しい気持ちに」なる作品だと思います。
読んでよかったと思える作品に出会えることは少ないですが、そういう本に巡り会えたのはとてもよかったですね。
これからも、そういう良い本に出会えることを祈っています。
また遊びにいらして下さい。

No.120 2007/10/18(Thu) 15:13:31


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
85/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Modern v1.12 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS