06101
BBS
何でもお気軽に書いていってくださいね。

はじめまして / しらす 引用

中学生の頃から圭子さんのファンでした。ラジオ関東の圭子のソネットを聞きにくいながらも毎晩聞いていました。それから新宿厚生年金会館でのコンサートとライブハウスルイードに行きました。今も活動されていてうれしいです。ライブの予定がありましたら教えていただきたいです。

No.3728 2012/11/28(Wed) 20:16:24

 
Re: はじめまして / 丸山圭子です! 引用

はじめまして…

コメントありがとうございます。
HPに随時、スケジュールは載せていきますので、見ていて下さい。

今は、次のレコーディングの予定を組んでいます。
これからもよろしくお願いします。

No.3729 2012/11/29(Thu) 23:00:47


『しまふくろうの森』 / spica 引用

 mazuさん、"そっと私は(1972)"の音源情報ありがとうございました。

 特に掲題曲は素敵だと思いました。環境保護という大きな主題(曲想)にも異議はありませんし、なんといっても圭子さんのナレーションが素晴らしい。あのお声の綺麗さといったら。思わずうっとりします。

 すでに何度も聴いていて大好きな『夕暮れさびしがり』<"黄昏めもりい(1976)"で、圭子さんの語りのお上手なことは分かっていますが、今回あらためて感動しました。

 お歌については、曲全体のリズムが控え目なこともあって、後半はクラシックの歌曲に通ずるところもあるように拝聴しました。素敵でした。

No.3726 2012/11/23(Fri) 07:59:21

 
Re: 『しまふくろうの森』 / 丸山圭子です! 引用

spica様

ありがとうございます。
「しまふくろうの森」は実話なので、本当に絶滅に瀕したしまふくろうの悲しみを、歌っています。
この曲が、私が人い聞いてもらおうと意識して書いた初めての曲でした。
コンテストで歌う為に、人とちがう着眼点を捜したのを覚えています。語りを入れたのも、その発想ですね。
この曲があって、今があるので…
大切な曲です。

No.3727 2012/11/24(Sat) 22:28:02


かばー☆ / mazu 引用

またmazuですみません。。。

でも、せっかく圭子さんがブログで教えてくださったので。。。

3:30〜5:13です。

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/s33-mqTVW0Q" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

No.3725 2012/11/12(Mon) 22:54:02


じょまの しんずい☆ / mazu 引用

丸山圭子さんのファンの皆様へ

 すぐにきけなくなるかも知れませんが。。。

 圭子さんがなぜ佐藤公彦(ケメ)さんから「ジョマ(魔女の逆さ読み)」と渾名されたかがわかる、エレックでのデビューアルバムからの音源がアップされていました。
 いわゆる「四畳半フォーク」(これもmazuは大好きで、決して悪い意味ではないので誤解なく☆)の世界をはるかに飛び越して、バカラック、ボッサ、ヨーロッパのポップスに通じる曲想の素晴らしさを御堪能くださいませ☆

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/dq7W-kr2YeI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/razWmfghtjQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/fWsMRcktbeo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/PxiKYSrh3c4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/apE4jdzzdHI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/ZiGjAA08iqM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/rChIQmtY87s" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/dVv7wox7ebc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/Y8tX5PChzws" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/85udqiuYgTg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/aMyOKBeUrJQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/WxSGjruJXzI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="1280" height="720" src="http://www.youtube.com/embed/3L9tJPwDZGA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

No.3724 2012/11/10(Sat) 17:36:25


曲と詩 / spica 引用


 圭子さんは本日のブログで次のようにお書きになりました。

 ❀「やはり曲がいいと楽しいと痛感しましたね」

 はい、そうでしょうね。素人のわたしでさえ、そう思います。

 全く非科学的な妄想ですが、わたしはこれまで、旋律と歌詞のことでは、次のように考えてきました。

 以下便宜的に、楽音(人声を含む)による旋律を<M>、歌詞(丸山さまは歌詩)を<L>とします。

 Mは人間の古い大脳皮質を刺激し(このへんがいい加減なのですが)、原始的ではあっても、普遍的に、直接的に、大きな感動を呼び起こすことができるように思います。

 ここで普遍的とは時間・空間を超越して、また直接的とは「翻訳」のプロセスなしに、という意味合いでそれぞれ用いています。大昔に外国人が作った(詞を伴わない)器楽曲を今聴いても、ストレートに感動できるのはそのせいでしょう。

 他方Lは大脳のもっと新しい皮質を刺激する(これも眉唾ですが)ので、Lから大きな感動を得るには、Mの場合と異なり、ワンクッション必要になります。例えば、外国語の「知識」、歌詞の背景の「情報」、あるいは聴き手の作詞者に対する愛着などの「情感」(好きな人の作品だからよけい心に沁みる)など。つまりLは普遍的、直接的に感動を呼ぶものではないのです。

 音楽を離れて、書かれた詩文を読んで感動する場合も、歌を聴く場合と同じプロセスが働いています。

 したがいまして、オペラのアリアなど言葉の分からない曲を聴いて感動するのは、その例えば80%はMによって原始的・直接的に、残り20%は聴き手が事前に得た「オペラの筋書きやアリアの歌詞の意味に関する情報」によって、Lからも感動の上乗せが可能な状態になっている(Lが生(ナマ)ではなく、消化しやすく、こなれやすくなっている)からではないでしょうか。

 しかし、反面LはMではとでも表現できないような、具体的で、微妙で、繊細で、知的で、官能的な情動を人の心に呼び起こすことができます。Mのように大ざっぱではなく、個別的な、特殊な、的を絞った感動を引き起こすことができます。ソングライターさんは詞でしか曲想を表現できないでしょう(ここでいわゆる「替え歌」を引き合いに出す必要はないと思います)。

 すみません、つまらないことを長々と。これで終わりです。ですからこそ、素敵なM+Lを発見したとき、聴き手は至福に包まれます。このファンが遅まきながら、『ラ・ムール』を最近発見したときのように。

No.3723 2012/10/28(Sun) 12:24:05


また おんげんを いくつか☆ / mazu 引用

BBSのアクセス回数が11万回を超えてきましたねえ。。

mazuが初めて勇気をふるって(笑)書き込んだ2008年頃はまだ2万台だったと思います。本当に嬉しいで〜す☆

それでは、また最近アップされてきた、圭子さんご自身の曲やラジオからの録音(これは貴重かも知れません!)、そして提供曲をどうぞ!

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/pJdVF1zstjo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/pI7e_G2FwtU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/Gq_yJK4G2zs" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

No.3719 2012/10/20(Sat) 15:08:24

 
Re: また おんげんを いくつか☆ / 丸山圭子です! 引用

mazuさん!ご無沙汰です!

今はライブの予定もなく、皆さんにお会いできずに寂しいです。
スケジュールの都合で、もう少しお待たせすかと思いますが、また次回ライブでは、ぜひ体を揺らせて下さい。(笑)

時節柄、どうぞお体に気をつけて…
お仕事頑張って下さい!

No.3722 2012/10/21(Sun) 13:45:40


丸山佳子さま / くるみ 引用


京都に住む22歳の大学三年生(女)です。


最近たまたま、動画サイトで『どうぞこのまま』を聴いて以来、こんな素敵な歌があったのかと感動して、すっかりファンになってしまいました。
先ほどベストアルバムを注文して、家に届くのを待ち遠しく思っているところです。
いきなりすみません、でもどうにかこの感動を伝えたくて・・・。雰囲気や歌詞、メロディーも全て私にドはまりで、好きで好きでしょうがなく、ほぼ毎日のように聴いています。


私は京都の老舗のスナックでバイトとして働いています。
お店ではお客さんの前でよく「どうぞこのまま』をカラオケを歌わせてもらうのですが、(失礼かもしれませんが)わたしの歌声が佳子さんの歌声に似ており、そっくりに歌うので、年配のお客さんやマスターが懐かしんで喜んでくれます。またよく似ているのでみなさん驚きます。わたしとしては、思いがけない形ではありますが、自分の好きな歌を歌ってお客さんを喜ばせられるのでとても嬉しいです。
いま好きな歌は、「どうぞこのまま』『ガラスの森』「あなたにつつまれて』です。


もっとはやく佳子さんの歌と出会っていれば、わたしは歌手を本気で目指していたかもしれません。
いや、いまも歌手にはあこがれはありますが・・・笑
今は大学で政治や経済の勉強をしており、外交官を目指して奮闘中です。
勉強に疲れたら、佳子さんの歌を聴いて癒される毎日を送っています。
素敵な曲をたくさん生み出してくれて、ほんとうに感謝しています。
ありがとうございます。
(こんなところでお礼をいうのは変かもしれませんが汗)
これからもわたしは間違いなくファンの一人として、応援し続けます。
どうかお身体に気をつけてくださいね。
長々と失礼しました。


くるみ

No.3720 2012/10/21(Sun) 00:28:33

 
Re: 丸山佳子さま / 丸山圭子です! 引用

くるみ様

素敵なメッセージ、ありがとうございます!
とても嬉しく励まされます。

私の歌が時を越えて、今の同年代の方に伝わる事は、かねてから目指していた「普遍的な歌」を書けているようで、幸せな気持ちになります。

現在、洗足学園音楽大学ロック&ポップス科で教壇に立っていて、くるみさんと同じ年代の方々を育成していますが、年々時代の流れと共に、J-POPが偏ってきているように感じています。
なかなか洋楽を聞かなくなった世代なので、日本の音楽のみでしかも自分の好きなもの以外は聞かない傾向は否めません。
でも、大学に入ってからいろいろ吸収して成長していくので、もっともっといろいろなジャンルの音楽を楽しんで欲しいと思っています。

ライブで関西方向に行った時には、ぜひいらしてね。
また、自由にこのBBSに書き込んで下さい。

アルバイトと学生生活は厳しいと思いますが、体に気をつけて頑張って下さい。

                    丸山圭子
追伸/私の「けいこ」は「圭子」と書きます。よろしく!

No.3721 2012/10/21(Sun) 13:40:13


(No Subject) / 長岐 引用

先日は有難うございました。
ライブ等ありましたら教えてください。
長岐より

No.3718 2012/10/14(Sun) 11:30:36


(No Subject) / 長岐 引用

お疲れ様です、10月10日五反田ゆうぽとに行く予定です。仕事が有りますのでおおよその時間が判れば
万障繰り上げ拝聴したく思います。
楽しみです。
長岐より

No.3716 2012/09/19(Wed) 20:43:42

 
Re: / 丸山圭子です! 引用

ありがとうございます。
恐縮ですが、とても出演者が多いので、まだ出番の順番はわかりません。
進行表がきましたらお知らせしますが、もしかしたら、当日かもしれません。
お忙しい中、ありがとうございます。

No.3717 2012/09/19(Wed) 23:51:39


おんげんを いくつか☆ / mazu 引用

おはようございます。残暑きびしいですが、圭子さんもコンサートやレコーディングの予定があるとお聞きして嬉しいmazuで〜す。

 それでは、またYouTubeで出てきた圭子さん関連の音源をいきまっしょい!

 まずは、やっと出ましたねえ。。。あの名曲が。

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/c_Zmqxf2Hx8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

また、圭子さんが他の歌手に提供された曲もぽつぽつ見つけてまして。

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/1BFsMfpefUg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/L5Gn-3btdBM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

さあ、暑さにめげずに、今日も圭子さん関連の曲を聴いて元気にいきまっしょい!

No.3715 2012/09/10(Mon) 07:05:36


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Modern v1.12 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS