15654

TEA ROOM BBS

三国志、新選組、その他何でもお気軽に書いていってくださいね!
横レスも大歓迎。ネチケットを守って、楽しい交流の場にしましょう。
(ただし、管理人が不適切と判断したものは、予告なしに削除します)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
祝・5周年! / 翠蓮
千華さん、こんばんは。
すっかりご無沙汰で、すみませんm(__)m
遅くなりましたが、サイトの5周年おめでとうございます!
これからも、ご自身が楽しみながら素敵な作品を作り上げて
下さいね。

記念のページを拝見して、あらためて千華さんが5月にサイトを
開設した思いが、しみじみ伝わりました。
やはり、基本は土方さん、そして姜維くん、ですね(^^)v
不器用でも志しを貫いた男たちの生き様は、心にしみますね。

いつも、きちんと記念のページをお作りになることにも感嘆しています。
おっと、しまった、私も今月末だった(^^;
毎年メッセージだけでごまかしてるし(笑)
別館に至っては、すっかり忘れていたりする>σ(^_^;
歴史ものって、まめに更新するのが大変ですよね。
自分自身が、歴史モード+創作モードにならないといけないし(^^;
お互い、これからも無理のないペースで行きましょう。

三国志のゲームも楽しんでいらっしゃるようですね。
私はあいかわらずのダンジョン探索です(笑)
うちのリーダー、はじめ君は素早くはないですが、どっしりと
締めの仕事をしてくれてます(^^;
実は、そうじ君もいるのですが、「薄桜鬼」モードではなく
岩崎陽子さんの「無頼」モードの沖田さんです。
こちらは、素早くて二刀流、頼りになります(笑)
・・・などと、けっこうはまっている私>σ(^_^;
地味に気分転換しています(笑)
No.1455 - 2010/05/07(Fri) 23:14:27

ありがとうございます / 千華
翠蓮さん、こんにちは〜。
お祝いコメントをお寄せいただき、ありがとうございます。
4月からこちら、仕事が忙しくて、なかなか更新もままなりませんでした…といつも同じ言い訳をしてるなあ>私;;

5月5日は土方さんの誕生日ということもあって、サイトの開設日はこの日にしよう!と決めていたのですが、最近、島左近の誕生日も5月5日だということを知りました。
こんなステキな人たちとサイトのお誕生日が一緒だなんて…すごくうれしいけど、ちょっともったいないような…。複雑な気持ちです。(^_^;)
5年もサイトをやっていると、その時々でいろいろ興味の対象も変わるものですが、でもやはり私の場合は、新選組と三国志が原点ですねー。
その割には、「姜維立志伝」も放置したままで、何ともお恥ずかしい限りですが。

翠蓮さんのサイト、詩のブログを始められたんですね。
やはり、きちんとページに仕立てるとなるといろいろ手間がかかりますし、その点、ブログはささっと書き留めておけるので便利ですよね。
後からじっくり推敲してページにすればいいわけですから。
私の方は、相変わらずいろんなものに手を出してはアップアップしています。
そのうち時間がとれたら、本当にサイトの見直しと大改装をしなくちゃ…と思っているのですけどねえ。

「三国恋戦記」すごく良くできたゲームで、楽しくプレイしているのですが、ただ平助くんのようにめちゃくちゃはまれるキャラがいないんですよー。
皆さんすごくステキなんだけど、運命的なものを感じるところまでは行かないというか…(笑)。創作モードまでは行かないんですね。
翠蓮さんちのダンジョン探索チーム、ぜひともメンバーさんを拝見してみたいものです。
「無頼」モードの斎藤さんと総司くんコンビもステキでしたね!(ちょっと忘れてた;;)
アニメの「薄桜鬼」は、次回、いよいよ山南さんが羅刹モードに突入です。EDの切ない表情の山南さん、結構好きなんですよ〜。(^_^;)
No.1456 - 2010/05/09(Sun) 17:19:59
(No Subject) / 如月 [近畿]
千華さま こんにちは。
>「花天新選組」や「月下花伝」は私も大好きです。
りえ子さんの描かれる新選組の人たちは、みんな凛としていてとてもステキですよね。
ーわたしも利江子先生の描かれる、新撰組、とても素敵だと思います〜!利江子先生の「恋する新撰組」という本が私の新撰組との出会いでした。本の中で新撰組は生きておられると思います。

ドラマですか〜♪
私は本でしかあまり新撰組を見たことがないのですが、
ドラマからのファンの方たちもたくさんおられますし、
私も見たいです〜〜! 大内美予子さんや森満喜子さんの沖田さん小説も読みたいです・・!!
燃えよ剣の下も今日買いました〜〜!
土方さん素敵です〜〜!

京都の女子大の史学科・・!
いいですねえ!私も女子大ではないと思いますが、
京都の大学の史学科に行くのが1つの目標です!
京都だと、家からも通える距離ですし、高校からでもその大学の付属校、目指せるのですが、まずは高校は県内の上位を目指して励んでおります!文(詩や作文、小説)を書くことや、読書と歴史などが大好きでして、出版社に入れたら入りたいなぁと思っているのですが、
歴史小説家になるのが最大の、私の夢です。
ほんっとにまだまだ、未熟者ですが、がんばりたいと思います。

詩よりも小説のほうが書きやすいのですか〜
確かに詩って、短い言葉で伝えるので難しいですね。
詩背景の風景やBGMもめっちゃいいですし・・!
翠蓮さんの詩もすてき〜〜!

土方さんの生家のある日野や、終焉の地である箱館へも行きたいです〜!いつか・・

娘さんもがんばってくださいね♪
長文乱文でごめん仕りました。申し訳ありません。
No.1453 - 2010/05/03(Mon) 13:47:11

こんばんは / 千華
如月さん、こんばんは。
如月さんは…今中学3年生ですか?
高校受験なんでしょうか。
すみません、てっきり大学受験かと勘違いしてしまいました。(^_^;)
京都は、学生さんにはとても寛容な街です。
何といっても歴史がありますし、そういう街で学べるのはすごく贅沢なことですよね。

小説家を目指しておられるなんて、すごいですね。
私も子どもの頃から、夢は小説家か漫画家になることでした。結局実現できませんでしたが。
そのあたりは、りえ子さんがブログで書いておられたアドバイスなどがとても参考になるのではないでしょうか。
夢は、描いているだけではいつまでも夢のままでしかありませんが、それに向って努力を続ければ、いつかきっと叶うものだと思います。
如月さんも、これからたくさん本を読んで、いっぱい文章を書いて、夢に向ってがんばってくださいね。
No.1454 - 2010/05/04(Tue) 23:51:30
(No Subject) / 如月 [近畿]
千華さま
お返事ありがとうございます〜!
うれしいです!
私がこちらに来させていただいたきっかけは、
越水利江子先生のブログに、よくコメントさせて頂いておりまして、千華さんのコメントを拝見し、こちらへ来させて頂きました。凄く気が合いそうなサイトでしたので・・!私も「燃えよ剣」大好きです〜
まだ下が読めてなくて、こんど買おうと思います。
沖田さんが大好きでして//
もう、恋をしているようです・・
絶対に叶わない・・会うこともできない片想いですけど・・(笑)

讃・新撰組はほんとうに素敵です・・!!!(感動!)
私は歴史や文学が大好きでして、あのような感じの詩はほんとうに素敵で気に入りました!私もいつか千華さんのような、素敵な詩や小説を書きたいです。私はまだ学生で今、受験生なのですが・・。がんばっていつか書こうと思います!

滋賀のわりと・・っていうか、かなり京都に近いところに住んでいるのですが、新撰組の史跡等は、まだまだいけてないのです。千華さんは、新撰組関連の地、行かれたことってありますか?
No.1451 - 2010/05/01(Sat) 22:08:29

ありがとうございます / 千華
如月さん、こんばんは。
またお越しいただき、うれしいです。
りえ子さんのところからいらしてくださったんですね!
りえ子さんは、たまたまmixiでお知り合いになり、仲良くさせていただいてます。最初はプロの作家さんだとは知らなくて、後でびっくりしました。(^_^;)
「花天新選組」や「月下花伝」は私も大好きです。
りえ子さんの描かれる新選組の人たちは、みんな凛としていてとてもステキですよね。

私も、新選組が好きになった最初の頃は、沖田総司が一番好きでした。きっかけはテレビドラマだったんですが、その後司馬さんの「新選組血風録」を読み、大内美予子さんや森満喜子さんの沖田さん小説を読み、本当に好きで好きでたまりませんでした。
それから「燃えよ剣」と出会い、土方さんが大好きになってしまったんです。
当時、高校生だった私は、絶対に京都の大学に行く、と決めて(笑)結局、京都の女子大の史学科に進みました。すべては新選組のため(笑)。
もちろん、壬生をはじめ京都にある新選組関連の史跡はほとんど回りましたよ。
土方さんの生家のある日野や、終焉の地である箱館へも行きました。でも、まだまだ知らないところも多いので、いつか行ってみたいと思っています。

讃・新選組には、私の詩と、もう一人ネッ友である翠蓮さんの詩を置かせていただいてます。
翠蓮さんの詩の方が、私なんかのよりずっとすばらしいですよ。
私は、どちらかというと詩よりも小説の方が書きやすいので…。あまり褒めていただくと、恥ずかしいです;;

如月さんは、受験生なのですね。
実は、うちの娘が去年受験生だったのです。
娘は、行きたい学科がコロコロ変わって、どうなることかと心配したのですが、最終的には文化財について学びたいということで、今年の4月、文化財学科に入学しました。
如月さんも、今はとても大変な時期だと思いますが、目標をしっかり持っていらっしゃるのでしたら、それに向ってがんばってくださいね。
いつか、如月さんの書かれた詩や小説を拝見させてください。楽しみにしております。
No.1452 - 2010/05/02(Sun) 22:44:07
もうすぐ5周年…。 / 千華
管理人です。
いつも拙サイトに足をお運びいただき、ありがとうございます。
「いにしえ・夢語り」は、5月5日に開設5周年を迎えます。
ここまで続けてこられたのも、皆さまのおかげと深く感謝しております。
本当なら、5周年という節目の年でもあり、もっと大々的にリニューアルするとか、新作をアップするとか、何かやらなければいけないのですが、どうもこの時期は仕事が忙しい上に私生活の方もバタバタしておりまして、とても更新できそうにありません。
せめて何かひとつでも更新できたら、と思っているのですが、ちょっとこの状況では難しそうです;;

今のところ、何もできないまま、5月5日を迎えそうな予感がひしひしとするのですけど…。
相変わらずの情けない管理人ですが、どうぞこれからもお見捨てなく、「いにしえ・夢語り」をよろしくお願いいたします。
No.1450 - 2010/04/29(Thu) 23:04:32
はじめまして〜 / 如月 [近畿]
はじめまして♪
千華さんのHPを拝見させていただいて、
とても千華さんの書かれる、新撰組の想いが伝わってきました。私は新撰組(とくに総司さん)の大ファンです〜〜!
「讃・新撰組」とても感動しました!
No.1448 - 2010/04/29(Thu) 11:37:16

ようこそ! / 千華
如月さん、初めまして。
こんな辺境サイトに、ようこそお越しくださいました。
コメントまで書き込んでいただき、ありがとうございます。
如月さんも新選組がお好きなんですね!
特に沖田さんがお好きなのですか。(^^)
ネットの中には、新選組や沖田さんを扱ったすばらしいサイト様が数え切れないほどあるのに、その中から拙サイトを見つけてくださって、本当にうれしいです。

私は元々、司馬遼太郎さんの「新選組血風録」や「燃えよ剣」で新選組にはまりましたので、司馬さんが描かれるところの土方さんや沖田さんが大好きでした。
拙サイトでは、ひたすら土方さんのことを慕う総司、というスタンスで、二人の絆というか切ない関係を小説やら詩やらに書き散らしております。
「讃・新選組」には、そんな二人に寄せる私の思いを込めた詩(もどき)ばかりが並んでいて、ちょっとお恥ずかしいのですが…。
如月さんにお褒めいただき、恐縮しています。

カメ更新の拙いサイトですが、これからも新選組に対する熱い思いだけは持ち続けていたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
また、いつでも遊びにいらしてくださいね。
ありがとうございました。m(__)m
No.1449 - 2010/04/29(Thu) 22:55:44
こんばんは / 翠蓮
千華さん、こんばんは。
ご無沙汰致しましたm(__)m
もう4月が目の前。
千華さんは何かとお忙しい時期でしょうか。

新選組から三国志に戻ってこられたようですね(笑)
ゲームのお話、拝見してきました。
どうしても三国志って言うと、おやじキャラ満載なイメージが
あったりするのですが(笑)
でも、そこは少女ゲー、みんなイケメンさんになっているでしょうね。
もとの人物とはイメージの違うキャラばかり、なのかな。
姜維くんが出てこないようなのが残念ですね。

私は今は地味〜なダンジョン探検ゲームをのんびりやっています。
マップを頼りに歩き回って、キャラを成長させると言うだけの
ものなのですが(^^;
ただ、探検パーティのキャラに、PCなどから好きな顔グラを
持ってこられるのですよ。名前も決められるし。
なので、うちのパーティのリーダーは「薄桜鬼」の斎藤さんです(笑)

また三国志や新選組のお話、したいですね(^^)v
No.1446 - 2010/03/29(Mon) 23:12:00

もう4月ですね / 千華
翠蓮さん、こんばんは〜。
あわわ、ぼんやりしていたら、もう4月になってしまいました。
会計室は、やっぱり年度末は忙しくて、昨日今日と目の回るような慌しさでした。4月になったらなったで、また大変だし…。
いつの間にやら桜も開き始めているようですが、今年もお花見を楽しむ間もなく花の季節が終わってしまいそうです。

はい。なんだか久しぶりに三国志の世界に舞い戻ってきた気分です(笑)。
今やっているゲームは、今までの三国志のキャラとはずいぶん違うので最初はびっくりしたんですが、進めていくうちに、シナリオもよく練られているし、何よりキャラがみんな魅力的で、すっかり魅せられてしまいました。
まだ、三分の一もやっていないので何ともいえませんけど、孟徳(曹操)サマがなかなかステキそう。
声優さんも豪華で、皆さんの声を聞いているだけで幸せ…っていう感じです。
姜維はね〜、出てくれたらうれしいんだけど、やぱり時代的にちょっと無理なのかなぁ。

私は、ダンジョンは昔から苦手なんですよ;;
どうしようもなく道に迷っちゃうんですね(爆)。
でも、キャラの顔グラを自分で作れる、というのは面白いですね。
斎藤さん…やっぱり!(^_^;)
後どんなメンバーなのか、興味あります〜。
仕事が落ち着いたら、また三国志の小説なども書いてみたいと思っているのですが。
いろいろ盛り上がれるといいな。
今後ともよろしくお願いいたします。
No.1447 - 2010/04/01(Thu) 00:18:45
お疲れ様でした / 翠蓮
千華さん、こんばんは。
お知らせをありがとうございました。
平助くんの小説完結、おめでとうございます。
長いこと、お疲れ様でした。

千華さんは、花梨ちゃんの気持ちと一体になって、喜んだり
どきどきしたり、悲しんだりしながら書いていらしたのだろうなあと
思いました。
ずっと平助くんと一緒にいる感じだったので、楽しかったのでしょうね(*^^*)
最後に、平助君も花梨ちゃんもとても潔かったのは、きっと
二人とも、心のどこかでいつか来る日のことをしっかり覚悟して
いたからなのかな。
歴史は変えられない、と言うのが、タイムスリップものの
ひとつの約束ごとではあるのでしょうが、切ないですね。
平助くんの生涯は、きっと武士としては悔いのないものだった
のだろうと思いますが、あの若さであの最期は哀しい。
ひとときの幻のような時間であっても、若者らしい楽しい
思いをさせてあげたいと言う千華さんの気持ちが伝わるような
お話でした。

これから、お忙しくなるとのこと。
体調に気をつけて、乗り切って下さいね。
No.1444 - 2010/02/24(Wed) 23:45:55

ありがとうございます / 千華
翠蓮さん、こんばんは。
お忙しい中、さっそく足を運んでいただき、ありがとうございます。
平助くん小説、やっと…!どうにかこうにか完結しました。その1をアップしたのが去年の2月初めだから、ほんとに丸1年かかってしまった;;
翠蓮さんには、いつも丁寧な感想や温かい拍手コメントをいただき、本当にありがたかったです。もう、面倒くさくなって途中で投げ出したくなったとき、どれほど励まされたかしれません。
うちの平助はほんとに「薄桜鬼」まんまで…。正統派の翠蓮さんから見れば、少々そぐわない部分もあったかと思います。
私も次は、もう少し違う平助を書いてみたいなと思っています。伊東さんとか山南さんとかと絡む話とか、ちょっと興味があるんですよね。

> 千華さんは、花梨ちゃんの気持ちと一体になって、喜んだり
> どきどきしたり、悲しんだりしながら書いていらしたのだろうなあと
> 思いました。


わはは…。翠蓮さん、お見通しですね;;
正直、自分が花梨になったつもりで、平助くんとこんな風に過ごせたらいいなあ…と願望のおもむくままに書いておりました(笑)。
ただ、きっと私なら、花梨のように潔くは別れられなかっただろうなあ、と。花梨の強さ、これだけはまねできないですね。

一気に春めいてきたここ数日ですが、まだまだ油断は禁物。翠蓮さんもお忙しい毎日、体に気をつけてお元気でお過ごしください。
ご訪問、ありがとうございました。
No.1445 - 2010/02/26(Fri) 22:49:01
ようやく完結! / 千華
「平助くんと私の六十日間」ようやく完結しました。
はあ〜〜、長かった〜〜。
ほんのお遊びで書き始めたパラレルストーリーが、ここまで大変なことになるとは思ってもいませんでした。
途中何度も投げ出したくなったのを、皆さまの温かい拍手やコメントに支えられて、最後までたどり着くことができました。
拙い話に、長い間お付き合いいただき、本当にありがとうございました。m(__)m
No.1443 - 2010/02/21(Sun) 23:38:39
平助くんが… / 千華
管理人です。
ぐだぐだと続けてきた「平助くんと私の六十日間」。
ようやくお話が佳境にはいってまいりました。
っていうか、本当は今回(その8)で終わる予定だったのですよ;;
それが、どうしても一回では書ききれず(最後まで行き着けなかったんですよね>私の根性なし!)、積み残してしまうことに…。
バレンタインデーまでには何としても完結したかったのですが…。やっぱり無理かも〜〜。
残すところ(たぶん)あと1回。
私生活の方も何とか落ち着いてきましたので、なるべく早く書き上げて皆さまにご覧いただければ、と思っています。
もう少し、もう少し、お待ちくださいね。

拍手、たくさんいただきました。
ありがとうございます。
元気と意欲の源、これからもどうぞよろしくお願いいたいます。
No.1442 - 2010/02/13(Sat) 09:38:41
こんばんは / 翠蓮
千華さん、こんばんは。
ご無沙汰続きですみませんm(__)m
遅ればせながら、今年初の書き込みです(^^;
あいかわらずの私ですが、今年もよろしくお願い致しますm(__)m

姜維くんの命日!
わ〜、すっかり忘れてました\(__ )
うちのサイトも、このところ三国志から離れてしまっていて、
姜維くんの小説も、途中でほったらかしになったまま(^^;
う〜、まずい、そろそろ復活させないと(できるかなあ)

「帰還」、拝見してきました。
蜀の北伐、厳しい戦いですね。
そこからようやく帰ってくる者たち。
そして、帰ってこられなかった者もいる。
香蓮は、とても自分の気持ちに正直ですね。
そしてそれを隠さない。
なんだかうらやましいような気もします。
姜維は、そんな香蓮をかわいいと思うのでしょうね。
少しずつ近づいて行く二人が微笑ましいです。
No.1440 - 2010/01/22(Fri) 00:15:54

Re: こんばんは / 千華
翠蓮さん、こんばんは〜。
お越しいただきうれしいです。(^^)
こちらこそ、ずっとロム専で失礼しています。
翠蓮さんちの晴明公の小説も、いよいよ山場ですねえ。続きを楽しみにしています。

時代ものって難しいですよね。
あんまり史実と違うことも書けないから、いろいろと調べたりしなくちゃいけないし。話しが長くなると、途中で気持ちが冷めてしまうこともあるし。
うちの姜維くんの連載も、もうずっと放置したままで、再開の目途もたっていません;;

「帰還」読んでくださってありがとうございました。
ブログにも書いたとおり、本当は去年の姜維の命日にアップしたいと思って書いていたお話だったんです。
それが今頃になってようやく…。
まさに一年越しですね。空の上の姜維くんにもあきれられていることでしょう。
それでも、何とか形になってよかった、とほっとしています(笑)。

香蓮にしても花梨にしても、ほんとに自分の気持ちに正直すぎる子ですねえ。
どうも私は、心の中にぐっと思いを押し包んで、表面上は全く違う表情や態度をとる、といった複雑な人物は書くのが苦手なようです。
そのため、どうしても人物の造形が単純になってしまって、深みがないというか…。(^_^;)
そういう細かい陰影も、魅力のうちなんでしょうけれどね。

いつも丁寧な感想をありがとうございます。
新作をアップしても、なかなかコメントをいただけないので、とてもうれしいです。
今年は、もう少し三国志の創作もできればいいなと思っておりますので、今年もどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました。m(__)m
No.1441 - 2010/01/23(Sat) 22:46:14
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS