Boost Up Web

BBS


情報掲示板(911との過ごしかた)

メンテナンスアドバイスや便利ツール・グッズ紹介など共有してレベルアップできる情報の交換を。またツーリング情報や面白ネタなどもどうぞ。
当サイト(Boost Up Web)に関するご意見、ご質問やご指摘などもこちらへお願いいたします。

i-modeなど携帯端末はこちらから
2008/08/22.Fri.17:29:44 -No.43
911 mail / URL

息つき

息つきで質問していました。ようやく普通に戻りました。
原因は点火を良くする為に付けていたMSDでした。ノーマルCDIに戻したら良くなりました。不思議な事にMSDで点火時期を合わせていたら、ノーマルのCDIに変えたとたん点火時期がもの凄く遅れました。何故だか原因が分かりませんが・・・今は調子いいです。
2008/08/22.Fri.23:21:39 -No.44
研究本部 mail / URL

Re: 息つき

こんにちは。

調子が戻られて何よりでした。やはり点火系の何か・・・ということだったようで、CDIを純正品から交換する際には「ポン付け可能」を謳っている商品でも調整が必要だったり、点火コイルとの相性が悪かったりでウマくいかなかった話もたまに聞きます。

2008/08/12.Tue.12:01:58 -No.41
まさまさ mail / URL

89TURBO 4速での息継ぎ

こんにちわ アドバイスお願いします。
ターボ車はポンプがフロントとリアについていますが、もしどちらか一方が故障するとどのような症状が出ますでしょうか??現在エンジン始動中にフロントポンプのリレーを外すとエンジンが止まってしまいます。リアーのリレーは外してもエンジンは止まりません。以前質問しました4速での息継ぎの原因かと?? ブーストSWをキャンセルしても症状が変わらなかったので・・・
2008/08/18.Mon.21:17:50 -No.42
研究本部 mail / URL

Re: 89TURBO 4速での息継ぎ

こんにちは、レスポンス遅くなりました。

2基あるポンプのいずれか一方が故障しても、走行は出来るはずです。もともとター
ビンが高速回転し、ブーストが掛かり始めない限りはNAエンジンとして動いています
し、燃料ポンプ1基でも十分用を足します。但し、ターボが利き始める=全開加速時
や高速(高速加速)運転時には、燃料が追いつかない・・・ということになると思い
ます。今回のような症状が見られる可能性は高いです。

さてフロント側のリレーを取外すとエンジンストールするということ(リア側を取外
しても変化なし)なので、リア側のポンプが動作していないのでしょうか。前後のリ
レーを入れ替えてみてもエンジンが始動できるようなら単なるリレー故障といえるで
しょうし、始動出来ない場合はリア側のポンプ故障(或いはリア側ポンプ系統の電源
断)ということになると思います。

丸型(赤色)のリレーはどれも同一品なので、取り敢えずの対応として入れ替えが効
きます。

2008/07/16.Wed.13:06:06 -No.38
911 mail / URL

息つき

車は89年のターボです
2008/07/16.Wed.13:01:14 -No.37
911 mail / URL

息つき

2000rpmくらいで息つきの症状がでますが・・冷えてる時は大丈夫なのです・・ポンプ等も交換しましたがなおりません・・残っているのはウォームアップレギュレーターくらいしかないのですが・・暖まっていても関係ありますか?燃料を濃くするといいのですが、COもぶっちぎりなのです・・
他に対策としては何が考えられますか?
2008/07/20.Sun.13:00:45 -No.39
研究本部 mail / URL

Re: 息つき

こんにちは(遅くなりました)。

2000rpmということなので、アイドリング時ではないのでしょうけれど、発進加速時のタイミングですか。

その年式のウォームアップレギュレータは文字通りウォームアップ時の燃料補正もしますが、それ以外に吸気系に接続されている配管により加速時(フルスロットル時など)には燃料を濃くする働きもあります。ですから暖機完了後も働いているパーツです。なかなか壊れるパーツではない気はするのですが・・・加速時に燃調が狂うということであれば、エアの吸い込みなども可能性としてはありますね。

あとこれは今回の症状に対してはちょっとハズレと思いますが、例えばプラグコードが浮き気味で1気筒死んでいる状態でも息つきのような症状はでます。その場合は極端にトルク感のない発進加速になります。

プラグコードが劣化してリークしている場合も同様な症状が出ます。ただしこの場合はアイドリングもバラつきます。リークは初期段階では湿度なんかによって出たり出なかったりということも有り得、ある程度スピードに乗ったあとの通常運転では症状が解りにくいので、今回の原因の可能性は少しだけあるかも知れません。

点火コイルはオリジナルの黒が付いていますか?銀色のコイルに交換されているとしたら、ロットによっては劣化が早く、パンクする前の初期症状として息つき現象が出ます。

原因は色々と考えられるのですが、いずれにしても突然出先で止まって動けなくなるのは点火コイルの劣化くらいでしょうか。

判明しましたらフィードバックもよろしくお願いします。

2008/07/08.Tue.21:35:52 -No.34
89ターボ mail / URL

はじめまして

 はじめまして。
乗り始めて2年半程になりますが、困ったことがあると参考にさせて頂いております。
先日、煙臭いので下回りを見たらオイルクーラー下部付根からミッション付根付近より、オイルが滴り落ちています。それもエキパイにむけて。
当サイトのトラブルと対策にありますオイルプレッシャースイッチからオイル漏れと同様な気がします。確かにスイッチ周りがオイルで汚れていましたが、平型端子との隙間からポタポタ落ちるほど漏れるのでしょうか?
よろしければ管理人様の症状をもう少し詳しく教えて頂けませんか?
宜しくお願い致します。
2008/07/09.Wed.01:11:15 -No.35
研究本部 mail / URL

Re: はじめまして

はじめまして、こんにちは。

東京赤坂近辺での悪夢が蘇る気がしました。症状としてはとても良く似ていると思います。
まず、それは突然にやってきます、何の前触れもなく(当然ではありますが)。オイルが滴り落ちる部位もだいたいその辺りです。ヒートエクスチェンジャに直接ポタポタと落ちる感じですので、当然燃やされて煙の量もかなり出ます。オイル銘柄にも依るでしょうけれど、物によってはビニルやプラスチックが燃えたときの匂いに似ていて、それが車内にも入ってくるために猛烈に臭いです。
アイドリング時より走行時の方が垂れ方が酷いです(油圧計の読みに比例して)。交換して取り外したオイルプレッシャースイッチは見た目には特段亀裂が目に見える訳でもなく(現物はまだ取ってありますからお見せすることも出来ますが)でも漏れるようになれば交換しか手はないですから・・・
プレッシャースイッチが目視出来る程度にまで分解整備出来る方なら、交換はご自分で出来ると思います。パーツ自体は安いですしね。

また何かありましたら、ご遠慮なくどうぞ。

2008/07/09.Wed.22:06:34 -No.36
89ターボ mail / URL

Re: はじめまして

お返事ありがとうございます。
そうなんです。毎回、乗るたびに下回りの確認はしていたので、「急にこんなに!」って感じでした。
滲み程度しか無かったので・・。
油圧が常に加わるところなので、あの隙間からでも多量の漏れになるのですね。
部品代も高くは無いので、さっそく交換してみたいと思います。
また、これからもトラブルの対策例等がありましたらご紹介頂けると幸いです。
今後とも宜しくお願い致します。

2008/03/16.Sun.19:32:04 -No.29
88/930ターボ mail / URL

はじめまして

はじめまして。困っています。家の930ターボのエンジン掛からないんです。初爆はあるのですが・・・ガス欠のような症状です。アキュームレータに刺さってる燃料ホース抜いてセルを回しても燃料はチョロっと出てくるだけなんです。
リアのヒューズボックスに有る黄色いリレーを替えると治りますかね?
2008/03/16.Sun.23:48:41 -No.30
研究本部 mail / URL

Re: はじめまして

はじめまして、こんにちは。

初爆があるということで、それだけでもCDI故障のようなパーツ交換に多額の費用が発生する類いのトラブルではなさそうに思います。(それと一応ですが・・・燃料はだいじょうぶですよね?)

アキュームレータが保持しているだけの燃料による初爆とも考えられますが、その場合はポンプ系統のチェックになるでしょう。でも燃料配管を抜いてのチェックは危険ですので注意された方がいいと思います。ポンプはリレー端子の短絡(もしくはフューエルデスビの裏側にあるコネクタを一時的に抜いて)によって動作確認をする程度に留めておいた方が良いように考えます。燃圧チェックなどはSSTを用意している専門店で行った方が無難ですから。

さて、初爆の後に続かないということですから取り敢えず電気系統などはおいておいて、エアフローメーター以降のエア系統なども怪しいとは思いますが、今回のこの症状が出る直前までになにかおかしな点はなかったですか?(いつもエンジンが掛かりにくいなど)直前までは快調に運転出来ていたのでしょうか?また、燃料フィルタやアキュームレータの交換履歴などはわかりますか?

ちなみに、リレー故障の検査ならば端子短絡だけで済みます。

2008/03/22.Sat.18:25:22 -No.31
88/930ターボ mail / URL

Re: はじめまして

返答ありがとうございます。

症状ですが、不動になる前は、高回転で、息継ぎしたり
エンジンの掛が非常に悪く、バッテリーが低下してくると、何とか掛り、始動時は1気筒くらいかぶった感じになっていました。
エンジンが冷えてしまうと、また同じ状況になります。
燃料は入っています。フューエルデスビの裏の端子を抜くことで
、ポンプが作動するか分かるのでしょうか?
燃料フィルターは、不動になって、新品に交換いたしました。
アキュームレーターは、交換したことは、無いと思います。

2008/03/25.Tue.02:16:49 -No.32
研究本部 mail / URL

Re: はじめまして

お返事遅れましてスミマセン。

症状的には電気系の不良にも似たところがありますけど、いずれにしても初爆があるということを考えれば、不動になった直接的な原因から電気系は外してもいいと思います(それで電気は万全ということにはならないにしても)。

エアの吸い込み(漏れ)がある場合はやはりスタートしにくく、アクセルペダルを少し煽っておかないとストールしてしまいます。エンジンがある程度暖まるまではその状態が続きます。ですが、何処からかエアを吸っている場合は、走行中のアクセルオフでアフターファイヤーも激しく起こったりしますから、これも今回のとは少し違いそうですね。

さて、930はエンジンがある程度の回転数以上で回っていないと、ポンプ電源がONしない(一種の安全装置ですが)ようになっています。が、フューエルデスビの裏に繋がっているコネクタを抜けば、キーONでポンプ電源が入りポンプが動作しますので、スターター音にかき消されることなくポンプの動作音が聞けると思います。フューズボックス内のポンプリレー2個のそれぞれについて端子を短絡させることでも強制運転出来ますので、どちらかの方法でポンプの動作は確認出来ると思います。ただし、動作音がする=正常ということでもないですけれど・・・

早く原因がつかめることをお祈りしつつ、また何か気になる点、あれば解る範囲でお答えします。

2008/01/16.Wed.21:17:47 -No.25
ぽるゆう mail / URL

88と89の違い

こんばんは、はじめまして。
いつも参考にさせて頂いております。

'88と'89のターボの違いについてお聞きしたいのですが、当Webの'88ターボの諸元表のところで、'88はG50ミッションを搭載するスペースが確保されている等の記述があります。
ということは、'88モデルはG50のミッションを無改造で載せる事ができるということなのでしょうか?
以前、'88なのに5速ミッションという中古車を見たことがあったような気がしたもので・・・・。
また、どこかの雑誌にも書いてありましたが、G50を搭載するためのシャーシの改良により、'89モデルは4速車と比べてボディ剛性が劣るとの記事の信憑性はどうなんでしょうね?
2008/01/17.Thu.00:07:28 -No.26
研究本部 mail / URL

Re: 88と89の違い

こんにちは。

実際に現物を並べて見比べて書いた記事ではないですが、そう言われてはいます。モデルイヤーの話になるとまた複雑にはなりますけど、turboの最後期頃のモデルの話をするならば、既にその時にはNAモデルは3.2カレラ時代に入っていてトーションバー取り付け位置は変えられていますので、そういったボディのディテール変更は当然なのかな、とも思います。

細かな出っこみ引っ込み云々は判りませんがスペースとして大きな意味で捉えれば、G50の納まりに合う寸法が確保されているのではないでしょうか。

と、ココまで書いたことが正しいとすれば、雑誌記事の「'89モデルだけ」がボディ剛性が劣るというのは当てはまらないような気もします。でもG50搭載の為に'89モデルでは更なる形状変更が施された可能性は十分ありますから、数値的には違うものが出てもおかしくはないですよね。が、何の手も加えないノーマル車をサーキットで限界まで追い込んで初めて露呈する程度の違いかも知れません。多分サンルーフの有無程には違いは出ないのではないでしょうか。仮にそうした剛性値に僅かな違いがあったとしても、20年経った経った今ではその差は更に縮んでいるでしょうね。

'87以降のノーマルturboを並べて、下から見上げてみたい気はしますね。

(憶測が多い書き込みで大変申し訳ありません)

2008/01/09.Wed.02:32:53 -No.20
まさまさ mail / URL

89TURBO 4速での息継ぎ

こんばんわ
当方89ターボを所有しておりますが、4速フルブーストの状態になると点火系カットのような感じで失速します。アクセル全開にしなければ大丈夫なんですが・・・ブーストリミットSWは新品に交換しました。CDIかコイルか・・・何かアドバイスいただけませんか。
2008/01/10.Thu.00:25:15 -No.21
研究本部 mail / URL

Re: 89TURBO 4速での息継ぎ

はじめまして、こんばんは。

確かに仰るように電気系のトラブルでも息継ぎのような症状は出ると思いますが、まさまささんのturboはフルブーストで加速状態に入らない限り何ともないようですから当てあはまらない可能性が高いと思います。電気系のトラブルの場合は、大なり小なり(気づきにくいかどうか)どんな場面に置いても違和感を伝えてきますよ。

フルブーストと仰るその時のブースト計の読みはどうなってますでしょうか?SWは新しいものが取り付いている=正常動作と考えた時、単に圧が上がり過ぎているので正しくSWが働いて燃料カットしているのかも知れないです。

ウェストゲートが固着してブースト圧が上がり続けていればそういう症状が出てもおかしくないと思いますが、いかがですか?

2008/01/10.Thu.23:08:03 -No.22
まさまさ mail / URL

Re: 89TURBO 4速での息継ぎ

こんばんわ 早速のアドバイスありがとうございます。
ブースト圧は純正メーターで 0.8Barで安定しています。
ウエストゲートも開放していると思います。
大気開放の音が聞こえてきますから。SWの不良ですかね??

2008/01/11.Fri.00:33:17 -No.23
研究本部 mail / URL

Re: 89TURBO 4速での息継ぎ

こんばんは。

純正のSWは、1.0barやそれ以上の領域で燃料をカットする働きで、普通は壊れれば接点が切れずに圧が上がり過ぎてしまうという症状になるはずです。

逆にSWの製品不良で0.8bar付近で働いてしまう・・・のかどうかを確かめるには、SWに繋がっている端子を直接付近の金属パーツにアースして走行すればいいかと思います(いずれにしてもSWが諸悪の根源なのかどうかは、SWを無効にしてテストランすれば判るはずです)。

2007/08/16.Thu.01:58:55 -No.10
ひぐま mail / URL

スピーカー補修の記事について

こんにちは、はじめまして。スピーカー補修の記事を読ませて頂きました。私の88ターボも、リアSPが同じ状態になっているようなので修理を考えています。エッジ再生自体はオーディオ用で経験があるのですが、グリルの外し方がわかりません。教えて頂けないでしょうか? 車屋からは「簡単に外せるけど、爪が折れる事が多いので注意して」と言われたので、せめて爪の位置を把握してからにしようと保留にしていました。4つの爪でハマっているだけとの事ですが、ユニットが長方形なのに、落とし込みの穴が楕円と言う事は、4辺のそれぞれ中央あたりですか? また壊さずに外すコツがあれば教えて下さい。
2007/08/16.Thu.03:48:14 -No.11
研究本部 mail / URL

Re: スピーカー補修の記事について

はじめまして。純正ユニット再生プロジェクトお疲れさまです。

文章では少し解りにくいかも知れないので、図解して説明したいと思います(図が解りにくいという場合は、また何か考えます・・・)。

ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/turbo88/BoostUpWeb/gallery/img/sp.jpg (消去しました)

絵の中で一番下にある楕円が、リヤシートのライニングボードに開いている穴です。その上からスピーカー本体が、丁度スピーカー下の出張り部分が楕円穴に入る形で納まり、上からボードへ4点ビス止めされています。

次に、ライニングに固定されたユニットに丸ごと覆い被さる形でグリルが取り付きます。4辺に爪(出っ張り)が出ていて引っ掛ける様になっています。車屋さんの「簡単に外せるけど、爪が折れる事が多いので注意して」というのはほぼ正解ですが、正確には爪が折れるというより、樹脂製のグリル自体がパキッと割れてしまう可能性があるということだと思います。

つまりスピーカー本体を外してからグリルを取り外すという手順を踏めないので、恐らくはシートのライニングボードごと取り外してからの作業になると思います。でなければ、リヤウィンドウが邪魔で1辺だけうまくこじることが出来ません(そこで無理するとグリルが割れると思います)。記事中に書いた様に、新品を用意しておいて交換取り付けということであれば、そのまま作業しても大丈夫なのですが。

2007/11/25.Sun.11:39:40 -No.16
ヒグマ mail / URL

Re: スピーカー補修の記事について

こんにちは。方法を教えて頂いてから随分日が経ってしまいましたが、やっとRスピーカーの取り外しに成功し、エッジの再生を行いました。ありがとうございました。私は厚手(3mm)のウレタンとセメダインバスコークで再生しました。カバーの突起16個を削り取ったので次回からは引っ張るだけで取り外しできるようになりました。
土台の型紙もできたので、ホーンツイーター(奥行きに制限がありますが)も試してみようかなと考えています。 エンジンルーム遮音スポンジの値段が、カレラ用の方が安い事も知り助かりました。

2007/11/26.Mon.23:05:41 -No.17
研究本部 mail / URL

Re: スピーカー補修の記事について

こんにちは、作業お疲れさまでした。備忘録的なこのサイトの記事が少しでもお役に立てたなら嬉しいです。ご自身のカーライフの中でも新しい発見などありましたら、また逆に教えていただければと思います。

2007/03/02.Fri.16:22:44 -No.2
研究本部 mail / URL

某Q&Aを読んで

『はじめまして。89の911ターボなんですが、エンジン始動の時にセルを15分位回さないと始動しません。始動しても、弱々しく、すぐ止まったり、かかってすぐ、アクセルを踏むと止まります。いったんアイドリングが上がって暖まれば大丈夫です。アキュムレータは交換済みです。あと、加速時にブローオフバルブらへんからバッバッバッっと変な異音がしますがどんな原因が考えられますでしょうか?以前にくらべてターボの効きが弱い感じがします。(鹿児島県 けんさん)』


これは空冷ポルシェ専門店「ゼネレイト」のサイト内Q&Aコーナー、2/15付けのQ&Aからの引用です。

エンジン始動の時にセルを15分・・・のくだりは入力ミスか何かかとも思いますが、全体的には「イグニションコイルの不良」の症状に非常に近いです。お店の見解では燃料噴射の問題だということで、確かにそれが最もな意見なのかも知れません。私は過去2度イグニションコイル不良に泣いた経験がある訳ですが、最終的にコイルがパンク(?)して不動になるまでの前兆として、質問にあるような内容の症状が出ていました。

1.エンジンスタートがスムーズに行かない
2.暖機運転中もアイドリングが不安定(低め)
3.サーモバルブが開いてオイルクーラーへオイルが循環する程度に暖まった後は普通に走れる
4.加速時の伸びが悪く、アクセルオンの最中にアフターファイヤーする
5.ブーストが掛かっていても本来の加速感がない

というのが、イグニションコイル不良によって引き起こされていた症状なのですが、Q&Aの質問内容とちょうど重なる部分が多いのが気になりました。もともと純正(出荷時)には黒色のコイルがついています。これを何かの機会にシルバーの現行品に交換されていれば、ますますコイル不良の可能性が高いと思います。この現行コイルは不良が多いという話も聞いています。私は2度目のコイル不良の後、3.2カレラ用のコイルを流用することにしました(コイル本体がターボ用より一回り大きいため、そのままでは固定ステーに納まりませんが)。

近々、イグニションコイル不良についての記事を【トラブルと対策】に掲載します。
21/200件 [ ページ : << 1 2 3 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS