[ 掲示板に戻る ]

過去ログ閲覧モード


No.36861 ゆみっぺ  
5月15日 月曜日 引用
おはようございます。
2週連続で月曜日が雨です。

敵を許せとか人を裁くなとか
確かにそうだねぇと思いますが、
生身の人間で
その境地に達するのは、
かなりハードルが高い。

でも、そこを目指してやっていく
ことが、結局自分の為であり
皆の為なんでしょうね。

15/05/2023(月) 08:05:18


No.36862  飯沼正晴
Re: 5月15日 月曜日 引用
こちらは雲は多いですが、陽が差してきました。

ゆみっぺさん、

>でも、そこを目指してやっていく
ことが、結局自分の為であり
皆の為なんでしょうね。<

はい。
イエスは「天国に入る道」、つまり本来の霊界に戻る道を示し、
本来の霊界の価値観や生き方を地上でも実行することによって、堕落した地上界(の雛型としてのユダヤ)を地上天国に向上進化させる道を示したのでしょうね。

自分が「敵を愛せ。迫害する者のために祈れ。人を赦せ。人を裁くな。与えなさい。人を批判的な目で見るな」というようなエネルギー場を形成することによって、自分自身にもそういう現実がもたらされていくということだと思います。

15/05/2023(月) 10:03:25

No.36863  エーチャン
Re: 5月15日 月曜日 引用
コメントくださった皆さん、ありがとうございます。

引き続き、聖書からの転載をしていきます。

ヌマさん

「イエスは「天国に入る道」、つまり本来の霊界に戻る道を示し、
本来の霊界の価値観や生き方を地上でも実行することによって、堕落した地上界(の雛型としてのユダヤ)を地上天国に向上進化させる道を示したのでしょうね。

自分が「敵を愛せ。迫害する者のために祈れ。人を赦せ。人を裁くな。与えなさい。人を批判的な目で見るな」というようなエネルギー場を形成することによって、自分自身にもそういう現実がもたらされていくということだと思います。」

ちょっと前に、「地上人類の歩み」を再読していて、特に印象に残ったのが、分離感、つまり個としての意識が芽生え、そこからさまざまなかげりが生じてきたという部分です。(p.121以下)そして、分離感の中でもがき苦しんでいるのが、私も含む今の人間の姿なのでしょう。

そこで、私たち一人一人がヌマさんが書かれているような、「エネルギー場」を形成していくことで、つながりを、「いのちはひとつらなり」を取り戻し、本当にうれしい現実が生まれるのだと思います。

イエスの教えにはありませんが、この場で教えられた、畑や人体の微生物への無条件の感謝と祝福を送ることもまた、そういうエネルギー場を創ることになるのだと思います。

諦めずに挑み続けます。それによって、必ず風穴は開くと信じています。自分の能力云々というのは全く関係ない、喜びの現実を何が何でも実現させたい、そういう思いこそが本当に大切なのだと思います。

15/05/2023(月) 11:35:20

No.36864  飯沼正晴
Re: 5月15日 月曜日 引用
はーい、エーちゃん、よろしくお願いします!

>そこで、私たち一人一人がヌマさんが書かれているような、「エネルギー場」を形成していくことで、つながりを、「いのちはひとつらなり」を取り戻し、本当にうれしい現実が生まれるのだと思います。<

はい、まさにそうだと確信しています。
「みんな大好き、ありがとう」の心とエネルギーによって、「いのちはひとつらなり」であれば、その場には健やかなる喜びが現実化していくということです。
それが法則ですね。

昨日の私の書き込み、繰り返しておきますね。

>以前から分かっていたことですが、ヒーリングなどの時にこちらから十分に波動を合わせることの重要性を改めて体感的に納得した次第です。
結局は一切の違和感を排して、理屈抜きの「みんな大好き、ありがとう。(どんなあなたでも大好き、ありがとう)」という思いや感覚でつながることが、喜びの波動を合わせることになるのだと思います。

それはイエスが訓える、「敵を愛せ。迫害する者のために祈れ。人を赦せ。人を裁くな。与えなさい。人を批判的な目で見るな」というようなこととも重なっているのだと思います。<

誰もがカルマを抱えた地上人生ですから、それぞれに嬉しくないことや厳しい試練ももたらされます。
そういう時こそ、感情の陰りを超えて「みんな大好き、ありがとう」
で、もたらされている試練につながり直せるかどうか?
そうできるかどうかが、次の現実を造っていく分れ道になるのです。

それがほんとかウソかはやってみてからしか分からないことですね。
とことんやれば、必ず現実は変わります。
何故ならば、それが法則であるからです。
ウソだと思ったらやってみな。
それに尽きますね。

15/05/2023(月) 11:54:37

No.36865  飯沼正晴
Re: 5月15日 月曜日 引用
まるで反応がないので、繰り返しますよ。
他人事と思わないで読んでくださいね。

>その温泉に浸かったとたんに、ここのところの農作業でガチガチだった肩や腰や背中や足の張りが、ウソのように解消したのです。
今までもいろんな温泉に浸かってきましたが、あんなことは全く初めてで奇跡のようなことでした。

温泉の成分が作用したというようなレベルではなく、おそらくは波動の作用だと思います。
皆にそこまでの効果があるわけでもなさそうなので、そこのお湯の波動が私にはピッタリ合っていたということでしょう。<

こんなことってあります?
ほんとに気のせいとかのレベルじゃなかったんです。
まさに波動・エネルギーによる奇跡としか思えません。

どんな時でも、「みんな大好き、ありがとう!」
嫌な時、苦しい時、思うように事が運ばない時こそ、「みんな大好き、ありがとう!」

今までも言ってきたけど、今回は腹の底からそれが分かったのです。

15/05/2023(月) 13:34:46

No.36866  あきどん
Re: 5月15日 月曜日 引用
現象が一変する「量子学的」パラレルワールドの法則
を昨日から読んでいます。
とってもわかりやすく 量子学的なことを書かれていますね。
これを読んで、
飯沼さんの
>温泉の成分が作用したというようなレベルではなく、おそらくは波動の作用だと思います。<
がよく理解できるようになりました。
感動です。

15/05/2023(月) 13:50:01

No.36867  飯沼正晴
Re: 5月15日 月曜日 引用
あきどんさん、

要するに、あらゆる人やあらゆる生命やあらゆる物質・物体やあらゆる事象・出来事と、喜び=無条件の祝福と感謝の波動・波長で同調することですね。
感覚の層・ダブルへのつながり方もそれに尽きるのだと思います。

エーちゃん、

>イエスの教えにはありませんが、この場で教えられた、畑や人体の微生物への無条件の感謝と祝福を送ることもまた、そういうエネルギー場を創ることになるのだと思います<

イエスの言葉に、「もっとも小さき者にしたことは、すなわち私にしたことだ」というようなのがありますね。
名もなき微生物たちに、分け隔てなく無条件の感謝と祝福のエネルギーを注ぐことは、まさにそういうことになるのだと思います。

15/05/2023(月) 14:11:03

No.36868  エーチャン
Re: 5月15日 月曜日 引用
ヌマさん

「イエスの言葉に、「もっとも小さき者にしたことは、すなわち私にしたことだ」というようなのがありますね。」

以下の部分ですね。

マタイによる福音書25章31節〜

「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く。そこで、王は右側にいる人たちに言う。『さあ、私の父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』そこで、王は答える『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』]

15/05/2023(月) 14:58:23

No.36869  エーチャン
Re: 5月15日 月曜日 引用
ヌマさん

「要するに、あらゆる人やあらゆる生命やあらゆる物質・物体やあらゆる事象・出来事と、喜び=無条件の祝福と感謝の波動・波長で同調することですね。
感覚の層・ダブルへのつながり方もそれに尽きるのだと思います。」

要は、どうやって「感覚の層・ダブル」につながろうとあれこれ考えるのではなく、「あらゆる人やあらゆる生命やあらゆる物質・物体やあらゆる事象・出来事と、喜び=無条件の祝福と感謝の波動・波長で同調」しようとする、そこに焦点を当てれば、自ずと感覚の層・ダブルにもつながるということでしょうか。

15/05/2023(月) 15:15:52

No.36870  飯沼正晴
Re: 5月15日 月曜日 引用
エーちゃん、聖書の該当箇所の転載、ありがとう。
私のはちょっとこじつけかもしれませんが、基本は同じだと思います。

>要は、どうやって「感覚の層・ダブル」につながろうとあれこれ考えるのではなく、「あらゆる人やあらゆる生命やあらゆる物質・物体やあらゆる事象・出来事と、喜び=無条件の祝福と感謝の波動・波長で同調」しようとする、そこに焦点を当てれば、自ずと感覚の層・ダブルにもつながるということでしょうか。<

はい。
感覚の層・ダブルは理性が直接的には作用しにくい次元です。
なので、頭で考えてもなかなかうまくいかないわけです。
「みんな大好き、ありがとう」、「全部、なおった。みんな、なおった」、「みんな健やかに、幸せになった」を欲求として高めるか、
あるいは、それらを反復継続して瀬在意識に埋め込んでいくか、でしょうね。

分かってはいても、私たちはつい自分基準での違和感を抱いてしまう段階の人間です。
だからこそ、それを超える「みんな大好き、ありがとう」を日々、感覚の層にまで刷り込んでいくことが大事なのだと思います。

私としては、海なんかを見ながら無心になって、「みんな大好き、ありがとう」の境地を潜在意識に刷り込むこともお勧めです。

15/05/2023(月) 20:45:45


No.36853 春が来る  
2023年5月14日 日曜日 引用
久しぶりに投稿させていただきます。

ぬまさんにメールさせて頂きましたが、定例会に参加させていただきたいと思います。

>Hさんが自分を振り返る(切り替える)キーワードは、コンプレックスのように思います。
そこから派生して、人との比較・人にどう思われるかを気にする・優位性を求める・自分の正しさにこだわる・人を妬む、等々の陰りが派生しているように思います。
幼い頃のお兄さんたちとの比較や、評価・扱われ方の違いなども含めて、辿りなおしてみたらどうでしょう?<

両親は戦前の国立大学を出、その事をとても誇りに思っていました。
実家では、勉強が出来るか出来ないか、学業成績が大きな価値基準でした。
私は、幼い頃から、その様な価値観を感じながら育ったように思います。

私には、3人の兄がいますが、それぞれ14歳、10歳、5歳年上です。
私が、ものごころがついた幼稚園の頃には、既に長兄は東京の大学に行っていて、一緒に暮らした覚えはほとんどありません。
子供たちがどこの大学に行くかという事は母の大きな関心事でした。
実家では、学業成績が大きな価値基準でした。
私は、幼い頃から、その様な価値観を感じながら育ったように思います。

私は、兄達の様に勉強が出来ませんでした。
頑張って頑張って、私的には成績が上がり、今回は褒めてもらえるかな?と思って通知表を出しても褒めてもらえなかった覚えがあります。
私は、母にあきれられていると感じていました。
そこでは、必死に自分の存在意義を見出そうとしてきたように思います。

出来ない自分を分かっているからこそ、評価を求めようとしてきたのだと思います。
あたかも「出来る人」であるかの様に装ってきたんだと思います。
仰るように、そこには、根深いコンプレックスがあると思います。
私には、自分なりの価値基準から見て、満足出来るラインにまで満たない人を否定的に見るという所がありました。
それは、とても恥ずかしく、傲慢な事だと今は思えます。
でも、私には分かりませんでした。
そして、人にもそういう価値基準で見られているのではないかと。
そこでは、自分の正当性を主張し、優位性を保とうとし、人を妬んでもきました。
自分にも、そして誰の喜びにもならないのに。
とても愚かだったと思います。

メッセージに、次女は、そういう私の気付きの為の配剤とありました。
優しく、思いやりに溢れた次女の良さを見ようともしないで、私は次女を「自分なり」の価値基準で見ようとしました。
悠々塾と繋がってからは、私なりに次女の気持ちに寄り添おうと努力してきたつもりです。
特に、ここ10年程は、次女や家族の事を最優先にしようとしてきました。(その中でも、まだまだ、長女や夫の気持ちも分かってはいませんでしたが)しかし、未だ、次女の心の傷を癒すまでには至っていません。
次女が自分に自信を持ち、いきいきと喜びの中で日々を過ごす事が出来るよう、幸せを実感出来るようにと強く願っています。
次女の為にも変わっていきたいと思っています。

Tさんの事では、改めて「自分なり」を実感しました。
みなさんには、私の病の時も含め、これまで様々に不愉快な思いをさせた事と思います。
本当に申し訳ありませんでした。
改めて心からお詫びいたします。



                                 

14/05/2023(日) 09:44:38


No.36854  やすこ
Re: 2023年5月14日 日曜日 引用
エーチャン毎日ありがとうございます。
ずっと前の掲示板に、たとえ話として「あなたは兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか…」と書いてあって、その通りだなぁ…と思い、とても印象に残りました。

そうだあれは聖書のことばだったのだなぁ…と思いながら読みました。

きっと私は聖書を手に取って読む事はしなかったと思うので、今回こうして掲示板に転載してもらい、とてもいい機会に恵まれたと思います。

印刷して折ってとパチンとめると、はじめての自分の聖書みたいになりました。エーチャンありがとうございます。

定例会は一部二部参加させてください。よろしくお願いします。

春さん、よろしくお願いしますね。

14/05/2023(日) 11:55:09

No.36855  飯沼正晴
Re: 2023年5月14日 日曜日 引用
春さん、

投稿に余白部分が大きいですが(笑)、そこはこれから追々に埋めていくことになるのでしょう。
ということで、今回の投稿を一区切りとして、学びの仲間・働きの仲間としてとして定例会に参加してもらいたいと思います。

感覚の層の歪みの設定を健やかなる喜びに切り替えることで、自他に幸せをもたらしやすくなるはずです。
その意味では、春さんは伸びしろがとても大きいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いしますね!
。。。。。

あおやまさんは女子会での話をどんなふうに受けとめたのかな?
出来れば定例会前に聞いておきたいので、掲示板に書いてくださいね。

私は一昨日、ビックリするようなことがありました。
実はまた丹後の網野町の温泉に行って、いつも泊まる浅茂川温泉の近くの浦島温泉の宿に初めて泊まりました。(浦島温泉のお湯は今では3軒の旅館しか使っていないそうです)
その温泉に浸かったとたんに、ここのところの農作業でガチガチだった肩や腰や背中や足の張りが、ウソのように解消したのです。
今までもいろんな温泉に浸かってきましたが、あんなことは全く初めてで奇跡のようなことでした。

温泉の成分が作用したというようなレベルではなく、おそらくは波動の作用だと思います。
皆にそこまでの効果があるわけでもなさそうなので、そこのお湯の波動が私にはピッタリ合っていたということでしょう。

翌日は窓の下から海が広がる浅茂川の安宿に移動して、宿から徒歩3分のいつもの日帰り温泉に行きました。(夜は少し離れた初めての居酒屋さんに行ったら、これがまた大当たりでした。なんだか途中からカウンセリングみたいになってしまいましたが・笑)
自分の方から日帰り温泉のお湯に波動を合わせるような感じで浸かると、やはり今までとは感じが全く違うのです。
そこは最大でもお客が数人しかいないので、あれこれ試しながら入っていました。

以前から分かっていたことですが、ヒーリングなどの時にこちらから十分に波動を合わせることの重要性を改めて体感的に納得した次第です。
結局は一切の違和感を排して、理屈抜きの「みんな大好き、ありがとう。(どんなあなたでも大好き、ありがとう)」という思いや感覚でつながることが、喜びの波動を合わせることになるのだと思います。

それはイエスが訓える、「敵を愛せ。迫害する者のために祈れ。人を赦せ。人を裁くな。与えなさい。人を批判的な目で見るな」というようなこととも重なっているのだと思います。

昨夜は一度もオシッコで目が覚めることもなく、眠っている時にずっとレクチャーを受けていたような感じでした。
全く言葉にできませんが。

定例会が楽しみです。

14/05/2023(日) 12:07:52

No.36856  飯沼正晴
Re: 2023年5月14日 日曜日 引用
はーい、やすこさん、了解です!
オレンジさんには了解の返事が遅くなってごめんね〜

14/05/2023(日) 12:10:34

No.36857  Bさん
Re: 2023年5月14日 日曜日 引用
春さん、投稿をありがとう!
己の非を認めるのは、とても辛くて勇気がいることです。
自分のことと重ね合わせ、小さい時のことが、こんなにも尾を引くのかと思いました。
私も春さんも大人の顔をした子供だったと思います。

今日の春さんの投稿の下に、昨日までのエーチャンによる聖書の転載が続いています。
エーチャン、連日の転載、ありがとう!
ここで、福音書の学びの数々に繋がるとは思いも及ばぬことでした。
昨年の出来事から今に至るシナリオのあまりの完璧さに感謝いたします。

今回の私の大騒ぎを皆さんにお詫びするとともに、春さんと手を携えて定例会に参加させていただきたいと思います。
春さん、気持ちを新たに笑顔で参加しようね!

自我を乗り越え、皆の喜びを求めて進んでいきます。
皆さん、どうぞ、よろしくお願いいたします!

14/05/2023(日) 12:41:24

No.36858  飯沼正晴
Re: 2023年5月14日 日曜日 引用
Bさん、

>己の非を認めるのは、とても辛くて勇気がいることです。<

そういう人もいるし、そうじゃない人もいると思いますよ。
自分がそうだからといって、相手もそうに違いないという思い込みの前提を立ててしまうと、不快で面倒くさい展開になりかねません。

私は自分に非があると思えば、比較的素直に自分の非を認めて謝るタイプの人間だと思っています。
もちろん自分では自分の非に気づけない場合もあるでしょうが、気づいているのにヘンに頑張るタイプではないと思っています。
それは人間ができているとかいうことではなくて、その方が自分も気持ちがいいし、面倒臭いことにならなくてその方が楽だからです。

私は小学5年生の時に、担任(50歳ぐらいの男性教師)が自分の非を認めずに、クラスメートを傷つける発言をして自分を正当化しようとしたことを看過できず、その教師を排斥する騒動を起こしました。
何か月もの間、私もけっこう辛い目にあわされたと思います。

そういうことをやった自分は、あの教師のようなことは絶対にしない、あんな人間にはならないと決めたのだと思います。

自分の非を認めて謝ったとしても、自分の側からの気持ちや言い分はあるものです。
「盗人にも三分の理」という諺もありますし。
しかしそれはどんな場合にも、誰にもあるもので、そこを主張することは傍迷惑な身勝手でしかないと思っています。
謝ったことの意味が帳消しになる場合もあるものです。

今回のことでBさんのことを大きく受け止めながらも、自分の不十分さに思い至りながらも、Bさんが本音のところではまだ自分の言い分を昇華できていないような面があることに戸惑いを感じ、話しづらさも残っている私です。

定例会でお互いに全てが払拭できますように!

Bさん、大好きですよ!

14/05/2023(日) 15:22:13

No.36859  飯沼正晴
Re: 2023年5月14日 日曜日 引用
上のBさんへの書き込み、厳しいように受け取られるかもしれませんね。
もちろん私はどんなBさんでも受け止めますし、大好きです。
ただ、お互いにとっても今後の働きにとっても、最も望ましいレベルで波動を合わせて・つなげておきたいと思っての書き込みです。
くれぐれも気持ちを陰らせないようにお願いしますね。

みんな大好き、ありがとう!
みんな健やかに、幸せになった!
。。。。

定例会、懇親会参加・宿泊予定の方はお知らせいただいたということでよろしいでしょうか?
未定の方も何人かお知らせいただいています。

14/05/2023(日) 17:53:16

No.36860  Bさん
Re: 2023年5月14日 日曜日 引用
「三分の理」なのかどうかわかりませんが、「昇華できていないような面」がないわけではないです。
確かにあります。

でも、今回のことは、全て私の捉え方から発した出来事であり、私がもっと早くに(今回だけでなく以前のバトルから)気付くべき、自分に内在する問題に目覚めるべきものだったと思います。

皆さんにご心配をおかけし、不愉快な思いをされた方も多かったと思います。皆さん、ごめんなさい。
自分を主張するあまり、飯沼君を随分傷つけてしまいました。飯沼君、ごめんなさい。

残念ながら、こんなに大騒ぎしないと気付けなかった私です。
それも自らというより、皆さんのお蔭で気付かせていただきました。
こんな情けない私に惜しみない愛情を注いでくださった皆さんへの有り難い思いと、ご負担をかけてしまったことへの申し訳なさでいっぱいです。

>>定例会でお互いに全てが払拭できますように!<<

はい、そう願っています。

14/05/2023(日) 18:00:53


No.36847 エーチャン  
2023年5月13日 土曜日 引用
おはようございます。

山上の垂訓、最後の部分を転載します。

ルカによる福音書、6章の後半部分です。

人を裁くな
「人を裁くな、そうすれば、あなたがたも裁かれることがない。人を罪人だと決めるな。そうすれば、あなたがたも罪人だと決められることがない。赦しなさい。そうすれば、あなたがたも赦される。与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよくして、ふところに入れてもらえる。あなたがたは自分の量る秤で量り返されるからである。」イエスはまた、たとえを話された。「盲人が盲人の道案内をすることができようか。二人とも穴に落ち込みはしないか。弟子は師にまさるものではない。しかし、だれでも、十分に修業を積めば、その師のようになれる。あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。自分の目にある丸太を見ないで、兄弟に向かって、『さあ、あなたの目にあるおが屑を取らせてください』と、どうして言えるだろうか。偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目にあるおが屑を取り除くことができる。」

実によって木を知る
「悪い実を結ぶ良い木はなく、また良い実を結ぶ悪い木はない。木は、それぞれ、その結ぶ実によって分かる。茨からいちじくは採れないし、野ばらからぶどうは集められない。善い人は良いものを受け入れた心の倉から良いものを出し、悪い人は悪いものを入れた倉から悪いものを出す。人の口は、心からあふれ出ることを語るのである。」

家と土台
「わたしを『主よ、主よ』と呼びながら、なぜ私のいうことを行わないのか。わたしのもとに来て、わたしの言葉を聞き、それを行う人が皆、どんな人に似ているかを示そう。それは、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を置いて家を建てた人に似ている。洪水になって川の水がその家に押し寄せたが、しっかり建ててあったので、揺り動かすことができなかった。しかし、聞いても行わない者は、土台なしで地面に家を建てた人に似ている。川の水が押し寄せると、家はたちまち倒れ、その壊れ方がひどかった。」

13/05/2023(土) 08:23:25


No.36848  エーチャン
Re: 2023年5月13日 土曜日 引用
ゆみっぺさん


「今まで一度も過ちをおかしたことのない人は、一歩前に出よと言われて皆、黙ってしまった。」

ひょっとして以下の部分を指しているのでしょうか。

ヨハネによる福音書 8章

わたしもあなたを罪に定めない
 イエスはオリーブ山へ行かれた。朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自分のところにやって来たので、座って教え始められた。そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、真ん中に立たせ、イエスに言った。「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか。」イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである。イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。「あなたがたの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい、イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。イエスは、身を起こして言われた。「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」女が、「主よ、だれも」と言うと、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」

13/05/2023(土) 09:07:30

No.36849  ゆみっぺ
Re: 2023年5月13日 土曜日 引用
おはようございます。

エーチャンさん、
ありがとうございます。

多分
転載して頂いた部分だと
思います。

結構いい加減な記憶でしたね。
その部分、映画か何かで
やっていたのかなぁ?
まぁ、この記憶も
かなり怪しいです。

13/05/2023(土) 10:11:16

No.36850  飯沼正晴
Re: 2023年5月13日 土曜日 引用
エーちゃん、連日の転載ありがとう!

勝手に再コピーさせてもらいますね。



マタイによる福音書 7章

人を裁くな
「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。
 あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって、『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか。自分の目に丸太があるではないか。偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる。神聖なものを犬に与えてはならず、また、真珠を豚に投げてはならない。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたにかみついてくるだろう。」

求めなさい
「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探すものは見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたは人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」

狭い門
「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」

実によって木を知る
「偽預言者を警戒しなさい。彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である。あなたがたは、その実で彼らを見分ける。茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。良い木が悪い実を結ぶことはなく、また、悪い木が良い実を結ぶこともできない。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。このように、あなたがたはその実で彼らを見分ける。」

あなたたちのことは知らない
「私に向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。私の天の父の御心を行う者だけがはいるのである。かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか』と言うであろう。そのとき、わたしはきっぱりとこう言おう。『あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ。』」

家と土台
「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」
 イエスがこれらの言葉を語り終えられると、群衆はその教えに非常に驚いた。彼らの律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。<

高校1年の時に初めて新約聖書をちゃんと読んだのですが、山上の垂訓とところと、今朝エーちゃんが転載してくれた「ヨハネによる福音書 8章」のところに大きな感銘を受けました。

イエスが言う、「〜〜するな。〜〜されないためである」というのは、言い換えれば「(現実を造っていく)エネルギー場の設定」のようなものですね。

エーちゃんの負担にならなければ、新約聖書のほかの部分で、エーちゃんが皆さんと共有していきたい箇所の転載をお願いできますか?
出来ればエーちゃんのコメント付きで。

13/05/2023(土) 16:42:21

No.36851  エーチャン
Re: 2023年5月13日 土曜日 引用
ゆみっぺさん

やはりこの部分だったのですね。ヌマさんも書かれていますが、この部分は、聖書の中でも特に感銘を与えてくれる箇所だと思います。


ヌマさん

了解しました。また、あすから少しずつですが、転載していきます。コメントというか、わたしなりの感想みたいなものを入れていきます。

13/05/2023(土) 17:20:59

No.36852  ゆりか
Re: 2023年5月13日 土曜日 引用
エーちゃん、聖書の転載ありがとうございます。
私が初めて聖書に触れたのは、18才の時でした。高校生の頃、イエスキリストに対しての憧れがあり、キリスト教(学長及び教授陣は皆プロテスタントの信者でした)を学べる大学を選びました。1回生の必須科目に新約聖書概論があり、イエスの教えを学べる事を楽しみに聖書と讃美歌を購入した時の事を懐かしく思い出しながら、エーちゃんが転載して下さった福音書を読んでいます。
今回、数十年ぶりに読んでいると、自分の心の実相を照らし合わせて読む事ができているからだと思うのですが、福音書の内容に心がいろいろと揺さぶられています。
大学で学んでいて当時は、必須科目ということもあり真面目に聖書を学ぼうとしていたけれど、喩えを頭で理解しようとしていたのでかなり難しく思っていたように感じています。
幸いな事に、私の大学時代の親友が洗礼を受けていたので、彼女がどうして福音書の言葉を受け入れるようになったかという彼女の生の気持ちを聞いたり、私が理解できない喩えを彼女なりの解釈で説明してもらった事が度々あった事で、神を信じている彼女の強さや優しさにいつも感動したり羨ましく思っていました。
彼女は、
『私が洗礼を受ける事に決めたのは、自分は自分の醜い気持ちに大きく気づいた時に、神の愛に包まれている事を信じないと人として正しく生きていけない弱い人間だと自覚したからなの〜』
と話してくれました。
エーちゃんとヌマさんのおかげで、福音書を改めて読みながら、18才の頃の彼女の気持ちが実感としてわかるようになっている自分がいる事に気づき、嬉しく思っています。
本当にありがとうございます。
エーちゃん、これからもよろしくお願いします‼︎

ヌマさん、今の所ですが、定例会に参加します。お泊まり組に加えて下さい。
ここのところ、何気ない人からの言葉を否定に受け取る癖に気づく事が多々あり、自分の心の傷も人の心の傷も癒せるようになりたいと思う欲求が高まっています。

『いずれにしても地上のイエスは決して特別な「神の子・神」ではなく、ある程度の霊的真理と意識エネルギーの使い方をマスターしていた生身の人間だったと思います。

つまり、愛や皆の喜びの方向性の中で、意識エネルギーの使い方をマスターすれば、誰でもがイエスと同じような奇跡の喜びを現実化できるはずなのです。』

この言葉に、強い希望を感じています。
どうぞよろしくお願いします‼︎

14/05/2023(日) 00:07:48


No.36844 ゆみっぺ  
(No Subject) 引用
おはようございます。
昨日は雷雨が凄かったです。

昨日転載されていた
マタイによる福音書 7章
何度か耳にしたことあります。

何とかのマリア?
キリストに教えを請いたい?か
仲間に入れて欲しいか?話したら、
周囲の人は、彼女にそんな資格はないと
散々言ったところ、
今まで一度も過ちをおかしたことの
ない人は、一歩前に出よと言われて
皆、黙ってしまった。

みたいな話は何故か印象深く覚えています。

12/05/2023(金) 07:24:52


No.36845  エーチャン
Re: 引用
2023年5月12日
ルカによる福音書から、転載します。マタイほど長くありませんので、今日と明日の2回で終了します。

転載箇所の最初の部分に「イエスは彼らと一緒に山から下りて、平らな所にお立ちになった。」とある通り、ルカによる福音書の該当箇所は、別名、「平地の説教」と呼ばれます。説教は、2番目の段落(幸いと不幸)からはじまります。以下、転載です。

ルカによる福音書 6章

おびただしい病人をいやす
「イエスは彼らと一緒に山から下りて、平らな所にお立ちになった。大勢の弟子とおびただしい民衆が、ユダヤ全土とエルサレムから、また、ティルスやシドンの海岸地方から、イエスの教えを聞くため、また病気をいやしていただくために来ていた。汚れた霊に悩まされていた人々もいやしていただいた。群衆は皆、何とかしてイエスに触れようとした。イエスから力が出て、すべての人の病気をいやしていたからである。

幸いと不幸
さて、イエスは目を上げ弟子たちを見て言われた。
「貧しい人々は幸いである、
 神の国はあなたがたのものである。
 今飢えている人々は幸いである、
 あなたがたは満たされる。
 今泣いている人々は、幸いである、
 あなたがたは笑うようになる。
 人々に憎まれるとき、また、人の子のために追い出され、ののしられ、汚名を着せられるとき、あなたがたは幸いである。その日には、喜び踊りなさい。天には大きな報いがある。この人々の先祖も、預言者たちに同じことをしたのである。
 しかし、富んでいるあなたがたは、不幸である、
 あなたがたはもう慰めを受けている。
 今満腹している人々、あなたがたは、不幸である、
 あなたがたは飢えるようになる。
 今笑っている人々は、不幸である、
あなたがたは悲しみ泣くようになる。
すべての人にほめられるとき、あなたがたは不幸である。この人々の先祖も、偽預言者たちに同じことをしたのである。」

敵を愛しなさい
「しかし、わたしの言葉を聞いているあなたがたに言っておく。敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい。あなたがたの頬を打つ者には、もう一方の頬をも向けなさい。上着を奪い取る者には、下着をも拒んではならない。求める者には、だれにでも与えなさい。あなたの持ち物を奪う者から取り返そうとしてはならない。人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい。自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな恵みがあろうか。罪人でも、愛してくれる人を愛している。また、自分によくしてくれる人に善い ことをしたところで、どんな恵みがあろうか。罪人でも同じことをしている。返してもらうことを当てにして貸したところで、どんな恵みがあろうか。罪人さえ、同じものを返してもらおうとして、罪人に貸すのである。しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである。あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい。」

注:ティルスとシドンはともに、海岸都市で、今のレバノンに位置します。地図を見て頂くとわかると思いますが、ユダヤからはちょっと離れていて、それほど遠いところからもイエスの話を聞きに、あるいはイエスにいやしてもらいに、人々が訪れたということを示しているのでしょう。

「人の子」という表現が使われていますが、これはイエスを指します。

12/05/2023(金) 10:49:19

No.36846  エーチャン
Re: 引用
きんもくせいさん、コメントありがとうございます。

「聖書の内容は悠々塾で学んできたことと似ているな。と思いました。
至らない私たちごときが、人のことをとやかく裁くとか批判するとか
あまりにおかしいはおかしいと言わなくてはいけないこともあるかもしれないけれど
それを決定的な善悪とするのは違っていて、全ての人は神の分けみたま。
祝福されているのだと学びました。
聖書に書いてあることも、そんな事なのかな?と思いました。
違ってたら、また教えてください。」

わたしも、きんもくせいさんのおっしゃる通りだと思います。「全ての人は神の分けみたま」、ということだと思います。少なくともイエスの教えはそうだと私は思います。(ただし、宗教としてのキリスト教の考えは違ってくるようです、そこが厄介なのだと思います。)

オレンジさん

コメントありがとうございます。

「思いなやむなという部分は特に考えながら読んだような気がします。
私は鳥より劣っているなあと思ったりしました。」

わたしもこの部分を転載するとき、「ここに書かれていること、頭ではわかっているんだけど、まだクリアできていない、情けない」という思いが湧いてきました。(涙)

「またあう日まで〜」をご存じなのですね。Bさんへのコメントにも書きましたが、最近は歌っていないのですが、若いころ時々歌うことがあって、愛唱讃美歌のひとつです。

12/05/2023(金) 12:40:47


No.36834 ゆみっぺ  
5月11日 木曜日 引用
おはようございます。
昨日の昼間、今日の朝方と
関東でも地震が続いていますね。

エーチャンさんの転載を
まとめて印刷しておこうと思います。

女子会、楽しかったんでしょうね。

この前、旦那と出掛けて
喧嘩になり、フン!と
そのまま、その場を去りました。
帰宅しても良かったのですが、
買うものがあったと
探しながらウロウロしてました。 
買うものは買ったし、
帰宅するか、喧嘩わかれした場所に
戻るかなぁと考えながら歩いていたら、
正面から旦那が歩いて来ました。
何を食べようかなぁと思ってと
言っていました。

結局、お店に入って
さっきは、すまん!とお互い謝りました。
今までなら、さっさと帰宅し
プリプリした雰囲気が続いていただろうと
思います。

地震が多くて
気分が沈んでいるので
嬉しかったことを書いてみました。

まぁ、いつもうまくいくとは
限らないのですが。
とか言っていたらダメですね。

11/05/2023(木) 07:30:39


No.36835  飯沼正晴
Re: 5月11日 木曜日 引用
もう少ししたら出かけるので、取り急ぎ。

祐造さん、さいこさん、定例会参加、承知しました!

ゆみっぺさん、夫さんと一緒に外出中に喧嘩してその場を去るって、けっこう激しいんですね(笑)
仲直りできて良かった!

エーちゃん、聖書からの転載、引き続きよろしくお願いしますね。

11/05/2023(木) 09:09:04

No.36836  エーチャン
Re: 5月11日 木曜日 引用
あおやまさん、祐造さん、ゆみっぺさん

コメントありがとうございます。コメントいただけると、私もやっててよかったと励みになります。

ヌマさん

今日で、マタイの方が終わりになります。明日から、ルカによる福音書から転載します。

マタイによる福音書 7章

人を裁くな
「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。
 あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって、『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか。自分の目に丸太があるではないか。偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる。神聖なものを犬に与えてはならず、また、真珠を豚に投げてはならない。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたにかみついてくるだろう。」

求めなさい
「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探すものは見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたは人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」

狭い門
「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」

実によって木を知る
「偽預言者を警戒しなさい。彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である。あなたがたは、その実で彼らを見分ける。茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。良い木が悪い実を結ぶことはなく、また、悪い木が良い実を結ぶこともできない。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。このように、あなたがたはその実で彼らを見分ける。」

あなたたちのことは知らない
「私に向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。私の天の父の御心を行う者だけがはいるのである。かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか』と言うであろう。そのとき、わたしはきっぱりとこう言おう。『あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ。』」

家と土台
「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」
 イエスがこれらの言葉を語り終えられると、群衆はその教えに非常に驚いた。彼らの律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。

11/05/2023(木) 09:20:11

No.36837  みんと
Re: 5月11日 木曜日 引用
エーちゃん、聖書の転載ありがとうございます。

毎日、楽しみに読ませてもらってます。
自分の心と照らし合わせながら、納得したりまだまだだなと反省したりです。

高校時代に友人に誘われて教会に通った覚えがあります。
数回ですが、教師でもある牧師さん(神父さん?)の優しい眼差し、面立ちは今も忘れられません。こんな先生に教わる生徒さんは羨ましいって思いました。

聖書はゆっくり読んでみたいと思ってたので、すごく有難いです。
飯沼さんにも感謝します。
難解ですが何回も読んで心に沁み込ませますね(久々オヤジギャグ)

11/05/2023(木) 17:18:00

No.36838  エーチャン
Re: 5月11日 木曜日 引用
みんとさん、コメントありがとうございます。

「難解ですが何回も読んで心に沁み込ませますね」

5回以上読むのがおすすめですね、誤解がなくなりますよ、きっと!

11/05/2023(木) 17:33:09

No.36839  にぃ
Re: 5月11日 木曜日 引用
エーチャンに座布団一枚!

11/05/2023(木) 17:51:38

No.36840  みんと
Re: 5月11日 木曜日 引用
はーい、5回以上、了解!って書こうとしたところでした〜
私もエーちゃんに座布団一枚!笑

11/05/2023(木) 18:26:40

No.36841  エーチャン
Re: 5月11日 木曜日 引用
やったあ!

にぃくん、みんとさん、ありがとう、励みになります(笑)

11/05/2023(木) 18:29:21

No.36842  きんもくせい
Re: 5月11日 木曜日 引用
エーチャン
聖書の転載、ありがとうございます。
家にも、たまたま聖書があるんですよ。
何度か読もうと試みましたが、都度つまづいて、ちゃんと読めてませんでした。
このたび転載していただいているところは、何かの折に聞いたことがあるような言葉がありますね。
今回は、エーチャンの解説もあって、わりと入ってきます。

中学一年生の頃、聖書を読みたい!と思い
クリスチャンの私立中学校に行った友達に聖書を貸してもらいました。
何か救いを求めていたのか?
とても興味があったのか?
でも、意味が分からず、これどういうこと?
と友達に聞いたのですが、友達も分からずじまいだったような 笑
そんなことを思い出しました。

聖書の内容は悠々塾で学んできたことと似ているな。と思いました。
至らない私たちごときが、人のことをとやかく裁くとか批判するとか
あまりにおかしいはおかしいと言わなくてはいけないこともあるかもしれないけれど
それを決定的な善悪とするのは違っていて、全ての人は神の分けみたま。
祝福されているのだと学びました。
聖書に書いてあることも、そんな事なのかな?と思いました。
違ってたら、また教えてください。

11/05/2023(木) 21:03:52

No.36843  オレンジ
Re: 5月11日 木曜日 引用
エーチャン転載ありがとうございます。
読んでますよ。

きんもくせいさんも仲間のみなさんも聖書に出会っているんだ〜と読んで少しびっくりです。

私は40代の頃に頼まれて教会で賛美歌の伴奏をしていました。その時に教会の人と親しくなったので聖書を買い、どさくさに紛れて賛美歌の本を貰いました。

「またあう日まで〜」はメロディが綺麗で大好きです。賛美歌は心が洗われるような気がします。

聖書はもうすっかり忘れていたけど、今掲示板を読むとぐさっと心に刺さる箇所がありますね。

思いなやむなという部分は特に考えながら読んだような気がします。
私は鳥より劣っているなあと思ったりしました。

心が澄んでいたら乱視にはならなかったろうなあと今思っています。

幼い頃に「守ってもらえない=自分で自分を守るしかない」という境遇におかれたことで、あるいはそういう境遇ではなくても自分がそういう感覚を反復継続して抱いたことで、感覚の層に設定された歪みを解消して、安心の喜びに切り替えていくことが今の私たちのテーマです。

私は小さいころは両手を包帯でぐるぐる巻きにしていたみたいです。アトピーが酷すぎて母は大変だったようですが、母のその頃の心境も大変だったかもわかりませんが、私は自分で自分を守ったこのことが潜在意識の歪みに繋がっているような気がして、今回の定例会実習を楽しみにしています。

Uさんに応援のエネルギー送っています。私も舞台復帰をしてもらいたいと祈っています。
定例会お泊りでよろしくお願いします。

11/05/2023(木) 21:45:04


No.36815 ゆみっぺ  
5月10日 水曜日 引用
おはようございます。

転載ありがとうございます。

癒し手としての転載も興味深いです。
その場に居たいなぁと
いつも思います。

Uさん、
手術したんですね。

手術せずに声帯回復で
舞台復帰!と
細々送っていたのですが。
ご本人が選択したのであれば
こちらがどうこういうことでないので、
引き継ぎ送ります。

10/05/2023(水) 07:16:30


No.36816  のものも
Re: 5月10日 水曜日 引用
おはようございます。

昨日も施設の方から電話があり
住人とうまくいってないことが
わかりました。
父が社会不適合者だったのは
私が知らないだけで、昔から
父が若いときからだと想像しています。
実の母に、父のそれらしき行為を聞かされたこともありますが
私がスルーしたり知らなかっただけで
おそらく私の実の母は、誰にも言えなかったのだなぁと
最近思っています。
(働いては居ましたけどね。)

今日は吐き出しのために、書きました
若干疲れぎみですが、それが父と言う人なのでしょう。

エーチャン
毎日、ありがとう〜

Bさん元気そうで良かった〜
Uさんも幸せですね、Bさんと出会えて。

10/05/2023(水) 08:19:11

No.36817  のものも
Re: 5月10日 水曜日 引用

シルバーバーチ全巻を手に入れました(笑)
シルバーバーチは
痛手のとき読むのが、しっくりきますね。

10/05/2023(水) 08:26:21

No.36818  エーチャン
Re: 5月10日 水曜日 引用
昨夜は、早くに寝てしまいました。

とりあえず、山上の垂訓の続き、マタイによる福音書6章の後半を投稿します。

天に富を積みなさい
「あなたがたは地上に富を積んではならない。そこでは、虫が食ったり、さび付いたりするし、また、盗人が忍び込んで盗み出したりする。富は、天に積みなさい。そこでは、虫が食うことも、さび付くこともなく、また、盗人が忍び込むことも盗み出すこともない。あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ。」

体のともし火は目
「体のともし火は目である。目が澄んでいれば、あなたの全身が明るいが、濁っていれば、全身が暗い。だから、あなたの中にある光が消えれば、その暗さはどれほどであろう。」

神と富
「だれも、二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」

思い悩むな
「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労はその日だけで十分である。」


注:ソロモンは、紀元前1000年頃の古代イスラエル王国の王。父は、同じくイスラエル王国の王であるダビデ。「栄華を極めたソロモン」とあるように、旧約聖書(列王記上:10章)には、ソロモンが莫大な富を所有していたことが記されています。

10/05/2023(水) 08:39:55

No.36819  のものも
Re: 5月10日 水曜日 引用
朝から愚痴を書いてしまいましたが
今に始まった話ではないので
私も思い悩まないようにしたいと思います。

今回の定例会のテーマに
父も当てはまると思いました。
わかってくれないので、、
私も遠隔ですが、テーマに思いふけたいと
思います。

行ってきまーす

10/05/2023(水) 09:00:22

No.36820  エーチャン
Re: 5月10日 水曜日 引用
ヌマさん

定例会、日帰りですが、一部、二部とも参加しますのでよろしくお願いします。

「この層は主に乳幼児期に発達するところです。親や周囲から与えられる「安心」によって満たされるべき層です。
 ということは、何らかの要因で「安心」以外のものを向けられれば、それは心と体に刻み込まれる傷として残ることになります。そしてそればかりでなく、与えてもらえない安心を自ら作るため「自分を守る」ことになります。
 「自分を守る」方法は、やがてその人の傾向・癖・問題点となっていきます。」

この部分、考えさせられます。

Bさん

Uさんがまた手術を受けられるのですね。声帯が回復して、舞台復帰されますよう、エネルギーを送ります。

讃美歌ですが、Bさん、間違ってないですよ〜

念のため、一番を以下に書きます。


かみともにいまして
ゆく道をまもり、
あめの御糧(みかて)もて
ちからをあたえませ、
また会う日まで
また会う日まで、
かみのまもり
汝が身を離れざれ、

10/05/2023(水) 09:22:20

No.36821  飯沼正晴
Re: 5月10日 水曜日 引用
ゆみっぺさん、スレッド更新ありがとう!
感覚の層は肉体・言動にも感情の下部(自分ではなかなか切り替えられない感情)にもつながっているし、理性が作用しにくいので、感覚の層の設定(歪み)の解除は極めて大きな意味を持っていますね。

のものも、
お父さんが施設の利用者さんたちとうまくいっていないと連絡を受けたことで、そこまで言うのは何故でしょう?
気持ちは分からなくはないのですが、なんだか幼い息子に振り回されて、息子が受ける評価に一喜一憂する母親のようで・・・。


エーちゃん、転載ありがとう!
あんまり反応はないけど、今の時期に読んでもらうことにも意味があると思います。
引き続き、よろしくお願いしますね。

>「自分を守る」方法は、やがてその人の傾向・癖・問題点となっていきます。<

まさにこういうことですね。
どうしてこのメッセージの存在を忘れていたのか、自分の迂闊さに呆れています。

10/05/2023(水) 09:30:51

No.36822  あおやま
Re: 5月10日 水曜日 引用
おはようございます、定例会参加します。
お泊まりでお願いします。

エーチャン、転載ありがとうございます。
各章ごとに整理してメモに移動しました。

10/05/2023(水) 09:44:57

No.36823  飯沼正晴
Re: 5月10日 水曜日 引用
はーい、エーちゃん、あおやまさん、定例会の件、承知しました!

あおやまさん、明日はにぃ&ちぃさんのお店で女子会ですね。(いいなあ)
私からのあおやまさんへの重要なアドバイスを、さきさんに伝えています。
しっかり受け止めて、定例会に参加してくださいね〜!

みんな健やかに、幸せになった!
。。。。。

昨日はN地に明日葉の苗を100株ほど定植しました。
篠山も7日は大雨に近いほどの雨が降りました。
2号地などはもちろん畝の谷に水が溜まっていて、トウモロコシや枝豆やインゲンなどの定植に難儀しています。
とはいえ、今までよりははるかにマシではありますが。

N地も水捌けが悪いので、谷に水が溜まっているはずですが、作業の段取りの関係で、昨日に植えてしまうつもりでN地に行きました。
ところが、なぜか明日葉を植える畝の谷には水が全く溜まっていないのです。
明日葉を植える畝は、畑の南端に急きょ畝を立てて、実は排水口につなげていませんでした。
排水口とつなげる作業も昨日するつもりでした。

7日は夕立レベルではなく、一日中かなりの雨が降っていたので、N地のあたりもそれなりの雨量だったはずなのに、排水もしていない谷に水が溜まっていないことにびっくりしました。
カバークロップを植えている畝の谷はそれなりに水が溜まっていましたが、それも前に比べるとずいぶんマシでした。
ただ、地力はないみたいで、カバークロップとして蒔いたライムギはあまり成長しないで草に紛れています。
まあ、カバークロップだから草でも構わないのですが。

なんだか急に水捌けが改善したようで、作業の予定が立てやすくなりました。
2号地も11月にお返しするので、梅雨蒔きのニンジンや9月から植える作物はN地になり、その準備をしなければなりません。
N地を購入した時点では1号地・2号地の返還の話はなかったので、果樹を植えたあと、他は1〜2年はカバークロップを植えて、のんびりと土壌微生物を豊かに育てるつもりでした。
それで多少は水捌けが良くなると期待していたのですが、特に何もしていないのに水捌けが良くなっている感じで、ありがたいことです。

とはいえ、なんだかとても不思議な気がします。
もしかしたら、N地のあたりは雨量が少なかったのかもしれませんが、それにしても排水もしていない明日葉の畝の谷には全く水が溜まっていないのはちょっとあり得ないことのように思います。
これも皆さんからのエネルギーの作用なのかもしれません。
だとしたら、すごいことなんですよ!

N地は小麦や蕎麦向けに広い畝幅にしてもらっているのですが、しばらくは大きな雨が降らない予報なので、うちの小型耕運機で畝幅を半分ぐらいにできそうです。
それと前後して、ライムギというか草を自走式の草刈り機で刈り取り・粉砕して、多少の肥料を撒いてからセスパニアというカバークロップの種を蒔きます。(ニンジンの畝以外)
たぶん一人でできる程度の作業だと思います。

という感じなので、小麦の刈り取り・脱穀の時に援農をお願いすることになると思います。
小麦の刈り取りは梅雨時期にかかるので、日にちの設定が難しいのですが、日にちが合えばよろしくお願いいたします。

10/05/2023(水) 11:26:01

No.36824  にぃ
Re: 5月10日 水曜日 引用
こんにちは〜!
ちぃと一緒に1部、2部参加します。
宜しくお願いします。

10/05/2023(水) 11:59:13

No.36825  あおやま
Re: 5月10日 水曜日 引用
女子会は今日です〜。
さきさん、お引越し準備お疲れさまです。
いろいろ雑事をしばし忘れて、今日は盛り上がりましょうねー。

にぃさんちぃさんお世話になりまーす。
後のお二人も気をつけて来て下さいね。

最高のお天気、大、大、大好きなSに会ってから行きます。

大切なメッセージ!、ありがとうございます。
ドキドキ!!

10/05/2023(水) 13:01:06

No.36826  のものも
Re: 5月10日 水曜日 引用
飯沼さん
厳しい側面が
私にもあることに、ハッと気づかされました。
それは、マズイので気をつけていきます。
自分でわからず、やってしまうことって
言われないと、わからないです
ご指摘ありがとうございます。
一喜一憂する母親ねぇ、、

しかし、父は怒ると癇癪を起こすので
人とお付き合いすることが
なかなか出来ない人のようです。

10/05/2023(水) 13:26:26

No.36827  飯沼正晴
Re: 5月10日 水曜日 引用
にぃ&ちぃさん、定例会の件、承知しました!

女子会は今日でしたね。

のものも、だからといって社会不適合者というレッテルはマズいよね。
観測・眼差しのエネルギーということを知っているわけだし。
シルバーバーチは、「知識には責任が伴う」と訓えてくれています。

幼い頃に「守ってもらえない=自分で自分を守るしかない」という境遇におかれたことで、あるいはそういう境遇ではなくても自分がそういう感覚を反復継続して抱いたことで、感覚の層に設定された歪みを解消して、安心の喜びに切り替えていくことが今の私たちのテーマです。
そのエネルギーが共鳴すれば、皆を癒していけるはずです。

今はまだそこまでいっていなくても、私たちはその方向性を確立しましょう!

10/05/2023(水) 13:52:18

No.36828  飯沼正晴
Re: 5月10日 水曜日 引用
◆アメリカの冬小麦の収穫が「記録されている歴史の中で最悪」となる見込みが示される

投稿日:2023年5月10日

https://earthreview.net/us-winter-wheat-crop-are-the-worst-in-recent-memory/

◆地球の気温がムチャクチャ。ベトナムで史上最高の44℃の猛暑を記録する中、インドやアメリカの一部ではまだ雪が降っているという気候の整合性の消えた春

投稿日:2023年5月9日

https://earthreview.net/abnormal-weather-spring/

10/05/2023(水) 14:02:10

No.36829  のものも
Re: 5月10日 水曜日 引用
父の幼い頃のことは知らないけど
厳しいお母さんと言うことだけは
知っています。
しかも褒めてくれない人だったように思います。
自分のことを自分で守るしかなかったと思うと…
あんな風になってしまった、育った父親ですが
自分は悪いと思ってないことが
救いなのかもしれません。
知ったら、生きていくのも恥ずかしくて
しょうがないと思います。

はーーい!強く共鳴します!

10/05/2023(水) 15:25:42

No.36830  のものも
Re: 5月10日 水曜日 引用
社会不適合者のレッテルは良くないので
危険人物に、とどめておきます。

絶対、確立しましょう!

10/05/2023(水) 17:36:44

No.36831  Bさん
Re: 5月10日 水曜日 引用
のもちゃん、大丈夫?
うん、大丈夫だよね。
なんだって、のもちゃんだもん。
大好きだよ〜!

Uさんから生声?の電話がありました。
前よりうんと声が出てました!
ご本人はこんな声やけどって言ってたけど、ずいぶんよくなっていると思います。
食欲も出てきたようですし、それに大きい声出せるかな?なんて、言ってましたから、全てに前向きです。
ただ、しばらくは様子をみないと、どうなるかわからないそうです。
でもても、ホントうれしそうな声でした。
取り急ぎ、報告です。
皆さん、ありがとうございます!!

エーチャン、讃美歌の掲載、ありがとう!
うる覚えやったけど、ほぼ合ってたよ。
意味ようわからんと歌ってたみたいやけどね。
聖書の掲載もありがとう!

10/05/2023(水) 20:44:18

No.36832  祐造
Re: 5月10日 水曜日 引用
エーちゃん、聖書の転載ありがとうございます。
僕はキリスト教には縁がなかったのですが、
今回興味深く読ませてもらっています。

Bさん、
Uさんのこと、お知らせありがとうございます。
以前よりも声が出るようになって、嬉しいです!
エネルギーを送らせていただきます。
もっとよくなりますように!
さらに健やかに、幸せでありますように!

定例会、いつものように参加させていただきます。
よろしくお願いします。

11/05/2023(木) 00:14:50

No.36833  さいこ
Re: 5月10日 水曜日 引用
定例会、1部、2部とも参加します。
宜しくお願いします。

11/05/2023(木) 01:41:07


No.36807 ゆみっぺ  
5月9日 火曜日 引用
おはようございます。

エーチャンさん、
転載ありがとうございます。
今回はわかりやすかったかな?

Bさんがおっしゃっていたように、
見せかけだけのえーかっこうは
しちゃならん!と私も理解しました。

前に、テレビで観たのか?
本で読んだのか忘れましたが、
先生が通りかかると
廊下に落ちているゴミを拾うけど、
誰もいないと拾わないという子供の
話がありました。

>さすが奈良だけあって聖書ではなく、
古事記が置いてありました!

古事記も挑戦したことがありますが
すぐに本を閉じました。

09/05/2023(火) 07:28:19


No.36808  のものも
Re: 5月9日 火曜日 引用
おはようございます。
あっ、
私の幼稚園は、母体はキリスト教の幼稚園でしたが、全く普通の幼稚園だったと思います。
近所の子しか居なかったと思いますね。
母親が送り迎えしてくれたことが
一番記憶として残っています。

ぽんちゃん、ちぃさん、みさおさん
暖かい言葉をありがと〜

私は十字架は、怖いなぁって思ってます。
たぶん、最後のシーンを描いてしまうのだと思います。
お守りにする人もいますよね。
見方って、
人それぞれいろいろあるなぁと思います。
それとは別ですが
どこを見るのか、ってことなのだと思います。

エーチャン
毎日、ありがとう〜
読んでます!

09/05/2023(火) 08:19:35

No.36809  のものも
Re: 5月9日 火曜日 引用
あぁ、結局、これも、私なりなんですよね
十字架が怖いのは〜
自分なりの思いって、ありますね

私よがりでなければ良いと思いますが
どこまで行ったって、私は消えないのでしょうね(笑)

09/05/2023(火) 08:40:30

No.36810  エーチャン
Re: 5月9日 火曜日 引用
みなさん、応援コメントありがとうございます。うれしいです。

ちぃさん

「イエスに人選を間違ってる!と文句言ったこともあります。」

その気持ちよくわかります!新約聖書からわかるイエスの生きざまは、最も小さい者に寄り添うものであったと思っています。そのシスター/校長はイエスの生き方と正反対としか思えません。

ちょっと長くなりますが、マタイによる福音書の25章から引用します。(これは以前、ヌマさんも引用されていたように記憶しているのですが)

マタイによる福音書25章31節〜

「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く。そこで、王は右側にいる人たちに言う。『さあ、私の父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』そこで、王は答える『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』

イエス自ら、こういう生き方をしたのだと思います。模範を示してくれたのだと思います。

Bさん

「「か〜みともにいまして〜、ゆ〜くみちをまも〜り」って、小さいころに歌っていました。」

最近は歌っていないですが、数十年前の若いころ、就職、進学等で遠くへ行く人の送別会で、よくこの讃美歌を歌いました。思い出して懐かしくなりました。

よくわかりませんが、修道院はカトリックとともに、聖公会(イギリス国教会で、おおざっぱな言い方ですけどカトリックとプロテスタントの中間みたいな宗派です)にもあるようです。

また、今日も続きを投稿します。

09/05/2023(火) 08:52:23

No.36811  飯沼正晴
Re: 5月9日 火曜日 引用
☆☆ 2023年 5月定例会のお知らせ ☆☆ 
 
日時 5月27日(土曜日)
第1部 癒しの講座・ヒーリングの実習
午後2時から5時ごろ
参加費・1000円
        
第2部 「懇親会」 
午後5時半ごろからお時間の許す限り
参加費・1500円
☆☆☆最寄駅はJR福知山線篠山口駅です。
。。。。。。。

今回は、2005年に克が受信したメッセージに沿って、ヒーリングの実習をメインにします。
そのメッセージは今回の騒動が着地した直後、さきさんが見つけてくれたものです。
探したわけではなく、祐造さんの荷物を移動している時にそのメッセージがパラッと落ちてきて、見てみると「肉体・感覚・感覚に近い感情の部分の癒し」についてのものだったそうです。
これは強烈な計らいであると思います。
まさにシナリオは完璧のようです。

感覚の層を整える実習は少し前にもしましたが、今回の騒動を見れば十分にはうまくいっていなかったことは明らかです。
今回は今までとは別の方法で、それぞれの感覚の層のエネルギーを整えたいと思います。

先日、春さんには「何らかの気づきがあってから定例会に参加してください」と伝えましたが、今回の定例会のテーマが「感覚の層(無意識の層)の癒し」なので、参加しようと思えばどうぞ参加してください。(ついでに懇親会にも参加してもらって構いません。参加するのであれば、前回のように固まった態度ではなく、オープンな笑顔でお願いします)

準備の都合があるので、2部に参加の方・宿泊の方は早めにお知らせください。
もちろん予定で結構ですから、とりあえず今週末までに知らせてくださいね。
普段は参加しているが今回は不参加の予定の人も知らせてもらえればありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

09/05/2023(火) 10:38:58

No.36812  飯沼正晴
Re: 5月9日 火曜日 引用

☆癒し手として・7−10    (2005年1月18日受信)


〇今回は、肉体・感覚・感覚に近い感情の部分の癒しを目的とします。
 この層の【意識】は、理性から遠く、従って意識的なコントロール(考えてする)が作用しにくいために、本人にも扱いにくい部分です。

 肉体や感覚という次元は、刺激に対する反応が反射的になされるからです。理性の次元では、刺激(情報)を一旦再認識という形で言語化して受けとめ、そのうえで反応します。それが思考・判断ということです。より望ましい答えを出すためにエネルギーが使われます。

 しかし、肉体や感覚の次元で最優先なのは個体の保持、つまり「自分を守ること」であり、そこにエネルギーが使われます。それが【あるべき姿】や【本来なすべきこと】に沿っているかどうかは問題ではありません。【その個体にとってどうか】が基準になっているからです。


〇この層は主に乳幼児期に発達するところです。親や周囲から与えられる「安心」によって満たされるべき層です。
 ということは、何らかの要因で「安心」以外のものを向けられれば、それは心と体に刻み込まれる傷として残ることになります。そしてそればかりでなく、与えてもらえない安心を自ら作るため「自分を守る」ことになります。
 「自分を守る」方法は、やがてその人の傾向・癖・問題点となっていきます。

 乳幼児期に得るはずの「安心」は、その人の心の最も基本的な部分、心の基礎部分にあたります。ですから「安心」を「自分を守る」で補填してしまうと、それを外すのは非常に難しくなるということなのです。

以上を踏まえて、「安心」をもたらすためのヒーリングを今回は実習します。
。。。。。。。

今回はこのメッセージを定例会メッセージとします。
実習については、後日に掲載します。
とてもシンプルな方法です。

09/05/2023(火) 11:22:23

No.36813  Bさん
Re: 5月9日 火曜日 引用
うわーお! まさに私のことだ!!
それも今回起こした騒動の後で、パラリとですね。
あー、スゴイ!

パラリ!と示された確たる証に、グーの音も出ない。
さきさん、祐造さん、ありがとう!


克子さん、飯沼君、皆さん、今回の私の騒動を私の根っこの根っこにある問題と理解して根気よく対応してくださったんですね。
あー、なんてことでしょう。
皆さん、本当にありがとうございます!!

実は、私の骨折後、一週間も経たない内に、妹もお酒を飲んだ帰りに自転車で転んで手首を骨折したんです。
その後、手術していまは落ち着いて2日前から仕事に復帰しています。
私だけでなく妹も兄も同じ思いをずっと抱えてきたのだと思うと、とても切ないです。
兄妹をもっと大事にしなきゃって思いました。

自分で自分を守るしか仕方がなかった私は、その頑なさを日々強固にしていたのですね。
完全に大人の顔した子どもでした。
あー恥ずかしい!!

春さ〜ん、
私は幼いころに得られなかった「安心」を不安や恐怖に変えて、ガチガチに自分を守ってきたみたい。
きっと、春さんもそうじゃない?
私が春さんに思いを持つのも、きっとそのあたりからみたいだよ。

だから、一緒に定例会に出よう! 
心を縮めずに笑顔でね。
皆さんも笑顔で迎えてくれるよ。
待ってるからね〜。

皆さん、本当にありがとうございます!
感謝の思いとともに、定例会ではしっかりと「安心」を胸に刻みたいと思います。

定例会、どうぞ、よろしくお願いします!

09/05/2023(火) 14:59:31

No.36814  Bさん
Re: 5月9日 火曜日 引用
Uさんから連絡がありました。
声帯の手術で入院しているそうです。
左の声帯が麻痺していたのでコラーゲンを注入して復帰を試みているようです。
無事、声帯が回復するよう、またUさんにエネルギーを送ってあげてください。
Uさんの舞台復帰を願っています!
がんばれUさん!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

エーチャン、今日も転載をありがとう!
「この最も小さい者」に、そうだ、そうですよねと頷けました。

「か〜みともにいまして〜、ゆ〜くみちをまも〜り」って、知ってるんですね。
うる覚えだったから、知ってくれてる人がいてうれしいです。
歌詞、間違ってるんじゃないかな〜?

09/05/2023(火) 19:08:16


No.36792 ゆみっぺ  
5月8日 月曜日 引用
おはようございます。
雨ですね。
石川県で地震にあった方に
お見舞い申し上げます。

のものもさん、
お父さん良かったですね!

エーチャンさん、
転載ありがとうございます。

>屁理屈を言えば、 
「心の貧しい人々は幸いである」
というのは、「地上人生では心が貧しかった人ほど、 
地上を離れて霊界に戻る時には
大きな喜びに満たされる」
という意味にも解釈できなくはないですね。

聖書は全く読んだことないので、
よくわからないですね。

生きているうちに
心が貧しくない方が良いけどとは
思いますが。 
屁理屈をいえばと書いてありますが、
やっぱりよくわからない。

08/05/2023(月) 06:49:15


No.36793  のものも
Re: 5月8日 月曜日 引用
おはようございます。

ゆみっぺさん
おはよ〜
昨日は、ありがとうね(笑)


私もカトリックのキリスト教の幼稚園に
2年間通ってました。
近所の幼稚園が、そこだったので
理由はありません。
日曜日は、天にますます我らの父をの礼拝に行き
土曜日は、おやすみでした。
牧師さんとか、懐かしいなぁ〜

愛人じゃなくて、妻ですよねぇ?
ん?同じ意味か(笑)

エーチャン
また、よろしくお願いします!

08/05/2023(月) 07:03:52

No.36794  のものも
Re: 5月8日 月曜日 引用

あれ、我らの父をで、なかったでしたっけ?
我らの神でしたか?
でも、同じ意味合いだと思います。

08/05/2023(月) 07:10:54

No.36795  飯沼正晴
Re: 5月8日 月曜日 引用
はーい。
天にましますわれらが父よ、でしたね。
ちなみに牧師はプロテスタントで、カソリックは神父ですね。

私が2歳の時に祖父が経営していた建築会社が倒産して(大手の会社に騙されたとか言ってました)、同族経営の会社だったので、祖父も父親もその兄も無収入になり、同時期に祖父と伯父が結核で入院したので、私の両親が一族を支えなければならなくなって、喫茶店を始めたのです。
それまでの経営は順調だったので、家は抵当に入っていなくて、1階の事務所を喫茶店に改築したようです。
それで私の世話をする人がいなくなって、私は3歳から幼稚園に行かされました。
公立の幼稚園もあったのですが、母親の偏見から私は私立のカソリック系の幼稚園に行きました。(2年制の幼稚園だったのに、私は3年行きました)
当然、それなりに裕福な家のガキが多く、月謝(と言ってましたね)も高かったようで、私は決められた日に月謝を持っていけなかったこともしばしばありました。

でも、今から思えば、それもイエスに親近感を持つための計らいであったのかもしれません。
小学校はもちろん公立で、当時は貧しい家のガキも多くて、気が楽になった記憶があります。
小学校には母親が偏見を持っていた地域のガキたちも通ってきてて
、その地域のガキたちと遊ばないように微妙にな圧力をかける母親に違和感を持ち始めていました。

08/05/2023(月) 09:43:48

No.36796  エーチャン
Re: 5月8日 月曜日 引用
ヌマさん

「シルバーバチによれば、イエスは「地上界の浄化・地上人類の霊性進化」の霊界側の総元締めであるそうですから、この時期に地上のイエスの訓えの痕跡に触れておくのもいいかと思って。」

私もシルバーバーチの該当箇所を読んだ記憶があります。

初めて聖書に触れたのは40年以上前の大学生時代だと思います。イエスの言葉に惹かれて、教会に籍を置くようになったものの、ほどなくしてさまざまな違和感を抱くようになりました。違和感のうちの大きなものの一つに、「聖書はすべて神の霊感によって書かれたもの」という教会の考えがあります。今投稿しているのは、新約聖書の部分ですが、旧約聖書には結構残酷な記述もあります。それも神様の言葉なのか?というような疑問です。そういう疑問がわいた40年近く前は、改ざんということは、頭にありませんでしたが。しかし、2千年も昔の文書がそのままに残っているというのはありえないのでは、などと思ったものです。もちろん、今では改ざんもあっただろうと思っています。

そういう違和感を持ちつつも今も教会に籍を置いているのは、やはり牧師の人柄が大きいと思います。今、彼は障碍者もともに暮らす共同体を創ろうと動いています。

また、夜になるかもしれませんが、今日は6章の前半を投稿します。

08/05/2023(月) 10:06:40

No.36797  ぽんた
Re: 5月8日 月曜日 引用
おはようございます。

のもちゃん、よかったね。
のもちゃんもお父さんも頑張ってて拍手!です。

エーチャンさん
どの聖典もそうかもしれませんが、言葉に慣れないと難しいとこありますね。
イエスという人の存在、気になっていたので少しずつでも勉強できて嬉しいです。
解説も助けになります、ありがとうございます。
よろしくお願いします。

08/05/2023(月) 10:46:04

No.36798  飯沼正晴
Re: 5月8日 月曜日 引用
はーい、エーちゃん、よろしくお願いします。

改ざんという言葉は不適切かもしれませんね。
でも、正典としての新約聖書が成立したのは、イエスの死後300年近くたってからのようです。
正典として採用されたイエス伝のほかにも、たくさんのイエス伝がありますが、それらは採用されていない。
しかも、正典として採用されたイエス伝も、イエスの死後数十年経ってから書かれたもののようです。

「山上の垂訓」と言われる部分も全てがイエスの言葉かどうかは分かりませんが、それでもイエスの訓えを十分に感じ取れると思います。

08/05/2023(月) 10:48:55

No.36799  ちぃ
Re: 5月8日 月曜日 引用
のもちゃん、お父さんのこと嬉しいね!
嬉しそうなのもちゃんがまたまた嬉しいです!
私の目下の課題である、眼差しの大切さを学ばせてもらっています。
のもちゃんに続けるようにがんばります。ありがとう!

エーチャンさん、転載ありがとうございます!
私も中高とカトリックの学校に通っていて、そこで聖書に出会いました。
電車通学&女子校に行きたくて、親戚の勧めでその学校に行きましたが、学校のことも、キリスト教も含めよく分からないままに入学しましたが、聖書に出会って感動して。
教科書読まずに聖書ばっかり読み、聖書の授業と毎週のミサが大好きな時間でした。

校長はシスターだったのですが、入学した当時の校長はひとりひとりをよく見てくれていて、ちょっとした声掛けに励まされ、いまでもその校長に言っていただいた言葉にちからをもらっています。
でもすぐに校長が交代になり、次のシスターが卒業までずっと校長だったのですが、そのシスターは成績優秀な生徒と、学校に寄付金を多くしている生徒をあからさまに優遇する人で、
もちろん私は冷遇されていました。
他のシスターや教員もそういう傾向のある人たちでした。
学校はさまざまな支援活動を積極的に行っており、生徒も家族も積極的に参加していましたが裕福なご家庭が多いので、困ったときはお互いさま!とは違う独特の感じも受け入れがたく。

色んな感覚の違いも含め、そういうのがほんとしんどくて、よく分かっていないけど、少なくともイエスの訓えはそうではないだろうと、毎週のミサで勝手にイエスと対話する時間が、私にとって大切な時間でした。
イエスに人選を間違ってる!と文句言ったこともあります。(苦笑)

初めてある聖歌を聴いた時は、意味不明に号泣してしまったこともありました。
私が大きな悩みを抱えてると思ったシスターに、相談に乗りましょうと面談されたことがあって、こういう感じがほんとに嫌!と、思春期もあったと思いますが、感動したのだと言えませんでした。

今でもあの6年間はしんどかったと思っているし、やばい学校だったと思っています。
(高校で出ようと思いましたが、勉強が出来なさすぎて受験できませんでした!苦笑)
それでも、今もずっと親友で居てくれてる大好きな友はその学校で出会いました。
よって、その学校に行って良かったと思うのは親友との出会いだけと思っていましたが、イエスや聖書との出会いがあったのだと、今やっと気付きました。

聖書、捨てられず取ってあります。
教科書には線を引かないのに、聖書には引いています。
聖書に線を引くことに抵抗を感じながらも、すごく心に響いて、生きていく上で大切にしたい訓えだと、決意でもって線を引いたのを覚えています。
でも、内容が思い出せない!!(苦笑)
どこにしまってあるかは覚えていないのですが、探して読んでみます!

08/05/2023(月) 16:03:40

No.36800  みさお
Re: 5月8日 月曜日 引用
のもちゃんの書き込み、嬉しいしハッと気づきをもらってるよ。
思えば、のもちゃんは自分が親のようにお父さんを思っていた時あったもんね。

色んな思いや出来事を超えて、喜びに。
祝福します!

エーちゃん、聖書転載ありがとうございます。
読む機会等なかったですが、転載されているのは楽しみです。

又書き込みします。

08/05/2023(月) 16:59:04

No.36801  Bさん
Re: 5月8日 月曜日 引用
エーチャン、転載していただき、ありがとうございます。

「か〜みともにいまして〜、ゆ〜くみちをまも〜り」って、小さいころに歌っていました。

小学校の時の友達が近所の教会に住んでいました。お父さんが牧師さんで、お母さんも優しくて、遊びに行くとあたたかく迎えてくださいました。
慎ましい暮らしだったように感じましたが、貧しくてもご夫婦仲が良く、家中、あったかい思いやりにあふれていました。
わが家がそうではなかったから、余計に何とも言えない居心地の良さを感じました。
その友達の教会で、日曜の集まりに参加して歌っていましたね。
でも、聖書のことは全く触れもせず、ただ歌っていただけでした。

私の兄は幼稚園から中学、高校とカソリック系の学校でしたので、カチコチの?カソリックです。
なので、よく聖書の話がでます。たとえ話のようなのが多いように思います。
私も大学はキリスト系だったのですが、全く関係なく通っていましたね。私はええ加減です。(笑)

その友達はか細い体形で弱弱しい感じなのですが、とても芯が強く成績も良く、中学から大学まで某有名ミッションスクールに通いました。
同じ小学校のクラスにいつもクラスの中心にいる某銘酒の社長令嬢がいて、その人も彼女と同じミッションスクールに合格しました。とても美人さんでステキなお嬢さんでした。
地味で大人しい友達とは対照的で、ミッションスクールはお嬢さんが多いだろうに、子供心に友達のことを心配した覚があります。
彼女の卒業論文の題材は「大江健三郎」でした。大学在籍中に牧師のお父さんが亡くなり、教会にもいられなくなり、公団住宅に移り住んだ残された家族の生活はさらに大変だったように感じました。
その後、突然、岡山の修道院に入るので、もう会えなくなるとの連絡があり、それから交流は途絶えてしまいました。

聖書のことから、ふと健気に懸命に生きていた友達の姿を思い出しました。

時折、いまでも知らず知らず「か〜みともにいまして〜、ゆ〜くみちをまも〜り」って口ずさむんでいることがあります。

08/05/2023(月) 19:36:54

No.36802  飯沼正晴
Re: 5月8日 月曜日 引用
ちぃさん、
>イエスや聖書との出会いがあったのだと、今やっと気付きました。<

はい!

ちなみに号泣した讃美歌も教えてほしいな。

Bさん、
>私も大学はキリスト系だったのですが、全く関係なく通っていましたね。私はええ加減です。(笑)<

はい!
法学部卒なのに、論理性は皆無に近いし(笑)
修道院ってほとんどがカソリック系だと思うけど、プロテスタントの教会の牧師の娘さんが、修道院に入ったのですね。

大江健三郎さん、高校生の頃から私もよく読みました。
私の場合は「ヒロシマノート」から入ったのですが、小説も好きになりました。

08/05/2023(月) 20:08:44

No.36803  エーチャン
Re: 5月8日 月曜日 引用
マタイによる福音書 6章の前半部分を投稿いたします。

6章

施しをするときには
「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。
 だから、あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている。施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。あなたの施しを人目につかせないためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる。」

祈るときには
「祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。また、あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。異邦人は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。彼らのまねをしてはならない。あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ。だから、こう祈りなさい。
『天におられる私たちの父よ、
御名が崇められますように。
御国が来ますように。
御心が行われますように、
 天におけるように地の上にも。
わたしたちに必要な糧を今日与えてください。
わたしたちの負い目を赦してください、
 わたしたちも自分に負い目のある人を
 赦しましたように。
私たちを誘惑に遭わせず、
悪い者から救ってください。』
もし人の過ちを赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたの過ちをお赦しになる。しかし、もし人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの過ちをお赦しにならない。」

断食するときには
「断食するときには、あなたがたは偽善者のように沈んだ顔つきをしてはならない。偽善者は、断食しているのを人に見てもらおうと、顔を見苦しくする。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。あなたは、断食するとき、頭に油をつけ、顔を洗いなさい。それは、あなたの断食が人に気づかれず、隠れたところにおられるあなたの父に見ていただくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。」

08/05/2023(月) 21:30:16

No.36804  Bさん
Re: 5月8日 月曜日 引用
エーチャン、マタイ6章ですね。
いま太宰治の「正義と微笑」を題材に練習している人がいて、その中にこの「断食するときには」が出てきます。
見せかけだけのええカッコをしちゃならんぞという戒めと理解しました。
太宰の「正義と微笑」は16歳の青年の初々しさがいっぱいです。
訳もわからず読んだ「ヒロシマノート」ですが、あの時代の青年たちに通じるものが、この「正義と微笑」にもあるように思いました。

修道院はカソリックなんですね。
でも友達のお父さんは牧師さんと言っていたと思いますし、どうなんでしょう。よくわかりません。
修道院に入った友達は、もう会えないようなことを言ってきたので、彼女は承知の上で厳しい道を選んだのだなと、その時、思いました。

法律は対立する説に必ず折衷案的な説があって、どうもその折衷案的発想についていけなかったです。
実務的なこともさっぱりだし、結局何も身に付かなかったですね。
やっぱり、ええ加減ですわ〜。

08/05/2023(月) 22:32:00

No.36805  飯沼正晴
Re: 5月8日 月曜日 引用
エーちゃん、転載ありがとう。

Bさん、
>修道院はカソリックなんですね。
でも友達のお父さんは牧師さんと言っていたと思いますし、どうなんでしょう。よくわかりません。
修道院に入った友達は、もう会えないようなことを言ってきたので、彼女は承知の上で厳しい道を選んだのだなと、その時、思いました。<

はい、修道院はほとんどがカソリックだと思います。
カソリックの教会のことは知りませんが、プロテスタントの教会の牧師さんは、その協会の信徒数が多くなければかなりの薄給だと思います。(教会員からの任意の教会費と礼拝のあとの献金を浄めたものが基本給になります)
それが一定額以下の場合は、最低賃金補償みたいな感じで日本基督教団からの補填を受けて生活している牧師さんも少なくないようです。
牧師さんだったお父さんが亡くなれば、本当に大変だったと思います。
そのお友達は、教会や教団の冷たさに傷ついて、でもイエスの訓えというかイエスの愛に包まれて生きようと決めて、カソリックの修道院に入ったのかもしれませんね。

08/05/2023(月) 23:38:32

No.36806  ちぃ
Re: 5月8日 月曜日 引用
ぬまさん、それがね、曲名覚えてないんです!
大人になってからも、1度だけどこかで聞く機会があって、その時も込み上げて。
聞けば分かるのと、聖歌集も聖書と一緒に置いてあるので探してみます!

余談ですが、職場仲間と奈良に泊まりで旅行した時、私以外が大浴場に行ったので、ホテルに置かれている聖書を読もうと思って探したら、さすが奈良だけあって聖書ではなく、古事記が置いてありました!

08/05/2023(月) 23:47:03


No.36779 のものも  
5月7日 日曜日 引用
朝起きたとたん、今日は涙が溢れ出ました
涙が出ながら書き込みします。
それは、あのお父さんが、
普通のことを普通に、誰も居ないところで、
ちゃんとやってたからです。

嬉しい 嬉しい 嬉しいよーーーー
あのお父さんがやで!!
嬉しいぃぃーーーー

相変わらず、お父さんは、おかしな人なんだけど
ちょっと、騒動があったのだけど
それでも、普通のことが普通に出来ていたので
それは本当に嬉しいです。

お父さんの問題行動は
おそらく20年以上続いてたのだと思うのだけど
実際、私がその事で関わってきた期間は7年くらいだけど
あのお父さんが人として、
それも誰も居ないところで
ちゃんとやっていたことが昨日発覚されました。
驚いています。

ちょっとした騒動の中で(あるまじき行為)、それはされてたので
私は最初、その普通の行動に気づけませんでしたが
あとになって、感動しています。

いかなる事でも人は愛情で癒せるんですね
自分のことになると、そんなことあるのかね?と
半信半疑なところもあったと思います。
あまりにも、長い出来事で悩まされてきたので。

今後、何があるかわからないけど、、
それでも今回はお父さんの頑張ったことに拍手です。
これは、おめでとうだから
近々、ご飯でもまた誘おうと思います。

エーチャン、聖書ありがとうございます。
マタイの続き、気になるので、今日も投稿待ってますね!

Bさん、おかえりなさ〜い
嬉しいよーーー
やすこちゃん、お疲れさま〜〜

皆さんにも喜びが伝染しますように〜
わーい

07/05/2023(日) 05:52:44


No.36780  飯沼正晴
Re: 5月7日 日曜日 引用
のものも、嬉しかったね。
というか、嬉しいこととして観測できて良かったね!

眼差し=観測のエネルギーによって、物事の意味合い=現実はどうにでも変わる。
そして、眼差し=観測によって意味づけされた現実が、その方向でまた新たな現実を造っていくのだろうね。

のものものお父さんのこともそうなんだと思います。
腹立たしさや情けなさに泣きながらも、のものもはお父さんへの眼差しを喜びの方向にシフトしてきました。
まさにその眼差しのエネルギーが現実を造っているのですね。

エーちゃん、
新約聖書のなかの「山上の垂訓」の部分の転載、ありがとう!
一度皆さんも読んでもらいたかったのだけど、私が転載するよりもエーちゃんの方はふさわしいと思ってお願いしました。
引き続き、よろしくお願いしますね。
。。。。。

昨夜、Hさんからメールが来ていました。
グループラインでのことへのお詫びと次女さんや会社の現状報告、お兄さんとは秋に会うことなどが書かれていて、グループラインで私が提示したことや掲示板に先日書いたキーワードのことなどはスルーでした。
メールの最後の部分だけを転載させてもらいます。

>これまで何回も厳しいと思った事はありますが、悠々塾から気持ちの面でも離れようと思った事はありません。
ただ、もう出たり入ったりの状況は卒業したいと思っています。
次回は、中途半端な参加ではなく、喜びと共に参加させていただきたいと思っています。
アコさんへの共鳴では、アコさんご本人、そして他にも私のエネルギーに対して疑心暗鬼の方がおられました。それは、仕方のない事だと思っています。
ただ、そういう思いを持たれたままでは、共鳴を削ぐことになりかねないと思います。

次回、参加させていただく時には、それらを払拭する私が変わったという証し、即ち、次女が喜びに着地する事、
会社が再生する事と共に参加させていただきたいと思いながら過ごしてきました。
今は、自分が「自分なり」を越えていく努力をしていくだけ、と。
まだ、道半ばです。

しかし、飯沼さんはじめ、何人かの方から「待ってる」というお気持ちを向けて頂きました。
ありがたい事だと思っています。
この様な言い方は、おこがましいかもしれませんが、私の参加が、もし、幾ばくかでも、みなさんの喜びに繋がる可能性があるのであれば、定例会に参加させていただきたいと思います。<

ということなので、Hさん自身が「こういう気づきを得て、自分は変わった」と思えてから、掲示板や定例会に参加してください。
この状態では、またすぐに同じことを繰り返すように思います。
掲示板や定例会に参加しなくても、つながっていることは間違いありません。

07/05/2023(日) 08:42:25

No.36781  のものも
Re: 5月7日 日曜日 引用
あっ、は〜い!
私の気持ちとしては、まだ残っている部分はありますが
今回のことは、父の成長と観測したいと思います。
父にとっては、とてつもない一歩だと思っています(笑)

07/05/2023(日) 08:58:00

No.36782  やすこ
Re: 5月7日 日曜日 引用
のもちゃん

>眼差しのエネルギーが現実を造っているのですね。<
ほんと、のもちゃん↑やね。
一つ見方を変えると景色がガラッと変わるもんね!のもちゃんはすごいよ!良かったね、嬉しいね!

エーちゃん
ありがとうございます。
聖書は読みたいと思った事はあるけど、ちゃんと読むのは初めてです。
今日はゆっくり読んでみますね。解説もありがたいです!

07/05/2023(日) 09:50:29

No.36783  のものも
Re: 5月7日 日曜日 引用
やすこちゃん
昨日は、お疲れさま〜
ってか、本当ありがとうね!!
おかげで、ドツボにハマらず、すんだわ〜(笑)

07/05/2023(日) 09:53:12

No.36784  Bさん
Re: 5月7日 日曜日 引用
のもちゃん、
よかったね! うれしいね!!

一言、言いたくて。
仕事してきます〜。

07/05/2023(日) 12:45:59

No.36785  エーチャン
Re: 5月7日 日曜日 引用
ヌマさん

はい、引き続き担当させていただきます。毎日、昨日と同じ分量位を投稿していこうと思います。

のもちゃん

お父さんのこと、良かったねえ!ヌマさん、そしてやすこさんの投稿も合わせて読みながら、私も勉強させてもらったような、シナリオの転換、あるいはチャンネルの切り替えというのは、そういうことなのかと思いました。私もわかったつもりでいたけど、いつの間にか忘れてしまう、まだ意識にしっかり根付いていないんだと思います。でも気付かせてもらって本当に良かった、ありがとう!

やすこさん

コメントありがとう。励みになります。これからしばらく毎日投稿していきますね。

以下、マタイによる福音書、5章の後半部分を投稿します。
ちなみに、各段落の冒頭にある小見出しは、聖書本文にはありません。新共同訳の訳者が読者の参考のために挿入してくれたものです。


姦淫してはならない
「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。しかし、私は言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。もし、右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれない方がましである。もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切り取って捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に落ちない方がましである。」

離縁してはならない
「『妻を離縁する者は、離縁状を渡せ』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。不法な結婚でもないのに妻を離縁する者はだれでも、その女に姦通の罪を犯させることになる。離縁された女を妻にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」

誓ってはならない
「また、あなたがたも聞いているとおり、昔の人は、『偽りの誓いを立てるな。主に対して誓ったことは、必ず果たせ』と命じられている。しかし、私は言っておく。一切誓いを立ててはならない。天にかけて誓ってはならない。そこは神の玉座である。地にかけて誓ってはならない。そこは神の足台である。エルサレムにかけて誓ってはならない。そこは大王の都である。また、あなたの頭にかけて誓ってはならない。髪の毛一本すら、あなたは白くも黒くもできないからである。あなたがたは、『然り、然り』『否、否』と言いなさい。それ以上のことは、悪い者から出るのである。」

復讐してはならない
「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、私は言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせなさい。誰かが、一ミリオン行くように強いるなら、一緒に二ミリオン行きなさい。求める者には与えなさい。あなたから借りようとする者に、背を向けてはならない。」

敵を愛しなさい
「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。しかし、私は言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな報いがあろうか。徴税人でも、同じことをしているではないか。自分の兄弟にだけ挨拶したところで、どんな優れたことをしたことになろうか。異邦人でさえ、同じことをしているではないか。だから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」

・・・・・・・

一点だけ、上記に出てくるミリオンは、古代ローマのマイルで、およそ1,480メートルだそうです。(ウィキペディアペディアで調べました。)

07/05/2023(日) 15:29:52

No.36786  あきどん
Re: 5月7日 日曜日 引用
のものもさんが、
お父さんの嬉しいことを、どんどん観測できてすごいです!

エーチャンさん、聖書の転載ありがとうございます。

私には、聖書はなんだか難しいところもあるし、よくわからないところもだいぶあるように思います。だからすんなり読めない感じです。
飯沼さんは弟子より理解できてたて思えるって、すごいですね。。。

最初の、「心の貧しい人々は幸いである、
 天の国はその人たちのものである。」からわからないと思ったけど、
自分の持ってる本の英文では、
Happy are those who know they are spiritually poor; the Kingdom of heaven belongs to them! なら わかる気がするんですが。
悠々塾で学んだことに当てはめて考えつつ読んでいきたいです。

07/05/2023(日) 16:24:39

No.36787  飯沼正晴
Re: 5月7日 日曜日 引用
エーちゃん、お手数ですがよろしくお願いしますね!

シルバーバチによれば、イエスは「地上界の浄化・地上人類の霊性進化」の霊界側の総元締めであるそうですから、この時期に地上のイエスの訓えの痕跡に触れておくのもいいかと思って。
聖書って、たぶん今でも世界一のベストセラー書だと思うのですが、案外読んだことのない人が多いようですし。
クリスマスはみんな知ってるのにね。

それぞれに思うところなどを書き込んでくれたら嬉しいです。

あきどんさん、
>飯沼さんは弟子より理解できてたて思えるって、すごいですね。。。<

いやいや、そういう意味じゃないですよ(笑)
私はなぜかカソリック系の幼稚園に3年間も通って、寝る前にお祈りなんかもしていて、イエス様という存在は身近に思っていたようです。(「天にましますわれらが神よ」というアレです)

当時の政治活動に馴染めないものも感じて、高校2年の頃に初めてちゃんと聖書を読んだとき、聖書の中の弟子たちはなんだか頼りなくて、ごく普通の人たちという感じで描かれているように思ったのです。
「山上の垂訓」などのところでは、斬新な価値観に私自身が魂を揺さぶられるような感覚もあって、「イエスのような人間になれないのは言うまでもないことだが、自分のような人間でもイエスの弟子にはなれるかもしれない」と思いました。

それ以降は、実際にはそれとはかけ離れたダメ人間ではありましたが、「こういう場面でイエスならどう言うか? イエスならどうするか?」ということが基準の一つとして頭のごく片隅にあったような、なかったようなという感じで、とても出来の悪い弟子ではあったかもしれません(笑)

前にも書いたような気がしますが、高校2年か3年の時にふと教会に行って牧師の説教を聞いた後、「ベトナム戦争のことをどう思うか?」と質問しました。
牧師が何の躊躇もなく「共産主義者は神の敵です」と言ったので、こりゃダメだと思って、それからは教会には行かなかったけど。

しかし計らいというべきか、23歳の時にまた教会の人たちと縁ができて、「人間イエス」の視点で見て社会活動もしている牧師さんにはいろいろ教えていただきました。

07/05/2023(日) 17:09:09

No.36788  のものも
Re: 5月7日 日曜日 引用
Bさん
ありがとう〜!
お仕事、お帰りなさい〜〜

エーチャン
私からも、気づきをありがとね〜!

あきどんさん
いつもありがとね〜!

角度を斜めにしたので、
いや、そう言う事じゃなくて!と
新喜劇でツッコミされそうな内容ですが〜(笑)

07/05/2023(日) 17:55:46

No.36789  エーチャン
Re: 5月7日 日曜日 引用
あきどんさん

確かに、「心の貧しい人々は幸いである」という部分は分かりにくいですよね、あきどんさんが紹介してくださっている英訳、そして私は別の英訳を見ているのですが、どちらも、spiritually,あるいはspiritという語を使っています。つまり、霊が、あるいは霊的に貧しい、ということのようです。ちょっと今、インターネットでも調べたのですが、やはり原語は、心の貧しいというより、霊的に貧しいという表現になっているようです。

ただ、それでもわかりにくいと思います。「霊的に貧しいということを自覚している人々は、」と解釈するようです、原文にはない「自覚している」という部分を追加して解釈するようです。

ちなみに、ルカ福音書の該当箇所では、「心の」という語は削られ、「貧しい人々は幸いである」となっています。あるいは、マタイが「心の」という語を追加したということかもわかりません。

07/05/2023(日) 17:56:23

No.36790  あきどん
Re: 5月7日 日曜日 引用
飯沼さん
そうだったんですね。
キリスト教とご縁があったんですね。

イエスは「地上界の浄化・地上人類の霊性進化」の霊界側の総元締め、、、
なんだか すごい、て思いました。
そういう意味では私もご縁があったのかな笑

>この時期に地上のイエスの訓えの痕跡に触れておくのもいいかと思って。

なるほどです。了解です。

エーチャンさん
早速調べていただいてありがとうございます。
「霊的に貧しいということを自覚している人々は、」と解釈すると、私も納得できます。でも、自覚しているという部分は原文にはないんですね。
そうなんですね。。
解釈とか難しそうですが、心で感じるようにも努めたいと思います。
また、わからないところなど書くかもわかりませんが。


のものもさん
角度を斜めに、なるほどです^ ^

07/05/2023(日) 18:17:41

No.36791  飯沼正晴
Re: 5月7日 日曜日 引用
ま、屁理屈を言えば、「心の貧しい人々は幸いである」というのは、「地上人生では心が貧しかった人ほど、地上を離れて霊界に戻る時には大きな喜びに満たされる」という意味にも解釈できなくはないですね。

新約聖書に収録されているマタイ伝やルカ伝などの福音書・イエス伝は、イエスの死後数十年たってから編纂されたと言われています。
それらの元になっている「Q資料」があったという説が有力です。

そもそもイエスも弟子たちも古代ユダヤ人ですから、元の福音書・イエス伝は古代ヘブライ語で書かれ、おそらくは古代ローマの公用語であったラテン語やギリシャに翻訳されて、そこから広げられていったのでしょう。

しかも西暦300年ごろの数か月間にも及ぶ二ケア会議で、さまざまな福音書が取捨選択されて、おそらくは内容も改ざん・編集されているようです。
なので、一言一句を見ていく意味はほとんどないと思いますよ。

私が面白いと思っているトマスによる福音書などは聖書としては認定されていない、いわゆる外典です。
イエスの弟子の一人(愛人?)であったマグダラのマリアによる福音書・イエス伝と思われる、「マリアによる福音書」というのわずか1〜2ページですが発見されています。

07/05/2023(日) 19:38:12


No.36773 さき  
5月6日、土曜日 引用
能登での地震で被災された方、不安のなかにおられる方にお見舞い申し上げます。
安心のエネルギーを送ります。


昨日のぬまさんの投稿
「異質なものの融合」に刺激されました
はじまってますね

>自我を凝集させる(濃くする)のではなく、自分なりの思いや自分なりの思い方を薄くしていく方向、つまり皆の喜びに向かって切り替える機会<

そのことの意味、今回のことの意味を実感しています
Bさん、やりましたね!
Bさんが見せてくれたこと、そしてBさんがその方向に意識を切り替えられたことでこの場のエネルギーが変わった気がします。

9時の共鳴の時のエネルギーがグッと力強くなったというか、みんな大好きありがとう、の心地よい精妙なエネルギーはそのままで、それがもっとリアルに具体的になった感じがします。

地上で何かを現実化するためには物質的、三次元に作用する必要があるんだけど、みんなそこが弱かった。
けど、ひとつ歯車が動いたというか、舵が切られた、というか、、

>地上でカタチにするには、言動や感覚・感情という、より地上的な意識波動のエネルギーを使うのです。<

今回Bさんが担ってくれたことで、大変だったけど、その波動にアクセスした、回路が開かれた、その端緒が開かれたんだと思いました。
悠々塾というエネルギー場、この場全体として、面として。

あのイエスが証したこと
同じエネルギー場が顕現しようとしている

しんどかったけど、まさにこういうシナリオのなかだったのだと、納得しました。
主演のBさんも、ぬまさんも、本当にお疲れさまでした。あらためてねぎらいのエネルギーを送ります。よくわからないまま、心離さずに、喜びの着地を思い続けたみんなのエネルギーもあって今、ここがある。
みんなでこの場を創っているんだと思います。
みんな光の戦士です。補欠はいません。

この舞台、成就させましょう


*****
シナリオって地上の人間にはわからないですね
11月の定例会のテーマで「ダブルの流動化、活性化」をやって、悠々塾やっとここまでたどり着いたって興奮しました。あの後トイレが近くなって夜中に4回も5回も行くようになって、歳のせいかな〜って思ってたんですが、年明けておさまりました。
同時にTさんとの関わりが始まって、これは治す!!って、シナリオだと思ったのですが、、、こういうことだったんですね。
幾重にも意味があるのでしょうが。。

克子さんの誕生日の朝、夢を見ました。
昔若い頃、電車とかに乗り遅れる夢をよく見てました。走ったり、タクシー使ったり、色々手をつくしても、間に合わない、間に合わない、、ってずっと急いでいる夢です。悠々塾につながってから、あんまり見なくなったけど。それまでのパターンでした。
けどその朝は、違ってた。
バスツアーに参加する予定だったんだけど、出発に間に合わなかったんです。でも不思議と焦らずに、遅れちゃったと思って、目的地の方向へ行く電車に乗りました。そしたら途中で誰かが行き方を教えてくれたり、自分のなかから次々アイディアが湧いてきて、色んな人が協力してくれたりして、、綱渡りの連続なんだけど、これってなんて面白いんだろう!って、その旅を楽しんでる夢でした。

目が覚めてからもワクワクしてて、今まで通りにしばられる必要はなんだな、って感じた次第です。
自分の心を信じて、自由に、自分らしく生きたいです。
かがりを光に、自分の思い通りや、自分なりの感情のかげりを薄くして、この場に共鳴していきたいです。
これからも一緒に、よろしくお願いします。

新生活にむけて日々作業中
喜びベースでワクワクのエネルギー場をつくりたいです
落ち着いてたら皆さん遊びに来てくださいね

06/05/2023(土) 06:46:29


No.36774  やすこ
Re: 5月6日、土曜日 引用
大きな地震でしたね。
能登の義兄の両親はタンスや仏壇が倒れ避難したそうです。
続く地震ですが今回が一番酷かったと言ってました。
地域の皆さん、またかと緊張が走るし余震も不安だと思います。私も安心のエネルギーを送ります。

飯沼さん、Bさん
お二人とも、痛くなく、しんどくなく、いてほしいです。
お二人がずーっと大好きですよ!

さきさん片付けお疲れ様です。
ぜひ遊びに、散らかしに?笑、行きたいです〜

06/05/2023(土) 09:45:25

No.36775  のものも
Re: 5月6日、土曜日 引用
大きな地震でしたね
安心で居られますように

話は変わりますが
場で発言することと、個人的なやり取りで発言することの
判断基準の大切さを感じています。

私はその辺が間違えてたと言うか、、

場で発言することは、何になるのだろうかと
言うことは控えるべきだと
心から思っています〜

さきさん
行ったら、京都のお茶出して〜(笑)

06/05/2023(土) 10:51:25

No.36776  飯沼正晴
Re: 5月6日、土曜日 引用
さきさん、ありがとう!

今日、読み返してみたらそうでもないけど、、当時の人々をひきつけていたことは昨日はいろんな関連の中で分かった、大袈裟に言えば網羅的に分かったという気になっていました。
でも結構いい線いってるような気がします。

「地上人類の歩み」のイエスのところは、最初から気になっていました。
あれが伝えられた意味が分かったように思います。

イエスという人がいて、さまざまな奇跡現象を起こし、人々を惹きつけていたことは事実のようです。
当時ローマからエルサレムに派遣されていたローマの役人が、そういう内容の報告書簡を本国に送っているそうです。

いわゆる新約聖書は、イエスの死後300年近くたってから、権力側の意図で編集・改ざんされたものですが、それでもイエスが教会というカタチに触れているのは、ペテロに向かって「岩の上に教会を建てよ」と言った一カ所だけです。
それもおそらくは比喩的な言葉でしょう。

イエスはただひたすらに、人々にとって嬉しい奇跡現象を起こしながら、真理(福音=良い知らせ)を伝えたのだと思います。
地上のイエスは、自分たちの働きが権力側に取り込まれ、侵略に利用されるなどとは思いもよらなかったでしょう。
地上のイエスは、反対派から「大酒飲み」と揶揄されるような生身の人間であったようです。

弟子たちはイエスの訓えを理解していたとは思いにくく、「弟子の中で誰が一番か?」などと言いあって、イエスに窘められていたようです。
マグダラのマリアに対しては嫉妬心を向けたりもしていたようです。


いずれにしても地上のイエスは決して特別な「神の子・神」ではなく、ある程度の霊的真理と意識エネルギーの使い方をマスターしていた生身の人間だったと思います。

つまり、愛や皆の喜びの方向性の中で、意識エネルギーの使い方をマスターすれば、誰でもがイエスと同じような奇跡の喜びを現実化できるはずなのです。

06/05/2023(土) 12:02:57

No.36777  エーチャン
Re: 5月6日、土曜日 引用
ヌマさんからの依頼で、新約聖書のマタイによる福音書とルカによる福音書から、山上の垂訓(イエスの教え)の部分を投稿いたします。

長いので、数回に分けて投稿します。今晩は、マタイによる福音書の山上の垂訓のうち、5章の前半部分を投稿いたします。訳は新共同訳を使用しています。一部の語句については、解説があった方がよいと思いますので、稿を改めて簡単な説明(新共同訳聖書の巻末に付されている用語解説より)を入れておきます。


山上の垂訓

マタイによる福音書

5章
イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。

幸い
「心の貧しい人々は幸いである、
 天の国はその人たちのものである。
悲しむ人々は幸いである、
 その人たちは慰められる。
柔和な人々は、幸いである、
 その人たちは地を受け継ぐ。
義に飢え渇く人々は幸いである、
 その人たちは満たされる。
憐れみ深い人々は幸いである、
 その人たちは憐れみを受ける。
心の清い人々は、幸いである、
 その人たちは神を見る。
平和を実現する人々は、幸いである、
 その人たちは神の子と呼ばれる。
義のために迫害される人々は、幸いである、
 天の国はその人たちのものである。
わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」

地の塩、世の光
「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」

律法について
「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。はっきり言っておく。すべてのことが実現し、天地が消えうせるまで、律法の文字から一点一画も消え去ることはない。だから、これらの最も小さな掟を一つでも破り、そうするようにと人に教える者は、天の国で最も小さい者と呼ばれる。しかし、それを守り、そうするように教える者は、天の国で大いなる者と呼ばれる。言っておくが、あなたがたの義が律法学者やファリサイ派の人々の義にまさっていなければ、あなたがたは決して天の国に入ることができない。」

腹を立ててはならない
「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『ころすな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。しかし、私は言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。だから、あなたが祭壇に供え物を献げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を献げなさい。あなたを訴える人と一緒に道を行く場合、途中で早く和解しなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡し、あなたは牢に投げ込まれるにちがいない。はっきり言っておく。最後の1クァドランスを返すまで、決してそこから出ることはできない。」

06/05/2023(土) 21:34:17

No.36778  エーチャン
Re: 5月6日、土曜日 引用
用語解説です。

律法:神の意志による教えと戒めのこと。神は、人間の守るべき道を教え、十戒その他の戒めを与えた。

律法学者:律法を専門に研究し、解釈して民衆に教える教師。イエスの時代には、文字通りの律法順守に拘泥するあまり、他の人に厳しい順守を要求したので(律法主義)、愛の実践を優位におくイエスと真っ向から対立した。

ファリサイ派:ユダヤ教の一派、律法学者は多くファリサイ派に属していたと思われる。

以上、新共同訳聖書の巻末にある用語解説から抜粋しました。

それと、1クァドラントは、古代ローマでつかわれていた少額硬貨。

06/05/2023(土) 22:05:34


No.36762 やすこ  
5月5日 (金曜日) 引用
きのうは、全ての始まり〜のような嬉しい日でしたね。

さっき柏餅の話をしていたら、父が柏餅の思い出を話してくれました。
父は和菓子屋ではなかったけどお餅もついていたので、何十年前の今頃は柏餅を店頭に出すため大忙しで母と徹夜して頑張ったそうです。お客さんが列を作って並んでくれていたと。母はとても小柄で父の周りをクルクル動いて一所懸命頑張ってくれていた、って

そこから、母を休ませるために日曜日を休みにした話とか。

父の話が尽きないのはいつもの事なのですが、ふと思い出した何気ない事から、その時の体験や気持ちを振り返って懐かしむような事…
そういうの、よくある当たり前のことだけど、消えない財産だなと思います。

今日が嬉しい思い出になるように!って思います。笑

05/05/2023(金) 09:39:18


No.36764  Bさん
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
皆さん、おはようございます。
ぐっすり朝寝坊しちゃいました。
ゴミ捨て、間に合わなかったよー。

祐造さん、皆さんに大変な思いをさせて、ごめんなさい!
呆れられたことやと思います。
懲りずにまたよろしくお願いしますね。ありがとう!

久美さん、帰ってきちゃいましたよ〜。恥ずかしいね。
いっぱい辛い目にあわせて、ごめんなさいね!
また定例会で会いましょね!!

和也さんも、ごめんなさい!
本当にシナリオの完璧さに驚くばかりです。
急転直下の展開でしたもんね。
はい、これから、これからですよね。
ありがとうございました!

おーい、大好きなあおやまさ〜ん。
帰ってきたよー。
ごめんなさいを言わせてください〜。
お帰り〜って言ってください〜。
寂しいよー!!

やすこちゃん、同時やったね!

05/05/2023(金) 10:24:39

No.36765  のものも
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
おはよう〜ございます

私も思い出の架け橋となれますようにと思います。
やすこちゃん大好き〜

今回の定例会は私は参加出来ませんが
Bさん、また絶対会いましょうね、絶対ね。
皆さんと会えた思い出も、かけがえのない財産です。

今日は、旦那さんと遊んできま〜す
思い出だったら、結構我が家はお金持ちかな(笑)
まだまだ思い出ををたくさん作って、喜びを分け与えていこうと
思います。

05/05/2023(金) 10:27:41

No.36766  飯沼正晴
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
Bさん、
しつこいですが非常に重要なことだと思うので、一点だけ確認させてください。

>>*今回ことは偏に私一人の問題なのですか?

>☆あらゆる問題・トラブルは、誰か一人の問題によって生じるものではありません。
言うまでもなく地上の人間は誰もが不十分さを抱えながら生きているのですから、いかなる問題・トラブルにおいても、当事者はもとより周囲の人たちにも何らかの不十分さがあるのです。
言い方を変えれば、全ての問題・トラブルは、その当事者や周囲の人たちにとっての学びの機会、向上進化の機会としてもたらされているのです。

しかし今回のことは、「どっちもどっち」というようなものではありません。
あなたが率先して気づき、自我を凝集させる(濃くする)のではなく、自分なりの思いや自分なりの思い方を薄くしていく方向、つまり皆の喜びに向かって切り替える機会であると断言いたします。<

こう伝えられたことをBさんも受け入れた上での、「皆さん、ごめんなさい」であるということですね?
これについては端的に回答してください。
昨日の午後からの書き込みを読めば、ちょっと分からなくなる部分があるので、よろしくお願いします。

05/05/2023(金) 11:51:55

No.36767  Bさん
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
はい、そのつもりです。

05/05/2023(金) 12:03:41

No.36768  飯沼正晴
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
だったら良かったです。
そうは見えないフシが感じられたので確認しましたが、安心しました。

Bさんが克から示されたことを受け入れ、率先して気づき、自我を凝集させる(濃くする)のではなく、自分なりの思いや自分なりの思い方を薄くしていく方向に意志してくれるのであれば、私も多大な労力や時間を費やした甲斐がありました。

仲間の皆さんも、不愉快な思いをさせられながら、エネルギーを送ってくれた甲斐があったというものでしょう。
あらためて感謝です!

この地上界にエネルギー的な風穴を開ける、雛型成就にまた一歩近づけました。

イエスの語録のような「トマスによる福音書」では、イエスが「異質なものの融合」について語っています。

「シルバーバーチの霊訓」では、「イエスは地上においてはその霊格の高さというよりも、霊力(エネルギーです)を駆使して、さまざまな奇跡現象を起こした」という意味のことが伝えられています。

それらを総合して解釈すれば、「地上で発揮している霊性の程度ではなく、異質なものを融合する方向での意識のエネルギーの使い方をマスターすることで、地上の常識や制約を超えた奇跡のような喜びが現実化する」ということだと思います。
もちろんイエスは、その人のエネルギー傾向を把握した上で、側近ともいえる弟子たちを選んだのでしょう。
イエスを核としたエネルギー場を造ったのだと思います。

新約聖書の中でも、イエスは水面を歩いて渡ったと伝えられています。
一人の弟子が同じようにして水面を歩くのですが、途中で歩けなくなって溺れかけて小舟に戻った時、イエスは「なぜ疑ったのだ!」と弟子を叱ります。
まさに、意識のエネルギーで奇跡を現実化する方法についての例だと思います。

そして、地上においては神の愛=光の霊界からのエネルギーが、さまざまに分化して存在しています。
それは透明な太陽の光をプリズムに通すことによって、七色に分たれることと同じです。

地上における波長の違う意識(陰りも含めて)を、何らかの喜びとして一体化・融合することは、元の神の愛=光の霊界の波動に同調することです。

地上の人間の意識領域は霊性・理性・感情・感覚に分化されて、言動として表現されて、地上におけるカタチになります。
霊性・理性・感情・感覚・肉体の間には、それぞれダブルという「(変圧器のような意味の)波長変換エリア」があって、意識・エネルギーは霊性から肉体・言動・物質。地上的現実の間を循環しています。
金銭物質をどう動かすか、どういう建物・機械・物体を作るかも、全てが人間の意識に元があります。

地上でカタチにするには、言動や感覚・感情という、より地上的な意識波動のエネルギーを使うのです。
霊性からの波長変換がスムーズに行われなければ、循環・伝達の途中で滞留して、霊としての意識が地上的なカタチにはなりにくいのです。

光の霊界は、自分なりの感情や感覚を(方向性において)神の愛と同調・融合させた者たちが生きる喜びのみの世界です。
そこではそれぞれの意識がそのまま現実を造り出しているのです。

地上においても、異質な(同調しにくい)意識・エネルギーを、霊性を核として喜びで同調・融合させれば、霊界と同じ意識構造になって、地上的制約を超えた奇跡のような喜びが現実化するのです。

全てを喜びの視点で観測し、今は陰りであってもさらなる喜びに向かう向上進化の喜びとして観測する意識・言動です。

「地上人類の歩み」の297ページの最後に、
「地上的なあらゆる陰りに触れ、それを光で照らし、光を注ぎ、かげりを光に変えるために現れたのが、かのイエスである。しかしながら彼は、証しをすることはできたが、世の陰りの全てを光に変えることはできなかった」と伝えられています。

シルバーバーチは、「イエスはあのような地上人生を経験して、それからの地上界浄化の霊界側のリーダーとして活動する準備のためだった」と伝えています。

イエスであれ誰であれ、地上的制約を超えて健やかなる奇跡のような喜びを現実化するための、意識・エネルギーの原理や使い方は同じです。
イエスは自らを核としたエネルギー場を形成して、奇跡現象を起こすこと、そういうことが起せるという証しをすることが目的だったのでしょう。

しかし私たちは小さくても「面」としてのエネルギー場を形成してこそ雛型成就になるのです。
そこで奇跡のような喜びが現実化することを示し、その原理・法則を伝え、人々が自我への執着を解消・昇華しやすくしていくのだと思います。

つまり私たちはカタチにおける保証のない中で、自らの心の力で、当たり前のように慣れ親しんできた自我への執着を解消・昇華して見せる役割を担っているのでしょう。
それは決して容易いことではありませんが、それが私たちの魂の意志であるのです。
さまざまに生じるノイズや不調和を健やかなる喜びに融合しながら、これからも皆さんと共に進んでいきたいと思います。

05/05/2023(金) 14:41:11

No.36769  まゆみ
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
Bさん。
どんな展開になるのかと気をもんでました。
本当に良かったです。
今回のこともですが、シナリオってあるんだなって思います。
どこに向かおうとしているのかは、みんなのエネルギーの共鳴で示されてると思いました。
その共鳴がシナリオを作っていく。
その共鳴が「風穴を開ける!」につながってるって、改めて思いました。
そのために自分の課題や気づきとつながり、向上進化して行く。
そのために自分が何をすべきかっていつも問われてて。
愛と感謝を観測する!(自分に叩き込んでます!つい自分なりの思い方をしてしまいます)

投稿しよと思ったらぬまさんの書き込みがありました。
ゆっくり後で読みます。
ぬまさん、おつかれさまでした。

05/05/2023(金) 15:07:25

No.36770  Bさん
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
>>全てを喜びの視点で観測し、今は陰りであってもさらなる喜びに向かう向上進化の喜びとして観測する意識・言動です。<<


はい、今まで内にあった恐怖の心を払いのけ、何があろうとも怖れを抱くことなく、陰りを光に、全てを喜びに、皆さんとの繋がりを固く信じて進んでいきます。

克子さん、飯沼君、皆さん、ありがとうございます。

05/05/2023(金) 15:42:12

No.36771  Bさん
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
まゆみさん、
ありがとうございます!
ご心労をおかけしました。ごめんなさい。

05/05/2023(金) 15:44:41

No.36772  飯沼正晴
Re: 5月5日 (金曜日) 引用
36768の投稿、Bさんへのコメントを書いていたら急に浮かんできたので、大急ぎで書いて、読み返しもしないで送信しました。
今、読み返して、ちょっと手直しをしておきました。

Bさんの書き込みも嬉しく読みました!

飼っているネコが普段は「ニャーオ」と啼いているのに、何かの拍子に「ワン」と啼いたように聞こえても、ネコが犬になるはずがないのです。
それは飼い主の聞き違いか、たまたまネコが普段とは違う声を出しただけです。(後者であれば、「なぜあのネコは普段とは違う啼き方をしたのか?」を考える場面です)

それを、「うちのネコは犬になってしまった。私は猫を飼っていたのだから、犬になってしまったあの子を家に置いておくわけにはいかない。かといってあの子を追い出すわけにはいかないから、私が出て行こう」なんてバカな話はないでしょう?

「あんたは確かにワンと啼いたから、もうネコではないんだ!」と言い続けられたら、ネコは「そこまで疑い深い人だとは思わなかった。俺は魂からネコだし、高校2年生から50年以上もずっとネコだったのに、ワンと聞こえただけで犬だと決めつけられるとは・・・」と呆れ果ててしまうのです(笑)

Bさん、私のことを信じてもらって大丈夫ですよ!
ずっと大好きですから!

ちなみに、うちの倉庫ネコのミミさん、一昨日の夜からいなくなっています。

05/05/2023(金) 17:57:40


No.36763 Bさん  
(No Subject) 引用
やすこちゃんと同時だったみたい。

やすこちゃんのスレッドを優先して下さい。

05/05/2023(金) 09:52:12



No.36713 飯沼正晴  
5月4日(木曜日) 引用
Bさんが書いていた「潜在意識のなせるわざ、と言われた」というところが、私の記憶にも引っかかるものがあって、
その言葉をキーにして布団の中でぼんやりと記憶を呼び覚ましていました。
そこから急に、一気に思い出しました。
思い出すと目が冴えて、眠れなくなってしまいました。

話を蒸し返すつもりは全くないのですが、かなりはっきりと記憶が蘇ったので、会話形式でメモしておきます。
言葉は正確ではありませんが、内容的にはこういうことだったと思います。(もちろん私の記憶で、決して絶対の事実だとは言いませんが)


B)私はTさんに嫌われているから・・・

私)まあ、そんな気はするね。でもBさんは自分がTさんに嫌われていると言うけど、Bさんの方も嫌っているんじゃないの?

B)そんなことはない。私は嫌っていない。

私)でもBさんからはそういう雰囲気が醸し出されているよ。

B)私にはそんなつもりはない。

私)Bさんにそんなつもりがなくても、そう見えるってことだよ。

B)私にそんなつもりがないのに、嫌っているように見えるはずがない。

私)でも、そう見えるから、そう言っているんよ。そこはBさんが否定しても仕方がない(通らない)。

B)本人がそう思ってないのに、どうして嫌っていると見えるんよ? そんなはずないやん。

私)本人が認識してなくても、潜在意識に下ろしてしまっていれば、周囲からはそう見えるような雰囲気を醸し出すことはあるよ。
Bさんが僕に話していることを聞けば、10人中8人ぐらいは僕と同じように感じると思うよ。

B)いくら言われても、私は嫌っていない。

私)だから、Bさんが嫌っているかいないかじゃなくて、僕からはそうとしか見えない面があるということを言ってるんよ。

B)でも私は嫌っていないんだから,そんなことを言われてもどうしようもない。

私)だから僕が言っているのは、僕からはBさんの方も嫌っているとしか見えない、ということを言ってるんよ。
嫌っていないのなら、自分の言葉や醸し出している雰囲気を点検して、改めていくことだと思う。

B)そんなこと言われても、嫌ってないのにどうしようもない。

私)いやいや、僕が言ってるのはそういうことじゃなくて・・・

B)・・・・・・
。。。

というようなやり取りがあったと思い出しました!
概略としてはこういう感じだったと思います。
自分としては、かなりはっきりと思い出せてすっきりした気分です。

おそらくはこういう話だったので、
Bさんは「いくら私が嫌っていないと言っても、飯沼は断定して決めつけた」と思ったのでしょうし、
私は、「BさんがTさんを嫌っていると断定した記憶は全くない」ということになるのだと思います。

04/05/2023(木) 02:11:38


No.36714  のものも
Re: 5月4日(木曜日) 引用
やり取り読んだら
飯沼さんは断定してないけど
Bさんが断定されたって気持ちになるのも
わかります。

でも、何度もTさんに嫌われてたってBさんに
言われたら、
何度も、飯沼さんは、おそらくの原因を言うしかないと思います。

Bさんは、
側から見れば、そう見えたのかなぁ〜?
くらいの気持ちで良かったのかもしれないけど、
飯沼さんが、何度も首を傾げたから
Bさんは違うとわかって欲しくて、意固地になったのだと思いました。

04/05/2023(木) 06:42:15

No.36715  のものも
Re: 5月4日(木曜日) 引用
あと、BさんはTさんが自分のことを嫌ってることが
本当に悲しかった、許し難かったのだと思いました。
こんなにまで、自分は思っているのに
何で自分のこと嫌いなんだって思ったんじゃないかしら。。

自分だけ嫌って、他の人は嫌ってないなんて
屈辱だったと思いました。
他の人には良い顔して、自分にだけ何さって
私だったら思うかもしれません(笑)
これは、私の完全なる想像なので、本当のところは
Bさんしか、わかりません。

BさんはTさんと仲良くしたかった
それだけだったと思います。
だから嫌ってないと私もわかるけど
醸し出してことはあったかもしれませんね
私は見てないけど〜

Bさん大好きだよ〜〜

04/05/2023(木) 06:53:56

No.36716  のものも
Re: 5月4日(木曜日) 引用
立て続けになりますが
トモアコさん、動くなって言われて
とっても恥ずかしいかったんじゃないかと
思いました。
動きを注意されることって、ちょっと恥ずかしいと思います。
Bさんにとっては、そんなつもりじゃ全く無かったかも
しれないけど、個性みたいなものを注意されて
とっても嫌な気分になったかもしれませんね。

でわでわ良い日を〜

04/05/2023(木) 07:30:57

No.36717  Bさん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
改めて、改めてになりますが、皆さんにお詫びいたします。
皆さんがどんなに心を痛めてくださっていたか、全く意に介さず、長い間、自分の陰りを陰りとも思わず、正論のごとくぶちまけていました。
ごめんなさい。

激情してLINEを去る時に、皆さんへの思いを書きました。
皆さんがこんな私を受け入れてくださっていること、こんなに人と繋がれると思っていなかったことを書きました。
あの時、飯沼憎し!とは思っても、皆さんとは離れがたくてとても辛かったです。

私はとっくに、己の心の奥を書いていたのです。
自分が何に拘っていたのか、やっと目が覚めたように思います。

「最初からTさんを嫌っていた」と決めつけられることに、ここまで拘り固執し続けたのは、皆さんに私がそんな人間だと思われたくなかった。嫌われたくなかった。
そのためには何が何でも「最初からTさんを嫌っていた」などと、決して認めるわけにはいかなかったのです。
私の強い固執はこの思いからきていたのではと、小さいころからずっとこうやって自分を守ってきたのではと思いました。
そんなふうにはいままで思えたことはなかったです。
自分を守るためには、そんなふうに思う訳にはいかなかったのです。

飯沼君、そういうことですよね?
エーチャン、私の潜在意識とはそういうことですよね?
克子さん、小さなプライドなどではなく、「排除」されたくない思いからなのですよね?

私は「排除」されたくない恐怖心を常に持っていたということですよね。
そしてそれは絶対に認めたくないことでもあったのですよね。

潜在意識でした。

そう思って、愛は時空を超えて以降のすべての書き込みを読み直すと、目からウロコでした。

私は、昨日の飯沼君の書き込み、克子さんのメッセージに対してすら、目を通すや否や、以前以上の飯沼め!の腹立たしさを覚えてしまったくらい、全くもって何も見えず、何もわかっていませんでした。ごめんなさい。

この間、皆さんがどれほどの愛情を注いでくださっていたかも、わかっているようで、全く理解できていませんでした。ごめんなさい。

定例会でどうして私はHさんに気持ちを持つのか、母のことも交えて話しました。
Hさんへの思いは、この私の「排除」への恐怖を知っているが故なのかもしれません。
いま、ふとそう思いました。

こんな恐怖心を持ちながら生きてきたんだなんて、決して認めたくなかったのですよね。
ようやくそれがわかったように思います。

にぃくん、ちぃさん、忙しい中をわざわざ訪ねてくださって、ありがとう!
意を決して来てくださったのですよね。ごめんなさい。

エーチャン、お手紙ありがとう。いっぱい気持ちを書いて下さっていました。
なんの返事もせずに、長い間、ごめんなさい。

みゆきちゃん、私が悪いのに、メールで自分のせいだとまで書いてくれてたね。辛い思いをさせてしまいました。ごめんなさい。

きんもくせいさん、電話をありがとう。ミスターと連名のお花も受け取りました。
ありがとうございます。なかなか素直になれなくてお礼も言わずじまいで、ごめんなさい。

さきさん、骨折がわかるやいなや大量の食糧を即送ってくださいました。
お菓子、美味しかったです。ずっと見守って下さていたのですよね。ごめんなさい。

祐造さん、克子さんの私の両親からのメッセージに涙してくださって、ありがとう!
こんな私でごめんなさい。

ゆりかさん、ラブレターをありがとう! 素直になれなくて、ごめんなさい。

あきどんさん、タッピングのお薦めをありがとう! 昨日も怒鳴りながらやりました。
なかなかお礼が言えなかった。ごめんなさい。

ゆみっぺさん、雰囲気を悪くしてしまい、ごめんなさい。
そんな中でも更新し続けてくださった。それに優しい言葉をありがとう!

ぽんちゃん、電話で話せてよかったです。いまようやく目が覚めました。
いっぱい思ってくださってるのに、なかなか気付けずにごめんなさい。

のもちゃん、帰ってきちゃいました。遅くなってごめんなさい。

みんとさん、大きな声での優しい言葉が届きました。なかなか帰れずにごめんなさい。

みさおさん、みんな大好き!をいっぱい、ありがとう! 
泣けました。出たり入ったり勝手ばっかりして、ごめんなさい。

やすこちゃん、いつも愛情をいっぱい、ありがとう! 
気付かんことばっかりで、ごめんなさい。 

みやっちさん、信じてくださっていることを伝えて下さり、ありがとう!
身勝手な大騒ぎを許してください。ごめんなさい。

藍子ちゃん、いつもありがとう! 藍子ちゃんの厳しい言葉は有難いです。
仕事を放り投げ無責任で身勝手な私で、ごめんなさい。

皆さん、掲示板を乱しまくって、ごめんなさい。
投稿がなくても、どの方もどの方も皆さんずっと心を寄せてくださっていたのですよね。
本当に醜い私を晒してしまい、申し訳なかったです。
どうぞ、皆さん、許してください。お願いします。

まゆみさん、ごめんなさい!
お仕事の連絡も愛想なく、誰よりも心を痛めてくださっているのはわかっているのに、まゆみさんにまで自分を守って頑なに拒否してしまいました。お許しください。

この間、皆さんが寄せてくださるお気持ちも十分わかっていながら、受け取るわけにいかなかった、重くて背負いきれなくて、受け取りたくなかった。
皆さん、失礼無礼の数々、本当にごめんなさい。

克子さん、
メッセージは克子さんからなのか、飯沼君なのかわからない思いがずっとありました。
「地上人類の歩み」や飯沼君と共に受信された本から、その内容と大量さにすごいことが起きていたんだなあと思えましたが、直にお会いしたこともないですし、正直、信じ切れないものがありました。
今回、目からウロコで読み直し、やっと素直に克子さんの存在を確信することができたように思います。
こんな私の気持ちも既にお見通しなのですよね。ごめんなさい。
克子さんの存在を確信できたことで、心のぐらつきを正せるように思えます。
自ら正していけるよう、心を広げていきます。
克子さん、完璧なシナリオに感謝します。
ありがとうございました。

飯沼君、長い間、ごめんなさい。
辛い思いを引きずっての促しだったと思います。
ようやく、本当の自分の傷に気付けたように思います。
決して認めたくないことだったのですね。
こんな私がいたなんて思いもよらなかったです。
まだまだ他にも溜め込んで気付かないことがあるのかもしれませんね。
飯沼君のこれでもかこれでもかの書き込みが嫌で嫌で逃げ出したくて、なんじゃい! 大嫌いじゃ!と大声でタッピングしたこともありました。
目先のことしか見えていませんでした。
心の扉を開いていただき、本当にありがとうございました。

皆さん、本当にたくさんの愛情をありがとうございます。
改めての改めてになりますが、深くお詫びいたします。
皆さんとともに在ることに、心から感謝しています。

みんな、大好きです!
本当にありがとう!!

>>>>>>

飯沼君、いま思い出してくれたんですね。
なんて、シナリオなんだ!
私も明け方に目が覚めて、ふっと思い至って、これを書き出しました。

04/05/2023(木) 07:46:19

No.36718  のものも
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん
良かった〜!!
良かったよ〜〜

04/05/2023(木) 08:00:10

No.36719  藍子
Re: 5月4日(木曜日) 引用
読みました。泣いてます。
本当になんてシナリオなんでしょうか。
ぬまさんは急に思い出し、Bさんは急に解放され、、。
とにかく今は喜びたいです。
Bさん。おかえりなさい!!

04/05/2023(木) 08:07:38

No.36720  みゆき
Re: 5月4日(木曜日) 引用
おはようございます。
Bさん
よかった!!
おかえりなさい!!
嬉しいです!!!
時間なので仕事いってきます!

04/05/2023(木) 08:20:49

No.36721  あきどん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、良かったー!!
嬉しいです。ほんとに良かった!
お帰りなさい🎵
タッピングもしてくださりありがとうです

04/05/2023(木) 09:12:35

No.36722  みやっち
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、わかってもらえない事はとてもつらかったと思います。
恐怖心。どこからか湧き上がってくる不安感。
それを乗り越えて喜びに着地出来て良かったです!
しんどい役割を背負っていただいてありがとうございます。
すごいシナリオにびっくりです!
克子さんいつも見守っていただきありがとうございます。
飯沼さんも大変だったと思います。いつもありがとうございます。
みなさんのエネルギーはあらためてすごい!と思いました!

04/05/2023(木) 09:30:49

No.36723  Bさん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
のもちゃん、藍子ちゃん、みゆきちゃん、あきどんさん、みやっちさん

ありがとう!ありがとう!ありがとう!!です。

04/05/2023(木) 09:47:50

No.36724  ゆりか
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰りなさい。
本来のBさんに戻っての掲示板への書き込みを読む事ができて、本当に嬉しいです。。
長い間、お疲れ様でした。
もう決して離れないで下さいね〜
約束ですよ〜(笑笑)
今回、Bさんが担ってくれた辛い大役のおかげで、私のまだまだ喜びベースになっていない自分の感覚・感情層の癖に気づく事ができました。
こちらこそありがとう!ありがとう!ありがとう‼︎です。

04/05/2023(木) 10:06:39

No.36725  飯沼正晴
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、まさに本物の気づき、おめでとうございます!

それにしても、ほんとにシナリオは完璧ですね。

これで両極のエネルギーの一体化・融合に大きく一歩踏み出せたと思います。
風穴、必ず開きますね!

Bさん、大好きですよ!

>飯沼君、いま思い出してくれたんですね。<

あのやり取りは昨夜、一気に思い出しました。
でもね、Bさん。
グループラインにこの話が持ち込まれた時から、私は「Bさんの方も嫌っているように見えると断言したかもしれないが、嫌っているという断言はしていない」と、ずっと言ってきたのですよ。
冷静に読めば分かってもらえると思います。
分かってもらえなくても、この話は終わりにしましょう。
でも、BさんがTさんを治すことで一生懸命だったのはよく分かっていたけど、Bさんがそうするのはあまりに当たり前すぎて、Bさんがそんなところまで否定されていると思うなんて全く思いもよらなかった。
Bさんの気持ちに取り合ってこなかったことは謝ります。

おバカで可愛いBさん、ずっと大好きですよ!

04/05/2023(木) 10:08:03

No.36726  飯沼正晴
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、本当の意味でお帰りなさい!

Hさんも早く帰っておいでよ!

04/05/2023(木) 10:09:55

No.36727  飯沼正晴
Re: 5月4日(木曜日) 引用
もうどうでもいいことですが、一つ訂正とお詫びです。
私が、「Bさんは『皆さんはHさんには厳しかった。(攻撃した)』と言った」と書いたのはグループラインでのことで、掲示板では「攻撃した」と書いていました。

別に話をすり替えたわけではありませんが、不正確なことを書いてすみませんでした。

04/05/2023(木) 10:35:41

No.36728  やすこ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん!
待ってましたよ!おかえりなさい!

これからも末永くよろしくお願いします!
大好きですよー^_^

04/05/2023(木) 11:00:57

No.36729  にぃ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰りなさい。
完全復活ですね!
大好きですよ。

次はHさんですね。待ってまーす!

04/05/2023(木) 11:03:59

No.36730  飯沼正晴
Re: 5月4日(木曜日) 引用
私、またまた勘違いしていたようです。

Bさんが公演で定例会に参加できないのは9月だそうです。
なので5月定例会はBさん、参加です!
生バトルのご観覧・ご鑑賞をご希望の方は、あらかじめお知らせください!(笑)

Hさんも、頑張れ!

Hさんが自分を振り返る(切り替える)キーワードは、コンプレックスのように思います。
そこから派生して、人との比較・人にどう思われるかを気にする・優位性を求める・自分の正しさにこだわる・人を妬む、等々の陰りが派生しているように思います。
幼い頃のお兄さんたちとの比較や、評価・扱われ方の違いなども含めて、辿りなおしてみたらどうでしょう?

04/05/2023(木) 11:18:49

No.36731  なみ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰りなさい。ずっと待っていました。
本当にうれしいです!

子供の頃からずっとそうやって自分を守らなければならなかったBさん、本当に今まで頑張ってこられたんだなと胸が痛くなります。
みやっちさんが書かれていたけど、わかってもらえないことは、つらかっただろうな。
Bさん、しんどい役を担ってくださって、ありがとうございました。
私もこの間、いろんな感情を抱きながら、深く考えさせられました。

飯沼さんもしんどい思いをされて、大変だったと思います。
本当によかったですね!

Bさん、5月の定例会、参加できるんですね!
うれしいです!
生バトルはもう見たくないけど、楽しいバトルなら(笑)

Hさんも早く戻ってきてくださいね。待っています。

04/05/2023(木) 11:48:49

No.36732  あきえ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰りなさい!
帰ってきてくださって、本当にうれしいです。
シナリオって、すごいんですね。

5月の定例会でBさんにお会いできるのを楽しみにしています。

Hさんも早く帰ってきてくださいね。

皆さん、大好きです!

04/05/2023(木) 12:01:51

No.36733  ミスター
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰りなさい!
Bさんの「Tさんを嫌っていない、そんな言動をとる人間じゃない」という叫びは届いていたし、痛いほどわかっていました。
これからも大きな大きなエネルギーで私たちを引っ張ってください!

04/05/2023(木) 12:12:03

No.36734  きんもくせい
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、おかえりなさい!
書き込み、涙出ました。。。
大変なシナリオの中でのお役目、ありがとうございます。
これからもずーっと一緒によろしくお願いします!

04/05/2023(木) 12:12:12

No.36735  Bさん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
ゆりかさん、やすこちゃん、にぃくん、なみさん、あきえさん、ありがとう!!

恥ずかしいけど、ただいまです。

こちらこそ、末永くよろしくお願いしますね!!

にぃくんが4行も書いてくれてる。泣けるやんか〜! 
Hさんのことも書いてくれてる。
嬉しいです。ありがとう!

Hさん、皆、待ってくれてるよ〜。
何もかもが完璧なシナリオで、皆、皆、繋がってるからね〜。
大丈夫だよ〜!

飯沼君、
あのね、今日思い出してくれたこと、本当にありがとう。
嘘みたいな話だね。
でもね、それ以前に、ピシャッと言われたことがあったんだよ。
聞き返したら、またピシャッとね。
そのピシャが私には強い断定に聞こえたんだよね。
言われた側と言った側との受け取り方の違いだから、もうそんなことは、どうでもいいんだけどね。
また必要があれば、思い出してもらえると思います。
もう必要ないだろうけど。

しつこくてごめんね。似てるんだよね。こんなとこだけね。

これが最後の最後で、すべてを喜びに転じます。
あー、泣けてきます。

皆さん、本当に本当にありがとうございます!

定例会で皆さんとお会いできると思うと、嬉しくてたまりません。

みんな、みんな、大好きです!!

04/05/2023(木) 12:12:52

No.36736  Bさん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
ミスター、きんもくせいさんも、ありがとうです!!

もう、泣けて、顔ぐしゃぐしゃやん。

ありがとう!!

04/05/2023(木) 12:15:20

No.36737  ぽんた
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰りなさい、お疲れさまでした!

Bさんの衝撃的な気づき、力強い帰還、もう感動です。
それもBさんらしいなって思いました。
Bさんだからこその力一杯の悲しみとつらさ、そしてBさんだからこその力一杯の気づきと喜び、
どっちもBさんらしいです。泣けます。
どっちのBさんも大好き、そのBさんらしさが大好きです。
本当にお役目お疲れさまでした。

飯沼さんも克子さんも、皆さんも、ありがとうございました、
大好きです!

Hさんも待ってます!

04/05/2023(木) 12:17:13

No.36738  ぽんた
Re: 5月4日(木曜日) 引用
あ、Bさーーーーーん!笑

04/05/2023(木) 12:18:40

No.36739  飯沼正晴
Re: 5月4日(木曜日) 引用
過剰な防衛意識が高じると、相手国が何か動きを見せると自国への攻撃と捉えて、先制攻撃することにもなりかねません。

平和を願うのであれば、あくまでも憲法9条の理念でやっていきましょう!

まずは相手が言っていることを聞き、相手の真意を受け止めることです。
それが国においては外交の基本であり、人間関係においてはコミュニケーションの基本です。

自分なりの感覚や自分なりの感情で決めつけてしまわないで、相手の真意をまともに受け止めれば、余程とんでもない相手じゃなければ諍いにはならないのです。

自分としての気持ちや言い分はどんな場面でもそれぞれにあるわけで、今回は私にも(おそらくは仲間の皆さんにも)山ほどあるということをご承知おきください。
自分なりの気持ちは気持ちとして、わきまえるべきことをわきまえることが、この場の仲間への礼儀である場合もありますよ。

04/05/2023(木) 13:28:26

No.36740  ちぃ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰りなさい!待ってましたー!
良かった!ほんと良かったです!!嬉しいです!!
これまで、たくさんたくさんがんばってこられたBさん。
もう大丈夫ですからね!
Bさん大好きです!!
そしてHさん、私も待っています!!

04/05/2023(木) 13:32:41

No.36741  Bさん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
飯沼君、基本ですね。心します!

ぽんちゃ〜ん、帰ってきたよ〜〜お! ありがとうね!

ちぃさ〜ん、あ〜、胸いっぱい! お昼食べてお腹もいっぱい!
幸せだよ〜ん! ありがとうね〜!

04/05/2023(木) 13:48:55

No.36742  のものも
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、かわゆい
可愛いーーーー
Bさん、お子ちゃま、赤ちゃんだね
いいなぁBさん大好きーーー
私も幸せ〜〜

04/05/2023(木) 14:25:03

No.36743  恵美子
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰んなさい!
大舞台での立ち回りお疲れさん!

書きたいこといっぱいあって、朝一番に書こうと思ったら、あら不思議!
舞台は拍手喝采で終わってた。
喜びへの着地おめでとう!

ぬまさんもえらかったね!
私たちも頑張った!
あ〜嬉しいなー
Hさんもはよおいでー

04/05/2023(木) 14:25:08

No.36744  恵美子
Re: 5月4日(木曜日) 引用
あっ、大好き!忘れてた!
どんなときも、どんなBさんも大好きたよー

04/05/2023(木) 14:29:27

No.36745  飯沼正晴
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、

>飯沼君、基本ですね。心します!<

はい!
今回は自分の感情が治まったこと・切り替わったことで良しとせず、「自分のどこが違っていたのか、自分のどこが不十分だったのか?」を辿りなおし、反省するところまで進んでくださいね。
できる範囲で構わないので、せめてその方向性の回路は確立してくださいよ。
それも含めての、今回の魂の意志の選択だったと思います。

それでこそエネルギー的な一体化・融合につながるのですし、そうでなければ私は役割上、またしつこく言わねばならなくなります。

高等なテーマをいろんな角度から何度も伝えることは苦ではないけど、分かりきったことであるはずのことを繰り返さねければならないことは、嫌気が差すぐらい退屈でしんどいことなのですよ。
言われる方もしんどいのでしょうが。

04/05/2023(木) 14:41:35

No.36746  みんと
Re: 5月4日(木曜日) 引用
またまた言わせてください。

Bさん、おかえりなさーーい!!
ほんとにほんとに良かった、嬉しいです!

これはシナリオの一環なんだと自分に言い聞かせてはいましたが、
内心ハラハラドキドキのスリル満点の日々でした笑

異質なものの融合が簡単なものではないとわかっていましたが、お二人がここまで傷つけ合い(身も心も)つかんだ宝物です。
もう手放さないぞー!無敵だぞー! です。

飯沼さん、Bさん、ほんとうにお疲れ様でした。

風穴、開きますね!!

04/05/2023(木) 15:33:39

No.36747  みんと
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Hさんも待ってますよ!

04/05/2023(木) 15:37:21

No.36748  エーチャン
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさーーーーーん

よかったあ、本当に良かったあ

今日はとりあえずここまでです!

04/05/2023(木) 16:02:57

No.36749  ゆみっぺ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、良かったです。
おかえりなさい!

飯沼さんの急に思い出したという
書き込みを読んで、
なるほどと思いました。
私にも、そういうところあるだろうし、
自分では、気づきにくい。

飯沼さんもお疲れ様でした。

5月の定例会は
和やかに盛り上がりそうですね。

04/05/2023(木) 16:06:15

No.36750  オレンジ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
今日もお仕事に行ってました。

Bさん、たくさんたくさん気づきがありましたね。何より仲間のみんなにこんなに想って貰って愛されて幸せなBさんですよね。
私はほんとに羨ましいです。

みなさん、しっかり悠々塾で鍛えられてきたので共に学んでいる仲間という意識があると思います。

私も今回のことではたくさん学びがありました。
Bさん、これからも力強いBさんならではのエネルギーお願いします。

これからもよろしくお願いします。
風穴を開けてくださいね。
5月定例会もよろしくです!

04/05/2023(木) 16:35:40

No.36751  Bさん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
恵美子さん、恵美子さん、恵美子さーん!
心配してくださってるだろうなあって、あー辛いなあって思っていました。アホなBでごめんなさい!

みんとさ〜ん、帰ってきたよ〜! ごめんね!! 
定例会で会えるかなあ? 会いたいよ〜!

エーチャンもごめんしてね! お手紙本当に心がこもっていました。ありがとう!

ゆみっぺさん、はい、ただいまです! ゆみっぺさんの大好き!嬉しかったです。ありがとう!

オレンジさん、アホなBです。ごめんね!
風穴、一緒にね、開けましょね!
定例会、会えるの楽しみ〜。
また、オレンジさんの伴奏で皆して歌いたいです〜。

のもちゃん、私も可愛いけど(ヘヘッ!)、のももかわゆいよ〜ぉ!

04/05/2023(木) 17:09:47

No.36752  飯沼正晴
Re: 5月4日(木曜日) 引用
オレンジさん、

>何より仲間のみんなにこんなに想って貰って愛されて幸せなBさんですよね。<

ほんと、そう思いますね。
私なんかが同じことをやれば、総スカンを食らうでしょうからね(笑)

>風穴を開けてくださいね。<


ほんとはここが引っ掛かったので返信しました(笑)

Bさんと同じようなエネルギーの人はいないと思うけど(いたら収拾がつかなくなるけど・笑)、傾向の違う一人一人のエネルギーを大きく共鳴させてこそ、風穴は開くのです。
オレンジさんもBさんとはまた違うけど(バランスがとれているけど)、パワーエネルギー傾向の人だと思いますよ。
バランスは大事だけど、小さくまとまらずにガンガンいってくださいね〜

ついでに(どさくさ紛れに)さきさん、
確か以前の克からのメッセージにもあったけど、「家のことが大変で
悠々塾の働きどころではない」という意識を現実化しないように、どなたかに伝えてね〜

へへ、今日はさっきから、ねねが来ています。

04/05/2023(木) 17:19:05

No.36753  ゆうき
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、戻ってこられて良かったです!
必ず戻って来てくれると信じていました。
良かったです!本当に嬉しいです!

04/05/2023(木) 21:47:44

No.36754  さき
Re: 5月4日(木曜日) 引用
こんばんは
Bさん、出かける前に朝の投稿を読んで涙、涙でした
やったね!嬉しいです!
あらためて笑顔でお帰りなさい!です
定例会でお会いできるのを楽しみにしています
担っていただいたことに感謝です。ありがとうございます
ねぎらいのエネルギーを送ります

理性の届きにくい、感情の下位や感覚の領域
>その領域の健やかさが増せば、今まで以上に喜びが現実化していきます。<

つながっていきます!

ぬまさん、伝えます
「働き」は私たちのカルマ、課題です
一緒に頑張ります

04/05/2023(木) 22:11:20

No.36755  ちづこ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、おかえりなさい!
朝、Bさんの投稿を読んで、嬉しくて嬉しくて、バタバタして書き込みが夜になりましたが、一日中がとても嬉しい一日でした。
本当によかったです。
Bさん、大好きです!!
ありがとうございます。

04/05/2023(木) 22:22:59

No.36756  さいこ
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、お帰りなさい!!
どうなることかと心配しましたが、しっかり着地が出来て良かったです。
ぬまさん、Bさん、皆さん、お疲れさまでした。
Bさん、これからは安心して自分を出して下さい!!
定例会で、お会いできるのを楽しみにしています。

次はHさんだよ〜!!
待ってるからね!!
大丈夫だよ!!

04/05/2023(木) 22:59:16

No.36757  Bさん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
ゆうきくん、心配かけました。出たり入ったりいそがしくて、ごめんなさい!

さきさん、ただいまです。ありがとう!
大騒ぎをまたやってしまったバカな奴で、ごめんなさい!
早く会いたいです〜!

ちづちゃん、しんどい思いをさせてしまいました。ごめんね!
喜んでもらえて、本当に有難いです。ありがとうね〜!

04/05/2023(木) 23:01:54

No.36758  Bさん
Re: 5月4日(木曜日) 引用
あ、さいこさん!
大騒ぎのBです。心配をおかけしました。ごめんなさい!
はい、もう大丈夫です。いつもありがとう!

そうですよね、
Hさ〜ん、早く戻ってきてね〜!

04/05/2023(木) 23:16:34

No.36759  祐造
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、おかえりなさい!
とっても嬉しい!です。
大好きですよ。
きっと骨折よりも心の痛みのほうが何倍も大きかったのだと思います。
本当にお疲れさまでした。
同時に、僕たちも自分のかげりを見直す機会を頂いたと思っています。

Bさんにあやかってか、僕も自分の課題や潜在意識の自動操縦の恐ろしさに気持ちをゆらされています。
Bさんに続いて前進できるように頑張ります。
喜びに目を向けて!

05/05/2023(金) 00:41:00

No.36760  久美
Re: 5月4日(木曜日) 引用
Bさん、本当に良かったです!
嬉しいです!
Bさんの書き込みを読んで、思わず込み上げました。
Bさん、小さい頃からずっと頑張って来られて、自分を守って守ってこられたんだと思いました。
みんなBさんが大好きで、もう守らなくても大丈夫ですね。

飯沼さん、Bさん、本当にお疲れ様でした。
今回のことで、私も色んなことを深く考えさせられ、気付かせてもらいました。
でも、まだまだだと思います。
もっともっと相手の側に立って・・・ですね。
私も頑張ります!

Hさんも早く戻って来てくださいね。

05/05/2023(金) 01:09:05

No.36761  和也
Re: 5月4日(木曜日) 引用
飯沼さん、Bさん、お疲れ様でした。
Bさんが喜びに着地できて、本当に嬉しいです。
皆さん書いてみえるように、シナリオの完璧さにはただただ驚くしかありません。
ひな形成就へ、大きく一歩前進したのは凄いことです。
大変なお役目を果たしていただき、大きな学びの機会をいただきました。
本当にありがとうございました。

05/05/2023(金) 01:50:12


No.36705 のものも  
5月3日 水曜日 引用
おはようございます

Bさん
アホらしいーー(笑)

Bさんは、皆さんに愛されてる中にいるのだから
ずっとずっと愛されてるのだから

まぁさ、どっちがやられた、先だろうが
目の前の人を愛していることは確かだと思うよ
それがBさんだと私は思っています。

今日も皆さん良い日を〜

03/05/2023(水) 06:57:25


No.36706  のものも
Re: 5月3日 水曜日 引用
すみません
我が家が今日は良い日なので
ハイテンションぎみで書いてしまいました。

Bさん
大好き〜
もう、これで最後だじょん。

03/05/2023(水) 07:13:36

No.36707  Bさん
Re: 5月3日 水曜日 引用
みんとさん、きんもくせいさん、、昨日はありがとう!
ゆみっぺさん、のもちゃん、おはよう!

皆さん、おはようございます。

昨夜の私の書き込みに、気を悪くされている方もおられると思います。
ごめんなさい。

皆さんへの申し訳なさはこれでも胸いっぱいなんですよ。

気を悪くされた方がおられましたら、どうぞ許してくださいね。

今はこれが精一杯のようです。

03/05/2023(水) 07:59:20

No.36708  ぽんた
Re: 5月3日 水曜日 引用
おはようございます。

Bさん〜
今までもずっと一緒でしたが、あれからは片時も離れず一緒です。
張っていた心を緩めてくださいね。
よかった。嬉しい。
Bさん大好き、大好きです。

03/05/2023(水) 09:11:10

No.36709  飯沼正晴
Re: 5月3日 水曜日 引用
昨夜と今朝のBさんの投稿は、
Bさんが「愛は時空を超えて」で伝えられているテーマに向き合い、「自分なりの感情に囚われて、不調和を大きくしてしまった。これからは自分の感情を抑えるのではなく(抑えても、あとで爆発させれば同じです)、自分なりの感情の陰りを調和の喜びに切り替えていく」と意志したものとして歓迎します。

今はBさんも公演前だし、私も農作業で手が空かないし、何よりも疲れています。
お互いに感情の下部の思いが薄くなった頃、また会いましょう。
酔っぱらっても何カ月も前の話を怒りを込めて蒸し返さない状態になったら、連絡してくださいね。
お待ちしています。

Bさん、ずっと大好きですよ!

グループラインや掲示板で面白くもない堂々巡りに付き合わされた皆さんに、重ねてお詫びいたします。

>あなた方は、今はまだそういう面を解消・昇華できてない状態の人たちとも共に、豊かで健やかなる共生の喜びに満ちた、新しい地上界の雛型を確立して、その喜びを広げていくことを魂の意志として、この場につながっているのです。

どうぞ、いかなる状況にあっても自分の心の陰りに留まることなく、気持ちが陰った時・陰りそうになった時こそ無条件の愛に置き換えて、誰一人として置き去りにすることのない喜びの場を造り上げてくださいますように。

たとえ離れていても、愛でつながっている限り、それは喜びの雛型としてエネルギー的に機能しつづけるのです。
あなたがたはそれぞれの魂の意識・意志によってつながり、集っています。
そうであれば、いかなる時も仲間の魂の意識と輝きを信じて、自らを点検し、自分としての愛を普遍の愛に重ねていってくださいますように。
特に今の状況において、霊界の私からくれぐれもお願いいたします。<

03/05/2023(水) 09:48:10

No.36710  飯沼正晴
Re: 5月3日 水曜日 引用
☆克から伝えられています。

ようやく一段落ついたようですね。
Bさんも皆さんもお疲れさまでした。
もちろんあなたもお疲れさまでした。

今回のことでは皆さんそれぞれが嫌な思いをしましたが、お伝えしたようにこれもシナリオの一環であり、十分に意味のあることでした。
あなたは今回は自分の感情を挟まず、論理的に道筋を示しました。
そこには全く反応しない相手に対して心を離さずに、最後まで関わることができました。
今回はそれだけではなく、絶望的なすれ違いの中で、相手の側に立って、相手の気持ちになって、相手の主張やそれがどういう気持ちからのものであるのかを見ることになりました。
ここまでの状態の人に対して、あなたがそうできたのは大きな成長であり、両極のエネルギーを融合させるために不可欠な道筋でした。

ここではその中身について詳しく触れることは避けますが、一言で言えば「排除への怖れ」です。
それはTさんと同じものでありながら、Tさんとは違った要素を軸として心を培ってきて、言動や表現も大きく違っていることを感じ取ったことで、強い違和感を抱くことになりました。
どちらもキーワードは「排除への怖れ」です。

そこが分かったあなたはこれから彼女とのエネルギー的な融合に向けて進んでいけるでしょう。
そのために彼女は自らの感情の下位や感覚の領域に、健やかではないという意味での「歪み」の塊を保持しつづけてきたのです。
そのために彼女の幼い頃からのご苦労があったのです。
それを分かった上での今回の地上人生であり、今回の舞台における大役(汚れ役?)でした。

とはいえ、彼女はまだその歪みの塊を解消・昇華できたわけではありません。
そこは理性が作用しにくい領域ですから、自分ではどうしようもできないのです。
自分の状態も、周囲からどう見えているかも定かには認識できてはいない状態にあるのです。
(彼女はそうは思っていないし、私がお伝えしていることも受け入れないかもしれませんが)

いずれにしても、今回は彼女が自らの魂の意識・意志に沿った選択ができたことで十分です。
それこそが私どもにとっても大きな喜びです。
あなた方もそういう彼女をねぎらい、祝福してあげていただきたいのです。

仲間の皆さんにもそこを理解していただき、違和感ではなく慈しみの心と眼差しと言葉で彼女と関わっていっていただきたいと思います。
それは決して彼女のためのみならず、自分自身の感情の下位や感覚の領域の歪みを解消していくことになるのです。
その領域の健やかさが増せば、今まで以上に喜びが現実化していきます。

騒動が一段落したところで、こちらからお伝えしておきます。

03/05/2023(水) 12:05:39

No.36711  みさお
Re: 5月3日 水曜日 引用
Bさん、信じてたから嫌な思いなんてしてませんよ。
早く帰ってきてほしいと思ってました。
3月定例会翌朝、Bさんと話をした事をずっと思っていました。

飯沼さんはBさんが大好き。
Bさんは飯沼さんが大好き。
みんなはBさんが大好き。
Bさんは、みんなが大好き。

わかっていたから、待ってました。

03/05/2023(水) 20:15:04

No.36712  さき
Re: 5月3日 水曜日 引用
のもちゃん、ゆみっぺさん、
いつも掲示板の更新ありがとうございます。
このところ毎日祐造さん宅に通っています。一昨日はお兄さんが実家まで来られて、お母さんの今後について話をしました。膝痛と歩行の回復状態をみながらどうするか判断していくことになりました。
同居して祐造さんの介護負担を少しでも減らせたらと思ってましたが、お母さんの転倒で最初からがっつり関わることになりました。離婚して離れた私が戻ってきてお母さん的にどうなんだろう、とか思ってましたが、そんなこと気にしている場合ではなくなって、大変でしたが家族の絆を確認する機会になりました。
トラブルは進化の機会、さらなる喜びに向かうためのチャンスですね。

Bさん着地されてよかったです
お帰りなさい。

>今の地上界には、悪意も含んで頑迷な人も少なくありませんし、善意の人であっても自分なりの頑迷さを払拭できていない人も大勢います。
(金銭・物質への執着や自分なりの気持ちへの執着を解消・昇華しなければ、本来の霊界には戻れませんし、新しい喜びの地上界・地球霊界に生きることもできないのです。今の地上人生においてすら幸せを実感することなどできなくなるでしょう)

あなた方は、今はまだそういう面を解消・昇華できてない状態の人たちとも共に、豊かで健やかなる共生の喜びに満ちた、新しい地上界の雛型を確立して、その喜びを広げていくことを魂の意志として、この場につながっているのです。

どうぞ、いかなる状況にあっても自分の心の陰りに留まることなく、気持ちが陰った時・陰りそうになった時こそ無条件の愛に置き換えて、誰一人として置き去りにすることのない喜びの場を造り上げてくださいますように。<

心します。
自分に照らして点検し、言動していきます

Bさん、昨日はあほらしくなったけど、
この間、なんでそこまで暴走するのだろう?まだそれを言うのか?
って気持ちが募ってました。
でもそれは自分の気持ちであり、かげりにとどまってるってことですね。そのことに気づきました。相手の問題にしてたと思います。
そこで止まるんじゃなくて、自分の心を信じて言動する。

かげりにとどまらない、と意志します。
自分にとって大事な気づきでした。
意味不明かもしれないけど、、
このエネルギー、Bさんにも届け!って思ってます!
いてくれてありがとう。ありがとう。
大好きです!

克子さんからの返事があった日に、祐造さんと二人でそれを読んでエネルギーを送りました。
いつもそんなことは言わない祐造さんが、Bさんのご両親からの愛情を感じると涙を拭っていました。心が落ち着いた時に再度ご両親の要請で伝えられたお返事を読んで欲しいです。

藍子さん、定例会の時に言ったのは覚えたてけど、言葉がはっきり覚えてなくて、フォローできなくてごめんね。
ぬまさん、お疲れさまでした。
この場ってやっぱりすごい。みんなすごい。
自分がちっちゃく感じます。
皆さんと一緒に進化していきます。
今夜もエネルギーの共鳴したのですが、気のせいかもですが、いつもよりグッと力強いリアリティーがあるように感じました。

03/05/2023(水) 23:14:32


No.36692 ゆみっぺ  
5月2日 火曜日 引用
おはようございます。
明日から休みですね。
電車は思ったよりも空いてないです。
激混みではありませんが。

書き込みを読んで
自分の中にも同じような部分が
あるのだろうと思います。

駅に向かう途中、ふと畑のことが
浮かびました。
広ろがっていて、
風で草というか、稲穂限定では
ないけど、揺れている。
大きくて静かで良いなぁと
思いました。

02/05/2023(火) 07:31:03


No.36693  Bさん
Re: 5月2日 火曜日 引用
皆さん、おはようございます。
いろいろご心配をおかけしました。

皆さんが喜んでくださるのはとてもありがたいのですが、正直気持ちちょっと凹んでいます。
飯沼君の前半を素直に読めないからです。
2点あります。

※記憶の件
人間の記憶が曖昧なのは、よくわかりました。昨日の「攻撃」の件で、自ら実証しましたもんね。
藍子ちゃんに感謝です。
いつも私のこと、あったかい目で見てくれてる。本当にありがたいです。
藍子ちゃん、ありがとう!

だいたい、私は記憶力はあかんですし、いい加減なところがいっぱいあります。
言葉も知らないし、理論的に長けた飯沼君の長い文章についていけない私です。
長いは余計ですが。

でも、自分が傷ついた言葉は忘れません。

そこを私の記憶違いと認識されるのは辛いです。

これを、またBさんは固執しているとは取らないでくださいね。
ひどいこと言うといてなんで忘れんねん!という思いがないわけではないですが、たぶん、何気なく言った側に取っての言葉と、それで傷ついた側の言葉は、感じる強さや重さが異なるのでしょう。何気なくの側は忘れる程度のことだったのかもしれません。
いま、そう理解できます。

※括弧書きの件
私が定例会で、「最初から(Tさんのこと)を嫌だった」と発言していたそうですが、この括弧書きが異なります。
(Tさんの行為)がてす。
Tさんが、ヒーリングの日、皆で食事をしている時に私に示した行為です。
具体的に今皆さんには言いませんが、それについては飯沼君にその時感じた「嫌さ」を以前にメールで伝えています。
直に録音を聞き直さないとはっきりいえませんが、たぶんそういうことだと思います。

どうぞ、誤解のないようお願いします。

以上です。

何にしても、後半に書かれてある、取り合わなかった無頓着さに対する飯沼君の謝罪で、心が溶けました
書かれてあるというより、書いていただけたと言いたいくらい、何よりありがたい言葉です。飯沼君、ありがとう。

この間、皆さんに心を煩わせたことと思います。
本当に申し訳なかったです。
肋骨はほぼ完治だと思います。
毎夜届く皆さんのぬくもり、たまらなくありがたいものでした。

皆さんとの絆を以前にも増して強くさせていただけたと思います。
これがTさんが残してくださった一番大切にしなきゃいけないものだったように思います。
Tさん、ありがとうございました。

皆さん、ありがとうございました。

今あること、全てに感謝します!

02/05/2023(火) 08:22:23

No.36694  のものも
Re: 5月2日 火曜日 引用
Bさん
Tさんに、食事で、何か示されてしまったんですね
Bさんも、それは辛かったと察します。
でもBさん、示されたのに、よく頑張ったね!
Bさん、大好き
大好き大好き〜!!
ずっと居てね〜

02/05/2023(火) 09:22:51

No.36695  Bさん
Re: 5月2日 火曜日 引用
のもちゃん、たくさんの大好き!をありがとう!

でも、辛いというのはちょっと違うんです。
嫌な気持ちには違いなかったんだけど、
こういうところのある人なんだなあと捉えた、ってことで、
こういうのって、説明しにくいというか、どうもなかなか理解してもらいにくいというか、本当に難しい。

だから、辛かったんだろうなあ、というふうに
私への気遣いというか、優しさは不要なんです。

大好き!だけで、それだけで十分ありがたいです!

02/05/2023(火) 10:10:52

No.36696  のものも
Re: 5月2日 火曜日 引用
Bさん
さすがの捉え方やね
うんうん、いろいろな人おるもの
私は、そおいう時は、へこむけどね(笑)
Bさん大好き〜

02/05/2023(火) 10:28:35

No.36697  飯沼正晴
Re: 5月2日 火曜日 引用
今朝はよく晴れています。
朝から1時間あまり、藍子さんに手伝ってもらって2号地の畝2本にビニールマルチを張ってきました。

今回のことでは皆さんにまたまた不愉快な思いをさせてしまいました。
重ねてお詫びいたします。

今回のことは、私の側から言えば、当初は「言いがかり」のようにしか思えませんでした。
こういうことを書けばまたBさんを刺激するのかもしれませんが、「自分なりの感情の陰りを薄くしていく」という意志を高めて復帰したと認識しています。
重ねて言いますが、ここは学びの場であり、今の学びのテーマも何度も提示されていますから。

なのでBさんが書いたことに対して、私の方からも書いておきます。
しかしこれは話を蒸し返すためにではなく、「両論併記」として着地させるためです。(両論併記というレベルのものじゃないですが)

>でも、自分が傷ついた言葉は忘れません。
そこを私の記憶違いと認識されるのは辛いです。<

「Bさんが否定しているのに聞き入れず、強い言葉で何度も断定した」のであれば、私も忘れないと思います。
お酒に酔っていたのでもなく、しかも2月の半ばごろのことであれば、そこまでの強いやり取りをしたことを全く覚えていないとは思えないのです。
そこを私の記憶違いや誤魔化しとされるのは辛いです。
(だからといってBさんを嘘つき扱いしているのではなく、私の側からの記憶や推測を書いています)

>たぶん、何気なく言った側に取っての言葉と、それで傷ついた側の言葉は、感じる強さや重さが異なるのでしょう。何気なくの側は忘れる程度のことだったのかもしれません。
いま、そう理解できます。<

はい、そういうことだと思います。
だから私は、「Bさんは自分がTさんに嫌われているとばかり言うけど、Bさんの方もTさんを嫌いに思っているんじゃないの?」というようなことは言ったかもしれない、と言っています。
その時にBさんが否定して、私がそう思う根拠を幾つか言って、多少のやり取りがあって話が終わったということなら、そういうことはあったように思います。(はっきりとは思い出せませんが)
何度も言うように、強い違和感と嫌いと言う感情の境界線が私には定かではありませんし。

そういう程度のことであれば、
「何気なく言った側に取っての言葉と、それで傷ついた側の言葉は、感じる強さや重さが異なるのでしょう。何気なくの側は忘れる程度のことだったのかもしれません。」
ということで、私も理解できるのです。
しかし、「定例会の時よりも強い言葉で何度も断定した」という記憶はありません。

>私が定例会で、「最初から(Tさんのこと)を嫌だった」と発言していたそうですが、この括弧書きが異なります。
(Tさんの行為)がてす。
Tさんが、ヒーリングの日、皆で食事をしている時に私に示した行為です。
具体的に今皆さんには言いませんが、それについては飯沼君にその時感じた「嫌さ」を以前にメールで伝えています。
直に録音を聞き直さないとはっきりいえませんが、たぶんそういうことだと思います。<

話の流れからは、Bさんが嫌だと思ったのは、ハグした時のTさんの反応のことです。
しかし録音を聴けば、全体としてTさんへの強い違和感に満ちています。
Bさんにそんなつもりはなくても、「Tさんのことが嫌だったんだな」と思う人が多いと思います。
なので私は「そう思わせるフシが自分になかったのかどうかを振り返るように」と言ったのです。
そもそも3月定例会でTさんへの違和感をメインに発言すること自体、Tさんに対して非常に失礼なことだったと思います。

しかもTさんの病気への向き合い方や長男さんへの対応への違和感ではなく、自分に対するTさんの言葉や様子についての違和感を言い続けるというのを、主宰者として私は容認することはできません。
まさかあの定例会でそんなことを言う人がいるとは思いもよらず、私は意表を突かれたのです。

昼食の時にTさんがBさんのことを「この人、誰❔」と私に訊いた(その時の目がすごかった)という話も、「Tさんの側からすれば、一面識もない人にハグされて、『動くな!』と言われたら、違和感を持つのも当然ではないか?」と伝えました。

自分だけの側から、自分だけの気持ちで、自分の思いに沿った場面を切り取れば、どんなことでも自分の気持ちや都合を正当化できてしまいます。
「私がそう思うからそれが事実なのだ」ということになってしまいます。
お互いにそれをやればバトルが絶えませんし、皆がそれをやれば諍いばかりの世界になるか、強い者の気持ちや強い者の都合や言い分ばかりが通る社会・集団になってしまいます。
それは健やかなる調和とはほど遠い「幼児レベルの偏り」でしかありません。
皆が駄々をこね合うか、ジャイアンのようなガキ大将や怒ると恐い女王様が仕切る世界です。

そこは悠々塾という学びの場に集っているのですから、これからの課題としていってほしいと思います。

自分としての気持ちは誰にもあります。
今回のやり取りで発言してくれた人たちの気持ち、沈黙している人たちの気持ちもあるのです。
何とか調和に着地させようと直接会いに行って、おそらくは勇気を振り絞って、「今回はBさんがごめんなさいと言う場面ですね」と言ってくれた人たちの気持ちもあります。
同じことを思いながらも、Bさんを刺激しないために、あるいはさらにBさんに寄り添うために、あえてそうは言わなかった人たちの気持ちもあります。

今回のことはグループラインや掲示板でやり取りするようなことではなかったと、私は思っています。
>何にしても、後半に書かれてある、取り合わなかった無頓着さに対する飯沼君の謝罪で、心が溶けました<
ということであれば、なおさらです。(ここまでの騒ぎにならなければ、両極のエネルギーの融合に向かえなかったのかもしれませんから、これも計らいということでしょうが)

しかしそうなった以上は、できればこの場を共有する皆さんの学びになるようにと思って、私は書いてきました。
文章が長くなるのは私の能力の欠如であるにしても、できるだけのことは皆さんに提示していきたいと思ったからこそ、時間も労力も費やして書いてきました。

何故ならばここは学びの場であり、今の学びのテーマは「自分なりの感情への執着からの卒業」であるからです。
「自分としての気が済むか、済まないか?」ではありません。
そこが当事者に伝わる様子がないので、同じことを何度も長く書くことになりました。

相手の言葉をどう受け取るか、相手に言われたどういう言葉に傷つくかは人それぞれです。
Bさんは私の書いたことで「嘘つき呼ばわりされている」「許してもらえていない」と思い、そういう感覚でTさんのことで私が言ったことが「いくら否定しても強い言葉で何度も断定されて決めつけられて、辛かった・苦しかった」と思ったわけですね。
それが今のBさんにとっての絶対的事実なのだと分かりました。
まさに気持ちや感覚というのは人それぞれということでしょう。

私は、自分が本気で伝える言葉や真意をことごとくスルーされることに傷つくタイプの人間かもしれません。
私が伝えたことを私の側からいえば曲解されて、「嘘つき呼ばわりされた」とか「許してもらえない」などと主張され続けることには、傷つく以上の気持ちになります。
私にはそんなつもりは全くない、からです。

感情レベルで言えば、「アンタがそこまでの被害者なのか? 人の気持ちを思いもしないでオノレの気持ちばっかりグダグダ言いやがって、自分の気持ちがそこまで大事か! 人の気持ちにはお構いなしか! アンタの気持ちはナンボのモンやねん! アンタ、何サマなんじゃ! 仲間の人たちがどれだけ嫌な思いをしてると思ってるんや! いい歳してええ加減にせえよ、このクソババー!」と言いたくなります。
(グループラインや掲示板を読まされて、こんなふうに思っている人もいるんじゃないかなと思って、その人たちのガス抜きも兼ねて、あえて書きました)

そういう感情の下部の思いは解消・昇華していくとして、昨夜私が思い至って書いたことは私の本当の気持ちであり、気づきです。
極めて個人的な領域の話になるので、ここでは詳しくは繰り返しませんが、Bさんのことを一番分かっている私に足りないものがあった、悪かったと思っています。
今はBさんも公演前だし、私も農作業で手が空かないし、お互いに感情の下部の思いが薄くなった頃、また会いましょう。

Bさん、ずっと大好きですよ!

02/05/2023(火) 14:43:49

No.36698  飯沼正晴
Re: 5月2日 火曜日 引用
これって、あくまでも一般論としてですが、

誰かが誰かに何かやらかしてしまって、それが原因で相手がさらにひどいことになった時(自分ではそう思った時)、
自分は取り返しのつかないことをやってしまったと思い、許されないと思い、嫌われると思い、
そういう思いに耐えかねて、自分も相手に辛い目にあわされたという被害者の立場に自分をおいて、自分の気持ちを楽にしなければいられない。(楽になるはずもないのに)
それが通らなければ、もうどうして良いのか分からなくなって、大騒ぎしてしまう。

そういうことって、あるんでしょうかね?

02/05/2023(火) 16:58:11

No.36699  やすこ
Re: 5月2日 火曜日 引用
飯沼さん、大好きです!!!

Bさん、大好きです!!!

02/05/2023(火) 17:41:08

No.36701  飯沼正晴
Re: 5月2日 火曜日 引用
はーい、ありがとう!
やすこさん、大好きですよ!

私の上の投稿、ヘンなこと書いてますね?
誰かに対する嫌味とか断定とかじゃないですよ。
もちろん自分に当てはまらなければスルーで終わりでしょうが。

私は感情メインで行動することが少ないので、よく分からないところがあるのです。
カウンセリングなどでも、特に夫婦などの場合、「あれだけの大騒ぎだったのに、騒ぎの元になった気持ちってそんなちっちゃな不満だったの?」というケースがあります。

ふと、今どきそんなおバカで可愛い、昔の熱血女子高生のような話ってあるんだろうかと思ったのでした。

02/05/2023(火) 21:52:20

No.36702  Bさん
Re: 5月2日 火曜日 引用
飯沼君
一般論としてまでをも付け加えた長文をありがとう!
またまた、なんじゃい!と言い返したくなりそうな以前の私を乗り越えて、
大好き!をお返しします。

あ、皆さん、あほらしくならないでくださいね。
いま「あー、あほらしーぃ!」と言ったのだ〜れだ?(笑)

今朝も書きましたが、
毎夜届く皆さんのぬくもり、たまらなくありがたいものでした。
ゆりかごのぬくもりの中にいるようでしたよ。

毎夜、南から列島リレーで皆さんのお顔を思い浮かべてエネルギーを送らせていただいています。
お名前は列挙しませんが、皆さんの真心に心から感謝しています。

Tさんが残してくださった皆さんとの絆を大切にしていきますね。
皆さん、これからも、よろしくお願いいたします!
大好きな飯沼君もね〜!

ほっらあ〜、また誰か「あほらしーぃ!」と言ったでしょ?

02/05/2023(火) 23:06:32

No.36703  みんと
Re: 5月2日 火曜日 引用
Bさん、声を大にして言います。

Bさん、おかえりなさーーい!

大好きですよーー!!

ほんとにほんとによかったです。
今夜はぐっすり眠れそう笑

02/05/2023(火) 23:17:28

No.36704  きんもくせい
Re: 5月2日 火曜日 引用
Bさ〜ん
お疲れさまです。
あほらしいとは言わないけれど(笑)
そんなBさん、ますます大好きでーす!
私もあほらしい人間です。
一緒に学ばせていただけることが
とても嬉しいです!

飯沼さんも、いつも皆の喜びへの着地と調和に向けて、私たちがどこを向くべきかを冷静に示してくださり
ありがとうございます。
大好きです!

大好きな人たちと偶然か必然か知らないけれど、共に繋がれたこと
これって、ものすごく幸せなことですね。
何だか嬉しいです。

Bさん、輝いてね!大好きです!

02/05/2023(火) 23:21:33


No.36674 のものも  
5月1日(月) 引用
おはようございます

◯◯だと思う、だと思う…
それは事実じゃありません。
可能性です。

ひどいことされた、言われたからあの人、私のこと嫌ってる。
これも事実じゃないことがありますが、事実のこともあります。
もしも言われた、されたのなら、
言われるようなことをしたのか
まずは自分を点検してみましょう。
何か自分に落ち度が見つかったのなら、改めましょう。


気持ち悪かったよね、おかしいよね、あの人。
自分にとってのそう見えただけで
他人にとっての全員の事実ではありません。
どうして、そう見えてしまったのかは、
自分の基準値があるから、違和感になるのです。

同じことを何回も言われた、あの人、しつこいの。
これも事実じゃないことがあります。
まず、本当に何回も言われたのでしょうか?
もしかしたら、何回も言われたように
聞こえたのではないですか?
回数を数えて何回も言われたのなら、それは事実です。
ですが、お互いに記憶違いの可能性も、頭に入れておきましょう。

今日も、ご挨拶まで。

01/05/2023(月) 07:22:55


No.36675  ゆみっぺ
Re: 5月1日(月) 引用
おはようございます。

のものもさん、
偶然入った喫茶店で、
集団お見合いなんて
気まずいですね。
話として聞いている分には
面白いですけど。

仲良しさんで
羨ましいですね。
末永くお幸せに。
結婚式の挨拶みたいだな。

思いもよらない克子さんからの
返事。
それだけ、ご両親から
何度もお願いされたんじゃないかと
思います。
今は、どうなのか?と思っても、
具体的に言ってもらえることは
ないと思います。
自分で振り返り、考えて
ふとした時に、
誰かの言葉や目にしたことで
あーそうかぁと思うこともあります。

自分なりの思い、偏り
まだまだあると思います。
自分を見つめて考えます。 

Bさん、大好きですよ。

01/05/2023(月) 07:50:13

No.36676  のものも
Re: 5月1日(月) 引用
あっ、ゆみっぺさん
そおなんですよ!
気まずいし素知らぬふり(笑)
1人ぽつんと座ってた人は、
相手に、すっぽかされたのか、遅れてたのかもです。
挨拶ありがとう〜

01/05/2023(月) 08:02:53

No.36677  飯沼正晴
Re: 5月1日(月) 引用
「克からの回答」を読みなおしてみれば、私の作文だと思われても仕方ないですね(笑)

あの内容をどう読むかは人によってさまざまなのでしょうが、私は悠々塾の主宰者として、「今まで通りで構わないから、とにかく早くBさんに復帰してほしい」とは考えていません。
(あえて「考えていません」と書いたのは、気持ちとは別だということです。感情のところではやはり早く復帰してほしいという気持ちと、もう疲れたという思いが混ざり合っているからです。仲間の皆さんも疲れていると思います。本当に申し訳ありません)

そもそも私の側から言えば、今回のことは個人的なバトルではありません。
発端は居酒屋さんでのBさんの一言でしたが、それも個人的な話ではなく私たちの働きに関してのことだと認識しています。
その後の個人ラインでは個人的な気持ちのやり取りというか、私にも拒絶反応がありました。
それで冷却できれば良かったのですが、Bさんがグループラインに持ち込んだので、悠々塾としての学びの一環として対応してきたつもりです。(個人的なこともいろいろ含まれていましたが)

しばらくやり取りが続いた後で、Bさんが「関りを断つ」と宣言してブチ切れ退室しました。
その後、Bさんから私の方には何の連絡もないまま、先日の「愛は時空を超えて」のスレッドに書き込みがありました。
もちろん、悠々塾の主宰者&掲示板の管理人の私には何の事前連絡もありませんでした。

掲示板は余程のことがなければ自由参加ですが、ああいうブチ切れ方で一方的に「一切の関りを断つ」と言ってグループラインを退室したのですから、掲示板に書き込みするのであれば主宰者に何らかの事前連絡があるのが礼儀だと私は思います。
しかしそれを言うとまた感情的になることが予想できたので、そこには触れず、「愛は時空を超えて」で伝えられているテーマ=「自分なりの感情の陰りを解消して、皆の喜びの昇華していく」機会にしてもらおうと思いました。

何が言いたいのかと言えば、私は「克からの回答」を作文して、Bさんに一刻も早い復帰をお願いしているわけではないということです。
あの内容は私が言ってきたことと重なってはいても、私はあれを受信しようとは思っていませんでした。
だからといって、私の意識が混ざった可能性は否定しませんが、それは今回は大きな問題ではないと思います。(もともと私は大した霊媒ではありません)

言った・言わないの記憶がどうであれ、Bさんが「今の自分は自分なりの気持ちの陰りに囚われている。『愛は時空を超えて』で伝えられているように、これからは自分なりの気持ちへの囚われを薄くしていこう」という気づきに至ってから、明るい笑顔で復帰してもらいたいと思っています。

今回のことをバトルと捉えて、自分の気持ちを抑えたままで復帰しても、また何かあれば同じことが起きると思うのです。
それは誰の喜びにもならない。

なので私は、Bさんが「愛は時空を超えて」で伝えられているテーマに向き合い、「自分なりの感情に囚われて、不調和を大きくしてしまった。これからは自分の感情を抑えるのではなく(抑えても、あとで爆発させれば同じです)、自分なりの感情の陰りを調和の喜びに切り替えていく」と意志してから復帰してもらいたいと考えています。

私の個人的な気持ちとしては、寂しくもあり残念でもありますが、恒例行事のように今までと同じことを繰り返している時期ではないと思うからです。

数カ月前に別の人にも、「同じことを繰り返しても仕方ないのだから、何らかの気づきを得てから掲示板や定例会などに再参加してほしい」と言いました。(やはり私の個人的な気持ちとしては、寂しくもあり残念でもありますよ・笑)

そういう気づきに至れば、いつでも投稿してください。
気づきがあったからといって、すぐに全面的に変わるわけではないけど、そこはみんな同じですから。
まずは自分の意識・心・感情の方向性の設定・確立です。

私はBさんを信じて、1年でも2年でも何年でも待ちます。
くれぐれも誤解してほしくないのですが、Bさんに私の言い分を押し付けようとしているのではありません。(グループラインにも書きましたが、私には強い違和感と嫌いの境界線も定かには分からないし、強い違和感であれ嫌いであれ大した問題ではないのです)

もしもBさんには、「飯沼が間違った記憶に基づく自分の言い分を押し付けようとしている」としか思えなくても、そういう私の至らなさを超えて(人の陰りに影響されずに)、Bさんが「自分なりの感情の陰りに囚われずに、調和の喜びに切り替えていくことが大事なのだ」と気づき、そうしていこうと意志できるまで、いつまででも私は待っています。

それが先日書いた、「今回は腹をくくります」ということです。
私としては断腸の思いですが、必ずこのエネルギー場に大きな希望と喜びをもたらし、この地上界にエネルギー的な風穴を開けることになると信じています。

Bさん、大好きですよ!

>あなた方は、今はまだそういう面を解消・昇華できてない状態の人たちとも共に、豊かで健やかなる共生の喜びに満ちた、新しい地上界の雛型を確立して、その喜びを広げていくことを魂の意志として、この場につながっているのです。

どうぞ、いかなる状況にあっても自分の心の陰りに留まることなく、気持ちが陰った時・陰りそうになった時こそ無条件の愛に置き換えて、誰一人として置き去りにすることのない喜びの場を造り上げてくださいますように。

たとえ離れていても、愛でつながっている限り、それは喜びの雛型としてエネルギー的に機能しつづけるのです。
あなたがたはそれぞれの魂の意識・意志によってつながり、集っています。
そうであれば、いかなる時も仲間の魂の意識と輝きを信じて、自らを点検し、自分としての愛を普遍の愛に重ねていってくださいますように。
特に今の状況において、霊界の私からくれぐれもお願いいたします。<

01/05/2023(月) 10:30:08

No.36678  飯沼正晴
Re: 5月1日(月) 引用
>気づきがあったからといって、すぐに全面的に変わるわけではないけど、そこはみんな同じですから。
まずは自分の意識・心・感情の方向性の設定・確立です。<

繰り返しになりますが、そういう方向性を設定しても、今までと同じ陰りを抱き、陰りの言動を繰り返してしまう場合も多いものです。
しかし、自分の意識・心・感情の方向性の設定・確立をしていれば、切り替えは早くなります。

理由や原因が何であっても、自分の感情の陰りを人のせいにしたり増幅させることこそが喜びや向上進化に逆行していることだと、今までよりも早く気づけるのです。

今回のことを他人事にせず、自分の気持ちの陰りにとどまらないで、陰りを自己増幅しないで、自分の感情の陰りを喜びに切り替える意識・心・感情の方向性の設定を確立する機会にしてほしいと思います。

そのエネルギーが自分のみならず、陰りに留まっている多くの人に健やかなる喜びをもたらしていくのだと思います。

01/05/2023(月) 12:11:14

No.36679  Bさん
Re: 5月1日(月) 引用
克子さんのお言葉を返して申し訳ないですが、「最初から嫌ってた」と飯沼氏は確かに断言しました。
そんな覚えがないと言われれば、私はどうしようもない。
私は嘘をついた覚えもないです。
それを最後には錯覚のように扱われる。
とても悲しいです。

どうしてこうなるのか、私だけの問題にされるのか、わからないです。

Hさんの件も、私は厳しいという言葉を使いました。それがいつの間にか攻撃という言葉になっています。
とても辛いんですよね。

私が固執するから、余計に拗らしてしまう。

それはそうなんだけど、己の気持ちと異なることを断定されること、決めつけられることには強い抵抗感があります。
そんな思いはないのに、そう認めるのはとても苦しい、辛いです。
これが正直な思いです。
正直な思いだからこそ、いままで拘りも強く頑なに持ちました。

私にはこういう強い頑なさがあります。
育った環境によるものかもしれません。
また、わかってほしいという欲求が人よりも強いのかもしれません。

でも、私の強い固執傾向は確かに反省しなきゃいけないのは間違いないです。
飯沼君、皆さん、ごめんなさい。
バトラないで、どこまでできるかわかりませんが、薄めていくよう努めます。

NO.36660で私は相変わらずこのことに拘って自己主張しましが、でも、途中、ふっと克子さんから「小さなプライドなどどうでもいいことです」と言われた気がして、その言葉に救われ、皆さんに謝りました。

でも、飯沼氏にはなかなか許してもらえない。
それは私の気づきへの促しであり、愛情であるのはわかっていますが、どう薄めでよいのか、あの時言ったやん、なんでそうなんの?と思ってしまう。抑えられない。
飯沼君への私の甘えなのかもしれません。
他人様なら、なんでやねんって思っても知らんぷりできますもんね。

頑なに拘ったこと
拘りをなかなか薄められないこと
突破な過激な行動に出たこと
何より、この場を去ろうとしたこと

これらのことはどういわれても仕方がないと思っています。
皆さんにとても辛い思いをさせてしまいました。
申し訳なかったと思っています。

飯沼君には私の突破な行動と頑なさで相当な思いをさせたのだと感じています。
辛い思いをさせました。
飯沼君、ごめんなさい。
大好き!になんの変わりもありません。

これがいまの正直な思いです。
まだ、わかってないと思われるのでしたら、どうぞ、如何様にでもしてください。

01/05/2023(月) 14:27:33

No.36680  藍子
Re: 5月1日(月) 引用
Bさん、定例会で、確かBさんは「攻撃」と言ったと思いますよ。
その言葉に反応して、さきさんが、「攻撃なんかしてないよ」みたいな発言もあったはず。定例会の時のことだから、覚えている人も他にいるかも。
厳しい、とも言ったし、攻撃とも言った。私の記憶。

でも断定はしません。私が間違ってるかもしれません。
ただ、Bさん、事実ってこんなに覚えていられないものなんですよね。
ということをつたえたいです。
だからBさんが思い違いしてたっておかしくない。
それは嘘つきよばわりしてるとかじゃなく、お互い認識がずれてしまってるのだと、許容するしかないんじゃないですか。

Bさん、いったいどうなったら喜べる?

Bさん、大好きです。私のこときっと好きじゃないだろうなあ!
ぬまさんの味方だと思ってるだろうなあ。
ずっとみんなBさんの味方ですよ。
ぬまさんとBさんが楽しそうに飲みに行ったり、話したりしてるの、本当に嬉しかったです。

Bさんの思い描く、喜びの着地ってどんなのなのかな?
自分の言い分全部そうだねそうだねってなれば、嬉しいのかな。

01/05/2023(月) 14:58:23

No.36681  Bさん
Re: 5月1日(月) 引用
藍子ちゃん、

そうだったね。
私の不用意な言葉が、攻撃でしたね。
攻撃的って言ったように思います。
もう、いろいろあって被害妄想になってるかもしれない。

失礼しました。
確かに記憶は曖昧です。

自分でボロ出すことで、助け船にしてもらえればと思います。
あ、でも全部が嘘だなんて思わないでね。
藍子ちゃん、ありがとう!

01/05/2023(月) 15:29:46

No.36682  藍子
Re: 5月1日(月) 引用
>あ、でも全部が嘘だなんて思わないでね

Bさん、Bさんから見える世界は、みんなぬまさんのこと信じて、Bさんを嘘つきよばわりして、なんとかしてやりこめてやろうとして、そして許してくれない,そんな世界なんでしょうね。

そんな世界から早く抜け出してくださいね。

私から見える世界は、みんなBさんのことを心配しています。
誰もBさんを嘘つきなんて思ってません。

霊界からもきっと心配そうに見守ってくれてると思います。

鎧を脱いで、いちから一緒に学んでほしいなあと願ってます。
ずっと1人で、こんなふうにめちゃくちゃ自分のこと自分で守って、ほんまに頑張ってこられたんだと思います。
もう良いんだ、自分のことを自分で守らなくても、周りは自分のこと信じてくれてる、と気づいてほしいです。

01/05/2023(月) 15:58:16

No.36683  飯沼正晴
Re: 5月1日(月) 引用
意図的な嘘と記憶違いはまるで意味が違っています。
何らかの思い込みによる「事実化」も、間違い・思い違いではあっても嘘とは違うものです。

さっきまでよく晴れていたのに、急に雨が降り始めたので、畑作業に行けなくなってしまいました。
それで、定例会でのBさんの発言と私とのやり取りの部分の録音を聴きました。

Bさんの発言の初めの部分は録音状態が悪いのではっきりと聞き取れない言葉もあります。
巻き戻し機能が使えないので。

録音の状態で、Bさんが「攻撃」という言葉を使ったかどうかは確認できませんでした。
でも、Bさんは「皆さんはHさんには厳しくて、Hさんを責めた」と言っています。

人間の記憶って、アテにならないものですね!
(私は「攻撃」という言葉をはっきりと記憶していないのですが、そういうニュアンスの言葉をBさんが使った記憶ははっきりとあったので、「皆さんはHさんには厳しかった。(攻撃した)」と書きました。
少なくとも、Bさんが定例会の席で「皆さんはHさんを責めた」と言ったことは間違いありません。

定例会のやり取りで、私はずっと「違和感」という言葉を使っています。
最後の方でBさんが「好き嫌い」という言葉を使い、それを受けて私も「好き嫌い・嫌い」という言葉も混ざるようになったようです。

途中でBさんは、「私は最初から(Tさんのことが)嫌だった」と断言しています。(自分から言っています。)

「嫌だった」という言葉は、「嫌いだった」とほとんど同じ意味に受けとられても仕方ないんじゃないかと私は思いますよ。

自分が「はじめから嫌だった」と言ったのに、「(あなたは)はじめから嫌いだった」と言われたと主張して、そこにこだわる意味があるのでしょうか?

この録音を聞く限りでは、それ以前に私がBさんに「あなたはBさんのことが最初から嫌いだった」と言い、Bさんがいくら否定しても、私が強い言葉で断言しつづけた、というようなことがあったとは(私には)思えません。
Bさんの発言にも、私の発言にも、そういうそれなりに激しいやり取りがあったような痕跡が全くないのです。
もしもそういうやり取りがあったのであれば、定例会の席でBさんも「私ははじめから(Tさんのことが)嫌だった」なんて言い方は控えるんじゃないかという気がします。
言ってしまっても、「でも嫌いだったということじゃないですよ」とか、自分でフォローせずにはいられないように思うのです。

電話で「Bさんの方もTさんを嫌ってるんじゃないの?」程度のことは言ったかもしれませんが、それ以前にそれなりに激しいやり取りがあったのであれば、定例会の席でのやり取りの中でもその痕跡が出てくるんじゃないかという気はします。(だって、居酒屋さんの一件以降、Bさんはそう言われたという主張にここまでこだわっているんだから。2月中頃にそういう激しいやり取りがあったのであれば、定例会の発言にもその痕跡が表れるように思いいますよ)

だからといって、「絶対になかった」とは断定できませんし、するつもりもありません。
ただ、Bさんの方も「自分の記憶違いや思い込みによる思い違いの可能性もゼロではない」という視点は持ってほしいと思うのです。

私が一貫して言っていることは、「クライアントさん・病者さんに対して、違和感という個人的な感情を混ぜ込むべきではない」ということ。
「Bさんの場合は違和感(好き嫌い)という感情がにじみ出ていたから、そこは自分で注意してほしい」
というようなことでした。
言葉は正確にそのままではありませんが、そういう意味の話です。

いずれにしても、Bさんの記憶もそれほど確実なものではないということのようです。
もちろん私も同じです。

Bさんは悪気のない人だから、それを自分の絶対前提にしているのか、けっこう不用意な言葉を使うことがあります。
私もBさんに悪気がないことをよく知っているのですが、普通に聞けば差別的に受け取られたり、嫌いという気持ちが強くあると受け取られる(可能性が高い)言葉や雰囲気に反応してしまう面があるようです。

まあ、誰もが多少は人に対する好き嫌い(反りの合う・合わない)はあると思っているし、そういう個人的な感情を持ち込むべきではない場面に持ち込みさえしなければ、それは大した問題でもないと思っています。
多少は嫌いな面があっても、ベースとして「みんな大好き、ありがとう」があれば、それで上等だと思っています。(とりあえず地上人類のレベルでは)

なので、Bさんの「私はTさんのことを嫌っていたわけじゃないことを、飯沼には分かってもらえない」という気持ちがあったのであれば、そこには無頓着というか、ほとんど取り合ってこなかったと思います。(Bさんのベースが「みんな大好き、ありがとう」であることを、私は誰よりも一番よく知っていると自負しているので)
しかしそういう無頓着さは自分の至らなさとして反省し、お詫びします。
Bさん、ごめんなさい。

それとは別に、私の側から言えば、「飯沼は許してくれない」とか「嘘つき呼ばわりされている」とか繰り返されると、アホらしくてそういう気持ちに取り合う気がしなくなってしまいます。


ということで、Bさんには「自分の記憶も絶対ではない」という事実を踏まえた上で、「愛は時空を超えて」や今までのやり取りや今朝の私の投稿を読みなおし、何らかの気づきがあれば掲示板に書いてくださいね。

それ以外の今までと同じことやその延長でしかない書き込みは、もうやめてほしいと思います。

01/05/2023(月) 16:41:28

No.36684  飯沼正晴
Re: 5月1日(月) 引用
上の投稿、書き加えました.

01/05/2023(月) 16:44:23

No.36685  藍子
Re: 5月1日(月) 引用
今読みました。そうなんですね。
責めた、という言葉だったんですね。
攻撃した、というのは私の記憶違いでした、Bさんごめんなさい。

ほんと記憶ってアテにならないですね。
けっこう自信あったのですが。すみません。

Bさん、私のこと嘘つきって思うかな?

Bさんが誰よりもTさんの治癒を願っていたこと分かってます。
みんな分かってますよ。
喜びに着地しますように。

01/05/2023(月) 17:23:54

No.36686  飯沼正晴
Re: 5月1日(月) 引用
>責めた、という言葉だったんですね。
攻撃した、というのは私の記憶違いでした、Bさんごめんなさい<

「攻撃した」と言ったかどうかは分からないけど、「責めた」と言ったのは間違いありません。
解釈上、「攻めた」ではないと思います(笑)

01/05/2023(月) 17:32:18

No.36687  ゆりか
Re: 5月1日(月) 引用
Bさん、お久しぶりです。
ずっとエネルギーを送っています。
Bさんからの投稿も、夫婦で丁寧に読んでいます。。
今日の36679のBさんの投稿は、まるでヌマさんに向けてのラブレターやなぁ〜(笑笑)って感じました。。とても愛らしと。。。
私の感覚で受け取ると、
こんなどうしようもない今の私やけど、こんな私も丸ごと受け止めてほしい〜あなたのために、わがままで頑固な自分も変えていくから、あなたに相応しい自分に変わっていこうと努力し続けるから、今の私のことを丸ごと受け止めて、心の全部で抱きしめて欲しいし許して欲しい。。。
って感じです。
私の中にもずっとある感情ですしね〜(笑笑)
私が言ってもあまり嬉しくないかもしれへんけど、やっぱり私そんなBさんも大好きですわ〜
これからも、ずっと共に進化しながらお付き合い下さいませ。。

01/05/2023(月) 17:45:17

No.36688  飯沼正晴
Re: 5月1日(月) 引用
あ、Bさんの36679の書き込みの後半、ちゃんと読めていませんでした。
前半だけ読んで録音を聴いていたので、失礼しました。

あれで十分ですが、36683の私の投稿を踏まえて、もう一度書きませんか?

01/05/2023(月) 17:52:23

No.36689  ゆりか
Re: 5月1日(月) 引用
Bさん、上の私の書き込みね、私からのラブレターやと思って読んでね〜
本当にほんとにどんなBさんも大好きやからね〜

01/05/2023(月) 17:53:11

No.36690  みやっち
Re: 5月1日(月) 引用
Bさんが嘘をついているなんて誰も思ってないです。錯覚だなんて思っていません。
Bさんが一生懸命Tさんの幸せを願ったこと、誰も疑うはずがありません。
BさんがTさんのこと、元気になって欲しい、長男さんとも関係を修復し、家族の皆さんが幸せであって欲しいと心から強く強く願っていたとみんな思っています。
年末からずっと書籍を読んだりTさんを思い行動、言動してきたことはみんな知っています。
言った言ってないの話をしても仕方ないですよ。記憶はあいまいなものです。勘違いもあるし思い違いもあります。
いずれにしても悪気はないのだし、お互いが嫌っていないのであれば気持ちを落ち着かせて喜びに着地させましょう。
もちろん中途半端に納得させるのはよくありません。Bさんも誤解されていると思ったらとてもしんどかったと思います。
誰もBさんを疑ったりしていません!何も心配しなくて大丈夫ですよ!Bさん大好きです!
Bさんが一生懸命心からTさんの幸せを願ったこと誰も疑っていません!

01/05/2023(月) 19:55:20

No.36691  きんもくせい
Re: 5月1日(月) 引用
私もBさんが嘘をついているとは
全く思っていませんよ。
記憶は誰しもが危ういものだし
自分の気持ちや感覚的なもので、それが本当の記憶として自分の中に定着してしまうこともあるし。

BさんがTさんのことに一生懸命だったことも知っています。
皆さんも知っています。

自分のことを分かってほしい。
どんな自分であったとしても分かってほしい。
その気持ちが強ければ強いほど、自分の気持ちを受け入れてもらえないと
陰り(その時は自分が陰ってるとは思っていないのですが)
分からない相手が悪いのだと攻撃的になったり、自分の思いをしつこく言い続ける。
これ、かつての私です。
本当に分かってもらえそうに無い人には
そうはならないのですが
本当に分かってもらいたい大好きな人には、そうなります。
例えばミスターとかね。笑笑〜

でも、それって、ただ一人で空回りしてるだけで、いつまでたっても喜びに着地しないんです。
お互いの記憶違い。お互いの感性の違い。お互いが置かれていた状況の違い。
自分の気持ちはあっても、それを少し横に置きながら、そんなこんなに思いを巡らせると
自分の気持ちも、ま、いっか。
とひと呼吸つけるというか。。


Bさんが、よく、いろんな人たちを励ます時に、弱っちくったていいんだ。
弱っちい自分を認めることは強いこと。
って仰って下さっていました。
これも私の記憶違いだったらごめんなさい。
でも、そんなようなニュアンスと私は受け取っていて、そうだそうだ!
と思っていましたよ。

Bさん、どんなBさんでも大好きです!
長年ご自身の気持ちを守るため保つ為に
身につけてきた重たい鎧
エイッと脱ぎ捨ててください。
本来、皆に喜びをもたらすことが何よりの喜びのBさんが、もっともっと
軽やかに輝いていかれることを
私は信じています。

Bさーーん!!大丈夫!大好きですよー!!!

01/05/2023(月) 21:51:41


No.36667 のものも  
4月30日 日曜日 引用
おはようございます。

ぽんちゃん
しんどい時、ありがとう〜
なおった!

Bさん
ホッとしたよ〜

昨日、我が家は結婚式の記念日でした。

偶然入った喫茶店が、な、なんと
集団お見合いをしておりました!
カップルが、それぞれ席に着いて
聞こえてくる会話で
あぁ、それぞれの人たちが
集団でお見合いしてるんだとわかりました。
雰囲気も、凄まじかったし異様でした。
集団でやってたので、どこかの結婚相談所の人たち
集まり場所だったのだと、わかりました。

場違いな所、来ちゃったな〜と
夫婦で苦笑いと言うか、居ずらいと言うか(笑)
よりによって、結婚記念日と言う偶然も
不思議でしたわ。。

お見合いが成功、皆さんが幸せになるようにと
後を出ました〜

愛は時空を超えて、ありがとうございます
また改めて書きます
とりあえず、Bさんの書き込み嬉しいかったよ〜の
ご報告まで。

30/04/2023(日) 07:31:56


No.36668  のものも
Re: 4月30日 日曜日 引用
図々しくも、呼ばれちゃったのかなぁ〜と
思ったりして(笑)
(それか完全な邪魔な夫婦、、であった

皆さん良い日を〜

30/04/2023(日) 07:50:57

No.36669  のものも
Re: 4月30日 日曜日 引用
あ、初心忘れべからずかも〜

皆さんが幸せでありますように。

30/04/2023(日) 08:51:03

No.36670  飯沼正晴
Re: 4月30日 日曜日 引用
>しかし、今回の地上人類の霊性進化は地上人類自身・地上の人間自身によって成し遂げられなくてはなりません。
それが当初よりのシナリオであり、それだけは決して変更できないのです。

テーマが「凝集・凝縮から拡散へ。不調和を調和の喜びに。自分なりの感情の陰り・歪みを、皆の喜びを喜ぶことへ昇華・解放していく。金銭・物質の動かし方や自分なりの感情を、神の分け御霊としての魂(愛)に昇華・融合させる」というものですから、地上人類自身が自ら成し遂げねばならないのです。<



話は変わりますが、皆さん方は特にこの数か月間、「自分なりの思いに囚われて、自分ではどうすることもできない人たち」を見てきました。
周囲からはその歪みが明らかなのに、本人は気づくことができない。
アドバイスや指摘に対しては、反発や自分なりの思い・自分なりの理屈を増幅させる。
他の人のそういう面は指摘するのに、いざ自分の問題になれば全く別人のような様相になってしまう。

こういうことが続くのももちろん偶然ではなく、皆さん方の学びのシナリオとしてもたらされています。
今一度、一人一人が自分を点検して、自分なりの感情を優先する面が残っているのであれば(それぞれに残っているのですから)、そこを皆も自分も喜べるような意識・言動に切り替える機会にしていただきたいのです。

明らかに逆行している誰か、明らかに停滞している誰かを否定的・批判的に見ることは簡単です。
しかし、自分にも逆行や停滞の面が残っているのであれば(それぞれに残っているのですから)、それはその人と共鳴して、その人が逆行や停滞から脱却しにくくしているということです。

逆からいえば、自分自身が自分なりの感情を優先する段階を卒業できれば、その人をはじめとする同じ状態にある人たちに健やかな変化を促していけるのです。
今の地上界には、悪意も含んで頑迷な人も少なくありませんし、善意の人であっても自分なりの頑迷さを払拭できていない人も大勢います。
(金銭・物質への執着や自分なりの気持ちへの執着を解消・昇華しなければ、本来の霊界には戻れませんし、新しい喜びの地上界・地球霊界に生きることもできないのです。今の地上人生においてすら幸せを実感することなどできなくなるでしょう)

あなた方は、今はまだそういう面を解消・昇華できてない状態の人たちとも共に、豊かで健やかなる共生の喜びに満ちた、新しい地上界の雛型を確立して、その喜びを広げていくことを魂の意志として、この場につながっているのです。

どうぞ、いかなる状況にあっても自分の心の陰りに留まることなく、気持ちが陰った時・陰りそうになった時こそ無条件の愛に置き換えて、誰一人として置き去りにすることのない喜びの場を造り上げてくださいますように。<
。。。。。

「愛は時空を超えて」から一部を抜粋しました。

掲示板が書きにくい雰囲気になって申し訳ありませんすが、皆さん、感想などを書いてくださいね。

私やBさんに向けて、忌憚のないご意見などもお願いします。
ここはやはり学びあいの場ですから、一方的な自己主張を繰り返すのではなく、皆が真摯に謙虚に向上進化していきたいものです。
できれば喜びの中で、さらなる喜びに向けて。

しかしもちろんそれぞれの自由意思は尊重すべきであり、学ぶ気のない人に対して無理にでも分からせようとは思いません。
今回は私も腹をくくりました。

30/04/2023(日) 11:41:29

No.36671  あきどん
Re: 4月30日 日曜日 引用
Bさんが掲示板に登場してくださりとっても嬉しかったです。気持ちがパーッと明るくなりましたよ。
Bさんはそういうパワーをお持ちですね。
お体、順調に回復されているようで良かったです!

でも気持ちの上で辛い状況にあること、この状況なんとか改善できないものかしらと、私も僭越ながら考えています。
グループラインを退出される日に、私がコメントで「お互いが気にならなくなるといいのでしょうか。タッピングもいいのでしょうか。」などと書いたのですが、Bさんはタッピングは続けておられますでしょうか? 

というのも、自分事ですが、自分が6年ほど前、タッピングみたいな潜在意識の書き換え(タッピングは当時本を持ってたし、他にも、習ったサイケーという潜在意識の書き換えもしたかも)をやって以来、不思議と姉に対してあまり腹が立たなくなったので、どうかなあと思ったからです。
「姉と一緒にいても、おだやかに過ごせる、気にならない」とかやったと思います。
合うと口論してたのが、ほぼ無くなりました。
気持ちが穏やかになると楽になりました、姉とはやはり仲良く過ごしたかったから。

前々回?その前?の定例会2次会の雑談で、このことは、さきさんにも話したと思いますが。
もう腹が立って仕方なく眠れない夜に一晩中やってたんですけど、翌朝から腹立たなくて。
感情がとても出てるときにやると効果あるのですかね。。。

よかったら、ぜひぜひ、今回のお辛い気持ちのことについても、試してほしいです。
Bさんにも飯沼さんにも。されてるかもですが。

30/04/2023(日) 14:12:10

No.36672  飯沼正晴
Re: 4月30日 日曜日 引用
思いもよらず、克からの回答がありました。

*克子さんにお尋ねします。

☆仲間の皆さんがた全てがそうですが、あなたも悠々塾が担う雛型成就のプロジェクトに絶対的に必要な存在です。
今回は、霊界で健やかに生きておられるあなたのご両親からの要請を受けて、あなたのご質問にお答えいたします。


*今回ことは偏に私一人の問題なのですか?

☆あらゆる問題・トラブルは、誰か一人の問題によって生じるものではありません。
言うまでもなく地上の人間は誰もが不十分さを抱えながら生きているのですから、いかなる問題・トラブルにおいても、当事者はもとより周囲の人たちにも何らかの不十分さがあるのです。
言い方を変えれば、全ての問題・トラブルは、その当事者や周囲の人たちにとっての学びの機会、向上進化の機会としてもたらされているのです。

しかし今回のことは、「どっちもどっち」というようなものではありません。
あなたが率先して気づき、自我を凝集させる(濃くする)のではなく、自分なりの思いや自分なりの思い方を薄くしていく方向、つまり皆の喜びに向かって切り替える機会であると断言いたします。


*昨年以降、私は決して「嫌いだ」という感情で動いていません。
人より違和感を持ったのは事実です。
でも、「嫌いだ」という感情に繋げて、行動はしていません。

「嫌いだった」ことを十分に意識しながら、わかっていながら、意図して嫌な自分を認めたくなくて反発したわけではありません。

私は「嫌いだった」「嫌っていた」わけではないですし、まして「嫌い」を軸に行動していません。

断定されること、決めつけられること自体に反発したのです。

これを本当は嫌っていたのだと、潜在意識なのだと言われてしまえばどうしようもないです。

潜在意識のなせることだと断定され、屁理屈言わず謝罪しろと言われても、私はそうは思えないのですから、何を謝ればいいのかわかりません。屁理屈を言ったつもりも、言い訳したつもりもありません。


☆あなたのお気持ちはよく存じております。彼女の奇跡的な治癒を、あなたがひたすら願っていたことも、十分に分かっています。
その上でこちらからお尋ねしますが、誰かがそのように断言して、決めつけたのでしょうか?
飯沼が本当にそう言ったのでしょうか?
それは絶対に確かですか?

もちろん霊界ではそのようなことはないのですが、地上ではそれぞれの記憶が異なっている場合も珍しくありません。
自分の中で思いが増幅して、「事実」であると思い込むことも珍しくありませんね。
だからこそ、論理的に整合性を検証する必要があるのです。

両者の記憶や言い分が相反している場合は、どちらの記憶・言い分が事実に即しているのか、厳密にいえばどちらの記憶・主張がより事実に近いものであるのかを検証することになります。
信頼できる複数の証人がいれば事は簡単でしょうが、そういう人たちがいない場合は論理的な筋道で総合的に検証するしかありません。
ウソをついているつもりがなくても、ぞれどころか善意に基づいていても、人間には思い違いや思いの増幅が「事実」を作ってしまうことが付きものです。
それはあなたもお認めになりますね?
まずそこを認めないのであれば、話にならないのです。

では、二人の人間の記憶が相反していて、二人ともが自分の記憶に間違いはないと思っていれば、やはり何らかの記録をあたるか、筋道を立てて検証していくことになります。

あなたがそこまで「飯沼に断言されて決めつけられた(自分は深く傷ついた」と言うのであれば、なぜあの居酒屋でそのことを訴えなかったのでしょう?
「定例会で言われたことは断定というほどのものではなかったが、それ以前にはいくら自分が否定しても、飯沼から強い言葉で何度も断定され続けた。私は飯沼に忖度してそれ以上は言わずにきた」と言うのであれば、あの居酒屋で平常心も忖度も失うほどに酔っていたあなたは、腹に溜め込んでいる思いを吐き出さずにはいられなかったのではないでしょうか?

しかしあなたが発した言葉は、「私はやっぱりTさんに違和感があった!」だったのです。
その後、あなたは相当に激高していましたが、「私は思ってもいないことをあなたに何度も決めつけられて、傷ついている!」などとは一度も言いませんでした。

さほど長くないやり取りでしたが、あなたは「Tさんが(長男さんに)したことは許されることではない」と言って、飯沼に「僕らは検察や裁判官ではなく、癒し手なのだ。今はもう親が我が子を殺害する時代で、我が子に冷たい親は幾らでもいる。る。Tさんのことをどうこう言うよりも、治してあげられなかったという事実に、僕らは謙虚であるべきだ」と諫められたのです。
(その一言を見ても、あなたがTさんを嫌いに思っていたという「誤解」を与えてしまっても仕方がないことに思い至ってください。)

他の検証は省きますが、さまざまなラインから検証した時、あなたの主張・記憶は整合性を満たしてはいないということです。
むしろ飯沼の記憶の方がさまざまな意味で整合性・蓋然性を有しているといえます。

誤解しないでいただきたいのですが、これはあなたが間違っているという意味ではありません。(もちろん霊界側は、今回のトラブルの事実関係を把握して、その上でお伝えしていますが。それでもあなたが「私の記憶に間違いはない」と断言するのであれば、あなたは決して自分の感情に流されることのない、人間離れした理性と記憶力の持ち主であるということになりますが、果たしてどうなのでしょう?)

しかも飯沼は、「自分にはそういう意図も記憶もないが、強く断言した・決めつけたと思わせたのであればお詫びします」と伝えています。
それに対して、あなたはどういう態度をとっているのでしょう?

そもそも飯沼は、「Bさんの雰囲気や言葉にそう思わせるフシがあったと思うので、そこを自分で辿りなおして点検してみるように」とアドバイスしたのです。
あなたは何故、「私にはそういう気持ちも記憶もないが、自分の雰囲気や言葉にそう思わせる部分があったのかどうか、自分を点検して、あったのであればこれからはそういう誤解を与えないように心がけます」と言えないのでしょう?
それで済む話ではないですか?

私は飯沼の肩を持つわけではありませんが、彼は人の気持ちに対して推測はしても、本人が否定しているのに断定することはしないのです。
何らかの具体的事実であれば強く断定して迫る場合はあるにしても、人の気持ちは一様ではないことを知っているので、分からない部分は分からないとして残しておくのです。
強い推測はあっても、強引な断定はしないタイプです。
その彼がよほどの確信があって、本人が否定しているのに強い言葉で何度も断定したのであれば、それははっきりと記憶に残っているはずです。(彼がウソをついていると言うのであれば、また別の話になりますが)

それに、彼は「Bさんにはそう思わせるようなフシもないのに、自分が一方的に決めつけて、Bさんが否定しても聞き入れず、強い言葉で断言しつづけた」という過ちを自分が犯した事実に思い至れば、素直に謝罪する人間です。

彼はそういう小さなところで自分を守る人間ではありませんし、もしも自分で分かっているのに自分を守るために、誰かを貶めてでも強弁するような人間であれば、悠々塾のリーダーを即刻降りなければならなくなるように、こちらからの計らいがもたらされます。

それでもあなたは、「私の記憶は絶対に正しい。飯沼は誤魔化しているか、完全に記憶違いをしている」と主張するのでしょうか?
ただ自分の記憶だけを絶対的な根拠として。
それはあなたにしか通用しない自分なりの思い・主張でしかないことは分からねばなりません。

しかも飯沼は、「人間の記憶というものはアテにならないのだから、ここまで両者の記憶が違っていて、証明できないのなら、両者には認識の違いがあるものとした上での着地」を提案しています。
それ以外に何か方法がありますか?
あるのであれば、そうぞ飯沼や仲間の皆さんに教えてあげてください。


*突飛な過激な行動への反省はあります。
仲間の皆さんへの申し訳なさも十二分にあります。

☆はい。
その思いも十分に承知しています。
あなたの気持ちだけではなく、それらをはるかに超えた魂の絆で結ばれた仲間ですから。
その仲間たちをさんざん振り回しておいた末に、何の説明もなく掲示板に復帰してからも、グループラインと同じ主張を繰り返したのはどういうおつもりだったのでしょう?
私はあなたを名指ししていませんし、しかもあなたは私がお伝えしたことを全く読めてもいません。
ただ自分の気持ちが治まらなかっただけということであれば、あまりにも仲間の皆さんに失礼だとは思いませんか?


*でも、自分でそう思えないのに、霊的に高い人の言うことだからそう信じこまなければならないのですか?

☆悠々塾がそういう場であると思いますか?
そういう場であれば、あなたは何年間も定例会に参加しつづけますか?
誰が見ても、こちらから見ても、今回は自分の言い分をごり押ししているのはあなたです。
あなたのその問いが成り立つのであれば、「飯沼や仲間の皆さんは自分でそう思えないのに、、思いの力の強い人の言いうことだからそう信じこまなければならないのですか?」という問いも成り立つのです。


*はい、私は「ハナから嫌ってました」と思ってもいないことを言って謝らなければならないのですか?

☆飯沼は「ハナから嫌っていたと何度も断言しました」と、記憶にもないことを言って謝らなければならないのですか?


*まして嘘などついた覚えはまったくないのに、私は嘘をついていたのだと、これも飲み込まないといけないのですか?
私は嘘をついていません。

☆私は断言いたしますが、あなたは嘘つき呼ばわりなどされていません。
飯沼も嘘などついていません。
それが事実です。
そして、嘘つき呼ばわりされたというのは、あなたの感情が作ったあなたにしか通用しない主張です。
これはグループラインでのやり取りの最後にあなたが言いだしたことですから、それが事実であるかどうかの証人は多数います。
繰り返しますが、あなたがそう思ったことを「事実」をして主張すれば、社会は無茶苦茶になってしまいます。
結局は「強い者」の言い分が通る社会は決して健やかではありませんし、地上人類はそういう歪な段階を卒業する時期を迎えているのです。


*何より、嘘つき呼ばわりされたことに激情し、いっときでも皆さんから離れたことは、いけないことだとわかっています。

☆はい。
非常に未熟なことでした。
そういうあなたがまだ自分なりの思いに囚われて、人のことをどうこう言っていることも含めて、非常に恥ずかしいことだとは思いませんか?


*融合などとんでもなく程遠いです。
私だけでなく、私たち二人のやっていることは、互いに尊重し合い、助け合い、共に喜びに生きることとはあまりに程遠いです。

☆現状がどうであれ、あなた方の魂の約束は絶対のものです。
離れることはできませんし、離れてはいけないのです。
もちろん自由意志は尊重されますが、あなた方のように若い頃から綿密なシナリオによってつながっている者が魂の意志を放棄することは決してお勧めできません。


*その原因が偏に私だけにあるのですか?
私は二人ともに至らんのだと思います。
間違っていますか?  

☆両者に不十分さがあったとしても、今回は主にあなたの方に問題が大きかったということです。
しかも飯沼はすでに謝っています。
自分なりの気持ちに囚われて、調和の喜びに着地しようとせず、不調和を増幅しているのはあなたですよ。
その思いが今回のことによるものだけではないにしても、いずれにしても感情の陰りです。
あなた方は自分なりの思い・陰りの感情を自らの心の力で解消して、自分を含めた皆が健やかな喜びを現実化しながら幸せに生きていけるエネルギー場を創出するために出会い、学びを続けているのです。


*小さなプライドなどどうでもいいことです。  
いま、克子さんから、そういう返事が返ってきたように思います。

☆あなたがそう感じたのであればあえて否定はいたしませんが、それは私がお伝えしたことのごく一部分ですね。

「人にどう思われるか、どう言われるか」という幼い頃からの緊張や怖れや悲しさの裏返しとしての、強さや硬さやプライドをもう捨て去って大丈夫なのです。あなたのどんな面を見せられてもあなたのことが大好きで愛してくれる人や仲間たちと、もうしっかりとつながっているのです。あなたは相手や誰かにどう思われるかなどを気にしないで、安心してあなた本来の輝きを表現していけばよいのです。
あなたの幼い頃からの思いや感覚の歪みの部分の圧縮を反転させることで、健やかなる喜びを現実化するエネルギーも一気に解放されるのです。

そのためにこそ、幼い頃からの長年にわたるご苦労があったということです。自分なりの思いへの囚われを解消・昇華・反転することによって、あなた方が担う雛型成就のプロジェクトもさらに進捗し、あなた方一族のカルマも解消されるのです。
安心して、あなたの心を素直に表現していってください。

それが今は霊界に生きる、あなたのご両親の願いでもあるのです。あなたのご両親は今、幼い頃からあなたに多大なる負担をかけ、人間に対する内心の恐怖を植え付けてしまったことを、改めて謝っておられます。いくら何十年も先の重要な働きの下準備であったとしても、あの頃のことを親としての申し訳なく思っていると伝えておられると同時に、それでも自分たちは親としてあなたのことを大事に思い、愛していたことを誇りに思っていますと言っておられます。

今のあなたがどこまで読んでくださるかはあなた次第ですが、私からお答えしておきます。

30/04/2023(日) 17:43:10

No.36673  飯沼正晴
Re: 4月30日 日曜日 引用
克からの回答は内容が私が書いてきたことと重なっています。
飯沼の作文だと思いたければ、そう思ってもらって構いません。

私としては、予想外に「克からの回答」が伝えられたので、今日の予定が変わってしまいました。
「天地悠々・悠々通信」は連休明けの発送になります。

30/04/2023(日) 20:59:04


No.36657 飯沼正晴  
4月29日(土曜日) 引用

    ☆☆ 愛は時空を超えて 218 ☆☆
     
          ―― 霊界の克との対話  ――

飯)こんにちは。
いつもお世話になっています。

克)はい、こんにちは。
こちらこそ、お世話になっています。

飯)今回は何をテーマにしたらよいのか分からないので、まずはそちらからお願いできますか?

克)はい、承知しました。
まずお伝えしておきたいのは、「悠々塾という場における今の状況は、全てはシナリオ通りです」ということです。
シナリオはいつも完璧です。

しかしその舞台に登場する人間には「自分なりの感情」というものがあり、こちらのシナリオ通りに動いてもらえるとは限りません。
それでもシナリオはいつも完璧であるのです。
なぜならば、今回の地上人類の霊性進化は地上の人間自身の意志と欲求と言動によって成し遂げることになっているので、人間の選択・実行にふさわしいシナリオがその状況に応じて適用されるからです。
あなた方が担う「雛型成就」の舞台においても同じです。

あなた方はさまざまなきっかけで出会い、悠々塾というエネルギー場を形成してきました。
劇的な出会いもあれば、カウンセリングやヒーリングによる出会いもありました。
出会い方がどうであっても、まさに魂の約束があるからこそつながりを深め、紆余曲折しながらも共に学んできたからこそ、小規模とはいえ地上界にエネルギー的な風穴を開ける役割を担えるだけの共鳴場を創出できてきたのです。
同じ場を共有することの喜びは、まさに魂の喜びであるのです。

自我意識の領域にある理性や感情では、「どうして自分が定例会や掲示板等に参加するのか、よく分からない」という人もいるでしょうが、その答えは「あなたの魂が希求しているから」なのです。

それは商業演劇ではない市民劇団に参加することと似ているかもしれませんね。
例外はあるかもしれませんが、彼らが劇団に参加するのは「お芝居が好きだから」に尽きるでしょう。
特に演技がうまいわけでもなく、端役や裏方が主な役割で、ああり注目されることもなくても、「お芝居が好きだから。その劇団が好きだから」参加しているわけです。
「なぜ好きなのか?」の答えは、やはり『自分の魂の希求・魂の喜び」であるからに他なりません。

魂が自分にふさわしい学びの場として市民演劇やその劇団を選ぶ場合もあるのです。
カルマの解消の場として魂が選んだ場合もあります。
当然ですが、そこでは嬉しいことばかりがあるわけではないでしょう。
配役への不満や人間関係もあるはずです。
途中で退団する人もいます。

そういう人の中には、魂の求めがその程度であった(そういう場を経験することがその人に必要であった)という場合もあります。
しかし、自分が中心メンバーとしてその劇団ならではの舞台を造っていくことが魂の意志であるのに、自分なりの都合や感情を優先してしまった場合もあるのです。

長い期間の準備を経て配役も決まり、公演が迫っている時期に重要な役割を担うスタッフが抜けるなどということは普通はあり得ませんが、もしもそうなれば小さな劇団であれば今さら代役を立てることもできず、シナリオを書き換えるわけにもいかず、全てが台無しになってしまいます。

もちろん周囲の人はその人がなぜそこまでのことをしてしまったのか、そこに至るまでの事情や気持ちを思いやる必要があるのは言うまでもありません。
「致し方ない」と理解できる場合もあるでしょうし、「どうしてそんな自分なりの気持ちでここまでのことをしてしまうのだ?」としか思えない場合もあるかもしれません。

いずれにしても、何の契約も拘束もなく、信頼に基づく自由意志によって成り立っている集団であるからこそ、踏みにじってはならない信義があるのは当然のことです。

そして今回の地上人類の霊性進化のテーマは、一人一人の人間が日々の生活の中でクリアしていくべきものであり、そのためにその人のカルマや傾向にふさわしい試練がもたらされるのです。
そこに例外などありません。

しかし繰り返しますが、あなた方に適用されるシナリオは状況に応じた無数のバージョンが準備されていて、幾重にも完璧です。
そして、今までもずっとつながっている皆が「雛型」としての公演の舞台を造ってきているのです。

もちろん霊界側は、成就した雛型の喜びが地上界全体・全ての地上人類の向上進化の喜びになっていくことを強く願っています。
それでこそ、今回の地上人類の霊性進化のプロジェクトが、地上的意識・認識においても「喜び」となるからです。
それでこそ、人間にとっての喜びのなかで、人類史上最大のプロジェクトが完了するからです。

しかし、今回の地上人類の霊性進化は地上人類自身・地上の人間自身によって成し遂げられなくてはなりません。
それが当初よりのシナリオであり、それだけは決して変更できないのです。

テーマが「凝集・凝縮から拡散へ。不調和を調和の喜びに。自分なりの感情の陰り・歪みを、皆の喜びを喜ぶことへ昇華・解放していく。金銭・物質の動かし方や自分なりの感情を、神の分け御霊としての魂(愛)に昇華・融合させる」というものですから、地上人類自身が自ら成し遂げねばならないのです。

人間側の準備が整っていなくても、大いなるご意思のプログラムとしてその時期はあらかじめ定められているのです。
もちろん日時として決まっているのではありませんが、今はすでにその時期に差し掛かっています。

つまり市民劇団の喩えでいえば、劇団側にいかなる事情があるとしても公演を延期することはできないのです。
重要な役を担う劇団員がエスケープして、観るに堪えない舞台になったとしても、幕は上がるのです。
いえ、本当はすでにもう幕は上がっているのです。

そして、今まで通りの意識の人間の側からは大混乱の悲惨な舞台であったとしても、最後の最後は大団円で収まることが約束されているのです。
どれだけの人たちがテーマをクリアして、新しい喜びの舞台に立てるかどうか、それもまた雛型としての役割です。
クリアできなかった人たち、クリアすることを拒んだ人たちがどうなっていくかはすでに何度もお伝えしています。

以前からお伝えしている喩えでいえば、地上人類は暗黒界や幽界の影響を断ち切って、初めての大きな進級・進学の節目を迎えているのです。
そのテーマははっきりしています。
物や金銭や心・感情などを自分に集める段階を卒業して、皆の喜びと自分の喜びを重ねて生きていく者たちが進級・進学できるのです。

その結果として、世界規模から個々人に至るまで、あらゆる対立・抗争・戦争・諍いなどは消え去り、地上界は豊かなる調和と共生の世界に変貌するのです。
もちろん人間の意識が普遍に解放されたら、奇跡のような喜びが当たり前に現実化していきます。
健やかな喜びを広げる喜びに、陰りの意識や感情が混ざらなければ、本当に奇跡のような喜びが当たり前のように現実化するのです。

個人レベルではなく、一定数の人間の意識・エネルギーが共鳴すれば、その現象はもっとはっきりと分かりやすく起きていくのです。
そうなれば、それが皆の喜びであるのですから、ほとんどの人たちはその喜びの流れに乗り、地上界の浄化・地上人類の霊性進化は一気に進むでしょう。

それが最もハッピーなシナリオですが、もちろんあなたがたの想像を絶する悲惨なシナリオもあります。
しかしそれはあくまでも今の段階の人間の価値観や感情においてどう受け止めるかの問題であって、人間の都合や感情がどうであれ、摂理は厳然として喜びで貫かれているのです。

本当は分かっているのに、自分の利益や都合や感情に囚われて、クリアすべきテーマに逆行するのであれば、愚かでお気の毒なこととしか言いようがありません。


あなた方はその雛型成就の役割を担い、行きつ戻りつしながらもそのエネルギー場を練り上げてきたのです。
それはまだ現在進行中ではありますが、自分という枠を薄くして、自らの魂の意識・意志を優先しようとすることでした。さまざまな事情や葛藤の中で、自我意識を優先するのか、調和の喜びを選択するのかが学びであり、地上人生のテーマです。
カルマや今回の人生の目的にふさわしく、全ての人にその機会は繰り返しもたらされるのです。

分からないままにテーマに向き合えないのであればまだしも、分かっているのに「これが自分だ」と今まで通りの未熟さや歪みに留まることを選択すれば、その責任は極めて甚大です。
それについては繰り返しお伝えしておきます。


話は変わりますが、皆さん方は特にこの数か月間、「自分なりの思いに囚われて、自分ではどうすることもできない人たち」を見てきました。
周囲からはその歪みが明らかなのに、本人は気づくことができない。
アドバイスや指摘に対しては、反発や自分なりの思い・自分なりの理屈を増幅させる。
他の人のそういう面は指摘するのに、いざ自分の問題になれば全く別人のような様相になってしまう。

こういうことが続くのももちろん偶然ではなく、皆さん方の学びのシナリオとしてもたらされています。
今一度、一人一人が自分を点検して、自分なりの感情を優先する面が残っているのであれば(それぞれに残っているのですから)、そこを皆も自分も喜べるような意識・言動に切り替える機会にしていただきたいのです。

明らかに逆行している誰か、明らかに停滞している誰かを否定的・批判的に見ることは簡単です。
しかし、自分にも逆行や停滞の面が残っているのであれば(それぞれに残っているのですから)、それはその人と共鳴して、その人が逆行や停滞から脱却しにくくしているということです。

逆からいえば、自分自身が自分なりの感情を優先する段階を卒業できれば、その人をはじめとする同じ状態にある人たちに健やかな変化を促していけるのです。
今の地上界には、悪意も含んで頑迷な人も少なくありませんし、善意の人であっても自分なりの頑迷さを払拭できていない人も大勢います。
(金銭・物質への執着や自分なりの気持ちへの執着を解消・昇華しなければ、本来の霊界には戻れませんし、新しい喜びの地上界・地球霊界に生きることもできないのです。今の地上人生においてすら幸せを実感することなどできなくなるでしょう)

あなた方は、今はまだそういう面を解消・昇華できてない状態の人たちとも共に、豊かで健やかなる共生の喜びに満ちた、新しい地上界の雛型を確立して、その喜びを広げていくことを魂の意志として、この場につながっているのです。

どうぞ、いかなる状況にあっても自分の心の陰りに留まることなく、気持ちが陰った時・陰りそうになった時こそ無条件の愛に置き換えて、誰一人として置き去りにすることのない喜びの場を造り上げてくださいますように。

たとえ離れていても、愛でつながっている限り、それは喜びの雛型としてエネルギー的に機能しつづけるのです。
あなたがたはそれぞれの魂の意識・意志によってつながり、集っています。
そうであれば、いかなる時も仲間の魂の意識と輝きを信じて、自らを点検し、自分としての愛を普遍の愛に重ねていってくださいますように。
特に今の状況において、霊界の私からくれぐれもお願いいたします。


飯)一気に受信したけど、よく分かりました。
皆さんも同じ思いだと思います。
大丈夫ですよ。

克)はい。
私もそう思っています。

飯)いつもありがとう!

(2023・4・28)

29/04/2023(土) 00:56:37


No.36658  さき
Re: 4月29日(土曜日) 引用
受信ありがとうございます

>いかなる状況にあっても自分の心の陰りに留まることなく、気持ちが陰った時・陰りそうになった時こそ無条件の愛に置き換えて、誰一人として置き去りにすることのない喜びの場を造り上げてくださいますように。

たとえ離れていても、愛でつながっている限り、それは喜びの雛型としてエネルギー的に機能しつづけるのです。
あなたがたはそれぞれの魂の意識・意志によってつながり、集っています。
そうであれば、いかなる時も仲間の魂の意識と輝きを信じて、自らを点検し、自分としての愛を普遍の愛に重ねていってくださいますように。<

はい。
自分を点検し、喜びのエネルギー場をつくります。
この場につながっていきます。
9時の共鳴続けます。気になる方にエネルギー送ります。
祐造さんのお母さんが転倒されてずっと見守りと介助が必要になってバタバタしていました。昨日から過渡的にショート施設を利用できることになり、一息つきました。お母さんにも元気になってもらいます。また書きます。

29/04/2023(土) 07:04:41

No.36659  のものも
Re: 4月29日(土曜日) 引用
あぁさきさん
とりあえず一息つけて良かったですね
ゆうぞうさんのお母様にも送ります

今日はこちらは晴天〜
皆さん良い日を〜♡

私も後日になりますが
感想、書きますっ

29/04/2023(土) 10:07:12

No.36660  Bさん
Re: 4月29日(土曜日) 引用
克子さんにお尋ねします。

今回ことは偏に私一人の問題なのですか?

昨年以降、私は決して「嫌いだ」という感情で動いていません。
人より違和感を持ったのは事実です。
でも、「嫌いだ」という感情に繋げて、行動はしていません。

「嫌いだった」ことを十分に意識しながら、わかっていながら、意図して嫌な自分を認めたくなくて反発したわけではありません。

私は「嫌いだった」「嫌っていた」わけではないですし、まして「嫌い」を軸に行動していません。

断定されること、決めつけられること自体に反発したのです。

これを本当は嫌っていたのだと、潜在意識なのだと言われてしまえばどうしようもないです。

潜在意識のなせることだと断定され、屁理屈言わず謝罪しろと言われても、私はそうは思えないのですから、何を謝ればいいのかわかりません。屁理屈を言ったつもりも、言い訳したつもりもありません。

突飛な過激な行動への反省はあります。
仲間の皆さんへの申し訳なさも十二分にあります。

でも、自分でそう思えないのに、霊的に高い人の言うことだからそう信じこまなければならないのですか?

はい、私は「ハナから嫌ってました」と思ってもいないことを言って謝らなければならないのですか?

まして嘘などついた覚えはまったくないのに、私は嘘をついていたのだと、これも飲み込まないといけないのですか?

私は嘘をついていません。

何より、嘘つき呼ばわりされたことに激情し、いっときでも皆さんから離れたことは、いけないことだとわかっています。

融合などとんでもなく程遠いです。
私だけでなく、私たち二人のやっていることは、互いに尊重し合い、助け合い、共に喜びに生きることとはあまりに程遠いです。

その原因が偏に私だけにあるのですか?

私は二人ともに至らんのだと思います。

間違っていますか?  

小さなプライドなどどうでもいいことです。  

いま、克子さんから、そういう返事が返ってきたように思います。

私の突飛な激しい行動で、仲間の皆さんに大変なご負担をおかけしました。
申し訳なかったです。

この間、直接連絡くださった方々、ありがとうございました。
直接はなくとも、皆さんの愛情は毎夜のエネルギーで感じていました。
本当にありがとうございます。

全てをさらにして、進んでいきたいと思います。

克子さん、飯沼氏、皆さん、
こんな私ですが、変わらぬ愛情を注いでくださいますようお願いいたします。 

29/04/2023(土) 11:17:53

No.36661  Bさん
Re: 4月29日(土曜日) 引用
さきさん、祐造さん、
お母さんのこと、私の頑なさから引き起こしていると思います。
ごめんなさい!
エネルギーを送らせていただきます。
許してくださいね。

29/04/2023(土) 11:25:17

No.36662  飯沼正晴
Re: 4月29日(土曜日) 引用
Bさん、

>断定されること、決めつけられること自体に反発したのです。

これを本当は嫌っていたのだと、潜在意識なのだと言われてしまえばどうしようもないです。

潜在意識のなせることだと断定され、屁理屈言わず謝罪しろと言われても、私はそうは思えないのですから、何を謝ればいいのかわかりません。屁理屈を言ったつもりも、言い訳したつもりもありません。<

グループラインと同じことの繰り返しになりますが、私は断定してもいないし、決めつけてもいません。
もちろん「謝罪しろ」などとも言っていませんし、Bさんのことを嘘つき呼ばわりなどしていません。

私は定例会でのBさんの唐突で筋違いの発言(自分はTさんに嫌われていた。Tさんに違和感を持っていた。仲間の皆さんがHさんを攻撃した)を受けて、Bさんを諫めました。
それはあまりにも仲間の皆さんに失礼だと思ったからです。
私たちにたくさんの学びの材料を提供してくれた人が他界してからは、「違和感があった」というようなことは言わないでほしいとも言いました。
「地上のTさんの病気への向き合い方や長男さんへの思いの向け方に違和感を感じていたのは、仲間の皆さんも同じだったと思う。仲間の皆さんよりも強い違和感を持っていたというのはどういうことなのか」というようなことも言いました。
その時に「TさんのことをBさんの方も嫌いという気持ちがあったんじゃないか?」も言いましたが、
「今までのBさんの言葉からはそう思わせるフシがあったので、違うのであれば自分の発言を振り返ることで学びになると思う」と言いました。

グループラインでBさんは、定例会以前の電話で私が何度も断定したと主張していましたが、私にはそういう記憶が全くないのです。
Bさんの主張も、Bさんの記憶に基づくものでした。

なので、私は「人間の記憶というのはアテにならないものだから、今回はお互いの記憶が違っているという認識で折り合いをつけるしかないと思いますよ」と書きました。
それは今でもそう思っています。

私からすれば、Bさんが一方的に私を嘘つき呼ばわりしているとしか思えないのです。

しかし私には言ったつもりは全くなくても、Bさんにそう思わせてしまったのであれば、お詫びいたします。(思わせてしまったのであればという書き方をしたのは、私の本音では「そう思う方がおかしい」という気持ちがあるからですが、これもあくまでも私の気持ちです)


>でも、自分でそう思えないのに、霊的に高い人の言うことだからそう信じこまなければならないのですか?<

これは文体こそ疑問形ではありますが、私や悠々塾に対する侮辱であると、私は感じます。
悠々塾では「霊的に高い・低い」などという基準を設けたことは一切ないし、そういうことを話題にしたこともありません。
私はこの30年近い年月にわたって、そのような関係性ではない本当の意味での共鳴場を造ることに努力してきました。
「メッセージも鵜呑みにするのではなく情報の一つとして読むように」と何度も伝えています。
「私の言うことにも唯々諾々と従うのではなく、『飯沼はそう言っている』という視点で受け止めて、自分で判断するように」と繰り返してきました。

私は悠々塾の主宰者ですが、それは「霊的に高い」からなどではなく、私が創設者であるからに過ぎません。(悠々塾という名前は30年近く前に氷上町で借りたフリースペースにつけた名前です)

(そもそも誰であっても地上というエネルギー場で自らの霊性の全てを発揮することはできません。皆が今は自分の霊性の一部しか発揮できていないのです。であれば、誰もがまだまだ伸びしろを有しているのですし、その伸びしろはその場のエネルギーの進化によって、無限の可能性を有しているはずです)

なので私は自分が主宰者・リーダーとしてふさわしくないと思い、主宰者・リーダーとして私よりもふさわしいと思う人がいれば、いつでも交代してもらい、私はメンバーとして働きに参画していきます。

なので、まるで私のことを絶対的な教祖のような書き方をされることは、嘘つき呼ばわりされるよりも侮辱に思えるのです。
これは私の感覚・気持ちであるので、Bさんに謝罪を求めるものではありませんが、この際ですから私としての不快感はお伝えしておきます。

自分には自分としての気持ちや感覚があるように、自分以外の人にもその人としての気持ちや感覚はあるのです。
心や気持ちの痛みもまた然りです。
自分が「コイツに足を踏まれた」と主張して、「そんなことはしていない」と言っている人を殴打して足蹴にするようなことを、私は好みません。
(Bさんがそうだと断定しているわけではないですよ。ただ、ここは学びの場、向上進化の喜びの場ですから、一度そういうラインでも自分を点検してみてる機会にしてほしいとは思います)

私の認識では、今回は私は自分の気持ちを主張し続けてはいないと思っています。
私は自分の記憶を伝え、お互いの記憶が違っている場合の着地点を提案したつもりです。
繰り返しになりますが、Bさんには全く違う形で伝わった、Bさんが私の真意を全く違う形で受け止めたということのようですから、そう思わせたことについてはお詫びします。

しかし、今のところ私にはBさんとの関り方が分かりません。
エネルギー的融合とはほど遠いところにいることを痛感しています。

29/04/2023(土) 14:18:06

No.36663  飯沼正晴
Re: 4月29日(土曜日) 引用
上の投稿、少し書き加えました。

29/04/2023(土) 14:46:03

No.36664  Bさん
Re: 4月29日(土曜日) 引用
あー、またもやこの連鎖が続くのかと、思ってしまいます。
私はこの連鎖から逃れたかったのだと思います。

霊性に差はあるでしょう。
霊界にも段階があるのだから、あって当たり前です。
霊的に劣っているのは私です。
それは自覚しています。
ずいぶん劣っているんだろうなと思っています。

つい、そんな思いではないのだという気持ちがふつふつ湧く。
いや、言い出すとまたもやの連鎖だ。
この連鎖、どう断ち切ればいいのだろう?
この食い違いはどこから来るのだろう?
いつも自分の思いとの違いに葛藤する。
私の理解が変なのか? 
私の感覚がおかしいのか?
ただただ認めればよいのか?
そうはようしない自分。
それでまた、相手を傷つけてしまう。
こちらも傷ついてしまう。

この負の連鎖、どう断ち切ればいいのだろう?

小さなプライドなどどうでもよい。

とにかく、私がそのことに徹していくことなのだろう。
そう思います。

29/04/2023(土) 15:45:12

No.36665  飯沼正晴
Re: 4月29日(土曜日) 引用
Bさん、

これだけ話が食い違うと、逃れたくなる気持ちになること、よく分かります。
「霊性」について私が書いたことも全く理解してもらえていないようですし。
「霊性に差がない」なんて書いていませんし、もっと重要なことを伝えたつもりですが、Bさんがどう読んだとしても構いません。

個人的なやり取りであっても、私はできれば皆さんの参考になるように書いています。
ここは学びの場ですし、この場の主宰者としてのスタンスでもあります。
グループラインにも書きましたね。

なので、Bさんからああいうことを書かれたら、Bさんには伝わらないことが分かっていても、私は補足説明をすることになるのです。

地上の人間がどの程度、自分の霊性を発揮しているのかは誰にも分からないことです。
元より人と比べるようなものではありません。
地球霊界のスケールから見れば、地上界の霊的レベルは幼稚園か小学校の低学年程度でしょう。
もちろん地上界はさまざまな学びの段階の者たちが生きている場ですが、霊的な学びが高くても地上で十分にその人の霊性を発揮できていない場合が多いそうです。
本来は先生役として模範を示すために地上に赴いた人が、さまざまな事情から自分なりの思いに囚われて、ならず者のような思考や言動に陥ってしまう場合もあるのです。


私たちを含めて、地上人類はこれからその人の霊性を地上でも十分に発揮していく節目にあるのです。
それが地上界の浄化、地上人類の霊性進化ということです。

その意味では、皆がまだまだ霊性を十分には発揮できていない状態です。
今の段階で発揮できているとしても、発揮できている程度については個人差が大きいわけです。
その段階で、「誰の霊性が高い・低い」などと言うのは、幼稚園生や小学低学年生の身長を見て、その子が将来どれぐらいの背丈に成長するのかを言っているようなものです。
大人になっても身長差はありますが、幼稚園やそこらで分かることじゃないですね。
伸びしろがあるというのはそういう意味です。

ただ、さっきの投稿で私が書いた真意は全く別のものであることを、強く言っておきます!
別に本気で傷ついているわけではなく、「今のBさんはこういう言い方をしているんだな。(こういう言い方しかできない状態なんだな)」とも思っています。
もちろん、「みんなBさんが大好きなんだから、早く安心して、そういうみっともない自我の枠を取り払って、本来のBさんを取り戻してほしい」とも思っています。


話は変わりますが、私のカウンセリングの経験でも、「自分の感情が先走って、相手の話が聞けていない人」はいました。
そういう人に、「自分が言ったことを書きとめて、それに対して相手がどう言ったかを書いていくように」と勧めたことが何度かありました。

自分の気持ちを差し挟まずに、自分の言ったことを書き、それに対して相手がどう言ったかを、できるだけ相手が言った通りに書いていくのです。
文章が残っていれば、それなりに正確にその作業ができるはずです。
ごちゃまぜにしないで、自分が言ったこと・書いたことに対応して、相手がどう言ったか・書いたかを対照させて書いていくのです。
ノートの左のページには自分が言ったことを書き、右のページには相手が言ったことを書くと分かりやすいです。

これは自分なりの思い込みや決めつけを薄くしていくために、負の連鎖を断ち切るためにも、かなり有効な方法だと思いますよ。

29/04/2023(土) 17:35:36

No.36666  ぽんた
Re: 4月29日(土曜日) 引用
この3週間、腰痛と坐骨神経痛の痛みと共にありました。
まだ本を読む力は戻りません。
掲示板は読ませていただいています。
やすこちゃんの「みんなのいえ」、エーチャンさんのブログ更新、
あきどんさんのタイムリーな抜粋、
ゆみっぺさんの毎朝のスレッド更新に元気をもらっていました。
飯沼さんの畑をめぐる楽しみや喜びやガッカリにも、
エネルギーを送りながらその情熱に手を引いてもらいました。

飯沼さん、克子さん、愛は時空を超えての受信をありがとうございます。
自分に起きていること、自分の周りで起きていることの意味、
それらを乗り越えることの意味に改めて思いを馳せて、体の奥から力が湧いてきました!
みなさんとこの場で繋がれていることが何より心強いです。

私たちみんな、この場に集えたということはやっぱり魂の約束なんですね。
「私もそうなのかなあ?」と思ってた時期もありましたが、
今は「うん、きっとそうなんだな」と腑に落ちています。
その約束が守られ、叶えられ、成就されますように。

Bさんの心の痛みが伝わってきています。
その痛みに涙が流れます。
私のは腰痛神経痛で身体の痛みですが、でもこれも心の痛みなのだそうです。
かなりしんどい痛みがもう3週間以上続いています。
心の痛み、わかる気もするし、よくわからない気もします。辛いです。
そういう部分で、今初めて少しBさんと近いところがあるだろうか?と思いました。
理解できてもできなくても、この痛みがここにあるということは、
私が今まさに向き合わなければならない引っ掛かりが、
誰でもない私の中にあることには間違いないと思っています。
それはそんな時が訪れたら誰もが通ることであって、
私だけじゃない、みんなそうだし、飯沼さんだってきっとそうだと思います。
だからこの機会を大事に思い、痛みにへこたれそうになりながら、
私の心の引っ掛かり、この痛み、この辛さ、私の心と身体から、
逃げずに真正面から付き合います。
大丈夫です!

はいすみません、まだ道半ばの自分に向けて言って元気を出しました!笑
Bさん、大好きです。

29/04/2023(土) 20:23:48


No.36655 ゆみっぺ  
4月28日 金曜日 引用
おはようございます。
金曜日です!

>それでも、この地上界にエネルギー的な風穴を開けて、
雛型成就の役割を果たしたいという思いは
揺らぐことはありません。
それが荒唐無稽な夢物語ではないところまで
進んでくることができたと思っています。
こんな私ですが、これからも共に進んでくださいね!
  ↓
 はい!こちらこそよろしくお願いします。
なかなか目を見張るような進み方では
ありませんが、諦めずに頑張ります。

やすこさんのお友達
素敵だし、行動できているのが凄いです。
嫌な目や危ない目にもあったでしょうに、
それでも続けているって
本当に凄いです。
やすこさんも、そういう感じなんでしょうから
たくさん繋がっていくんですね。

28/04/2023(金) 07:27:09


No.36656  やすこ
Re: 4月28日 金曜日 引用
ゆみっぺさん、ありがとう。友人という人を知ってもらうのが喜びであります!笑

自分を役立てたいと願っていたら友人と出会えました。今から思えば、おかしな出会いなんですよ。「意志と欲求」「現実化」?…それだったかもしれませんね、笑。

でも不思議な魔法みたいな話じゃなく、願ったと同時に私はなりたい自分になったつもりで、言動を選択実行していたぞ?!と思います。

なので、「なりたい自分になったつもりで言動していたら、いつかなりたい自分になれている。」と、そう信じるようになりました。^_^



父に、「それはそうと、いくつになったの?」と聞かれて〇〇歳だと言ったら、ビックリ顔で「わぁ〜成長したねー」と言われます。父らしい返しにはいつも笑ってしまいます。

色んな事経験して学んでいくのだし、年を重ねるという事は喜びだし、成長なのだ。と、そういう意味で言ってくれるのかな?(多分ちがいますが)笑。


今の自分を超えて進化していく事は、自分が幸せになるだけじゃなく、周りも幸せにするという事。年月をかけてやっと気づかせてもらったのだから、友人のように、幾つになっても夢を持って、それに向けて嬉しく楽しく言動していきたいです。

もう絶対に戻りたくない自分(気持ち)があります。でもその分、だからこそ!という気持ちが生まれました。
かげりもない方がいいし、自分なりも薄い方がいいし。でも、何度も何度も学んできましたが、だからこそ変わろうと思うのだし、繰り返す気持ちやしつこい自分なりも、だからこそ変わるんだ、と思えます。

そうしていく事が風穴をあけるエネルギーの一部になると信じて、私もみなさんとずっと一緒に歩んで行きたいです!

地上人生の歩みにも書いていた。かげりを知らない頃より、かげりを知ってそれを超えた所に地上天国はある!って。希望と勇気をもらいますね

28/04/2023(金) 10:02:56


No.36649 ゆみっぺ  
4月27日 木曜日 引用
おはようございます。

>何らかの感情の陰り・喜びではない感情を、
何らかの喜びに切り替える方法を会得することで、
喜びベースが定着していくのですが、
切り替える方法=切り替えに用いる意識・エネルギー・フォトン(?)は 
一種類ではないと私は思います。

確かにそうですね。
色々と本は読んだり、途中までしか
読んでなかったりですが、 
最終的には、
いのちはひとつらなり、
みんな大好き、ありがとう
に戻るんですよ。

何かあってもなくても
喜びを観測して、
喜んでいき、広がっていくように
します。
家族のことを考えると
それが共通してるなぁと思います。
全体的に共通事項なんでしょうけど。

27/04/2023(木) 07:21:25


No.36650  ゆみっぺ
Re: 4月27日 木曜日 引用
文字の着色に意味はないです。

たまたま変わってしまいました。

27/04/2023(木) 07:22:36

No.36651  やすこ
Re: 4月27日 木曜日 引用
友人の家の片付けは「いる?要らない?」と訊ねるとほとんど「いる」です。
なので、なかなか荷物の量は減りませんが、出来るだけ捨てないように頑張ってます。
暑くなるまでには何とか!…と思うので今日も時間あれば行ってきます〜

沢山の牛乳パックを捨てないのは、牛乳パックで皆んなが座る椅子を作るためだそうで、作るのも、来た人と一緒にガヤガヤと楽しみながら作りたいんだそうです。

来るたびに自分の椅子が出来ていくのも楽しいし、その人らしいハギレを貼って楽しめるし、椅子が沢山出来たら、みんなでバザーをしたり保育園に寄付してもいいし…なんか楽しそうでしょう〜
なん言ってました。

牛乳パックはあまりの量に、半分の量を古紙回収に出しましたが、でもそれ確かに楽しそう!と思いました。これもやろうね!と思います。

友人の頭の中はいつも可愛らしい想像でいっぱいで、自分もみんなも楽しく幸せにと、ほんと素敵な女性だなと憧れます。


おすすめの本、届いたので読んでみますね!!

27/04/2023(木) 10:49:56

No.36652  飯沼正晴
Re: 4月27日 木曜日 引用
ゆみっぺさん、

>最終的には、
いのちはひとつらなり、
みんな大好き、ありがとう
に戻るんですよ。

何かあってもなくても
喜びを観測して、
喜んでいき、広がっていくように
します。<

はい。
全く以ってそれに尽きると思います。
おそらく宇宙は「向上進化の喜び」に包摂されているのだと思っています。
宇宙というスケールのことは私には分かりませんが、少なくとも地球圏は間違いなくそうだと断言できます。

今の地上界はカルマを背負った人たちが再生していて、暗黒界・幽界にもつながる境涯ですから、喜びとして思えない事柄が多々あります。
その中で、喜びには受け取れないことを何らかの喜びに変えていくことをテーマとして皆が生きているのです。
何らかの喜びといっても、それが「楽になるための逃げ」などであれば、それはまた自分なりの枠のなかでの後退でしかありません。
まあ、そういう時期があっても構わないというか、仕方ないとは思いますが、そこに留まることは自分自身の喜びにすらならないでしょう。

地上の人間は誰もが多少は自分なりの面を有しているからこそ、さまざまな練習問題を引き寄せて、自分の思いを軸にする自我の枠を、皆の喜びを自分の喜びにする段階に向上進化するのです。
自分なりの「我の強さ」でいくら頑張っても、地上人生が終わればそういう自分を振り返り、歪で頑なな「我の強さ」を健やかなる調和の喜びに解放するのです。
歪で頑なな「我の強さ」を、自分本来の豊かな個性という輝きに昇華するのです。

そうできない間は陰りのみの世界である幽界で生きることになるのですし、健やかなる調和の喜びに向かうことを自分の意志で拒否すれば暗黒界に生きることになってしまいます。

そして今は地上人類の霊性進化の時期なので、地上に生きている間に自分自身が向上進化することを求められているのです。
それぞれにカルマを背負って今回の人生があるので、もたらされる練習問題もさまざまです。
つまり「自分の生い立ちの境遇」がどうであっても、それは今の自分の陰りや闇の正当化にはならないのです。

何か喜びとは思えないことが起きた時に、その人が抱く想念や表現する言動を見れば、その人のカルマも想像できることが多いわけですが、一念奮起してそこを超えれば、今の自分が想像もできない喜びが現実化していくことになっています。
それが法則です。
喜びの中身も意味も歪んだ自我に囚われている時とは違っているので、まさに今までの自分には想像もできなかったような喜びが現実化していくのです。
それは言うならば、地上を離れて本来の霊界に戻ってからのような喜びであるのでしょう。

本当は皆がそこに向かっているはずなのです。
とにもかくにも、自分の思いに囚われず、今の陰りを何らかの喜び・皆の喜びに切り替えて、それを言動で表現していくことです。

ゆみっぺさんへの返信ですが、皆さんに向けて書きました。

27/04/2023(木) 11:47:29

No.36653  飯沼正晴
Re: 4月27日 木曜日 引用
お、やすこさん、ほのぼのした書き込み、ありがとう!

さっきの私の投稿、分かったようなことを書いていますね。
今生での私のテーマの一つは、「人の陰りに自分の心を陰らせない」ということだと伝えられてきました。
ずいぶんマシになったと思うのですが、今回はまだ喘息気味が続いていて、この数日は胃の具合も悪くなっています。
気持ちもすっきりしないし、私もまだまだだと痛感しているところです。

それでも、この地上界にエネルギー的な風穴を開けて、雛型成就の役割を果たしたいという思いは揺らぐことはありません。
それが荒唐無稽な夢物語ではないところまで進んでくることができたと思っています。
こんな私ですが、これからも共に進んでくださいね!

27/04/2023(木) 12:10:27

No.36654  飯沼正晴
Re: 4月27日 木曜日 引用
◆【食糧危機】日本人の食卓から野菜と卵が消え「コオロギとイモ」になる日

4/27(木) 7:15配信 マネーポストWEB


 日本で食料危機の懸念が高まっている。もし有事に食料輸入が止まった場合、食料自給率の低い日本の食卓はどうなってしまうのか。農業経済学の専門家で、著書『世界で最初に飢えるのは日本』が話題の、東京大学大学院農学生命科学研究科教授・鈴木宣弘氏が、迫りくる日本の食糧危機について解説する。

 * * *
「お金を出せば食料を輸入できる」。わが国ではずっと当たり前だったその「常識」が、近年崩れてきている。

 コロナ禍とウクライナ戦争の影響で、世界の食料需給は不安定化している。戦争の影響でウクライナからの小麦輸出がストップしたほか、インドも小麦輸出の停止を発表するなど、世界各国が自国の食料確保を優先する動きを見せている。

 このような状況下で、もし世界規模の食料危機が発生すれば、いくらお金を出しても、食料を買えなくなる可能性が高い。これは危機的な状況と言わざるを得ない。

・真の食料自給率はもっと低い

 日本のカロリーベースでの食料自給率は38%という低水準だ(2021年度、農林水産省)。しかも、この38%という数字は、実際の状況を正確にあらわしていない。農業生産に必要な資材まで含めて考えると、実態はもっと低い。

 例えば、野菜の自給率は約80%あるが、野菜の種は9割が輸入だ。それを計算に入れた野菜の「真の自給率」を計算すると、実は8%しかないのである。

 同じく、鶏卵の自給率は約97%と高いが、鶏のヒナはほぼ全量を輸入に頼っている。また、鶏のエサとなるトウモロコシの自給率はほぼゼロ。

 それだけではない。現代の農業では化学肥料が使われるが、その原料となるリン、カリウムは100%輸入に頼っている。尿素についても約96%を輸入している。

 もし、これらの輸入が何らかの理由で止まってしまえば、国内生産は大きな打撃を受けるだろう。

・「中国の爆買い」に買い負けている

 かつて日本経済が強かった時代には、食料を買うためのお金に困ることはなかった。だが、日本経済は長期にわたって低迷している。世界的なインフレ、円安もあって、輸入食品の価格は軒並み高騰している。日本が今後も世界から食料を買えるとは限らないのだ。

 中国の台頭もこの問題に影を投げかけている。経済的に力をつけた中国に、日本が「買い負ける」場面が増えているのだ。

 高級和牛をはじめ、アメリカ産牛肉についても、中国が高値をつけるので、日本向けの価格も吊り上がる傾向がみられる。

 水産物についても事情は同じだ。中国はもともと川魚を食べていたが、食生活の多様化によって、海の魚も輸入するようになった。いまや世界中の水産物を中国が高値で買っていくため、日本向けに売ってもらえなくなりつつある。

・「1日3食イモ」に逆戻り

 では、有事に我々は何を食べることになるのか。農林水産省が「国内生産だけで1日の必要カロリーをまかなう献立」を公表しているが、それによると、1日3食イモを食って過ごすことになる。牛乳は「6日でコップ1杯」しか飲めず、卵は7日に1回、肉にいたっては9日に12gしか食べられない。

 実際、有事には学校の校庭などにイモを植えて食料を確保することも検討されているという。

 つまり、日本人の食生活は“戦時中”に逆戻りすることになる。

(続きはリンク先でお読みください)
https://news.yahoo.co.jp/articles/84d28709f6baaa0f8abdccb50aeb7bc45c9388a7

27/04/2023(木) 13:13:59

全3959件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 198 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS