Fashion street掲示板
好きなファッションやブランド、ショッピング情報など、何でもお気軽に書いていってくださいね。

過去ログはこちら

McQueen・・・・・ 投稿者:S E E K 引用

こんにちは。


Ginさん、前回は書き込みへのレスどうもありがとうございます^^


私はこのところ忙しく、個人的にネットもできていなかったんですが、
昨日久々にたまたまVOGUE NIPPONサイトを見てみたら、
「Alexander McQueen 追悼」の文字が・・・・。


Fashion Streetさんのニュースでも、
11日にはすでに掲載されていたようですが、
全く知りませんでした。


最初はなんだか訳が分かりませんでしたが、
少し調べれば、どうやら母の死を苦にしての自殺らしく。


いまだに信じられませんし、
何かの悪い冗談にしか思えません・・・・。


実はいまだに袖を通せたことはないのですが、
McQueenは、私がファッションに興味を持ち初めた
一番の初期から好きで、コレクションも欠かさずチェックしていたデザイナーの一人です。


20代前半の私が、中学生のころから憧れ、
その確かな作品作りと孤高の独創性に強く惹かれていました。

こちらのニュースでも触れられているとおり、
彼の代理になる人物はいないと思います。

本当に、これからもっと先の彼の作品を楽しみにしていました。


Ginさんも仰っているのと同じく、
私も彼の作品を買っておくべきだったと後悔しています。

早すぎますよね。


Gianfranco FerreやYves Saint Laurentもなくなりましたが、
これが今までで一番ショッキングなニュースです。


スカルプリントのスカーフ、
まだ持ってなかったから買って、
それから長く大事に使いたいです。


乱文&長文申し訳ないです。

No.2770 2010/02/21(Sun) 14:23:58

 
Re: McQueen・・・・・ 投稿者:Ginandit [HOME] [MAIL] 引用

返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

そうなんですよね。
シャネルやディオール、YSLとか偉大なブランドであることはもちろんですが
でも、そのデビューのころって
もう歴史の時代になっているんですけど
マックイーンは本当にデビュー初期のころから
見ていて
同時代に
大きくなっていくのを
ずっと見ていたって感じなんですよね。
別に資料とか見なくても
義足のモデルに魔女やダンス、チェス、深海生物のコレクション。
ロンドンからパリへの移行。
ジバンシィからグッチグループへと
すぐにいろいろなコレクションが
思い出せるんです。

このまま生きていれば
伝説のデザイナーの仲間入りしていたことは間違いないと思います。

そのマックイーンのコレクションがもう見られなくて
手に入れることができないなんて
いまだに信じられない気分です。

マックイーン・ブランドは
今後、モスキーノみたいになるんじゃないかという見方もあるようですが
例え、ブランドが続いたとしても
以前とは違ったものになってしまうでしょうね。
マックイーンの個性を引き継げる人なんていないと思います。

No.2774 2010/04/19(Mon) 09:24:04


(No Subject) 投稿者:本棚 引用

滝沢直己がヘルムートラングのデザイナー就任の話ってニュースにしてましたっけ?
たまたま他のサイトで見かけて「あれ?ファッションストリートで取り上げてたっけ?」って思ったもんですから。
個人的にはヘルムートラングに全然合わないデザイナーだと思いますし、話題性も無いし、一体なにがしたいんだ?って思いました。それこそガレスピューとか、それくらいの勝負して欲しかったです。

No.2772 2010/04/18(Sun) 01:26:54

 
ラング 投稿者:Ginandit [HOME] [MAIL] 引用

遅くなりましたが
4月16日付けのニュースで取り上げました。

私も個人的には
ティスケンスぐらいにしてほしかったとは思います。

ただ、ラング本人が去った後のラング
(なんか表現がややこしいですが)
は欲しいものが全然、ないんですよね。
それにリンクセオリーは
ラングをコレクションブランドというよりかは
もう少し、価格の低い
コンテンポラリーブランドにするみたいなので
そういった意味での
滝沢さんの起用なんじゃないかと思います。
いちおう、私は結構、期待しているんですけど
どうなるんでしょうね?

No.2773 2010/04/19(Mon) 09:06:05


隠れファン? 投稿者:S E E K 引用

こんばんは。


以前に1〜2度、書き込みさせていただいていた者です。


いつもFashion Newsなど楽しく拝見してます^^


ちょっとBBSが寂しくなってきてるので、
書き込みさせてもらいに来ました(笑


明日は2009年の総集編ということで、
毎年Ginさんのランキング楽しみにしてるので、
今から更新が待ち遠しいです!


私にとってはUngaroがリンジーを迎えたことが
ある意味1番衝撃的なニュースだったかも・・・;

ヴェロニク・ブランキーノや最近ではPhi.などと
相次いで中小規模のブランドの閉鎖が行われたり、
売り場ではどこも減収減益の結果だったりと、
景気の影響を受けやすいファッション業界には
特に厳しさを感じるニュースも多かったですよね^^;


それでも、2010年を目前にして
来年はどんな新しいことがファッションに起こるのか、
今からとても楽しみな気持ちですが^^


長くなってしまいましたが、
隠れファンより、久々の書き込みでした(笑

No.2767 2009/12/30(Wed) 23:45:54

 
Re: 隠れファン? 投稿者:Ginandit [HOME] [MAIL] 引用

あけましておめでとうございます。
BBSの必要性をちょっと考えているところだったので
書き込んでいただいて、ありがとうございました。
遅くなりましたが
2009年の10大ニュースをアップしました。
予想と違っていましたでしょうか。

本当に2010年は明るい、いい年になるといいですね。
と言いつつも、もうすぐ
ミラノでメンズコレクションが始まり
ファッションカレンダーは2010年秋冬に突入します。
リンジーも3月のパリコレで
どんなコレクションを見せてくれるのか
(これがだめなら本当に解任もありそうですが)
楽しみです(いろんな意味で)。
厳しい状況は続くかもしれませんが
楽しそうなこともたくさんありそうです。

これからもよろしくお願いします。

No.2769 2010/01/01(Fri) 06:49:12


(No Subject) 投稿者:しお 引用

twitterやってください!更新情報を だらだら流してほしい。。

No.2754 2009/05/12(Tue) 08:52:39

 
Re: twitter 投稿者:Ginandit [HOME] [MAIL] 引用

前にちょっとFashion Newsにも書きましたが
一応、始めてます。
まだ、使い方がよくわかっていないので
その日のトップニュースの見出しをただ書き込んでいるだけなんですけど。

No.2768 2010/01/01(Fri) 06:40:15


明日のメゾン・エルメス 投稿者:鯖bien 引用

10月17日 エルメス銀座店メンズイベント
レポートよろしくおねがいします。

No.2732 2008/10/16(Thu) 12:31:41

 
Re: 明日のメゾン・エルメス 投稿者:dada 引用

当日別のパーティがあって、相当遅れて着いた。内容的にはショップオープンのレセプション並のパーティだった。招待状を出すとリーフレットが渡される。各フロアでのイベントが書かれている。地下1階水タバコ、1階写真(その場で写真を撮ってもらえる)、2階フレンチジャズ、3階インド音楽&ダンス、4階ネイルサロン、5階アトリエ、ミュゼアルバム、各階でシャンパン、赤、白ワインその他、フレーバーティーも楽しめた。フードは数種類のピンチョスが出た。どのフロアか忘れたが占い、マジックもあった。帰るときに本物の馬がいてびっくり、モデルが乗っていた毎回エルメスの演出には驚かされる。
KISHIDA DAYSに詳しく、写真、動画で紹介されています。 

No.2735 2008/10/19(Sun) 02:14:07


エルメス 08秋冬メンズコレクション (エルメス屋形船) 投稿者:コールサイン紅 引用

久々にパーティの話題を、今回はさすがエルメスやってくれるじゃないかと思ったので紹介します。
日時2008年10月12日(日曜日)午後6時。場所は横浜大さん橋ホール。9月12日に行われた横浜トリエンナーレ2008のレセプション会場と同じ場所。シャネルも何年か前にここでコレクションを開いた。今日は夜景がきれいな大さん橋のデッキの上が受付となっていた。あたりは無数のシャボン玉が飛んでいて何かを期待させるわくわくの演出。このシャボン玉は大巻伸嗣さんのインスタレーションでトリエンナーレ期間中に見ることができる。トリエンナーレ期間に開かれるエルメスメンズコレクションは今回で2回目。受付で招待状を出すと番号札を渡される、これが座席番号となっている。この番号が1から8まであったようだ。さて受付を済ますと、ウエルカムドリンクのシャンパン、白いロングジャケットのギャルソンがフィンガーフードをサービスしてカクテルが始まる。しばらく楽しんだ後コレクション会場へ移動。会場は非常に広い。客は1000人はいたのではないか。100人のブロックが片側5ブロックで500人、反対側が500人で1000人だと思う。したがってランウエーは非常に長い。ショーは7時10分ごろから始まった。まずバッハ無伴奏チェロ組曲第1番プレリュードが流れると同時に正面の大きなカーテンが開く、すると横浜の海の夜景が目に入る。普段はこのようなカーテンはないのでひとつの演出。私はモデルがターンしてもどる所の付近で見ていた。・・・と、あれセクスィー部長の沢村一樹さんがモデルとして出ているじゃないですか。沢村さんはターンしてもどるときに足を滑べらせてあせっていた。私は心の中でニヤリ。今回は特にランウエーは作られておらず、木の床がそのままランウエーになっていた。新しい靴で床が木だと滑るんでしょうね。すべっていたのは沢村さんだけではなかった、沢村さんの名誉のため。まあこれはいいんですが、外人モデルの2人ずいぶん手前でターンしていて、奥の私たちの所まで来てくれないんですよ、だからよく見えないんですね。ターンする場所って決まっているのに、この2人だけ違っていてずいぶん手前でターンしてしまう。こういうのは徹底したほうが良いですね。モデルは外人モデルの他に谷原章介さんKAT-TUNの亀梨和也さんが登場して拍手がわく。最後に例によってデザイナー(ヴェロニク・ニシャニアンさん)が顔を出し挨拶して無事終了。ここで読者招待等の一般のお客様とはお別れ。さてここからですよ。私たちは案内されて遠足のように列を作ってとことこ歩いて行くんですよ。まず横浜港大さん橋埠頭ビルの中へ、そしてそこから出てしばらく歩いて行くとそこに現れたのは、なんとオレンジ色に装飾された屋形船がずらり、エルメス屋形船ですよ。これにはみなさん感激!私なんぞは、どうせ大きな船での船上パーティぐらいにしか考えてていなかったので、いい意味で期待を裏切られてよけいに感激。外側はオレンジ色のエルメスロゴ、マークの提灯がずらりと飾られている。このようなエルメス屋形船が全部で8艘ぐらいあっただろうか。受付で渡された番号札は座席番号だけではなく、乗船する船の番号のボーディングチケットでもあったのだ。すべてが同じタイプの屋形船ではなく、2艘ぐらいは屋根に上れるタイプとなっていた。屋形船の中ではグジェール&ねじりパイから始まってミニクロワッサン、ベーコンとオリーブのパウンドケーキ、車海老のフリット、季節野菜のピンチョス、カニ爪のオリエンタル風、ローストポークと野菜のピンチョス、もち豚のソーセージとポテトのピンチョス、チャーシューパオ、ソーサイパオ、ロールケーキ、トリュフショコラ&アマンドショコラ、ナイファンパオ(カスタードをココナッツ風味の半透明皮で包んだもの)計15種類のプチ料理が出た。ドリンクはシャンパン、フランスワイン赤、白、アイスジャスミンティー、ミネラルウォーターがサービスされた。先行する屋形船はエルメスのオレンジの旗をたなびかせ進んでいる。屋形船の1艘は屋根の上でジャズの演奏が始まった。屋形船のコースはヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルと万葉倶楽部の間を通り国際橋の下をぬけてコスモクロック21あたりまで、ここからUターンして戻る。時間は午後9時すぎ。なにせコスモクロック21は横浜の大きな置時計、時間がすぐわかる。さきほど通りぬけた国際橋の上で見ている人たちは手を振ってくれていた。しばらくするとドーンとものすごい音、なにごとかと外を見ると花火が上がっている。単に花火を打ち上げただけではない。エルメスのHの文字の仕掛け花火、はじめライトかと思ったが後で映像をみるとHの文字がバーンアウトして行くのがわかった。打ち上げられた花火は実に洗練されていて色彩がすばらしい。特に紫の花火に仕掛け花火のHの文字、それと機関銃のように左右に打ち上げた花火がベストだった。ところでこの花火一体どこから打ち上げているのだろうか?花火の左側にクイーン(横浜税関)が小さく見えた。(ちなみにキングは神奈川県庁) するとやっぱり新港ふ頭あたりかな。いずれにしても横浜ならではの演出だった。帰りに「モンスーンの庭」オードトワレ(ユニセックス)をいただいた。なるほどこれでテーマがわかる。エルメスの2008年のテーマは「眩惑のインド」 確か今年の6月、上野の旧東京音楽学校・法隆寺宝物館でマハラジャナイトパーティがあったと聞く。そういえばカルティエも4月に三井倶楽部でインドをテーマにしたパーティを開催した。偶然にも両者共インドにインスパイアされたということでしょうか。ならば料理にインドテイストのものがあってもよかったかな。ギャルソンのあの白い服は同じモンスーン地帯のベトナムのアオザイのデザインに近いね。特にカクテルのときのギャルソンヌのほう。それと「日本におけるインド年」は昨年2007年だったんですが、あまりそういうことは関係ないのかな。なにはともあれ横浜でこれだけのコレクション・パーティを開催できるエルメスはたいしたものだと正直思います。
紹介しているサイト下記
http://otomodo.web.fc2.com/hermes20040302.html
また、今回のコレクションや花火の様子を動画で公開しているサイトもあります。キーワード、キシダイズムご参考まで。
{拙い文章で申し訳ございません。まだ完全ではありません。どんどん変化する可能性があります。なにせ記憶をたどって、そのつど書き込んでおりますので。さらに他のサイトを見て加筆訂正しております。}
No.2727 2008/10/14(Tue) 03:58:47

No.2731 2008/10/15(Wed) 15:02:41


ハイドロゲンのパーティ 投稿者:t 引用

「ハイドロゲン」2008AWコレクションに出席した。
4月16日場所は綱町三井倶楽部、時間は14:30から17:30http://www.mitsurustrano.jp/article/13256613.html
今回のコレクションはランボルギーニとのコラボも含まれるため三井倶楽部の前庭にはガヤルドがずらりと並んだ。ショーは15:00予定であったが遅れて始まった。ショーの前にはスプマンテなどのウェルカムドリンクがふるまわれた。
パンツェッタ・ジローラモさんの顔も。
http://www.mitsurustrano.jp/article/13262179.html
ショーのあとはパーティとなった。三井倶楽部の庭に出て生ハム、グリッシーニなどを食す。ここにもOZレーシング(ホイール)を装着したスーパーカーが展示されている。三井倶楽部には夜のパーティでよく来るが昼間もなかなかいい雰囲気である。雨が降らないで良かったと思う。17、18日と雨となったから運がよかった。庭にはギャルソンがつぎつぎとアンティパストを運んでくる。これらがけっこう刺激的でおいしかった。なんでもハイドロゲンの地元パドヴァで店を構える三つ星リストランテle Calandreが新コンセプトで発信するil Calandrino(新丸の内ビルディング7F)のケータリングだという。
http://www.ark-co.jp/products/l_calandre/l_calandre_1.html
室内で行なわれたドルチェのパイづくりのパフォーマンスも良かった。もちろん一ついただきました。
http://rattlhum.exblog.jp/7733554
パーティにはハイドロゲンのCEO兼デザイナーのアルベルト・ブレーシ氏も加わり、気さくにツーショット写真にも応じていた。とても理知的な感じの人だった。
http://ameblo.jp/zino-kishida/entry-10088785804.html
http://blog.tomusoya.co.jp/article/13264176.html
http://blog.tomusoya.co.jp/archives/200804.html
ギフトも良かった。オーゼットxハイドロゲンのブルゾンだった。

No.2723 2008/04/18(Fri) 21:30:22

121/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 18 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS