♪ こちらはジャズシンガー野村佳乃子の掲示板です(携帯からもご利用頂けます)
  ♪ リクエスト・ライブの感想・HPの感想等、なんでも気軽にお書き込み下さい
  ♪ 特定の個人団体等を誹謗中傷する文章などの投稿は御遠慮願います
00791

懐かしの昭和を彩った音楽 / KANOKO 引用

お知らせ

洗足会主催「講演会及び常識講座、平成25年度第5回:アメリカ音楽史講座」

第10回アメリカンポピュラーソング・ライブコンサートのお知らせ
■日時:平成26年3月8日(土)14:00〜16:00(13:30開場)

■会場:洗足会館集会室
■出演:百合ヶ丘シュランメルン
鈴木智子(Vl1)・丸山哲郎(Vl2)・野村満男(Vc)・和田佳織(Pf)・野村佳乃子(Vo)

■参加費:会員/一般¥2,000

■主催/会場提供:一般社団法人洗足会
■企画/講演:APS研究会主宰、宮田守雄

■お申込み/お問合せ先:03-3781-1455(洗足会事務局)

■メールでのお申込み:お名前、人数、ご住所、お電話番号を記入の上お申込み下さい。

■メールアドレスFinfo@senzokukai.org(会員以外の一般の方でも結構です) 

No.560 2014/03/07(Fri) 02:22:10


スカイラウンジシリウス / KANOKO 引用

■ 2014年2月19日 (水)
横浜ロイヤルパークホテル  
住所 横浜市西区みなとみらい2-2-1-3 
ロイヤルパークホテル70F スカイラウンジ シリウス http://www.yrph.com/rest/sirius/
TEL 045-221-1155
時間 19:45〜20:30 21:00〜22:00 2ステージ  
野村佳乃子 VO

No.559 2014/03/05(Wed) 15:45:36


ジャズライブハウスカスター / KANOKO 引用

生きるレジェンド尾田悟さんとご一緒します
■ 2014年2月13日(木)
ジャズ ライブハウス カスター   
住所 文京区湯島3-35-10 ソシアル広小路ビル8F
TEL 03-3836-1841
時間 19:30〜22:40 料金 MC¥2,000(ドリンク・チャーム別途)
地下鉄千代田線 湯島駅2番出口からすぐです。(2013年に同じビルの7Fから8Fへ移転しました)
尾田悟(ts) 野村佳乃子(vo) 廣田ゆり(p) 佐々木慧(g)
皆様のご来場をお待ちしております

No.556 2014/02/12(Wed) 16:36:04

 
Re: ジャズライブハウスカスター / KANOKO 引用

たくさんのお客様にご来場ありがとうございました

No.557 2014/02/17(Mon) 22:21:43


毎年恒例JAZZひなまつりのお知らせ / KANOKO 引用

ひなまつりにちなんで 銀座のちいさなジャズフェスティバル
3月2日(日)に出演いたします 

14:00〜 CINQ(サンク)深沢芳美p 中藤節子vln 加藤人b ゲスト野村佳乃子vo 

15:15〜 CINQ(サンク)野村佳乃子vo 高浜和英p 加藤人b ゲスト後藤雅広cl

CINQ(サンク)東京都中央区銀座5-4-3 対鶴館ビル B1F(東京メトロ銀座駅直結)

チケット一枚¥3,000(前売りのみです 売り切れ次第販売終了です)チケットのお申し込みは野村佳乃子までどうぞ☆
詳しくはこちらをごらんください
    ↓
銀座JAZZひなまつり
http://www.f443.com/hinamatsuri/

No.555 2014/02/12(Wed) 00:12:16

 
Re: 毎年恒例JAZZひなまつりのお知らせ / KANOKO 引用

チケット好評発売中です
お早目のお申込よろしくお願いいたします

No.558 2014/02/17(Mon) 22:23:00


A thousand thanks from Chinatown / Yuichi Yamamoto 引用

That Old Feeling やMy Funny Valentine の他に予期していなかった Slow Boat to China まで聴くことが出来て満喫できました。大変感謝しています。
野村さんの歌を初めてナマで聴いて感服したことが二つあります。一つは、海外や日本で長年ジャズを中心にさまざまなジャンルの演奏を聴いて来て耳が肥えているとは言え所詮は素人に過ぎない私が生意気なことを言うようですが、ただ「Silky」 の一言で片付けられないぐらい声の質がいいだけでなく、発声法がその声の質に完全にマッチしていて、あたかも音大かJuilliardの声楽科で本格的に歌唱法を学んだのではないかと思えるぐらいだった事です。Ella、Anita O’Day、Lynn Bari、Peggy Lee のようなジャズシンガーだけでなく、Doris DayやKaren CarpenterからCeline Dion に至るまで数多くの Traditional Pops の歌を聴いて勉強されたのだと思いますが、それでいて物真似の域を完全に脱しているのにはびっくりしました。野村さんご自身の天賦の才能もあると思いますが、おそらく父上のアドバイスが当を得たものだった事も大きいのではないかという気がします。
もう一つ感心したのは、曲の内容やそれが作られた時代背景について完全に理解された上でご自分が歌う曲についてEmcee をされていた事です。例えば、今夜の演目にはなかったと思いますが、”I’ll never smile again”を単なるラブソングとして歌う場合と、カナダの女性ソングライターRuth Loweが夫を交通事故で失った時にその悲しみを込めてこの歌を作曲したということを知った上で歌うのとでは味わいが全く違って来ると思います。
最後に一つだけ、重箱の隅をつつくような事かも知れませんが、My Funny Valentine の歌詞 “Don’t change a hair for me” の”a hair” は「髪型」ではありません。Lorenz Hart が書いた歌詞が非常に優れたものであるだけに、以前からNHKなどで画面の下に歌詞の日本語訳を表示する際、必ず「髪型を変えないで」と訳しているのが気になっていました。例えば英語で “I escaped an accident by a hair” と言うと、「間一髪」事故を免れた、という意味になります。すなわち、”Don’t change a hair for me” は「どんなに細かい事でも変えないでほしい」という意味です。50年にわたって外資系企業に在籍して英語一本で勝負して来たため、英語には人一倍うるさく、日本人の同僚にはよく嫌われました。
またBarBarBar 等に出演される場合には、是非聴きに行きたいと思っています。風邪で大事な声をつぶさないでください。

No.553 2014/02/07(Fri) 02:11:59

 
Re: A thousand thanks from Chinatown / KANOKO 引用

Yuichi Yamamotoさま 
先日はBar Bar Barのライブにご来場くださり早速のメッセージの書き込みありがとうございます 遠方へ出かけていたためご返信が遅くなり申し訳ありません
身に余るお言葉をいただき恐縮ですが嬉しいです “Don’t change a hair for me”に関してご指摘ありがとうございます 以前から流れからして髪型を変えないでほしい…というセリフには唐突さというか違和感があったものの、そのように信じ込んでおりましたが永年のギモンが解けました…ありがとうございます
いろいろ勉強しなくてはならないことはたくさんあります またご教示いただけましたら幸いです 大雪が降ったり厳しい寒さが続いております Yamamotoさまもどうぞお体をお大事にお過ごしくださいませ わたくしも気を付けます(^^)

No.554 2014/02/11(Tue) 23:24:20


横浜中華街の老ジャズファンより / Yuichi Yamamoto 引用

昨年2,3回にわたって当サイトに投稿させていただいた山本です。6日の木曜日に私の家から至近距離にあるBarBarBarに出演されることを知りました。高血圧等の症状が急激に悪化するようなことがなければ是非聴きに行きたいと思います。混雑を避ける意味で19:30のファーストステージに合わせてお邪魔する予定です。バンドの方のご都合等あると思うので無理を言うつもりはありませんが、野村さんに以下の3曲のうちのいずれかを歌っていただけると幸せだと思っています。

1.These Foolish Things
個人的な好みとしては、50数年前からOscar Peterson だったかTeddy Wilson だったかの伴奏で若い頃の Ella Fitzgerald が歌ったバージョンが気に入っていますが、この曲に野村さんがどのような味付けをするか聴いてみたいような気がします。
2.That Old Feeling
Anita O’Day が1963年の東京公演でもこの曲を取り上げたようですが、最近になってYouTubeでそのときのビデオを見つけました。いかにもO'Dayらしい粋なPhrasing でこの曲のよさを最大限に引き出しています。野村さんはこういう曲をどういうInterpretationで歌うのでしょうか?
3.My Funny Valentine
まだValentine's Dayまで1週間近くありますが、毎年この季節になるとこの曲を思い出します。今から57年前私が慶応経済学部の3年生になる直前の2月14日に、英文科1年生だったガールフレンドがプレゼントしてくれた45rpmのレコードにこの曲が収録されていました。Chet BakerやGerry Mulliganのコンボが演奏したものでした。その後折に触れてはこの曲を人前でも歌いましたが、あまり感情を込めて歌うと曲のよさが死んでしまうと気がついたのは、その後30年ぐらい経ってからです。その意味で非常に難しい曲だと思うのですが、それだけに一度野村さんのバージョンを聴いてみたいとかねがね思っています。

その他に Polka Dots and Moonbeams、There Will Never Be Another You 等々聴いてみたい曲は沢山あるので、以上の3曲のうち1曲をどうしても歌ってほしいとわがままを言うつもりはありません。

私は自分の好きな歌手に日本人が「癒し系」などというラベルを貼るのを見るといつも「そんなラベルは剥がしてほしい」と思ってしまいます。本当のジャズファンはEnyaのように「おばさんが貴方たちを癒してあげる」と言うかのように歌う歌手を好まないのではないかと思います。Ella の歌は彼女の死後も我々の心を癒してくれていますが、それは日本人が「癒し系」の歌手に求める安っぽいセンチメンタリズムとは似ても似つかないものです。ニューヨークの貧民街で少女時代を過ごし、結婚に失敗したあと結婚詐欺に遭うなど苦汁をなめ、晩年には糖尿病のために両下肢を切断した後も歌と孤児の救済にすべてを捧げた、Ella が聴く者の心を癒したり励ましたりするのは、取ってつけたような宣伝文句のためではなく彼女が本物の「ジャズの心」を持っていたためだと思います。Anita O'Dayは一見したところElla とは対照的な歌手ですが、彼女も一人前の歌手として認められるまでは、何人かの男から虐待を受けたり、自身ヘロイン等違法薬物に中毒して一時は廃人のような生活を送っていました。彼女の歌からはそういう人生経験を乗り越えて来た人にしか感じられないジャズの心が滲み出ています。いいご家族に恵まれ、なに不自由ない人生を送って来られた野村さんには、また別の意味で聴く者を癒す力があります。その意味で人生の最後になって、日本にも野村さんのようにジャズの心を持つ本物のJazz Singerがいることを知る事ができた(一昨年12月のGlenn Miller Sound Orchestraとの共演)のは幸運だったと思っています。

No.551 2014/02/02(Sun) 17:00:58

 
Re: 横浜中華街の老ジャズファンより / KANOKO 引用

Yuichi Yamamotoさま
お心のこもったメッセージありがとうございます
2月6日関内バーバーバーにいらしてくださるとこと嬉しいです
この日は私の大好きなミュージシャンばかりですが 初めての組み合わせなので私自身もドキドキし、そしてワクワクしています 山本さんにも聴いていただけたら幸せです
お店からのサービスでご予約いただくとテーブルチャージが無料になるそうです
もしよろしければご利用ください
ところで 山本さんがジャズに大変造詣が深く、いつも驚きます
癒し系…に関しては御意…ほぼ同じように感じています 何によって癒されるかは人それぞれですし、私自身も押しつけがましい癒しは好きではありません…
しかしなぜ歌を歌うのかというと人を癒すということに興味があるからです
頭脳と能力があれば医者になりたかったです 
私の癒しのイメージは 人それぞれの心の奥にある思い出の小箱を歌の力で軽く倒して、中身をコロッと転がしてはみ出してもらうイメージです
外からの力は補助であり 結局人は自身の内部にあるものでしか癒されないのではないかと考えています

Anita O’Day,Ella 素晴らしいジャズ歌手たちですね 特にEllaは最も好きな歌手の一人です 彼女たちが差別や虐待を受けたことに胸が痛みます 女性だということで良い思いをする時と悔しい思いをする時があります しかし何かの道をあきらめずに続けていく時、男だとか女だとか甘いこと言っていられない…という場面に出くわします 今は昔よりだいぶ女性が社会的な場面で活動しやすくなっており そういう意味では彼女たちが生きた時代より比べ物にならないくらい幸せな時代に生きているなあ…と感じます しかし生きていると色々なことが起きる…というのもしみじみ感じます 皆様に楽しんでいただける歌を歌えるよう乗り越えていきたいと思っています 今後ともよろしくお願い申し上げます

No.552 2014/02/03(Mon) 19:42:33


Bar Bar Barライブのお知らせ / KANOKO 引用

☆素敵なミュージシャンを初組み合わせ☆私自身もワクワク楽しみです☆☆☆ 皆様のご来場を心よりお待ちしております♪♪♪

■ 2月6日(木)関内 ジャズライブレストラン BarBarBar
横浜市中区相生町1-25 若葉運輸ビル2F 
TEL 045-662-0493
時間 1st 19:30〜20:20 2nd 20:50〜21:40 3rd 22:10〜23:00(3Stage)
料金 MC:2,625 TC:¥525(税込)
野村佳乃子(vo) 益田英生(cl)小林岳五郎(p) ジャンボ小野(b) 竹内武(dr)

お店からのお知らせ※ただいまキャンペーン中でご予約頂いた場合グループ全員分のテーブルチャージを無料とさせていただきます。

No.550 2014/01/30(Thu) 22:51:54


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 ... 29 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Modern v1.12 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS